« 富士山一周ツーリング by CBCC | Main | 大峠ヒルクライム »

2014.06.01

新緑の雁ヶ腹摺山ミニハイキング

Ganga14

大菩薩周辺には三つの雁ヶ腹摺山(がんがはらすりやま)があります。
小金沢連嶺にある牛奥ノ雁ヶ腹摺山、笹子峠近くにある笹子雁ヶ腹摺山、そして昨日歩いてきた雁ヶ腹摺山です。

ユーモラスな名前の山ですが、渡り鳥の雁が腹をこすりつけるほど高い山といった意味があると聞いたことがあります。

牛奥と笹子は若い頃に何度か歩いているのですが、「本家」雁ヶ腹摺山はこの歳になってもまだ登っていません。
中央本線の車窓からは立派な山容が眺められるのにいつも悔しい思いをしていました。
なぜ登らなかったかという理由は続編に譲るとして、今回はミニハイキングのお話しです。

雁ヶ腹摺山へは西側の大峠(標高1560m)からだと1時間足らずで登れちゃいます。
山頂往復だけなら2時間もあれば余裕で歩けるコース。
それでいて山頂からの展望は超一級品なので、ハイカーの人気が高い山のひとつです。

雁ヶ腹摺山からの富士山は、岩倉具視の旧500円札の絵柄になっているほど有名な場所です。
私もあのお札を眺めては富士山というよりも富士山を取りまく山々からの展望に思いを馳せていたものです。

500s

さて、登山口の大峠に着いたのは10:45頃。
さっそく身支度をすませて11時少し前に出発しました。
ちょうど下山してきた山ガールに声をかけて富士山展望の様子を聞きます。
「山頂からの富士山はいかがでした?」
「朝のうちはよく見えていたんですが今はもうガスってきてちょっと無理ですね。」
とのこと。
ザーンネン!

    歩き始めはトラバース気味に進みます
Ganga01

ま、展望はなくてもこの時期ですから新緑とツツジがあるので気を取り直して歩き始めます。
歩き始めてすぐに「御硯水」と呼ばれる湧き水がありました。
コップも置いてあるので飲んでみると・・・
美味い!
大峠まで来るのに大汗をかいたので、湧き水の美味しさといったら喩えようもありません。
山歩きの楽しさは、こういう時にこそあるんですね。

    「御硯水」と呼ばれる清水の味は格別でした
Ganga13

周りの樹々はあざやかな新緑におおわれています。
広葉樹に囲まれたトレイルも足に優しいやわらかな感触です。
ところどころにピンク色のミツバツツジが咲きほこっていて、疲れを癒してくれます。

    山腹を彩るミツバツツジと鮮やかな新緑
Ganga02

Ganga03

Ganga04

ツツジと新緑の対比が本当にきれいですね。
この季節の最高の贈り物だと思います。

ルートは登山口である大峠から南東方向にトラバース気味に辿り、それから北東に向かって登り始めます。
道はよく整備されています。山の急斜面には桟道が設けられていて比較的安全に通過することができました。(一部破損箇所あり注意。)

    急斜面に架けられた桟道
Ganga11

トラバース道から山頂に向かう登り道で振り返ると三ツ峠山の先にうっすらと残雪に身をまとった富士山の姿が・・
今日は気温が急激に上がったせいか大気中の水分が浮遊して靄っています。
本当に残念だなあ。とりあえず写真を掲載しておきますが、心の目で富士山を眺めて下さい。

    よーく目を凝らすと富士山が見えるはずです(笑)
Ganga06

    山頂直下の草原帯
Ganga07

そして山頂直下の草原地帯に飛び出せば頂上は目前です。
姥子山への分岐を右に分けたすぐ先が標高1,874mの頂上でした。
大峠からは標高差にして約300mの登りです。
こんなに簡単に、しかも展望広大な山頂に立てるんだから人気なのも肯けます。

    山頂は樹林に囲まれた小広い空間です
Ganga08

ここは大月市・秀麗富嶽十二景の一番山頂に数えられています。
ちなみに、私は今日の雁ヶ腹摺山を加えて、登り残している山頂は三番と五番のみです。(笑)
いずれおとらぬ富士山の好展望台ですね。大月市民がうらやましいなあ。

    晴れていればこんな広大な展望が得られるとか
Ganga09

    秀麗富嶽十二景にチャレンジしてみてはいかが?
Ganga10

静かな山頂で軽い昼食をとったら再び往路を戻ります。
富士山の展望を楽しみたいならこの山頂に9時頃には立っていたいところです。
さらに、もう少し時間があればお隣の姥子山へも足を延ばしたいところですが、帰りに立ち寄りたい場所があったので早々に引き返しました。

    あざやかな新緑は心まで洗われるようでした
Ganga12

久しぶりのハイキングなので時間をかけてゆっくりと山の世界の余韻に浸りながら下りました。
帰路も御硯水でたらふくお水をいただいて登山口に戻ると、気になっていた黒い雲の間から稲光と雷鳴が・・・
吹き抜ける風もひんやりを通り越して寒くなってきました。
おー怖!
はやく下界に下りなくちゃ!

|

« 富士山一周ツーリング by CBCC | Main | 大峠ヒルクライム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 富士山一周ツーリング by CBCC | Main | 大峠ヒルクライム »