« デコピンにご用心 | Main | リハビリがてらの印旛沼ポタ »

2013.07.22

夏はやっぱり富士イチです!

Fujiici08

富士山麓一周のワンデイツーリングに行ってきました。

あれ、指の怪我は??
いえ、あの、そのぉ、自転車は乗れるのですが、家事や仕事はできないのです。
「そんな理屈が通用するかー!」とはカミさんの弁。
まったくその通りで、周囲はなかなか理解してくれません。

今回の富士イチも大事をとってDNSで届出済み。
でもなあ、出発が近づくにつれて参加者同士のメールのやりとりが、なぜか私のメアドにもCCで送られてくるのです。
「行きたーい!」
そして、気がついたらみんなと同じ電車に乗ってました。テヘヘ・・

走ったコースとプロフィールマップを表示する

私にとって富士イチは3回目です。
同じく3回目のinさん、前回下見でご一緒したfjkさんもいるのでコースのマネジメントは不安がありません。
不安があるとすれば念願の本栖湖一周が時間的にできるかどうかです。

御殿場駅前で自転車を組み立てて9時過ぎに出発しました。
帰着は16時45分の予定です。
お天気はあいにくの曇り空。肝心の富士山は顔を出す気配なし。
限られた時間ですが、精一杯楽しみたいですね。

駅前にコンビニは皆無なので少し走ったところにあるローソンで補給しました。
この先河口湖まで補給の予定はないので、ここでしっかりお腹に納めました。

補給後、国道138号線でいきなりの渋滞にはまりました。
東富士道路分岐まで約5,6kmの間がノロノロ渋滞です。おまけに路肩部がないため観光バスやトラックが前を塞いで自転車も停止を余儀なくされてしまいました。

    篭坂峠への上りの途中ですが、渋滞も解消して快適です。
Fujiici01

本来ならこの区間で上りのペースを作っていくところなのに断続走行でペースが作れません。
思わぬタイムロスをしてしまいました。

    篭坂峠直下の最終コーナーにて。あと100mで峠に到着。
Fujiici02

そんなノロノロ走行も道の駅すばしりを過ぎ、篭坂峠への本格的な上りになる頃には解消し、適度な勾配の上りを快調に進みます。
峠の頂上は狭くてあんまり快適ではないので、山中湖をめざして早々に退散しました。

下り立った山中湖畔では晴れ間ののぞくまあまあのお天気に一同の顔もほころびます。
篭坂峠までは曇り空に加えて湿気の多い空気だったので、山梨側のさわやかな空気は本当にありがたいです。

    下り立った山中湖では青空が迎えてくれました。
Fujiici04

ここからは下り基調の快適な道が続きます。(路面はやや荒れてますが。)
途中にある北口本宮冨士浅間神社で小休止と記念撮影。
ここの鳥居に飾ってある額には「冨士山」とあります。「富士山」ではないですよ。
なぜ点がないのかは神社のホームページに書いてありますので興味のある方はご覧下さい。

    北口本宮冨士浅間神社の鳥居前にてパチリ!
Fujiici05

    ホントだ。「冨士山」に点がない?
Fujiici06

で、肝心の富士山も山中湖を過ぎたあたりから八合目から上の姿を現してくれました。
やっぱり富士イチなんだから富士山が見えないとね。

    富士山も街並みに自然と同化しています。
Fujiici07

この先、河口湖の南岸沿いに走り、西湖への一気上りに突入します。
この上りは短いけど急坂が続くので侮れません。ここまで下り基調の楽ちんライドだったのでメンバーの皆さんも面食らった様子でした。

坂を上りきると左手に西湖が広がってきます。
道路からアプローチしやすくオートキャンプ場も整備されていて五湖の中にあってはフレンドリーな感じの湖です。

    西湖の湖畔沿いにつけられた湖北ビューラインを走る
Fujiici09

西湖では北岸の整備された道路(湖北ビューライン)を進みました。
やがて139号線に合流してしばらく走ると4番目の湖である精進湖に到着。
前回下見の際は湖畔を一周しましたが、入口で証拠写真だけ撮って今回はパス。

    西湖野鳥の森公園から仰ぎ見る富士山です。
Fujiici10

さすがにお腹が空いてきた頃、待望の本栖湖畔に到着しました。
昼食は下見の時にも立ち寄った食事処「松風」さんの鹿カレーセットです。
事実上大盛りのカレーに加えて、鹿肉のステーキ、竜田揚げ、燻製が付いて\1,000はどう考えても安いと思います。
店主自らが鉄砲で仕留めた材料だからかなあ・・?

    ジビエ料理の鹿カレーセットに舌鼓を打ちます
Fujiici12

さて、昼食の時点で12時45分。
食後の一服なんかを入れると、これから本栖湖を一周して御殿場駅発17時10分の電車に乗るのはいささか無理があります。
というわけで残念ながら今回も湖畔一周ライドは割愛となりました。いつになったら千円札の富士山に出会えるんだろう。

後半戦は、満腹のお腹を抱えて県道71号線の合流点にある冨士ヶ嶺に向かいます。
食後すぐに始まるダラダラ上りが体に堪えました。

    富士ヶ嶺への緩やかな上りをがんばって走ります
Fujiici13

そして、県道71号線に入れば延々15km近く続く大下りのはじまりです。
周囲の牧歌的景観も相まって、ここの下りは文句なしに快適です。
この快適な下りが御殿場駅まで続くのなら誰も文句はないし、すべてのサイクリング愛好者にオススメしたいコースなのですが、そうは問屋が卸さないんですよね。

完全に下りきり国道469号に入ると、いよいよ「富士山こどもの国」への上りが始まります。
コースプロフィールを見るとごく平凡な上りなのですが、過去2回ひどい目に遭っているので侮れません。
でも、今回初見参のメンバーはやっぱり痛い目にあったみたいです。(笑)

けっして強くはない勾配なのですが、ダラダラと長く続くのでとってもいやーな感じです。
今回はひそかに上りトップを目指してがんばりました。
目標は20歳代のinさんと互角の勝負ができること。
こどもの国まであと3km地点付近まではなんとかついて行けましたが、T字路を左折してゴールまであと1.5kmの地点で力尽きました。

最後は150mほど離されてゴール。やっぱり若さには敵いませんでした。
3番手には何と!66歳の誕生日を迎えたばかりのMTKさんが入りました。
残りの3人は集団を形成してゴーーール!SKさんのガッツポーズが印象的でした。
富士イチは、じつはこの上りがあるからこそ楽しいのかも知れません。

    こどもの国への上りを制してガッツポーズ!
Fujiici14

コースもいよいよ最終盤です。
サファリパークを過ぎれば急な坂下りが待っていました。
下りが得意なメンバーはあっという間に視界から遠ざかり、一人旅でのんびり下りました。(それでもサイコンのスピード表示は60km/hを超えていたけど。)

下りきったところにあるファミマで最後の休憩をとり、荒涼としたすそ野を通過してスタート地点の御殿場駅に着いたのが16時30分。
ゆっくり輪行支度をして車中の人におさまりました。

【感想】
富士イチは一人で走るより仲間と一緒に走った方が断然楽しいですね。
今回、飛び入りで参加させてもらいましたが、皆さん嫌な顔ひとつせずに快く受け入れてくれたことにとても感謝しています。
それにしても本栖湖一周はぜひ走りたかったな。
千葉からの電車日帰りツーリングだと時間的な制約もありますが、次回は富士の頂に雪がある頃に走ってみたいものです。

|

« デコピンにご用心 | Main | リハビリがてらの印旛沼ポタ »

Comments

お疲れさまでした!
自分も「松風」さんの鹿カレーセットを今度食べに行こうと思いました(笑)
しかし先週末は本当に真夏とは思えない涼しさでサイクリング日和でしたね。
私は日曜日に、再び渋峠に行ってきたのですが早朝の気温は10℃くらいで寒かったです。
Nobさんと同じような120kmくらいの周回コースを走ったのですが、獲得標高は3000m超えでした(笑)

Posted by: HINA | 2013.07.23 12:10 AM

HINAさん
また渋峠に行かれたのですね。
あそこは標高が高いので、この時期のサイクリングにはうってつけの場所ですね。
でも累積標高3000m超えとは!
私も一度でいいから1ライド3000m超えのサイクリングを走ってみたいものです。

Posted by: Nob | 2013.07.23 07:42 AM

Nobさん、富士イチお疲れさまでした。
当日は涼しげな天候で何よりでしたね。

私は、湾イチに続いてDNSとなってしまいました。
なので、3連休に富士山アタックしててきました。
が、河口湖到着時点で、もうヘロヘロ……
スバルラインに2時間以上かかるようなテイタラクでして。
五合目は、世界遺産祝賀なんでしょうかね、ものすごい人出でしたよ。
土産物屋に入る気も失せるほど。
富士山メロンパン、食べたかったんですけどねぇ。

ちなみに、千葉―富士山でも獲得標高は2800mほど。
3000mってのは相当なコースということですけど、
週末のGIRO奥多摩の3峠4峠では、楽に3000mを超えます(笑)

Posted by: kiku | 2013.07.23 09:28 PM

kikuさん
ご無沙汰しています。
おおー!
千葉~富士山五合目アタックやっちゃいましたか。
距離はどのくらいあるんですかね?
コースの最後に標高差1250mの上りがあるので辛いでしょうね~。
いやはやお疲れさまでした。

私は週末のGIRO奥多摩地獄はDNSの予定です。
行きたいけど、来年の課題です。
でも、秋に個人的に大月スタートで3峠(松姫、今川、柳沢)をやってみたいですね。

Posted by: Nob | 2013.07.24 08:14 AM

nobさんのブログで予習したフジイチ、やっと行ってきました。
小田原スタートの三島着にアレンジしました。
思いのほか坂が多くて、こどもの国への登りでは、箱根を前菜に付けた事を本気で後悔しました。
71,72号線、朝霧高原付近は気持ち良い道ですね。教えて頂いて良かったです。
西湖も結構な登りでしたが、「鹿カレー目指す‼」と思って頑張れました。
最高にお買い得なカレーセットですね。仲間にも是非、紹介したいと思います。

指の故障が治ったら、またオススメコース紹介よろしくお願いします。

Posted by: ねぇさん | 2013.08.29 02:40 PM

ねぇさんサン
こんにちは
富士イチやりましたか。
しかも、小田原から三島まで???
すごいですねー。さすがは、「2冠王」です。
完全におみそれしました。

指の怪我、心配してくださりありがとうございます。
おかげさまで、腱鞘炎の方はほぼ治りました。
あとは伸筋腱脱臼ですが、これは長期戦です。
腱鞘炎さえ治れば、とりあえず自転車には乗れそうなので、秋からは再びツーリングにも行かれそうです。

今度、ぜひともご一緒させてください。
とはいえ、お手柔らかに!!!

Posted by: Nob | 2013.09.01 12:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« デコピンにご用心 | Main | リハビリがてらの印旛沼ポタ »