« 新年初ライドは高瀧神社へ初詣 | Main | 大山千枚田と鋸南の水仙郷を訪ねる »

2014.01.13

本埜の白鳥見物と宗吾霊堂ポタ

R1114974s

成人の日の13日、せっかくの休日なのでご近所のポタリングに出かけました。
最初は鋸南町の水仙の下見を考えていましたが、この寒さでは来週の方が見頃だと思い、行き先を印旛沼周辺に変更しました。

そういえば旧本埜村(現印西市)にある「白鳥の郷」はまだ訪れたことがありません。
水を張った休耕田に白鳥の群れが集まっているというので一度は行ってみたいと思っていた場所です。

距離も遠くないし、帰りに佐倉のおかやま食堂のとんかつでも食べたいな。
いや待てよ、たしか昨夜の食事が豚肉のソテーだったっけ?

走ったコースとプロフィールマップを表示する

このところの寒さ続きで出発は自宅を8時スタートにしました。
花見川サイクリングロードは我が家から至近の距離にあるので、ご近所ポタリングの時はもっぱら花見川、新川の水回廊を使わせてもらっています。

朝のサイクリングロードは行き交う自転車や散歩の人たちも少なくて、走っていても気持ちが良いですね。
今朝もしっかり冷え込んだようで川の土手にはびっしりと霜がおりていました。

    土手にはびっしりと霜がついていました
R1114956s

道の駅やちよまではフロントインナー固定でクルクル回すペダリングに徹しました。
ケイデンスも95前後でしょうか。
ライディングセミナーで教えてもらった走行スタイルをいろいろ試しながらの走りです。

道の駅からは千葉ニュータウンの印西牧の原駅をめざして走ります。
県道61号や190号線を使いますが、道幅も広くてなかなか快適なコースです。

やがて北総鉄道を横断し、旧本埜村方面に向かって走るほどに田園地帯が広がってきました。
市役所の本埜支所を経て本埜郵便局の手前を左折する地点に「白鳥の郷」への案内板がありました。
案内板がなければわかりづらい道のりですが、幸いこの先にも案内板が設置されていて迷子にならずにたどり着けそうです。

    こんな案内板が迷わないように設置してありました
R1114958s

広々とした田んぼ地帯のはるか先に何台もの車が駐車しています。
たぶんあの辺りが白鳥飛来地に違いありません。
車の駐車場を目当てに走ると、いますいます!
たくさんの白鳥たちが水を張った休耕田に羽を休めていました。

    いました!いました!白鳥たちが・・
R1114960s

休耕田はそれほど広くはありませんが、何百羽もの白鳥たちの群れで満ちあふれています。
遠くシベリア方面から編隊をつくって飛来してきたとのこと。ご苦労さまです。

    たくさんの白鳥たちが羽を休めていました。
R1114962s

R1114980s

それにしても空から見たら本当に小さな水たまりであるこの地になぜたくさんの白鳥が飛んでくるのでしょうか。
案内板によれば、この地に初めて飛来したのが平成4年のことだったらしいです。
農業用排水路工事のために水田に水を溜めていたら、そこに飛んできたのが最初。
白鳥を驚かせないように毎日同じ服装で朝夕2回の餌付けを続けるうちに、毎年訪れるようになったとのこと。
地元の人たちの献身的な活動と地主さんの協力があってこその賜物なのですね。

    地元の人たちの献身的な支えがあってこその「白鳥の郷」
R1114976s

R1114977s

しばらく見ていたら、餌を探しに飛び立つ時も数羽の編隊で行動するのがわかりました。
先頭を飛ぶ白鳥がリーダーなんだろうなあ。
自転車の集団走行と同じで、先頭の役割は非常に重要なんでしょうね。

    白鳥の編隊飛行。そういえば初めて見たかもしれません
R1114979rs

白鳥を驚かせてはいけないので、大きく迂回してこの地を離れました。
この先、川の土手上を思わせるような道路を進みます。
ひょっとして昔は印旛沼の堤防だったのかしら?

    印旛沼の周辺は広大な穀倉地帯です
R1114996s

さて、今日の目的はこれで達したので佐倉方面に向かいます。
とんかつのおかやま食堂です。

でも、まだ10時前だよ。それにとんかつを食べるという気分になれません。
ということで、双子公園方面に向かうのをやめて酒々井から宗吾霊堂に向かうことにしました。

京成の車両基地のそばを通って宗吾参道駅を過ぎれば、宗吾霊堂に向かう急坂の参道が待ち構えていました。結構きつい坂に心拍も上昇します。
坂を上りきりしばしで宗吾霊堂に到着しました。

    この先は急な坂が続きます
R1115002s

    宗吾霊堂の立派な堂宇
R1115004s

木内惣五郎にゆかりの宗吾霊堂ですが、東勝寺という真言宗の大きなお寺です。
参拝のあとは、やっぱり「甚兵衛そば」ですよね。
私もとんかつはやめてお蕎麦にしました。

甚兵衛そばには思い出があります。
若い頃、成田市内に6年ほど勤務していたことがあり、現場の帰りによく立ち寄りました。
給料が出た日はちょっとがんばって、い志ばしのうなぎの時もありましたが。
昔は振込じゃなくて現金封筒に給料が入っていたので良かったなあ。おっと脱線!

ここのお蕎麦は舟を模した入れ物で出してくれます。
普通はざる二枚をいただきます。
今日みたいに寒い日は、一杯目は掛け蕎麦で、二杯目にざる蕎麦というのもアリです。
今日の私は原則どおり、ざる二枚を注文。(900円)
一枚目のざるを食べ終わる頃を見計らって二枚目が出てくるタイミングの良さは昔と同じです。

    かわいい舟に入った甚兵衛蕎麦
R1115006s

蕎麦自体は手打ちでもなく、蕎麦の香りもイマイチですが、ゆで加減と腰のつよさ、それに蕎麦つゆがとても美味しいので私は好きでよく通いました。

お蕎麦でお腹が満たされたので、帰路につきます。
酒々井、佐倉の旧街道沿いには江戸時代から続く商家の街並みなども不完全ながら残されているのでポタリングの時には立ち寄りながら走ると良いと思います。
酒々井の旧成田街道沿いにある島田家や佐倉市街の三谷家、旧佐倉順天堂などは江戸時代の佇まいを色濃く残していて興味深いですね。

    酒々井・成田街道沿いにある島田家住宅
R1115008s

    ご存じ、旧佐倉順天堂です。(観覧は100円)
R1115015s

    佐倉市街・街道沿いにある三谷家住宅
R1115020s

佐倉城趾公園から国立歴史民俗博物館を経て印旛沼西沼に出ました。
沼畔に出た途端強い風の洗礼に見舞われました。
ふるさと広場のオランダ式水車の羽根も強風でグルグル回っています。

この強風の中を風に逆らって走るのはやだなあ。
この道を通らなければ帰宅できないとはいえ、コースの選択を激しく後悔しました。
強い向かい風の中では20km/hを維持するだけで精一杯です。
下ハンを持ってできるだけ風の抵抗を避けながらの走行が道の駅やちよまで続きました。

    西沼沿いでは強い風に負けそうになりました
R1115026s

午後になって風はさらに強まったようです。
やがて針路を南にとるにしたがい、風を背に受けるようになりホッと一息。
自宅には14時前に戻ることができました。

DATA
----------------------
実施日:2014.1.13
天気:晴れ
気温:5℃
距離:100.18 km
移動時間:4:24:23
経過時間:5:51:49
平均スピード:17.1 km/h
平均移動速度:22.7 km/h
最高スピード:45.2 km/h
高度上昇値:418 m

|

« 新年初ライドは高瀧神社へ初詣 | Main | 大山千枚田と鋸南の水仙郷を訪ねる »

Comments

時間帯は違うけど私も印旛沼CRから花見川CRを経て検見川浜まで走りました。特に佐倉ふるさと広場から道の駅やちよ迄の区間は冷たい向かい風が強くて同様に激しく後悔しました。私は富田町から佐倉まで鹿島川の谷津田探索をしましたが、お互に日光が差していて良かったですね。もし曇りだったらとんでもなく寒い一日でした。

Posted by: MTK | 2014.01.14 03:37 PM

MTKさん
こんにちは
お互いに印旛沼周辺を走っていたのですか。
それならお誘いすれば良かったです。

鹿島川の谷津田散策はいかがでしたか?
何十年も前の大昔ですが、鹿島川上流部の護岸工事の一部区間に携わったことがあります。
また、私は携わっていませんが、都川上流部も私の仲間が大昔に護岸工事をやってます。
花見川も含めて、このあたりの土質は軟弱で難しいです。地下水位も高くて円弧すべりを起こしやすい扱いの難しい土質でした。

おっと!また脱線しました。(笑)
じつは今日の午後、大学病院で親知らずの抜歯手術を受けまして、先ほどまで痛くてウンウンうなっていました。
今夜はもっと痛むから覚悟して下さいね。だって!
明日は休みでよかったです。

Posted by: Nob | 2014.01.14 07:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 新年初ライドは高瀧神社へ初詣 | Main | 大山千枚田と鋸南の水仙郷を訪ねる »