« 赤城山と西麓広域農道を走る | Main | まえばし赤城山ヒルクライム 2013 »

2013.09.23

上総の山々 修行の道

3連休の初日に、一年ぶりで鹿野山を訪れました。
昨年の鹿野山は宝竜寺口、福岡口、それに秋元口の3コースから鹿野山を攻め上がり、秋元口では自己ベストタイムをゲットできました。題して「鹿野山 三坂三様」。

今回は、鹿野山は2コースだけにして、その代わり三石山と大福山をオマケにつけてみました。
題して「上総三山 修行の道」です。
上総三山?
聞き慣れないですよねぇ。
これって、私が勝手につけたネーミングですので、他で語らないでくださいね。恥をかきますから。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

    スタート地点となったJR君津駅前です。
Kanouzan01

上総三山の坂道に集中したかったので、君津駅まで輪行しました。
これまで、鹿野山へは車で行くことが多かったのですが、休日の内房線は空いていて輪行の方がゆったりしていてイイ感じです。

駅から市街地を抜けて国道127号線を右折。常代交差点で左折して鹿野山をめざしました。(距離5.6km、平均勾配5.2%)
鹿野山を目指すルートの中でも福岡口と並んで勾配も緩く走りやすいコースです。
福岡口は道幅が狭いですが、常代からのコースは前半は道路も広くて快適です。

    常代からの鹿野山は走りやすいコースです。
Kanouzan02

今日は、T.T気分で全力で駆け上がりました。って、62歳の「全力」ですからたかが知れてますが。
Stravaのランキングでは、1位タイムは15分20秒です。
内心は(できれば20分を切れればいいな・・)なんて色気を出しながらがんばりました。
前半は順調でしたが、最終盤、頂上稜線を走る道路(県道93号)に合流してからのわずか400m位の急坂(9%超?)がどうにもならずにグングン失速。
結果は21分23秒でガックリ・・・でした。

    高原気分をちょっぴり感じる福岡口ルート
Kanouzan03

ヘロヘロの状態で、福岡口を下ります。
やがて県道92号の旧道に合流します。右折して今度は秋元郵便局をめざしました。

    のびやかに裾野を広げる鹿野山
Kanouzan04

途中、ながめの開けた田んぼから鹿野山の全容が眺められます。
穏やかで優しい山容ですね。
そころが、さらに先を進むと今度は採石場に山肌を蝕まれた先に鹿野山が・・
眺める場所によって全然違った山に見えました。

    西部劇に出てくるような荒々しい景観(左奥に鹿野山)
Kanouzan05

さて、秋元口です。
出だしから急坂の続くこのコース(距離3.5km、平均勾配8.6%)は久しぶりの参戦ですが、いつ上っても挑戦しがいがある坂道です。
でも、やっぱりきついっス。

    左上にある白い建物のさらに上がゴールです。
Kanouzan07

新日鐵の寮が見えてきても、最後の100mが難関です。
例によって、右に左に蛇行を繰り返しながらのゴール。
気になるタイムは・・・18分55秒。
昨年よりも1分半以上も遅いですが、いまの力ではまあこんなもんでしょう。

    九十九谷公園でゆったりとした時間を過ごしました。
Kanouzan06

たどり着いた九十九谷公園でゆっくり息を整えました。
まだまだ暑い日が続いていますが、吹き渡る風に秋の気配を感じました。

T.Tを2本続けて走ったらさすがに疲れちゃったので、更和口への下りはあきらめて往路を下りました。

    房スカは迂回路に指定され無料通行中でした。
Kanouzan08

続いて房総スカイランを走ります。
国道410号の迂回路に指定されているらしく無料で通行できました。ラッキー!
房スカは有料道路だけあって快適な路面ですが、ねちっこい上りが続いていてあんまり好きではありません。
でも房総の山の中を走る雰囲気はgoodです。

房スカを下りきって左折してすぐに三石山への上りが始まります。
最初のうちは片倉ダムを右に見ながらのゆるやかな道が続きます。交通量も少なく勾配もないので楽な上りです。
急なのは最後の200mくらいかな?

    三石山への後半の上りはこんな感じです。
Kanouzan09

砂岩質の岩盤を切り開いたような道路は房総の山の中では珍しくはありませんが、ここは上りも下りもそんな感じの道でした。
おかげでひんやりした涼感たっぷりの下り道でしたよ。

    三石山からの下り道
Kanouzan10

下りきったところは亀山湖です。
何度か上っている坂畑林道に入ります。林道の入口にはガードマンが立っていて、砂取りダンプの走行状況を教えてくれました。
狭い道が続くので、ダンプが何台下っているか教えてくれるのはありがたいです。

    亀山湖畔のボート乗り場でちょっと休憩
Kanouzan11

坂畑林道は三石山よりも手強く、勾配もきついです。
頂上が近づいてくると傾斜も落ち、楽になるものの未舗装区間が400mほどあったりして結構走りづらかったです。

最後のひと上りで展望台のある東屋に到着。
汗が引くのを待っていたら、宇都宮餃子ツーリング中のポッキーさんからメールが入りました。
あっちはギョーザとビールで最高だろうなあ。

    大福山から上総の山々を眺める。
Kanouzan12

    大福山から久留里方面へ北面を下りました。
Kanouzan13

お昼はとっくに過ぎて、お腹空きまくりだったので、久留里に向けて出発。
大福山北面を下り、県道30号に合流してから一路久留里をめざします。

久留里のセブンに立ち寄り、水分補給をしてから上り返したところにある久留里焼きそば恭屋さんで遅い昼食にありつきました。
今回は、焼きそば中盛り+マヨネーズ。
美味しかったですが、疲れた体のときはラーメンのような汁ものの方が喉の通りが良いですね。

    久留里焼きそばの恭屋さん(看板がドハデ)
Kanouzan14

    特徴は、麺の腰が強いこと。ソース味です。
Kanouzan15

そして最後に立ちはだかる坂が俗にいう「大江戸温泉物語の坂」です。
距離は大したことないのですが、何しろここまで坂だらけの道だったので、やっぱり辛いです。
なんとか上りきればあとは快適なダウンヒルが続いていました。
館山道の君津ICを通過してしばらくの市街地走行を我慢すればスタート地点の君津駅に無事に到着です。
小高いピークを5つ越えてのミニヒルクライムのコースは、還暦世代にとっては正に「修行のみち」でした。(笑)

    最後の難関?「大江戸温泉物語」への上り坂です。
Kanouzan16

|

« 赤城山と西麓広域農道を走る | Main | まえばし赤城山ヒルクライム 2013 »

Comments

秋元、十分に速いです!
赤城山頑張って楽しんできてください(^-^)/

Posted by: HINA | 2013.09.27 09:08 AM

HINAさん
BRM921千葉600km完走おめでとうございます!
獲得標高5,600m??
36時間台で走破しちゃうなんて相変わらずスゴイです。

赤城山HCは沿道の応援が励みになります。
今回はタイムはともかく、レースそのものを楽しんでこようと思っています。

秋も深まってきたら山にご一緒したいですね。

Posted by: Nob | 2013.09.27 07:31 PM

あれ、完走したのリザルトか何かで見られたんですかね。
もちろんしんどかったですが、でも涼しくて割と天気にも恵まれ、特に那須塩原から南会津にかけての道はよかったです。
紅葉の時期に走ったら最高でしょうね。

Posted by: HINA | 2013.09.30 11:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 赤城山と西麓広域農道を走る | Main | まえばし赤城山ヒルクライム 2013 »