« サイクルモード 2013 | Main | 秋の奥多摩ツーリング(風張峠編) with CBCC »

2013.11.13

中房総の秋を楽しむ

Uguisu03

このところまとまった距離を走っていないので、平日でしたが週休日なので思い切って走ってきました。
お天気が良かったせいもありますが、外に出て正解でした。累積標高も1,200mを超え、しっかりと走ることができました。

    朝のうぐいすラインは車も少なく快適です
Uguisu01

コースは、うぐいすラインから銀杏並木で有名なキングフィールズゴルフクラブを経て鶴舞に。さらに県道171号を使って伊藤大山に上ります。
山を越えたら大多喜街道を横切り、お目当てのベジタブルガーデンで昼食の予定です。
帰路は、野見金山公園、秋元牧場を経由して、孫の待つおゆみ野に向かいます。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

キングフィールズGCの銀杏並木の色づき具合は、CBCCの仲間内でも興味の的になっています。
銀杏の黄葉の最盛期に当たればgoodですが、木枯らしが吹けばあっという間に散ってしまうので最盛期の見極めは難しいですね。

    今週末が最盛期でしょうか
Uguisu02

長い長い並木道ですが、色づきの具合は全体的には七分程度でしょうか?
それでも、日当たりの良い南側の並木はかなりイイ線いってましたよ。

    色づき始めた銀杏並木も新鮮で良いですね
Uguisu04

ふたたびうぐいすラインに戻り、原田のコンビニで休んだ後は、鶴舞のオープンガーデンに立ち寄りました。
今日は抜けるような青空で、眼下に広がる田園地帯も本当に美しいです。

    鶴舞のオープンガーデンにて
Uguisu05

    典型的な中房総の田園地帯が広がります
Uguisu06

次の目的地は伊藤大山。
この山へは、県道171号、173号、172号をつなぎながら上っていきます。
いずれの県道も山間のカーブが続く道で、アップダウンもあって結構鍛えられます。

いったん下って、上り返すのですが今回のコース中いちばん急な上りが続きます。
9月下旬の赤城山以来の上りですが、苦しさよりも久しぶりのヒルクライムに楽しさを感じた道のりでした。

苦労して上り着いた伊藤大山ですが、残念ながら樹林に遮られて展望に恵まれません。
どこでもいいから誰か枝払いしてくれないかな。

    伊藤大山から眺める房総丘陵地帯
Uguisu07

上った後のダウンヒルは快適で楽しいですね。
でもこのところの寒さでWBを着ていないとちょと寒いですね。

下り着いた横山の交差点を直進して少し進むと本日の昼食場所であるベジタブルガーデンに到着。
名前のとおりハーブを使ったベジタブルなお料理を食べさせてくれます。
料理一品に自然食主体のサラダバーをセットすればおなか一杯になりますよ。

    ベジタブルガーデンの入口(奥に行くほど広いです)
Uguisu08

私はというと、何とも美味しそうなハーブ入りオムライスをメインにしてサラダバーを注文しました。
サラダバーはお皿に載るだけのサラダを1回だけいただけます。
かなり大盛りにできるけど、見た目が美しくないし、そんなに食べられないので適量を盛りつけました。

    サラダバーのサラダは種類も豊富で美味しいです    
Uguisu09

    メインディッシュのハーブ入りオムライスです
Uguisu10

    この2皿を平らげたらおなか一杯になりました
Uguisu11

けっこう食べたつもりだけど、胃にもたれないのはベジタブルのせいかな。
隣接のハーブガーデンも規模が大きくてお散歩に向いてます。
ハーブ系の花がいくつか咲いていて珍しかった。

    いろいろな種類の花が咲いていました
Uguisu12

食後はいきなり始まる県道27号の急坂がマジで堪えました。
里山風景を堪能しながら走ると、野見金山の上りに続きます。

    里の樹々も色づき始めましたね    
Uguisu13

上りきった山の上からの景色は空気が澄んでいる分最高でした。
今までなかなか見られなかった太平洋まで見通せました。

    野見金山から遠く太平洋を望む(手前の道路は圏央道)
Uguisu14

そして最後の上りは秋元牧場。
急だけど短い上りを喘ぎながら越えていき、牧場の敷地に入った途端目に入ったのはコスモスのお花畑でした。
まったく予期していなかったのでびっくりしました。
牧場の馬たちにも会えたし、ここはいつ訪れても心が和みますね。

    秋元牧場のコスモス畑に感激しました
Uguisu18

    馬たちも元気でした
Uguisu19

というわけで、中房総をグルッと回る今回のコース。
終日お天気にも恵まれて、走り甲斐のある楽しいサイクリングでした。

Uguisu16


|

« サイクルモード 2013 | Main | 秋の奥多摩ツーリング(風張峠編) with CBCC »

Comments

鶴舞のオープンガーデンは地域の人たちが手入れをして作っているものなのでしょうか。
オープンガーデンというと通常は個人の庭を公開しているものが多いかと思いますが、ここは個人の庭ではなさそうですね。
千葉県は気候が温暖でガーデニングが向いていて春頃でしたら花も数多く咲いているのでしょうね。

丁寧に積み上げられた北総のぼっちの風景は農家の人たちの作物に対する感謝の気持ちや愛情のようなものを感じます。
こういう風景もあと10年もすると後継者不足で見られなくなるかも知れないと思うと残念です。
このぼっちはこの後、何に利用するのでしょうか。家畜の飼料でしょうか。

Posted by: 前橋庶民 | 2013.11.20 05:59 PM

こんにちは
コメントありがとうございます。
鶴舞のオープンガーデンは、持ち主の方の好意で広いお庭を開放しているものです。
中房総の田園地帯が見下ろせる小高い丘にあって、ベンチも用意されていて訪れるたびに心が和むところですよ。
特に春の桜の季節が最高です。

北総台地のボッチですが、これは千葉県名産の落花生のボッチです。
収穫後、乾燥させるために積み上げたものです。
このあと炒って、名産の殻付き落花生や殻をとったピーナツとして出荷されます。

千葉の落花生は美味しいですよ!

Posted by: Nob | 2013.11.20 06:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« サイクルモード 2013 | Main | 秋の奥多摩ツーリング(風張峠編) with CBCC »