« リハビリがてらの印旛沼ポタ | Main | いまは我慢のとき・・ »

2013.08.18

那須・三本槍岳周辺を歩く

Sanbon06

お盆休みを利用して、那須の最高峰である三本槍岳周辺を歩いてきました。
それにしても下界の暑いことといったら・・・
山に逃れるしかありませんね。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

例によってスタートは峠の茶屋駐車場です。暑いので早朝5時40分に出発しました。
この場所、自転車の場合はゴール地点になりますが、ハイキングではここがスタート。
すでに標高は1400mを越えているので、運動強度的には楽な山歩きです。

    登り始めるとすぐに周囲の展望が広がります。
Sanbon01

階段状の山道をのんびり歩くとじきに展望が開けてきて、前方にはとりあえずの目標である峰の茶屋跡のコルが見えてきます。
右手には荒々しい朝日岳東南稜が迫っていて、このあたりは私の好きな景色です。

    とりあえずは前方の峰の茶屋跡コルを目指します。
Sanbon02

このところ、右手の怪我や膝の痛みなどが続いていて必ずしも万全な状態ではないのですが、山歩きの魅力には勝てず、手と膝にはサポーターをはめ、両手にはストックを持ってのリハビリハイキング。

なにもそこまでして山に行かなくてもいいのに・・と口では言いたげなカミさんの視線を無視して今日の日を迎えました。(笑)
まあ、でもだまっておむすびを握ってくれるところは本当に感謝。

おっと、話が脱線しました。
たどり着いた峰の茶屋跡からは針路を北にとり朝日岳を目指します。
赤茶けた岩山ですが、要所要所には真新しいクサリがセットしてあって安全に登ることができます。
積雪期は雪崩の心配もあるトラバースルートも夏場はお花畑に変身して目を楽しませてくれます。

    峰の茶屋跡には立派な避難小屋が建っています。
Sanbon03

    トラバース道から見た奇岩峰
Sanbon04

西面の難所(鎖場)を越えてひと登りで朝日岳の肩に出ました。
ここから山頂までは5分で着きます。
山頂からは眼前の茶臼岳を始め、これから向かう三本槍岳やその北に聳える赤崩山など360度の展望が楽しめます。

    茶臼岳と峰の茶屋跡のコルを振り返る    
Sanbon09

    朝日岳山頂から三本槍岳(左)と赤崩山(中央奥)を眺める
Sanbon07

それにしても今日は良いお天気です。
朝露に濡れたガンコウランやハイマツの緑に触れながらの稜線歩きは最高ですね。

    今日の目標は三本槍岳の山頂に立つこと
Sanbon11

熊見曽根、1900m峰といった小ピークを越えて、いったん清水平に降り立ちます。
しばらく進むと北温泉からの中ノ大倉尾根コースが合流して、三本槍岳への登りが始まりました。
那須の代表的な花の一つである竜胆(リンドウ)もたくさん花芽を付けていました。

    清水平では開放感あふれる景色を楽しむことができます
Sanbon13

    那須の代表的な花「リンドウ」
Sanbon14

ハイマツに覆われた山の斜面をひと登りで山頂の一角に立つことができました。
振り返れば南月山、茶臼岳、朝日岳といった那須南部の山々が指呼できます。
眼前には那須主脈が北に向かって続いています。

    朝日岳から南月山へと続く那須南部の山々
Sanbon16

    山頂からは赤崩山、大白森山など那須北部の山々も間近に見えます
Sanbon15

三本槍岳は、観光地の那須と登山の那須の接点にあるような山です。この山を境に山の難しさがワンランク違ってきます。
もう少し体力と筋力があれば、若い頃のようにこの山の向こう側にトライするところですが、今回はおとなしく来た道を引き返します。(笑)

    熊見曽根のピークまで引き返します。
Sanbon18

    コースの要所にはご覧のように立派な指導標が設置してありました
Sanbon17

来た道を引き返して、熊見曽根から針路を西にとり隠居倉のピークから三斗小屋温泉を経由することにしました。
熊見曽根からの茶臼岳もなかなか見応えがあり、私の好きな風景のひとつです。
最近、茶臼岳の噴煙が少なくなってきて山体としての迫力が減じてきたのが残念ですが。

    私の好きな風景のひとつです。(熊見曽根から)
Sanbon10

    隠居倉への登りの途中から振り返る朝日岳の稜線
Sanbon19

隠居倉のピークまでの間には高山植物も咲きほこっていて楽しいトレイルです。
ピークを過ぎて三斗小屋温泉までの急な下りが今回もっともしんどかった道でした。
2本ストックで着地のショックを減らしながらの下りとはいえ、久しぶりの登山で両膝共にガクガクしながらの歩きで参りました。

    急な下りの慰めは美しい高山植物たちですね
Sanbon05

Sanbon21

何とか下りきったところに建つのが三斗小屋の湯。
2軒の旅館は相変わらずの鄙びた雰囲気を醸し出しています。
最後に泊まったのはもう20年以上前になるかな。1月の厳冬の那須でした。

    ひなびた感じが好ましい三斗小屋の湯
Sanbon20

やれやれ、下りで痛めた両膝をかばいながら平坦に変わった登山道を進むと、待望の「延命水」に到着。
ここの水の美味しいことと言ったら、ブログなんかでは表現できません。ぜひ飲んでみてください。

さて、ここから先には峰の茶屋コルへの最後の登りが待っています。
足下を見ると、ザレた岩の斜面にクロマメノキの実があるではありませんか。
たぶんブルーベリーの原種なんでしょうね。
食べたら酸っぱいので遠慮しておきましたが、この実をみると初秋の気配を感じます。
山の世界は下界の先取りです。

    早くもクロマメノキの実が食べ頃に・・
Sanbon22

疲れた体にむち打って峰の茶屋跡に到着したら、そのまま駐車場に向けて下山を開始しました。早く宿に戻ってビールを飲みたいので。
ところが、岩だらけの斜面をストックを引きずりながらトボトボと歩く姿はとても人前には晒せません。
若い中学生集団にも抜かれ、最後の階段区間が本当に堪えました。いやはや情けねぇ。

    午前中とは打って変わって午後からはこんな感じでした。
Sanbon23

【感想】
久しぶりのハイキングは結構体に堪えました。
登りは快調なのですが、下りはヤバイです。
痛めた膝は左ですが、登山中痛んだのは右膝の方。体って不思議ですね。
翌日には痛みは無くなったので、久しぶりの急な下りに対応出来なかったことが原因だと思うのですが、自転車と登山とでは使う筋肉が違うんだなあと改めて感じました。

今回のコースは約14kmを7時間で歩きましたが、自転車で7時間なら10倍の140kmは走れます。
でも、総合的な運動強度は登山の方が強いような感じがしますね。
この駄文は登山の2日後に書いていますが、太股の筋肉痛が半端じゃないですから。

|

« リハビリがてらの印旛沼ポタ | Main | いまは我慢のとき・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« リハビリがてらの印旛沼ポタ | Main | いまは我慢のとき・・ »