« March 2014 | Main | May 2014 »

2014.04.28

南房総ぐるっと210km

Boso09

土曜日に企画されたクラブのカスイチ(霞ヶ浦一周)が家の行事と重なり参加できなかったので、日曜日に単騎で走ってきました。

自分もカスイチをやりたいなー、との思いもあったのですが、あの単調、というか平板な景色を独りぼっちで5時間も見続けるのもツライものがあるので行き先を変更。
勝手知った南房総をぐるっと周遊することにしました。

外房の勝浦から内房の上総湊にかけての南房総の海岸線ですが、これまで通しで走ったことはありません。
リハビリライドとして、およそ200kmの海岸線をゆったりマイペースで走ることにしました。

コースは、自宅を早朝出て、大多喜街道(国道297号)を忠実に南下して勝浦に出ます。
勝浦からは海岸線伝いに外房から内房に変化していく様を楽しみながら走ります。
上総湊までの約190kmを目標にしました。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

これは、連休明けに企画されているワンイチ(東京湾一周)の走行距離に匹敵するからです。
膝の故障を抱えての参加なので、果たしてみんなと同じペースで走れるのか不安があるので、その前哨戦としてほぼ同じ距離を走る意味合いがあります。

    田んぼでは田植えが終わり、苗が風に揺れていました
Boso02

日曜日の国道357号、それに297号はトラックの数が少ないので走りやすいです。
自宅から28kmほどのセブンイレブン市原三和店で1回目の休憩。
大多喜町横山にあるセブンイレブンで2回目の休憩をとる頃には車の数もめっきり減って走りやすい道がつづきます。

    国道297号も牛久を過ぎると走りやすいです
Boso03

勝浦までは2度ほど大きなアップダウンがあります。上りは緩やかですが、下りは急坂。
逆コースになると、この二度の上りがネックになるところ。

    勝浦市内の魚屋さんには旬のカツオの文字が・・・
Boso04

勝浦には9時過ぎに到着。
ここまではゆるい向かい風であまり風の影響を受けませんでしたが、勝浦から先は前方からの向かい風をもろに受けてのサイクリングとなりました。

それでもエメラルドグリーンの海の色が素敵ですね。
特に勝浦から安房小湊にかけての海岸線は本当にきれいです。
時々立ち止まっては景色を眺め入りました。

    外房の海の色はエメラルドグリーン
Boso05

鵜原、上総興津、行川アイランドと外房線のローカル駅を通り過ぎ、やがて入道ヶ岬の断崖沿いの旧道に差しかかりました。

    絶壁の下に巧みに造られた漁港が箱庭のようです
Boso06

ここは絶対に旧道を通ります。この景色は間違いなく絶景だと思います。
欲を言えば、波の荒い豪快な波しぶきのかかる日に通過したいものです。怖いけど圧巻だろうなあ。

    遠浅の海辺では何をしているのでしょうか
Boso08

    スリルに富んだ絶壁内に設けられた道
Boso10

入道ヶ岬を過ぎれば日蓮上人ゆかりの誕生寺を経て安房小湊に出ます。
ここまで来たら、鴨川はすぐそこです。

    天津の漁港から鴨川方面を眺める
Boso11

    病院だとはとても見えないですね(亀田病院前)
Boso12

リゾートホテルかと見紛う亀田病院の前を通り、市街を抜けたところにある鴨川青年の家で仁右衛門島方面の展望を楽しみました。

    青年の家にある展望広場から眺めた仁右衛門島方面
Boso13

そういえば鴨川から千倉にかけての道は自転車では走っていません。
江見あたりまでは変化に富んだ磯が続きますが、江見から和田浦にかけては砂浜が続いているんですね。

今日の昼ご飯は千倉で立ち寄ってみたいお店があったのですが、あいにくのお休み。
で、仕方なく街道沿いの地魚料理のお店に飛び込みました。
お店の人から勧められた海鮮丼を注文。

    地魚の鮮度が良かった海鮮丼
Boso14

この辺りのお店ですからお魚の鮮度は申し分ないのですが、お値段もよかった(\1,500)のでサプライズなものではなかったかな。普通に美味しかったです。

自宅から昼食場所までで約125km。
海沿いの道は景色は良いのですが、向かい風に苦しめられますね。
ここから、野島崎、洲崎と走ることになります。
野島崎灯台は何度も灯台周りを一周しているので今回はスルーしました。

    午後の陽に灯台が輝いていました(野島崎)
Boso16

やがて房総フラワーラインに入ります。
菜の花はすでに終わり、夏のマリーゴールドまでのつなぎに白いキク科の花が植えられていました。
やっぱりこの道には菜の花が似合います。

    房総フラワーライン
Boso18

房総半島の突端にある洲崎に回り込むと、湖のように平穏な館山湾が見えてきました。
同時に走る方向が北に向くので、背中に風を受けるようになりゴキゲンです。
灯台に立ち寄り、展望を満喫。午後の薄もやの中でしたが、真っ白い富士山も洋上に浮かんで見えました。

    洲崎灯台の入口にて(館山湾をはさんで正面奥に富山)
Boso19

    洲崎灯台展望台からの眺望(館山湾方面)
Boso20

    かわいらしい洲崎灯台
Boso21

館山市街の入口にある7-11で3回目の補給休憩をとります。
ここまでの走行距離が約160km。これから先は内房の変化に富んだ海岸線沿いに走ります。

    那古の崖観音は初めて間近で見ました。
Boso23

富浦、岩井、安房勝山と通過して、保田の港が見えてくる頃、恐れていた左膝外側に痛みが・・・。
ランナー膝(腸脛靭帯炎)の痛みが始まってしまいました。(涙)
ただ、ペダリングができないほどの痛みではないので、そのまま続行です。

    久里浜方面からフェリーが到着しました(浜金谷にて)
Boso24

鋸山の下を通過する何本かの狭いトンネルを通過し、浜金谷、竹岡と走るうちに痛みは徐々にひどくなります。
以前のように激痛じゃないのが救いです。
事前にテーピングを二重に施してきたのが功を奏しています。

    何かな?ってよく見たら東京湾観音でした。
Boso25

とはいえ、無理は禁物なので上総湊を過ぎ、佐貫町、青堀と走り、君津駅に着いたところでギブアップしました。
その間、なんとかペダリングはできたので良しとしましょう。
ここまで自宅から214km。リハビリライドとしてはよく走って来られました。
ヤレヤレです。

【感想】
膝の痛みは180km位から出始め、200kmを超えるとかなり顕著になりました。
ここまでよく走れるようになったものだと評価するか、あるいは180kmしかまともに走れないのか、と評価すべきなのか。
とりあえず連休明けのワンイチ(190km)には参加してみます。
6月の新潟ツーリングへの参加はもう少しリハビリを続けてから判断しよう。

| | Comments (2)

2014.04.19

鹿野山から久留里、高滝湖を経てうぐいすライン

Kanouzan01

今日はクラブのツーリングの日です。
南房総を横断する嶺岡中央林道に走りに行く予定です。
「一緒に走りたいなあ」というのが偽らざる心境。しかし、腸脛靭帯炎のリハビリ中の身ではちょっとツライものがあります。
しかもリーダーがkikuさんではまったり走るはずがない。(笑)

ここは誘惑を払いのけて、リハビリプログラムに沿って鹿野山に行くとしましょう。
先日のリハビリライドでアップヒル的コースも走れるようになったので、今日は少し距離を伸ばして150kmを目標にしました。

連休明けの富士山一周ツーリングを見据えて、距離に加えて上りもあるコース設定です。
鹿野山までの前半は、立野からかずさアカデミアパークを通るおだやかな道のりで、後半は小糸川、小櫃川、養老川の3河川を横断しながら進むアップダウンのあるコースです。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

自宅を6:30過ぎに出発。
幸町のファミマでちょうど嶺岡林道チームに合流しました。
参加者の面々を見るとかなり若い!
私と同じアラカン世代であるMTKさんを除けば、平均年齢40歳弱か?

途中の浜野までトレインに便乗しましたが、追い風とはいえ速い速い!
あんな超速ペースで走られたんでは膝がこわれちゃいます。
参加しなくて正解でした。

県道24号が村田川と交差する地点で、嶺岡林道超速チームと別れて一人旅となりました。
自分のゆっくりペースに戻り内心ホッとしました。

    かずさアカデミアパーク付近にて
Kanouzan02

立野で1回目の休憩タイム。ここから先は田園風景が広がる走っていて楽しい道のりになります。
東横田で久留里線を横切り、かずさアカデミアパークのゆるい上りに入りました。
風は背中に受けるので楽ちんです。(そのかわり後半はずっと向かい風に苦しめられました。)

2回目の休憩を小糸のコンビニでとった後はいよいよ鹿野山の上りになります。
今日は、福岡口から攻め上がります。理由は鹿野山をめぐる登山道の中で一番ゆるいから。(笑)

    鹿野山・福岡口の入口です
Kanouzan03

そのかわり今日はアウター縛りで上りました。
コース勾配は5%前後かなあ。コース後半はさすがに10%を超える区間もありますが、全体的にはゆるくてフロントアウターでも上ることができました。

たどり着いた九十九谷公園でいつもの休憩タイムをとります。
展望台から眺める景色はうすく春霞がかかっていました。
そして下りは秋元口に下ります。年々道路改良されているようで、舗装も良くなって走りやすかったな。

    たどり着いた九十九谷公園からの展望
Kanouzan04

下りきったら今度は県道93号を使って久留里に向かいます。
最初から坂が続きますが、逆コース(久留里→君津)に比べれば上りの区間は少なくて助かります。
いつもは逆コースで走っているので今日は何となく新鮮に感じました。
途中、ブルベのコースになっているらしく、ブルベな人たちを4台ほど抜かせてもらいました。
みなさん相当お疲れのご様子でした。

    ブルベの人はみなさんスゴイですね。
Kanouzan06

快適な下りを楽しんだ後は、養老川沿いの月崎をめざします。
この辺りの地形は、小糸川、小櫃川、養老川という県内の主要河川に沿って農地が広がり、集落が発達していったわけで、車でなく自転車で走るとそれぞれの水系毎の地形的な特徴がわかってきて面白いですね。

月崎駅に立ち寄って一休みしました。
3日前にも立ち寄った駅ですが、静かでノンビリしていて私の大好きな駅です。

    これは何だろう?(月崎駅前にて)
Kanouzan07

だいぶお腹も空いてきました。
今日は里見駅の少し五井側にあるお蕎麦屋さんが目的地です。
職場の友人に聞いて、ぜひ一度食してみたかったお店です。

飯給、里見と走って件の蕎麦屋に到着。
「功徳庵」さんといいます。
店内に入ると靴を脱いでカーペット敷きの座敷に通されました。
静かで感じのよい空間です。
なによりも目の前に代かき水を張ったばかりの水田が広がり、その向こうにはこんもりとした森が眺められます。いやー最高です。

    窓の外には田んぼと森が広がっていました
Kanouzan10

鴨汁そばが有名らしいのですが、友人のお薦めにしたがって天もり(\1,300)を注文しました。
やがて出されたのは、ワラビやコゴミ、地の筍その他、目に優しい品々の天ぷら盛り合わせ。じつに美しいです。
しかし、これでおどろいてはいけません。

    山菜づくしの天ぷらが美しい”一の膳”
Kanouzan08

そのあとに、二の膳としてエビ天を含む天ぷらの盛り合わせとせいろが出てきました。
もちろん小鉢も付いてくるし、天つゆの他に3種類の塩や本わさびなど薬味も大したものです。
あとでご主人に聞いたら「ほとんど利益が出ない」そうです。(笑)

    出たーー! エビ天付きの二の膳とせいろ
Kanouzan09

そして、最大の驚きは・・・
目の前にあの小湊鐵道の電車が通過するのです!
田んぼと森の中をツートンカラーの電車が通過するのを見ながら蕎麦を食すなんて最高の贅沢です。

    まさか蕎麦を食べながらこういう景色を楽しめるとは・・
Kanouzan11

電車の通過する時刻に田んぼの見える席に着くのがベストですね。土休日は里見駅発着が12時前後なので、11時45分頃までが狙い目かなあ。
こんな贅沢な蕎麦屋はそうそうないと思いますよ。
また来ようっと!

    八重桜が美しい高滝湖畔でした
Kanouzan12

天ぷらを食べ過ぎたきらいはありますが、カラッと揚がっているので胃に優しい感じです。
おかげで後半、向かい風に対抗できるだけの力をもらいました。

高滝湖畔を半周し、鶴舞から原田に出て、そして風に向かってうぐいすラインを北上しました。
今回はじめて気がついたのですが、うぐいすラインからほんの少し脇道に入ったところに「米沢の森を考える会」の幟が目についたので入ってみると・・・

    広大な菜の花畑が広がっていました。
Kanouzan13

いままで下りばかりだったので気がつかなかったのですね。
貴重な里山の自然を次世代に引き継ぐ取り組みをしているそうです。
そして、帰りがけに娘の家に立ち寄り孫の顔を見てから帰宅しました。

【感想】
1月下旬に膝を故障してもうすぐ3ヶ月になります。
最初のうちは20~30km走っただけで強烈な痛みに襲われましたが、ストレッチとアイシングやストレッチポールを使ったマッサージなど真剣に取り組んだ結果、ようやく150kmまで距離を伸ばせるようになりました。
しかし、まだ油断はできません。今日は膝に少し違和感を感じたのでね。
テーピングのおかげで痛みが出なくてすんでいる感じです。
5月連休はストレッチやマッサージに一段と力を入れることにしましょう。

| | Comments (6)

2014.04.16

石神の菜の花畑を訪ねる

Isigami03

小湊鐵道沿線の菜の花畑は本当にきれいですね。
ネットで調べたら、10年ほど前から、沿線の10か所以上で地域の方々と小中学生、福祉団体、環境保全団体、文化団体などの方々が、9月から10月に菜の花の種まきをしているそうです。

われわれは3月から4月にかけてその恩恵だけを享受しているわけで、そうした裏話を聞くと本当に頭が下がる思いがします。

そんな菜の花畑ですが、2月の大雪の影響で育ちが悪かったのですが、石神の菜の花畑もようやく咲きそろってきたとの情報を得たので、初めて訪れてきました。

養老渓谷駅にほど近い場所にありますが、県道81号線からは少し外れているので道路からは見えません。
それだけに、今回初めて訪れてその素晴らしさに感激しました。

今回のコースは、おゆみ野を起点に、うぐいすラインをアプローチに使い鶴舞から高滝湖を経て県道81号線をほぼ小湊鐵道沿いに走りました。
養老渓谷駅手前にある石神の菜の花畑を見物してから大多喜に出て、後はお決まりのAKB経由で瀬又に出ておゆみ野に戻るものです。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

原田のコンビニで休憩した後は、鶴舞のオープンガーデンに立ち寄りました。
新しく猫とねずみの風見鶏風オブジェが立てられていました。

    いつ訪れても期待を裏切らない場所です。
Isigami02

ところで、今日はじめてお庭の持ち主に対面できました。
とてもおだやかな方で、「いい陽気になってきましたね。ゆっくりしていってください。」とのお言葉をいただきました。

私が、「いつも立ち寄らせていただいています。こんなに素晴らしいお庭を勝手に入らせてもらいありがとうございます。」とお礼を言うと、
「いやいや、自由に入っていただくように造っていますので、遠慮しないでくださいね。」との暖かい言葉が返ってきました。
まさに大人(たいじん)の風格の備わった方でした。

    見事に周辺の景観に溶け込んでいますね。
Isigami01

小湊鐵道沿いに走る県道81号線は緩やかなアップダウンがあって比較的走りやすい道です。
途中、右折して月崎駅に立ち寄ることにしました。
駅前の桜はすでに散っていましたが、相変わらず好ましい雰囲気に満ちている駅です。
ボランティアの方が何人かいて周辺の観光案内をしてくれていました。
駅の時刻表を写真に撮ってから出発します。これから向かう石神の菜の花畑では電車を背景にした写真を撮りたいからです。

しばらく走って、「たぶんこのあたりかな?」と当たりをつけたところにちょうどご婦人がいたので道を尋ねたところ、「この先にある自動車工場の裏手だよ。菜の花がいっぱい咲いてるよ。」って教えてくれました。

そして目的地に着く直前、無情にも電車が通過してしまいました。(涙)
次の電車まで約40分。
ここまで来たら待つしかない!

    菜の花畑と後ろの里山の山桜の対照が見事でした。
Isigami04

ところで、菜の花畑ですが、期待を裏切らない見事な広がりをもって私の目の前に広がっています。
菜の花の向こうの山肌にはヤマザクラがピンク色の花を点々とちりばめてくれています。
中房総の春爛漫といったところでしょうか。

千葉県の県花である菜の花ですが、この季節の中房総はどこを走っても黄色い花々に迎えてもらえます。
こんなに美しい景色の中なので、40分の待ちは気になりません。
すると、ご夫婦連れのアマチュアカメラマンもやってきました。アクアラインを使って横浜から来たとのこと。
どうしても小湊鐵道と菜の花を撮りたくて来たそうです。うれしいですね。

    待つこと40分。念願の写真が撮れました。
Isigami05

そして、やってきました!
いきなり電車が現れたので、慌ててシャッターを押したためベストショットを逃してしまいました。(笑)
まあ、でも何とか撮れたので良しとしましょう。

    いすみ鉄道もお忘れなく。
Isigami06

この先、大多喜を経て本日の昼食場所であるベジタブルガーデンに向かいました。
ポッキーさんお勧めのハーブ、野菜中心のレストランです。
今日で二度目の訪問ですが、今回はバジルのスパゲッティと一皿盛り放題のサラダをチョイス。
お腹が空いていたので、一気に完食しました。

    本日の昼食場所です。
Isigami07

    質、量ともに申し分なし
Isigami08

食後は、長南町、長柄町という絶好のサイクリングエリアを通って、AKB(秋元牧場)をめざします。
道路沿いの田んぼには代かきの水が張られ、早いものでは田植えが行われていました。
瑞々しくて美しい風景が続きます。

そして迎えたAKBの上りです。
ここの上りになるとなぜか気合いが入ります。STRAVA上のTTに参加しているせいもありますが。(笑)
とはいえ、今は膝の故障に悩まされている身。自重しながらも少しだけがんばってみました。
ところが、背中の十万石最中6個とデジカメが重しとなってなかなか前に進んでくれません。
特に長生庵手前の最後の急坂であごが上がってしまいました。

結果は8分38秒。ベストタイムには及びませんが、9分を切れるとは思いませんでした。
何となくうれしかった。

    AKBでは八重桜が満開でしたよ。
Isigami09

へとへとに疲れた体で牧場内に入ると・・・
名物の八重桜が満開で迎えてくれました。ラッキー!

    本当に心が安まる風景が広がります。
Isigami10

牧場でゆっくり過ごしたあとは、勝手知ったる道を瀬又に向けて走ります。
瀬又の村田川では年々その数を増す鯉のぼりがやさしく迎えてくれました。

    村田川にかかる鯉のぼりの大群!
Isigami11

【感想】
距離は94kmと少なめでしたが、累積標高は1,000mを超え、腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)になって以来はじめてアップヒルなコースを走ることができました。
しかし、長距離ライドはまだまだ自信がありません。
無理せずマイペースで調整を続けていくしかありませんね。

| | Comments (2)

2014.04.13

CBCCで花めぐりサイクリング

Cbccsakura16

2日前の下見の時が、印西市のホームページ上で「満開」宣言が出されていたので、大桜が散りはしないかと、内心とても心配でしたがなんとか保ってくれました。
よかったよかった!

何しろ、CBCC結成以来最大規模の参加人数(21名!)だったので、桜見物に出かけていって「あらら、葉桜でした・・」という訳にはいかないのです。
主催者側としてはね。ハイ。(笑)

    集合地点の道の駅やちよで、ハイチーズ!
Cbccsakura07

大人数のサイクリングは、事故もなく時間どおりに進行すればこんなに楽しいものはないですね。
参加した皆さん方の晴れ晴れとした顔を見て心からそう思いました。

その陰には、企画を担当されたMTKさんが事前の下見から食事場所との交渉、当日のチーム編成、事故時の対応策など、まさに至れり尽くせりの準備があったからですが。

春本番を迎えて、CBCCでも毎週のようにイベントが立ち上がっています。
私も膝の故障さえなければ、いくつかのイベントを担当できるのですが・・・
幸い、少しずつ距離を延ばせるようになってきたので、これからもマイペースで調整を続けさせてもらい、早く完全復帰したいものです。

DATA
----------------------
実施日: 2014.4.12
天気: 晴れ
気温: 12℃
距離: 89.56 km
移動時間: 4:40:41
経過時間: 8:18:50
平均スピード: 10.8 km/h
平均移動速度: 19.1 km/h

-----
八千代付近の農道を4,5人ずつ4つに分かれたチームごとに走りました。
この農道、じつは私の若い頃の作品です。(笑)

Cbccsakura10

やがて、新川サイクリングロード沿いに進みます。
今日は朝からさわやかなお天気です。朝のうちは肌寒いくらいの気温でしたが、10時近くなると陽射しも強くなり、サイクリングには最適のコンディションになりました。

Cbccsakura02

Cbccsakura04

印旛沼を離れ、松虫寺をめざして進みます。
写真では道幅も広くて走りやすそうですが、この後千葉ニュータウンに近づくにつれて車の通行量が増えてきて大人数のツーリングでは気を使う場面も増えてきました。

Cbccsakura11

やがて、第1の目的地である松虫寺に到着しました。
松虫寺は、聖武天皇の第3皇女松虫姫にまつわる言い伝えが残されている古刹。
明治の神仏分離令により、神社の所管に移されているそうです。お寺なのに神社?

Cbccsakura12

Cbccsakura01

このお寺のご本尊は秘仏です。
三十三年に一度しかご開帳しないとか。
2年前にご開帳したので、次回は2045年とか。うーん・・・

Cbccsakura13

松虫寺を辞して、お次の目的地である吉高の大桜に向かいます。
松虫寺から吉高までの田んぼ道は、本当にのどかで好ましい道のりです。
まだ田植え作業までには間があるので田んぼに水は張っていませんでしたが、田植え時期は瑞々しくて美しい田園風景を見せてくれることでしょう。

Cbccsakura14

Cbccsakura05

またまたやってきました。吉高の大桜です。
ヤマザクラの花期は短くて、満開からわずか2,3日しか見頃がないそうです。
一昨日が満開だったので、今日の大桜が今年の見納めかもしれません。間に合ってよかった!

Cbccsakura15

Cbccsakura17

吉高の大桜付近を歩いていると、ダイコンを使った可愛らしいオブジェに出会いました。
桜見物に来ていた子供たちも歓声をあげていました。

Cbccsakura18

佐倉ふれあい広場に向かう途中、印旛沼疎水路に架かる橋の上で撮影タイム。
皆さん楽しそうにしていました。

Cbccsakura03

佐倉ふるさと広場ではチューリップまつりが開催中です。
今年は市制施行60周年にちなみ、昨年より10万本多い、52種類約60万本のチューリップが楽しめるそうです。
たしかに例年よりもチューリップの面積が格段に広がっていました。
だけど、チューリップの数に比例して人の数も半端なく多かったです。ふー、疲れた

Cbccsakura19

Cbccsakura20

Cbccsakura06

三つの花の名所を巡ったあとは、おなじみのとんかつおかやま食堂に直行しました。
食べるなら、サイクリスト御用達のロースカツ定食(\1,050)がオススメです。

Cbccsakura21

楽しい花めぐりサイクリングもおしまいです。
解散地点である道の駅やちよに再び戻ってきました。
全員で記念撮影したあと、三々五々解散しました。お疲れさまでしたー

Cbccsakura08

※使用した画像の一部は、CBCCの仲間達から借用したものです。
 どうもありがとうございました。


| | Comments (0)

2014.04.10

松虫寺と吉高の大桜

Sakura10

今度の土曜日にクラブで吉高の大桜見物に出かける予定になっています。
参加者も多く、いくつかのチームに分けて走るため、事前にコースのサーベイに出かけました。

孫達が私の家に来ているため、正午までに帰宅する厳命が下りています。
帰りは京成臼井駅から輪行の予定で出発しました。

ルートは、土曜日と同様に花見川、新川のサイクリングロードを経て船戸大橋で印旛沼を渡り、西沼の北岸から千葉ニュータウンを経由して松虫寺をめざしました。

    花見川のソメイヨシノ並木道
Sakura01

花見川沿いのソメイヨシノはさすがに盛りを過ぎて散りかけています。
それでも最後の華やかさを訴えるかのように通り過ぎる自転車乗りの目を楽しませてくれました。

印旛沼から離れて千葉ニュータウンに向かう道は、道幅も広くて走りやすいです。
平日にもかかわらずトラックの通行も少なくて快適でした。

    一週間前ならさぞや美しかったろうな
Sakura03

北総線を立体交差で渡れば、最初の目的地である松虫寺は至近の距離です。
お寺の近くに美味しそうなコーヒーを淹れてくれそうなカフェがありました。
今度時間のある時に立ち寄ってみようかな。

    この角を右に曲がるとわずかで松虫寺です
Sakura04

    松虫寺周辺はゆっくりと歩いても楽しめそうです
Sakura05

カフェのすぐ先が松虫寺でした。
私は初めてですが、とても静かで落ち着いた感じのお寺さんです。
山門を潜ると美しい大きなしだれ桜が迎えてくれました。
今度の土曜日でも散らずに残ってくれそうです。

    松虫寺の山門前にて
Sakura06

    本堂の前には見事なしだれ桜が迎えてくれました。
Sakura07

鐘楼に散り際の桜の樹がかかっていて何とも風流な感じにさせてくれます。
このお寺は、今から1300年昔の奈良時代から言い伝えのある古刹です。「松虫姫伝説」が語り伝えられているとか。
お寺でゆっくりしていたら、次々に参拝の方々が訪れていました。

    散り際の桜って美しいですね
Sakura08

さて、お次は本日のメインイベント「吉高の大桜」です。
ナビにしたがって、松虫寺の裏手からたんぼ道に出ます。このあたりは、のどかで走っていて楽しい道です。
途中、なんとなく来たことある道だなあと思ったら、この冬に訪れた白鳥の郷のご近所でした。

車の通行の多い国道464号を少し走って鋭角に右折し、坂道をがんばって上りきれば待望の大桜にご対面です。
4年前に初めて対面してからほぼ毎年訪れていますが、今年も美しい姿を私たちに見せてくれました。

Sakura09

Sakura11

2月の大雪の影響なのか、根元に咲く菜の花やダイコンソウの花々が例年より少ない感じがしますが、桜の花自体は例年同様に華麗に咲きほこっています。
樹齢300年以上。歴代の地主の方が毎年大切に大切に守り育てて今日に至っていることを思うと本当に頭が下がります。

    桜の下にたたずむと神秘的な感じがします。
Sakura12

今回は皮肉にも事前サーベイの日が大桜の満開時期に重なってしまいました。
この桜はヤマザクラです。
開花の時期が短く、満開の状態は2,3日しか続かないため、12日の土曜日だとかなり微妙です。
今日も少し風が吹くとハラハラと花びらが落ちてきます。なんとか保ってくれると良いのですが・・

Sakura13

今日は平日にもかかわらずたくさんの花見客で賑わっていました。
平日この人出なのだから12日はどういうことになるのやら。

ゆっくりできたので、帰路につきます。
佐倉にある「ふるさと広場」のチューリップを見物してから帰ります。
県道65号線を少し走り、双子公園で印旛沼CRに合流するので、あとは沼畔沿いにのんびり走ります。
田植え前の印旛沼は水位も高く、豊かな水辺空間が広がっていました。

    たくさんの人で賑わっていました。
Sakura18

やがて、おなじみのオランダ風車が見えてくればふるさと広場に到着です。
今年のチューリップまつりはかなり広い面積で見応えがありました。
歩いていると中国語が飛び交っています。
成田空港の近くにあるので、空港周辺の観光スポットになっているのでしょうか。

Sakura17

Sakura14

ここも平日とは思えない人の多さにびっくり。
土日は相当な賑わいぶりでしょうね。そういう時期はあんまり訪れたくないなあ。

チューリップは今が見頃でした。
来週末あたりまでが最盛期かも知れません。

Sakura15

Sakura16

時計を見るともう11時過ぎです。いそいで臼井の駅に行かなくては。
大急ぎで国道296号を走り、11時15分に無事に臼井駅着。
約束どおり正午少し過ぎに帰宅できました。
近距離であっても輪行袋を持っていると何かと便利ですね。

DATA
----------------------
実施日: 2014.4.10
天気: 晴れ
気温: 15℃
距離: 54.24 km
移動時間: 2:18:57
経過時間: 3:24:04
平均スピード: 15.9 km/h
平均移動速度: 23.4 km/h

| | Comments (4)

2014.04.06

高滝湖周辺のお花見サイクリング

Mobara07

リハビリ、ストレッチの効果が徐々に現れてきたので、いよいよ100kmライドに挑戦すべく、CBCCのお花見サイクリングに参加してきました。

前日に雨をもたらした低気圧が通過した影響で、北寄りの風が吹き肌寒い朝を迎えました。
それでも、お花見ライドに集まったメンバーは総勢12名。
花冷えの中でしたが、元気に出発しました。

コースは、幸町ファミマを起点になるべく車の通りの少ない道を選んで上総牛久をめざします。
国道357号から村田川沿いに進み、菊間から若宮方面に抜ける見晴らしの良い高台を走りぬけました。

    村田川沿いの道も春の訪れを感じさせてくれます
Mobara00

その後、山倉ダムに立ち寄り、後半は養老川沿いの里道をたどると自然に上総牛久に導かれます。
このあたりのコース取りはMTKさんならではのもの。通称「MTKミラクルルート」というそうな。(笑)
非常に無駄のない、それでいて車に気を使わないですむ好ルートでした。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

牛久からは、いったん大多喜街道に出て、途中上総鶴舞駅の手前から高滝湖を目指しました。
このルートはアップダウンが少ないので、少し遠回りになりますが坂の苦手な人にはおすすめです。

鶴舞の踏切は小湊鐵道の撮影スポットの一つですが、まだ電車の通過には間があると思い、そのまま通過。
すると、走り出したすぐ後に上り電車が通過していき、「あちゃー、もう少し待ってればよかった!」

やがて到着した高滝湖畔では満開のソメイヨシノが私たちを迎えてくれました。
まだまだ若い樹々が多いので、東京の千鳥ヶ淵や上野公園のような壮麗さや華麗さには及びませんが、エネルギッシュな勢いを感じる桜のエリアだと思います。

    高滝湖畔沿いの桜をお楽しみ下さい
Mobara02

Mobara03

    高瀧神社前もご覧のとおり満開でした
Mobara04

さあ、次の目的地である里見駅周辺の桜を見物に行こうかと思ったところで、fjkさんのタイヤのスローパンクが判明。
例によってみんなでワイワイガヤガヤしながら、あっという間に修理完了です。
こういう時、仲間が多いと助かりますね。

    パンク修理もみんなでやれば怖くない?
Mobara05

おっと、里見駅での電車通過時間が迫っているため、さっそく出発しました。
途中、湖畔沿いの遊歩道の桜を楽しみながらのサイクリングは最高に気持ち良いです。

    湖畔沿いの遊歩道を里見駅をめざします
Mobara06

到着した里見駅は、地元で穫れた野菜や手作り餅などの販売もあって、「桜・菜の花・ローカル電車」の3点セットを写真に収めるカメラマンや観光客でおおいに賑わっていました。
菜の花も桜もちょうど良い見頃でした。

    小湊鐵道は絵になります
Mobara08

Mobara09

電車の通過もあって3点セットの写真を撮ったあとは、近所にある里見の一本桜「与市郎桜」を見物。
この辺りでは有名な一本桜で、市原市の三大一本桜の一つに数えられているとか。
三大桜とは、ここ「里見の一本桜」と、「大俵(おおびょう)の一本桜」と、それから、、、あとは調べて下さい。(笑)

    里見の一本桜「与市郎桜」です
Mobara10

今日の一本桜は、残念ながら満開には間があるようで七分咲きといったところでしょうか。
それでも樹齢100年以上といわれる古樹の佇まいは凛として清々しいものがあります。

ここまでで桜見物はおなか一杯です。
牛久にいったん戻ってから国道409号を茂原市内に向かいます。
今度は日本のさくら名所100選にも選ばれている茂原公園の桜がお目当てです。

牛久~原田~長南と走って、長福寿寺の少し先にあるいつものコンビニで休憩。
ここまで来れば茂原まではあとわずかですね。
茂原市内に入り、ちょっと道に迷いましたが、まずは腹ごしらえのために「そば奉行」さんに立ち寄りました。

    「そば奉行」さんに到着しました。
Mobara12

私は初めての訪問でしたが、大きな店構えで畳敷きの店内でゆっくりできます。
新玉ねぎのかき揚げ付きせいろを全員が注文しました。理由は簡単です。一番安くて量がありそうだったから。(笑)

    かき揚げもお蕎麦もgoodです
Mobara13

かき揚げもカラッと揚がっていて美味しく、お蕎麦も腰があって食べ応えがあります。
隣のポッキーさんは220円を追加して蕎麦の大盛りを注文していましたが、量からいって大盛りが正解でしょう。

    プラス220円で大盛りが食べられます
Mobara135

こうして賑やかに食べている最中、まさかのにわか雨。しかも結構はげしい勢いに驚かされます。
仕方ないので雨が止むまでお店を借りて雨宿りを決めこみました。

お店に入ってほぼ1時間。陽も差してきて雨もほぼ止んだので再び走りを再開しました。
不思議なことに走り始めて200mも行かないうちに路面はカラリと乾いています。
ちょうど雨と晴れの境目にいたことになりますね。

    一宮川沿いもイイ感じでした
Mobara14

一宮川沿いの遊歩道を溯りながら茂原公園をめざしました。
川沿いの桜並木も満開で見事です。本当に良い時期にサイクリングができました。

そうこうするうちにお目当ての茂原公園を通り過ぎてしまったようです。
戻ろうとしましたが、雲行きも怪しくなってきたのであきらめて帰途につきました。

    帰りの外房有料道路でも桜が迎えてくれました
Mobara15

帰りは外房有料道路を通って、千葉をめざしました。4月1日からの消費増税で通行料金も値上げされていましたが、自転車だけは30円のまま据え置かれていました。
外房有料では、inさんが思い切りの良いスパートで逃げが決まり、出口まで一人旅だったとか。
若い人はうらやましいですね。
無事に平山のスリーエフに到着後、解散しました。


【感想】
膝の故障後、初めての100km超えライドでしたが、テーピングのおかげで痛みが出ずにすみました。
100km以上走ることができ、少し自信がでてきました。
今後は、距離とともに累積標高を高めるライドを心がけてみるつもりです。

| | Comments (10)

2014.04.02

花見川・新川CRの桜開花状況(その2)

Hanamigawa01

今日もちょこっと走ってきました。

予想どおり、花見川CRのソメイヨシノは八分咲きからほぼ満開に近い状況でした。
今週末が最盛期となる感じでした。

    花見川右岸の桜並木はほぼ満開でした
Hanamigawa06

圧巻は、花島公園と大和田排水機場付近のソメイヨシノです。
大ぶりの樹が多く、川面に花の枝先がかかる風情がなんともいえません。

    花島公園の桜と菜の花はイイ感じです
Hanamigawa02

    大和田排水機場付近のソメイヨシノ
Hanamigawa05

この週末は、サイクリングロードも花見の人出で一杯になることでしょう。
平日の今日でさえ、かなりの人出で自転車走行にはかなり気を使いました。

    二種類の桜を楽しめる場所も・・
Hanamigawa04

特にお年寄りの自転車と幼児の通行には要注意です。
想定外の動きをするものですから、減速だけじゃなくクリートを外して通行する場面も。

    桜並木のトンネルは楽しいですね
Hanamigawa07

うーん。
週末に吉高の大桜を観に行く予定ですが、花見川や新川の通行は気を使うなー。
できれば、静かな雰囲気の中でお花見がしたいものです。

DATA
----------------------
実施日: 2014.4.2
天気: 晴れ
気温: 14℃
移動時間:2:01:55
経過時間:2:51:07
平均スピード:15.0 km/h
平均移動速度:21.1 km/h

Hanamigawa08


| | Comments (0)

« March 2014 | Main | May 2014 »