« 湾イチならず湾ハンに(涙) | Main | 富士山一周ツーリング by CBCC »

2014.05.18

フレンチを楽しみながらゆっくりライド

Karent05

5月の陽光を体にいっぱいに受けて、久しぶりにゆったりとしたサイクリングを楽しみました。

CBCCの仲間達と走るのも先月の12日以来ですから1ヶ月以上ご無沙汰でした。(先週の湾イチはDNSだったので・・)
やっぱり仲間と走るのはおしゃべりが弾んで楽しいですね。

さて、今日のお楽しみは、何といっても一松海岸の近くにある洋食屋カレントさんでのランチです。
千葉県唯一の村である長生村にあるカレントさんは、村内で穫れた新鮮な野菜を提供してくれる良心的なお店です。
このお店を訪ねるサイクリングイベントはCBCCでも毎回参加率が高くて、今回も13名が参加しました。
というわけで、リーダーのポッキーさんは大変です。お疲れさまでした。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

例によって幸町のファミマと平山にあるスリーエフの2地点で集合し、外房有料を春の風を背に受けて追い風モードで快調に走りました。
いつもいつも追い風だけなら、こんなに良いことはないんですが、追い風の後には向かい風が待ってるのが普通。
ところが今日にかぎっては、行きも帰りもほぼ追い風というラッキーなサイクリングでした。

    休日朝の外房有料は車も少なく走りやすいですよ
Karent02

外房有料から圏央道茂原北ICを通過するあたりの左側に、いつ見ても手入れの行き届いた田んぼがあります。
田んぼの畔や農道の路肩の草も丁寧に刈り払い、いつ眺めても美しい田園風景を見せてくれます。

    手入れの行き届いた田園風景ですね
Karent03

ここまで手入れをするのには時間も労力もかかります。
いま農村地域全体で農地、農業用水や地域の環境を守る取組みがなされていますが、この田んぼを見ていると、そういう行政が入った取組み以上の気迫というか「田んぼを慈しむ」といった心意気が伝わってくるようです。
ということで、立ち止まって一人写真を撮っていたらあっという間にトレインから離されてしまいました。

本納から県道31号線で九十九里海岸をめざします。
左右の水田は田植えが終わり、目に優しいやわらかな緑でおおわれています。
走っていて最高に気持ちいいです。

    南白亀川左岸につけられた堤防道路
Karent04

やがて南白亀川の堤防道路沿いに進み、途中工事のための迂回を余儀なくされるも無事に河口に到着。ここからは九十九里有料道路の側道を走ります。
海側は砂浜を盛り上げたような防潮堤?のため展望がないのがちょっと残念です。

ポッキーさんお気に入りの中里海岸で一息入れました。
この海岸にはサーファー達がたくさん集まっています。典型的な九十九里浜って感じです。
5月の爽やかな陽光が燦々と降りそそぎ、真っ青な海面と白い砂浜のコントラストが最高に美しかったな。
何回か訪れた中では今日の海が一番きれいだったように感じました。

    5月のさわやかな風が吹き抜ける中里海岸
Karent15

中里海岸で時間調整したあとは、お目当てのカレントさんをめざします。
途中、一松海岸沿いを走り、ちょこっと内陸部に入ったところにプチフレンチのお店はあります。

    一松海岸と一宮川河口の合流点
Karent06

緑に囲まれた小さな村のレストランですが、お昼時はいっぱいになります。
われわれは13名という大所帯のため、外のテラスと屋内の席に分かれて座りました。

    緑に囲まれたレストラン入口
Karent09

いつものランチ(\1200)は消費増税後にもかかわらずお値段据え置きはうれしいです。
看板の新鮮野菜は健在で、サラダもメインディッシュに付け合わせの温野菜も、野菜本来の香りや甘みが楽しめてとても幸せな気分にさせてくれます。

    新鮮野菜のサラダです
Karent07

    付け合わせの温野菜が甘くて美味しい
Karent08

食後のデザートとコーヒーをゆっくり楽しんで時間を見たら、あらら1時間半以上も居たんだ。
ちょっと休みすぎたなあ。(笑)
今日は最初からゆったりとしたサイクリングの予定だったのでまあいいでしょう。

ここで3人が所用のために離脱したので、帰路は10名2チームで走りました。
前に書いたように帰りは向かい風を覚悟していましたが、風向きが微妙に変わり追い風とはいかないまでも強烈な向かい風は免れました。ラッキー!

    新緑が目にまぶしいですね。 (photo by pocky)
Karent01

帰路は東浪見の田園地帯を通り、岩熊堰の前を走り茂原をめざしました。
いすみ市、睦沢町の里山風景もまた最高です。
里山の新緑が田植えを終えたばかりの田んぼによく映えます。
さわやかな風を顔に受けてゆったりとした気持ちでペダルを回していると至福の心持ちになりますね。
同じコースを自動車で走っても、けっしてこの感覚はわからないだろうなあ。

    小さなトンネルがいくつも現れます
Karent10

    こんな感じの走りやすい道が続きます
Karent12

さて、田舎道を快調に走っていると突然先頭のポッキーさんが停まりました。
何だろう?と思って立ち止まった先は和菓子屋さんでした。
いろいろな種類の大福を食べさせてくれるお店ということで、試しに「トマト大福」を食べてみましたが、白あんの甘みとミニトマトの酸味が程よくブレンドされていて、なかなか美味しかったです。(おかげでその先にある新生酪農のアイスはスルーしちゃいました。)

    和菓子・田邉屋さんにて
Karent13

やがて、一宮川のサイクリングロードを進むようになり、茂原市役所の脇を通過して、その先の7-11で休憩タイムをとった後は、ふたたび外房有料のお世話になりました。
誉田ICを過ぎたあたりでいつもスプリント勝負。

    帰りの外房有料も快調に走ることができました
Karent14

私は膝をかばって勝負に参加せず。最後は、平山のスリーエフで恒例のアイスを食べて解散。
自宅 to 自宅で約130km程のゆっくりサイクリングでした。

|

« 湾イチならず湾ハンに(涙) | Main | 富士山一周ツーリング by CBCC »

Comments

こんばんは。
いつも美味そうなものを食べていますね。
今年は膝の回復に専念されたほうがいいかも知れませんね。

Posted by: 前橋庶民 | 2014.05.23 06:01 PM

前橋庶民さん
コメントありがとうございました。
もちろん、今夜がエントリー日だということは知っていましたし、エントリーする気でした。

が・・・
「エントリー受付は終了しました。」
との悲しいメッセージが・・
エントリーしたのは21:40でした。
てっきり21:00からだと思っていました。
20:00からだったのですねー。

じつは、今夜は家の用事で外出してまして。エントリー時刻が気になっていたのですが、遅くなってしまい間に合いませんでした。

膝の具合はイマイチですが、20kmほどのヒルクライムには支障がないと判断していただけに、ちょっと残念です。
来年こそは間に合うようにします!

Posted by: Nob | 2014.05.23 09:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 湾イチならず湾ハンに(涙) | Main | 富士山一周ツーリング by CBCC »