« 日本三名瀑、袋田の滝へ | Main | フレンチを楽しみながらゆっくりライド »

2014.05.11

湾イチならず湾ハンに(涙)

いやはや、自分はバカだなあとつくづく思いました。

かねてより準備していた東京湾一周のツーリングです。
この日のために左膝の腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)快癒のためのリハビリライドに励んで臨んだ当日の朝(5:30)のことでした。
あろうことか、集合場所に着いてまさに出発直前、ヘルメットを忘れてきたのに気づきました!

汗よけのインナーキャップを着けたら、なぜかヘルメットも被った気になってしまいそのまま自転車で走ってしまったのです。
いやー、参った!

急げば20分位で取りに戻れるとは思いますが、時間どおりに集合している仲間の皆さんに申し訳ないので潔くDNSとさせてもらいました。
ホントに情けないです。

    湾イチはDNS。泣く泣くみんなを見送るの図
Kanaya01

8人の仲間たちを送り出して、帰宅したらなんかもう走る気が失せてしまって・・
ショップの土曜練すら出る気が起きず、庭の手入れでもするかとウジウジしてたら、カミさんが起きてきて「なんだ。まだ居たの?」

カミさんにしてみれば、ウジウジされているのが鬱陶しいのでしょう。
「まだ6時を回ったとこなんだし。どこか走ってきた方が気が晴れるんじゃないの。」とのご託宣。
なるほど、まだ十分に時間はあるな。

というわけで、急きょ鹿野山を訪れることにしました。
ついでに、浜金谷まで足を延ばして湾イチのメンバーに「Well come to CHIBA !」してあげましょう。

で、走行ルートは、先日走ったコースの焼き直しです。
かずさアカデミアパークを経由して福岡口からの鹿野山越え。マザー牧場を経由して更和に下りて上総湊に出てから内房の海岸沿いに浜金谷に向かいました。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

前回走ったのは4月の半ばでしたから3週間が経過しました。
田植えの作業もほぼ終わり、水の張られた田んぼには苗が風で揺れています。

    田植え作業も一段落。瑞々しい季節となりました。
Kanaya09

沿道の主役も菜の花からツツジ、それに街路樹や里山の樹々も萌え出る新緑に代わっています。
房総の田園風景の中でも一番目に優しい季節といえます。

    街路樹も新緑でまぶしいです。
Kanaya03

福岡口からゆっくり上り、例によって九十九谷公園で一息いれてから今日はマザー牧場の前を通って更和口に下りました。
マザー牧場の周辺は高原的な雰囲気がただよい、走っていて気持ちの良いエリアです。

    鹿野山ではいつも立ち寄る九十九谷公園にて
Kanaya06

    マザー牧場周辺の道路は気持ちいいですよ。
Kanaya07

風は朝から結構強い北風が吹いています。風に背中を押される感じで前へ進みます。
したがって行きはヨイヨイ、帰りは地獄ですな。

    そういえば久しぶりに写したかな
Kanaya08

追い風に乗って、気がついたら浜金谷到着。
11時過ぎだったので、まずは腹ごしらえということで、さすけ食堂に行くとすでに満席で外の行列の人になりました。みんな早いなあ。

10分ほど待ってから席に着くことができました。
今日は、かじめ塩ラーメンと黄金アジのフライセット(\1200)を注文。
以前来た時に隣の人が美味そうに食べていたのが忘れられなくて、ここに来たらぜひ注文しようと思っていたメニューです。

で、出てきた「かじめ塩ラーメン」は・・・
非常に透明度の高い薄味のスープにまずおどろきました。
薄味なんだけど、海のミネラルが豊富に含まれている感じで体に良さげな感じです。
麺の色はしっかりと練り込まれているかじめのせいで茶色というか蕎麦の色あいが不思議な感じです。
かじめ特有のねばりが麺の食感にも出ていて、もちもち感があっさりスープとうまく合っていますね。

    かじめ塩ラーメンと黄金鯵フライのセットです
Kanaya10

そして、「こんな鯵フライ初めて食べた」という呼び声の高い黄金鯵のフライは健在でした。
いつ食べても肉厚のふわっとした食感は最高です。
ラーメンと鯵フライのコラボに十分満足してお店を後にしました。

で、向かった先は100m足らずしか離れていないフェリー乗り場です。
久里浜着12:15の便に乗っているであろう湾イチチームご一行を迎えにいきました。
到着(12:55)まで1時間以上あったので、近くの岸壁でお昼寝しながら待ってました。
何しろ朝が早かったので眠い眠い・・。

    久里浜からフェリーが到着しました。
Kanaya11

そしてやってきました。皆さんが。Well come to CHIBA !」
お、8名ちゃんといるな。途中で離脱したメンバーもいなくて良かった良かった。

    浜金谷に無事に上陸。Well come to Chiba!
Kanaya12

さあ、向かい風の中ですが、千葉に向かって出発しようぜ!
と、向きを北に向けたのは私だけ。
あれ?どこいくの?
って、聞いたら、「昼飯まだだから、さすけ食堂
がくっ!

おいおい、こっちは2時間近く待ってるんだよー。しかも、さすけ食堂で食べた後だし。
うーん。
今日は母の日ということで息子夫婦が夕方に来るっていうし、あまりゆっくりしていられなかったので、お先に失礼することにしました。

結局、湾イチメンバーもさすけ食堂の行列に負けて、竹岡ラーメンに変更することに。
竹岡ラーメンまでkimiさんが風よけになってくれました。
向かい風でヘロヘロになりかけていたので、本当にありがたかったです。

    変化に富んだ内房の海岸線沿いに走りました。
Kanaya13

竹岡で一行と別れてからは再び一人旅です。
コース後半の向かい風は疲れがガクッと増すので辛いですが、軽いギアでクルクル回しながら背中を丸めて走りました。

上総湊からは裏道伝いに内房線を絡めながら走り、木更津を過ぎて袖ケ浦からは県道287号とその先県道24号線を使って浜野まで。

結局、東京湾一周(湾イチ)の筈が、東京湾半周(湾ハン)になってしまい、風で体もヘロヘロになりましたが、17:20 なんとか夕食までには帰宅できました。やれやれ・・

【感想】
まったく、ヘルメットを忘れるなんて、自転車乗りとしては失格ですね。
おかげで、6月の新潟ツーリング参加者に課せられた?霞ヶ浦一周ツーリングと東京湾一周ツーリングの両方とも欠場してしまいました。
なんとかあと1回、ロングライドに挑戦したいけど・・ああ、後がない!

|

« 日本三名瀑、袋田の滝へ | Main | フレンチを楽しみながらゆっくりライド »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日本三名瀑、袋田の滝へ | Main | フレンチを楽しみながらゆっくりライド »