« 上日川峠ヒルクライム | Main | 岬めぐりと上総の山々 »

2014.06.22

春を背負って

Poster

北アルプス・立山の雄大な自然を舞台にした映画「春を背負って」を観てきました。

山好きには堪えられない映画ですね。
山岳映画はどれもそうですが自宅のテレビでDVD版を観ちゃいけません。
もちろんこの映画も映画館で観るべき作品です。

立山の四季が克明に描写されていて、スクリーンに向かっているだけでとても癒されました。
複雑な筋立ての映画が多いなか、とてもシンプルな内容で臨場感あふれる映画です。

登場人物がまた良いです。
どういうわけか皆さん善い人ばかり。
底意地の悪いやつとか根っからのワルなんか一人も出てきません。
真っ直ぐな心に沁みるストーリーです。
じゃ、全然つまんないじゃん。と言う無かれ。
この映画はそれでいいのです。
エンディングとなり映画館を出るとき、カミさんも私も期せずして「良かったね」と口に出ましたが、そんなさわやかな映画でした。

雄大な自然の前では人間は本当に小さな生き物。
それでも人はそれぞれ何かを背負って生きているんですよね。
「荷物は重いと思えば重くなる」という劇中での豊川悦司の台詞がありましたが、とても意味深い言葉でした。

それにしても、立山はお隣の剱岳に比べるとアルパインの香りがいまひとつなのと、いつでも登れるからいいやってまだ山頂に立ったことはありません。
でも、この映画を観て考えが変わりました。
登りたい!歩きたい!
映画に出てきた槍の特等席「秘密のテラス」に立ってみたい!

それにしても今年は山の映画の当たり年です。
先月観た「K2初登頂の真実」も良かったけど、今月末にはいよいよ「ビヨンド・ザ・エッジ」が公開されます。
エベレストの実写映像が3Dで楽しめるなんて、ワクワクドキドキですね。

|

« 上日川峠ヒルクライム | Main | 岬めぐりと上総の山々 »

Comments

ビヨンドザエッジ、観てきました!
渋谷にもかかわらず平日夜なのでお客さんは10人位でしたがww
この映画は凄かったです!ほとんどドキュメンタリーのような内容でしたが、
さすが3Dなんで臨場感が半端なく、これは映画館で観ないと絶対にダメなやつです。
3Dメガネで目が疲れるのが難点ですが、絶対に観なきゃ損ですよ~

Posted by: HINA | 2014.07.05 09:36 AM

観ましたかー!
私もゼッタイ観に行きたいです。
有楽町の場合、普通版は10:30からで3D版が午後からです。
やっぱり観るなら3D版ですかね。

Posted by: Nob | 2014.07.05 10:19 AM

やっぱり3Dのほうが奥行き、立体感があってお勧めします!

Posted by: HINA | 2014.07.05 11:44 AM

私も観てきました「春を背負って」。 ストーリーが何だかクサくってイラッとする部分がありましたが、全体的にはストレートに心に染み入る感動を味わせてくれる作品です。
やはり時々はこの様な作品を見て、忘れていた人間の優しさ感をリフレッシュする必要があるなと思いました。
良い映画を紹介戴いてありがとうございました。

Posted by: MTK | 2014.07.10 09:55 PM

MTKさん
観てこられたのですね。
たしかにストーリーはシンプルで平板的です。善い人ばかりで、現実離れしている感はありますが、そういったもの足りなさも素晴らしい映像美が帳消しにしてくれると思います。
映画を観て、立山に登りたくなりました。

Posted by: Nob | 2014.07.11 07:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 上日川峠ヒルクライム | Main | 岬めぐりと上総の山々 »