« 鹿野山から久留里、高滝湖を経てうぐいすライン | Main | 日本三名瀑、袋田の滝へ »

2014.04.28

南房総ぐるっと210km

Boso09

土曜日に企画されたクラブのカスイチ(霞ヶ浦一周)が家の行事と重なり参加できなかったので、日曜日に単騎で走ってきました。

自分もカスイチをやりたいなー、との思いもあったのですが、あの単調、というか平板な景色を独りぼっちで5時間も見続けるのもツライものがあるので行き先を変更。
勝手知った南房総をぐるっと周遊することにしました。

外房の勝浦から内房の上総湊にかけての南房総の海岸線ですが、これまで通しで走ったことはありません。
リハビリライドとして、およそ200kmの海岸線をゆったりマイペースで走ることにしました。

コースは、自宅を早朝出て、大多喜街道(国道297号)を忠実に南下して勝浦に出ます。
勝浦からは海岸線伝いに外房から内房に変化していく様を楽しみながら走ります。
上総湊までの約190kmを目標にしました。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

これは、連休明けに企画されているワンイチ(東京湾一周)の走行距離に匹敵するからです。
膝の故障を抱えての参加なので、果たしてみんなと同じペースで走れるのか不安があるので、その前哨戦としてほぼ同じ距離を走る意味合いがあります。

    田んぼでは田植えが終わり、苗が風に揺れていました
Boso02

日曜日の国道357号、それに297号はトラックの数が少ないので走りやすいです。
自宅から28kmほどのセブンイレブン市原三和店で1回目の休憩。
大多喜町横山にあるセブンイレブンで2回目の休憩をとる頃には車の数もめっきり減って走りやすい道がつづきます。

    国道297号も牛久を過ぎると走りやすいです
Boso03

勝浦までは2度ほど大きなアップダウンがあります。上りは緩やかですが、下りは急坂。
逆コースになると、この二度の上りがネックになるところ。

    勝浦市内の魚屋さんには旬のカツオの文字が・・・
Boso04

勝浦には9時過ぎに到着。
ここまではゆるい向かい風であまり風の影響を受けませんでしたが、勝浦から先は前方からの向かい風をもろに受けてのサイクリングとなりました。

それでもエメラルドグリーンの海の色が素敵ですね。
特に勝浦から安房小湊にかけての海岸線は本当にきれいです。
時々立ち止まっては景色を眺め入りました。

    外房の海の色はエメラルドグリーン
Boso05

鵜原、上総興津、行川アイランドと外房線のローカル駅を通り過ぎ、やがて入道ヶ岬の断崖沿いの旧道に差しかかりました。

    絶壁の下に巧みに造られた漁港が箱庭のようです
Boso06

ここは絶対に旧道を通ります。この景色は間違いなく絶景だと思います。
欲を言えば、波の荒い豪快な波しぶきのかかる日に通過したいものです。怖いけど圧巻だろうなあ。

    遠浅の海辺では何をしているのでしょうか
Boso08

    スリルに富んだ絶壁内に設けられた道
Boso10

入道ヶ岬を過ぎれば日蓮上人ゆかりの誕生寺を経て安房小湊に出ます。
ここまで来たら、鴨川はすぐそこです。

    天津の漁港から鴨川方面を眺める
Boso11

    病院だとはとても見えないですね(亀田病院前)
Boso12

リゾートホテルかと見紛う亀田病院の前を通り、市街を抜けたところにある鴨川青年の家で仁右衛門島方面の展望を楽しみました。

    青年の家にある展望広場から眺めた仁右衛門島方面
Boso13

そういえば鴨川から千倉にかけての道は自転車では走っていません。
江見あたりまでは変化に富んだ磯が続きますが、江見から和田浦にかけては砂浜が続いているんですね。

今日の昼ご飯は千倉で立ち寄ってみたいお店があったのですが、あいにくのお休み。
で、仕方なく街道沿いの地魚料理のお店に飛び込みました。
お店の人から勧められた海鮮丼を注文。

    地魚の鮮度が良かった海鮮丼
Boso14

この辺りのお店ですからお魚の鮮度は申し分ないのですが、お値段もよかった(\1,500)のでサプライズなものではなかったかな。普通に美味しかったです。

自宅から昼食場所までで約125km。
海沿いの道は景色は良いのですが、向かい風に苦しめられますね。
ここから、野島崎、洲崎と走ることになります。
野島崎灯台は何度も灯台周りを一周しているので今回はスルーしました。

    午後の陽に灯台が輝いていました(野島崎)
Boso16

やがて房総フラワーラインに入ります。
菜の花はすでに終わり、夏のマリーゴールドまでのつなぎに白いキク科の花が植えられていました。
やっぱりこの道には菜の花が似合います。

    房総フラワーライン
Boso18

房総半島の突端にある洲崎に回り込むと、湖のように平穏な館山湾が見えてきました。
同時に走る方向が北に向くので、背中に風を受けるようになりゴキゲンです。
灯台に立ち寄り、展望を満喫。午後の薄もやの中でしたが、真っ白い富士山も洋上に浮かんで見えました。

    洲崎灯台の入口にて(館山湾をはさんで正面奥に富山)
Boso19

    洲崎灯台展望台からの眺望(館山湾方面)
Boso20

    かわいらしい洲崎灯台
Boso21

館山市街の入口にある7-11で3回目の補給休憩をとります。
ここまでの走行距離が約160km。これから先は内房の変化に富んだ海岸線沿いに走ります。

    那古の崖観音は初めて間近で見ました。
Boso23

富浦、岩井、安房勝山と通過して、保田の港が見えてくる頃、恐れていた左膝外側に痛みが・・・。
ランナー膝(腸脛靭帯炎)の痛みが始まってしまいました。(涙)
ただ、ペダリングができないほどの痛みではないので、そのまま続行です。

    久里浜方面からフェリーが到着しました(浜金谷にて)
Boso24

鋸山の下を通過する何本かの狭いトンネルを通過し、浜金谷、竹岡と走るうちに痛みは徐々にひどくなります。
以前のように激痛じゃないのが救いです。
事前にテーピングを二重に施してきたのが功を奏しています。

    何かな?ってよく見たら東京湾観音でした。
Boso25

とはいえ、無理は禁物なので上総湊を過ぎ、佐貫町、青堀と走り、君津駅に着いたところでギブアップしました。
その間、なんとかペダリングはできたので良しとしましょう。
ここまで自宅から214km。リハビリライドとしてはよく走って来られました。
ヤレヤレです。

【感想】
膝の痛みは180km位から出始め、200kmを超えるとかなり顕著になりました。
ここまでよく走れるようになったものだと評価するか、あるいは180kmしかまともに走れないのか、と評価すべきなのか。
とりあえず連休明けのワンイチ(190km)には参加してみます。
6月の新潟ツーリングへの参加はもう少しリハビリを続けてから判断しよう。

|

« 鹿野山から久留里、高滝湖を経てうぐいすライン | Main | 日本三名瀑、袋田の滝へ »

Comments

リハビリライドで200kmとは、恐れ入谷の鬼子母神です^ ^
しかし、東京湾一周よりこのコースのがだいぶ楽しいんじゃないでしょうかね^ ^

Posted by: ぐり | 2014.04.28 09:21 PM

ぐりさん
こんばんは
恐れ入谷・・だなんて、ぐりさんの長距離ライドに比べれば足下にも及びません。
こちらはテーピングをしながら、恐る恐る走っている始末です。
たしかに東京湾一周は信号ストップも排気ガスも気になるし、あまり快適じゃありません。
唯一の楽しみは、フェリー内での横須賀海軍カリーパンぐらいですから・・・(笑)

Posted by: Nob | 2014.04.28 09:54 PM

The comments to this entry are closed.

« 鹿野山から久留里、高滝湖を経てうぐいすライン | Main | 日本三名瀑、袋田の滝へ »