« 春を呼ぶいちご大福と太東岬・飯縄寺を訪ねて | Main | 白鳥の郷に主役は不在? »

2014.02.16

入山直前、無念のリタイア

毎週末を直撃する大雪のおかげで、サイクリングはさっぱりです。
こういう時は自転車よりも雪山ですよねー。

ということで、近郊の山々に出かけるプランを練り始めました。
ところが2週続けての大雪でどこも日帰りはきびしいことがわかりました。
事前のネットや電話による情報収集の結果、たとえば雲取山荘付近で190cm、奥武蔵の登山口である正丸駅前で65cm、といった具合です。

こういう時は表丹沢しかないなあ。
そこで、大倉尾根からの塔ノ岳ピストンを計画。
降雪直後なので、本格的な冬用登山靴に12本爪アイゼンを携行することにしました。
足回りだけは八ヶ岳や北アルプスに入山する感じです。

    小田急線の車窓から眺める丹沢大山です
Ookura01

新宿から小田急線で渋沢駅へ向かいます。
沿線の風景も白一色の雪景色でした。小田急沿線はかなり降ったようです。
そして真白い丹沢の山々が近づいてくるとわくわくしてきます。

    渋沢駅前から眺める表丹沢の山々(中央奥が塔ノ岳です)
Ookura06

渋沢駅で下り立ち、デッキから表丹沢の峰々を眺めると登高意欲が一気に高まってきました。
塔ノ岳を中心に、右に表尾根、左に鍋割山稜の白い山並みがはっきりとしたスカイラインを見せてくれます。
これから登る大倉尾根も眼前にせり上がっていて、花立のピークが印象的でした。
富士山もでっかく見えるし、やあ来てよかったなあ、と思える瞬間です。

    駅前から見える富士山はかなりの迫力でした
Ookura02

あれ、バス停に人がいない!
よく見るとバスは全路線運休とか。
その代わりにタクシー乗り場には登山者の長蛇の列ができていました。

    バスが運休なのでタクシー乗り場には長蛇の列
Ookura03

いままで雪の丹沢には何度も訪れていますが、大倉行きのバスが運休したのに遭遇したことはなかったなあ。参りました。

待つこと40分。
ようやく順番が回ってきました。お互いに声かけあって単独行者4人で相乗りします。
9時ぎりぎりに大倉バス停に到着しました。
大倉は白い世界。風もなくおだやかで絶好の雪山日和です。

    大倉のバス停とは高校時代からのつきあいです
Ookura05

さっそく、出発前の身支度に入りました。
ロングスパッツを着けようと冬用ブーツをよく見ると・・・
「あ、ソールが剥がれてる!」
しかも左右両足共です。
ソールのかかと部分のウレタン樹脂部が劣化してボロボロになっていました。
家を出るまでは何ともなかったのに。

    あ、ソールが剥がれている!!
Ookura04

    これじゃあ、登ることはできません
Ookura07

こんな状態で雪山に入る勇気はさすがに持ち合わせてはいません。
こういう状態になると一気に剥がれてしまうのは熟知してますので。

それにしても経年劣化はウレタンの宿命とはいえ、なんで今日なんだよー。
他の登山者たちが続々と入山する中を、一人だけ山々に背を向けて駅に引き返すタクシーの客になりました。(涙)

帰りがけ、靴を購入したショップに立ち寄り修理の相談をしました。
結果は、全治4週間で治療費は13,000円とか。

最近は自転車中心の余暇を楽しんでいる身では、冬用ブーツは出番がほとんどありません。年にせいぜい1,2回使えば良い方かな
そのために13,000円をかけるのには抵抗がありました。

でも、修理をしなかったら、靴が使えない。
靴を履かなくなったら、もう雪山とは縁を切らなければいけないなあ、と思ったら何だか妙に切なくなって・・
結局、無駄かも知れないけど山への思いを繋ぎとめる意味もふくめて修理を決断しました。

    一見、まだまだ使える感じなのですが・・・
Ookura08

それにしても、表革も靴底のビブラムゴムもしっかりしているのに、間に挟まっているウレタン樹脂だけが経年劣化しているというのが何ともアンバランスに感じます。
昔の登山靴にはウレタンなんか使ってなかったので、ビブラムゴムがすり減るまで使えたものです。
樹脂と接着剤を使うことによって軽量化はできたものの、耐久性は落ちた感じがしますね。

あー、それにしても今日は会心の雪山登山ができただけにホントに悔しいなあ。

|

« 春を呼ぶいちご大福と太東岬・飯縄寺を訪ねて | Main | 白鳥の郷に主役は不在? »

Comments

いやいや・・読んでいて涙が出てしまう程、悲しいリタイアですね。おっしゃる様に昔々の靴であればこんな事はありえませんが、今はウレタンを間に使っているんですねー。
我が家でもカミサンと木更津のアウトレットに行った際に同じ事がカミサンの靴で発生し、完全に靴底が剥がれてしまいました。 お陰でその場で高い靴を買わされましたけど・・・この素材は靴に向いていないと言うよりは使ってはいけませんね。 山の中でいきなり剥がれたら最悪ですね。今回はラッキーじゃないですかー。

Posted by: MTK | 2014.02.17 12:20 AM

こんにちは
おっしゃるとおり、山中で剥がれたら最悪でした。
それを考えたら「不幸中の幸い」かもしれませんね。
でも、雪の中を苦労してあそこまで行って、「さあこれから」という時にアレですから・・・
今回は単独行でよかったです。同行者がいたらお詫びのしようがなかったところです。当方のメンテナンス上の責任ですから。

Posted by: Nob | 2014.02.17 07:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 春を呼ぶいちご大福と太東岬・飯縄寺を訪ねて | Main | 白鳥の郷に主役は不在? »