« イチョウ並木と長柄の横穴群を訪ねる | Main | お気に入りの練習コース »

2013.12.01

九十九里浜のいわし料理を食べに行く

Dairin06

九十九里町にあるいわし料理専門店「大輪」に行ってきました。
私にとっては3年ぶりの訪問です。
いわしづくしのお料理の数々が食卓を占め、とってもヘルシーなんですよね。

それに加えて、帰りがけに東金・台方にある老舗でくず餅を買い求め、近くにある雄蛇ヶ池でみんなで食べるという趣向付きです。

このイベントは毎回人気があるようですが、今回もCBCCとしては最高の14名が参加しました。
その理由は?
1.盛りだくさんでヘルシーないわし料理
2.和風スイーツをみんなで野外で食べられる
3.上りがなくて平坦なコースが続くこと
まあ、こんなところかな?

    外房有料を快調に走ります
Dairin02

コースは、支川都川CRを通って、外房有料を終点まで。あとは、九十九里浜に向かって一直線。
最後は南白亀川(なばきがわ)の左岸に付けられた遊歩道を走れば太平洋に出られます。
あとは九十九里浜沿いに北上していくルートをとりました。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

今朝は冷え込みもきびしく、出発時は体が縮こまってしまいましたが、走り始めて30分もすればホカホカになってくるから不思議ですね。

    白子海岸に向けて県道を走っているところ
Dairin03

14名の大所帯なので3チームに分けて車間距離を空けながら走りました。
外房有料のような広い道ならいいのですが、海に向かう県道は道幅も狭いので十分な距離をとって走らないと脇を通過する車の方がストレスを感じてしまいますからね。

    南白亀川左岸の遊歩道は自転車にとっても走りやすいです
Dairin04
 
浜沿いに走る県道30号線は路肩が十分にあって走りやすい道でした。
途中、不動堂海岸(豊海海岸)にある展望台に立ち寄り、九十九里浜と広大な太平洋の眺めを満喫しました。

    不動堂海岸の展望台から眺めた九十九里浜です
Dairin05

    展望台から下を見ると14台の自転車が仲良く駐輪中
Dairin07

浜辺に立っているだけでは、九十九里浜の長大さがよくわかりませんが、この展望台の上から眺める景色はなかなかのものです。遠くに光って見える突端は大東岬かなあ?
どこまでも続く砂浜を目で追うと果てしなく感じられます。よくぞ「九十九里」と名付けたものです。

Dairin08

展望台でひとしきり遊んだあとはお目当てのいわし料理に直行しました。
九十九里役場の角を右折して程なくで「大輪」さんに到着です。
ポッキーさんが事前に電話予約を入れておいてくれたおかげで、奥の座敷に14人分の席が用意されていました。

    いわし料理の大輪さんに到着
Dairin10

3種類のいわしが食べられるヘルシー膳を全員が注文。
カタクチイワシ、セグロイワシ、マイワシの3種類だそうな。
たしかにヘルシーには違いないけど、これだけの量を食べちゃうと「ヘビーなヘルシー」という感じです。
全部で七品。どのお料理も美味しくいただきました。

    大輪さん自慢の「ヘルシー膳」です。
Dairin09

十分な食休みのあと、最後の立ち寄り場所である雄蛇ヶ池を目指して出発。
東金の市街に入り、台方にある創業明治19年の川嶋商店でくず餅を買い求めました。

    創業明治19年の老舗くず餅店です。
Dairin11

自転車乗りは甘党が多いです。
じつは私も甘党なんですが、職場なんかでは恥ずかしくて言ってません。
自転車に乗り始めてからはカロリーの消費が大きいせいか、甘いものを以前よりも多く摂るようになりました。
CBCCの男性陣も甘党や隠れ甘党が意外と多くてなにやら安心します。

    池畔のベンチで豪快に切り分けるくず餅は美味い!
Dairin12

    雄蛇ヶ池畔でしばしの休憩タイムを楽しむ一行
Dairin13

くず餅を自転車にぶら下げて、近くの雄蛇ヶ池まで走っていきました。
池の畔にあるベンチに広げてみんなでほおばるのも野趣があってgoodです。
池の周囲の雑木林の紅葉も終わりに近い最後のあでやかさを見せてくれていました。

    周囲の雑木林が美しい雄蛇ヶ池です。
Dairin15

Dairin14

帰路は、東金街道(国道126号)、県道129号を誉田まで走り、ここから外房有料で往路と同じコースをとりました。
外房有料でのアタック合戦はいつもどおり。今回は仕掛けが遅かった?
皆さんお疲れさまでしたー!

|

« イチョウ並木と長柄の横穴群を訪ねる | Main | お気に入りの練習コース »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« イチョウ並木と長柄の横穴群を訪ねる | Main | お気に入りの練習コース »