« とりあえず試走だけでも・・ | Main | 上総の山々 修行の道 »

2013.09.15

赤城山と西麓広域農道を走る

130914_akagi02

台風の影響を免れた3連休の初日に赤城山に上ってきました。
いやはや何とも・・・
タイムは散々の結果でして、拙いブログとはいえ公表するのも憚られます。ハイ。

それはさておき、いやー、ホントに疲れました。
特に、今回初めて走った赤城西麓広域農道は車だったら適度なアップダウンがあって楽しいでしょうが、自転車にとってはきつい上り下りになります。
どおりで走っている自転車がいないはずでした。(たった1台だけ挨拶しました。)

走ったコースとプロフィールマップを表示する

高崎駅まではいつもの輪行です。
赤城山のスタート地点は前橋市なので、そこまで輪行しても良いのですが両毛線に乗り換えるのと運賃も少し余計にかかるので高崎駅前をスタート・ゴールにしました。
でも、これはちょっと失敗でした。

高崎~前橋間の道路は交通量も多く、自転車にとっては走りづらく平坦ながら疲れます。
赤城山周辺を走るのなら前橋駅まで輪行した方が良いと思います。

    右 前橋駅 左 赤城山  とてもわかりやすいですね。
130914_akagi01

約10km走って前橋駅前到着です。
ここの道路表示板は毎回写真に撮っていますが、ホントにすっきりしていて良いですね。
「右 前橋駅、左 赤城山」なのですから。
この交差点を左に折れれば、あとは道なりにだまっていても赤城山に着いてしまいます。

9月29日の赤城山HCの日は早朝からほぼ午前中いっぱいレースコースを横切る道路はすべて封鎖するんですから大したもんです。
山の中で開催するレースと違って、都市部ならではの悩みがありますよね。
参加者とすればせめてマナーだけは良くしておかないと。

さて、本番レースのスタート地点、上細井交差点を通過します。
ガーミンのラップスイッチをON。
今回は試走ですが、とりあえず本気で走ることにしました。
ブランクが大きいので、もとよりタイムは期待していませんが、あまりにもひどかったら当日はDNSするので結構必死です。
目標は決めませんが、2時間切れなかったら本番はパスすることにしました。(笑)

いやー、スタートから足が重いです。
赤い大鳥居を過ぎてもスピードが乗りません。
上からはローディたちがどんどん下りてきます。まるで本番なみの賑わいです。

馬事公苑付近から車の交通量も減り走りやすくなりますが、コースはほぼ直線で先が見えるのでうんざりするところです。
昨年の本番ではこの辺りは20km/h前後で走った記憶があるのですが、今日は15,6km/hがやっとです。
ものすごい量の汗が出てジャージはすでにびっしょりです。

    60歳以上と思われるローディにあっという間に抜かされました
130914_akagi03

それでも前を走る自転車に徐々に追いつき追い抜いていきながら上がっていきました。
まあ、お互いハアハアゼイゼイですけど・・。
それにしても今日は蒸し暑いです。9月も半ばだというのに。

後半で一番辛く感じるのは、第1カーブにさしかかる手前の直線区間でしょうか。
勾配は10%くらいかなあ。ホント辛かった。
カーブの数はたしか70近くあったような気がします。
まだ第1カーブかよぉ。

後半はあんまり覚えてません。辛すぎたので・・
後ろから来た自転車にも何台か抜かれ、前を行く自転車も何台か抜き、といった感じでゴール地点である総合案内所にたどり着きましたー。

    ヒルクライマーならだれでも待望のゴーーール!
130914_akagi06

タイムは・・・・
1時間43分8秒
ああーーーだめだーこりゃー!
自己ベストよりも15分以上も遅いです。しかも、今日はかなり本気モードだったので、本番でもたぶんこんなもんでしょう。

    よく見るとガーミンは汗でびしょ濡れでした
130914_akagi04

特に最終盤で見事に抜かされた推定年齢60歳超えのオジサンには頭が下がります。
抜かされた時のスピードからみてかなりの達人だよあれは。
赤銅色の脚が眩しかったなあ。

それにしても、背中のポケットにいれておいたカメラは汗でレンズが曇ったままです。
そんなわけで今日の写真は写りが悪いですが勘弁してください。

    ヒルクライマーには特盛りが・・・美味しいです
130914_akagi05

さて、総合案内所で名物のソフトクリーム(これがホントに美味いんです)を食べたら、後半のツーリングに気持ちを切り替えます。
赤城山は今回で5回目ですが、このうちレースで上った2回を除くあとの3回はすべて沼田方面に下りました。
そこで今回は初めて赤城西麓広域農道を走ることにしました。

総合案内所を折り返し点にしてほぼ全部の自転車が往路を下っていくのを見送り、ひとり針路を北に向けて下り始めます。
いったん大沼池畔を半周してから道路最高点に上り返し、あとは快適なダウンヒルです。

    レンズが曇っているので景色もイマイチですね。(大沼池畔にて)
130914_akagi07

コースプロフィールを見てもらえばわかるとおり、赤城山からドンと下って無名峠への上りのあとは小さなアップダウンを繰り返しながら徐々に高度を下げていきます。

実際に走った感想ですが、冒頭でも書いたとおりかなり厳しい道のりに感じました。
山麓沿いに付けられた道はどれも同じですが、沢(谷)を横切る際どうしてもアップダウンが避けられません。

    ここから無名峠への上りが始まります。(日光・沼田分岐にて)
130914_akagi08

今回は、午前中の上りにかなり精力を使ったせいで、無名峠の上りで完全にバテてしまいました。無名峠は沼田に抜ける時も通っているので辛い上り返しはわかっていましたが、今回初めて頂上で休みました。

    今回初めて足をついてしまった無名峠にて
130914_akagi09

さらに今回の失敗は、補給のミスです。
大沼周辺には美味しいお店が見つからなかったので、ゴール後何も食べずにそのまま下りについたのがいけなかった。

広域農道に入り、小刻みのアップダウンで脚が完全に売り切れ状態になってしまいました。
途中で携行したエネルギージェルを摂ったものの焼け石に水です。
ハンガーノック寸前の状態でようやく現れたコンビニに倒れ込むように到着しました。

    晴れていれば素晴らしい景色が広がる広域農道なのですが・・
130914_akagi10

コンビニでなんとか回復したものの、いくらも走らないうちに今度は上りで右の太股の内側が攣ってしまいました。
やっぱり一度受けたダメージは簡単には回復しないのですね。
ここでまたまた自転車を下りて小休止です。

幸い、ここから先は下り基調の道が続いてくれたので、ほとんどペダルを回さないようにして走りました。
やがて前橋市街に入り、高崎駅までの大通りを車に神経を使いながらやっとのことで駅にゴール。
いやあ、今日はホントに疲れました。

【感想】
怪我のブランクは相当なものです。
さらに最近は日中もデスクワークばかりでほとんど動いていません。
今回、100km程度のツーリングでしたが、疲れ具合は6月に走った千葉~新潟ツーリングよりも大きかったです。
でも、初めて走った西麓広域農道は、晴れていれば素晴らしいコースだと思います。また走ってみたいな。
そして、このコースを余裕をもって走りきるだけの走力を維持したいものです。

    赤城山西麓は走り甲斐がありますよ。
130914_akagi11


|

« とりあえず試走だけでも・・ | Main | 上総の山々 修行の道 »

Comments

赤城山ヒルクライムの試走お疲れ様でした。いよいよですね。

湿度は低くスタート前とゴール前後の時間がちょっと冷えるようですが、気候的には絶好のヒルクライム日和となりそうです。

昭和村の広域農道の野菜畑の写真は、こんにゃく畑でしょうか。昭和村はこんにゃくの生産が日本一なんですよ。この広大な野菜畑を今年は絶対に見物に行きたいと思っていましたが、とうとう行けませんでした。残念です。赤城の焼きとうもろこしは、この辺りで収穫されたものです。

大会での健闘をお祈りしています。がんばって下さい。私はゴール付近で観戦・応援をしています!!

Posted by: 前橋庶民 | 2013.09.27 06:46 PM

前橋庶民さん
いつもコメントをありがとうございます。
いよいよ明日、前橋に向かいます。
今回は、怪我などのブランクもあったのでDNSのつもりでしたが、予定どおり出場することにしました。
記録は期待できませんが、レースの雰囲気と沿道の応援を楽しんできます。
応援よろしくお願いします!

Posted by: Nob | 2013.09.27 07:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« とりあえず試走だけでも・・ | Main | 上総の山々 修行の道 »