« 入山直前、無念のリタイア | Main | 早春の伊豆大島を訪れる(いざ出発編) »

2014.02.23

白鳥の郷に主役は不在?

今月は大雪に見舞われて、自転車に乗るのはこれが2回目です。
2月1日に太東岬を訪れて以来ですから3週間ぶりのライドになります。

叔母を本埜の白鳥の郷に案内することになり、事前に道順を頭に入れておこうと思い、今日は下見のサイクリングです。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

前回訪れたのと同じコースで、白鳥の郷をめざしました。
自宅からは約36km。意外と近いですね。

途中、千葉ニュータウン内を通過しますが、モダンなテラスハウスのすぐそばに遊園地にあるような観覧車が見えるのが何とも不思議な感じがします。
あれはどこの観覧車なんだろう?

    住宅街と観覧車って何か不思議な感じでした
Swan02

さて、めざす白鳥の郷ですが、着いてびっくり!
先月訪れた時には水面いっぱいにいた白鳥さんもカモさん達も一羽もいません。
「えー!」
一体どこに消えたんだー!

    着いてびっくり! 白鳥さんたちはもぬけの殻・・
Swan01

    いったいどこに消えたのでしょうか?
Swan03

帰宅してからネットで調べてみたら、シベリアに帰ったわけではなく、風を避けるために周囲の田んぼ3箇所に分散しているとか。
地元の人に聞いてみたら、一週間ほど前から白鳥の郷には姿を見せていないそうです。
シベリアに帰るのは数週間後とか。
それまでの間、より落ち着ける場所で羽根を休めているのでしょうね。

白鳥の姿を求めて当てもなくさまようのも大変なので、あきらめて佐倉方面に向かいました。
で、その途中でまさかのパンク!
5年間の自転車ライフで2度目のパンクです。

    久しぶりのパンクです。
Swan04

たまにしかパンクしないので、チューブの交換にちょっと手間取ってしまいました。
それにしても、Lezyneの空気入れはネジをしっかりと閉め込みポンピングできるので、効率が良くてとても使いやすいですね。買っておいて正解でした。

    長門川沿いのサイクリングロードにて
Swan05

    静かな北沼調整池で一休みしました
Swan06

修理の後は長門川に出て、川沿いを北沼をめざしました。
そういえばこの辺りは久しぶりに走りますが、西沼に比べて行き交う人も少なく静かなサイクリングが楽しめるエリアです。
4月になれば青い水と田んぼの緑が美しいコントラストを織りなすエリアでもあります。

パンクで思わぬロスタイムがあったおかげで、とんかつの「おかやま食堂」に着いたのは開店時間の11時ちょうどでした。

    とんかつのおかやま食堂にて
Swan09

CBCCの自転車仲間たちの間では有名なお店ですが、私は初めてです。
ここの名物は、上ロースカツ定食(\1,500)ですが、衣抜きの正味の肉の厚さが2センチを越えるボリューム満点のカツを完食する勇気がないので、初心者の私は普通のロースカツ定食にしておきました。

出てきたロースカツはこれで十分な肉厚です。
しかもカリッと揚がっていてやわらかいお肉はとっても美味しいです。
このボリュームと味で950円という値段には敬服しますね。

    やわらかくて美味しいお肉とカラッと揚がった衣は絶妙
Swan08

白鳥さんたちには会えなかったけど、美味しいとんかつを食べられて幸せでした。
帰りは西沼、新川沿いの自転車道を通って道の駅やちよまで。
そこから先は往路をたどり、13時半には孫達の待つ自宅に帰着できました。

|

« 入山直前、無念のリタイア | Main | 早春の伊豆大島を訪れる(いざ出発編) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 入山直前、無念のリタイア | Main | 早春の伊豆大島を訪れる(いざ出発編) »