« 大山千枚田から野島崎、安房グリーンラインへ | Main | 印旛沼(西沼)周辺でポタリングを楽しむ »

2013.05.13

中房総の田舎道を走る

Tyounan10

走ったコースとプロフィールマップを表示する

昨日の日曜日は一宮町から長柄町にかけての田舎道をお気軽サイクリングクラブの企画で、ゆっくりペースで走ってきました。
土曜日の雨が日曜の朝まで残り、当初の出発時刻を1時間半遅らせてのスタートです。

予定どおりの出発なら外房の海岸線で初夏の日差しを浴びての散策もできたところですが、今回は途中休憩も最小限にして昼食場所である洋食屋カレントさんを目指しました。

    毎度おなじみの外房有料道路
Tyounan01

まずは外房有料から白子海岸をめざします。
先月開通した圏央道の関係で、外房有料を終点まで走ったあとの風景が一変していました。
話には聞いていましたが、外房有料に接続している県道21号線がすっかり走りやすくなりゴキゲンです。
圏央道との立体交差では真新しい高規格道路がどこまでも続いていて頼もしい感じがします。
とはいえ、次世代が支払うツケを考えると「うーん。」

今日はポッキーKさんがリーダーをつとめてくれましたが、初めて走る道も多くて刺激的です。
そんな一つである南白亀川左岸の堤防道路も初めて走りましたが、河口付近をゆったりと流れる南白亀川を目にすると心が和みました。

    南白亀川左岸の遊歩道は初めて走りました
Tyounan02

出発が遅かったため、昼食場所で予約した時間がどんどん迫ってきます。
リーダーのポッキーKさんも内心焦っているだろうなあ。

結局約束した時間よりも30分近く遅れて無事にカレントさんに到着しました。
美しい庭にかこまれたプチレストランはいつも賑わっています。
今日もいつものランチを注文。

    洋食屋カレントのアプローチです
Tyounan03

ここのウリは肉よりも魚よりも何よりも新鮮な野菜だと思います。
素材の味、香りを最大限に引き出した前菜のサラダやメインディッシュに添えられている温野菜が私は大好きです。

    メインディッシュは温野菜が美味しいです。
Tyounan04

    デザートをいただいてから出発しました。
Tyounan05

今日はお客さんが入れ替わりで訪れるほどの盛況で、結局食べ終わって出発するまでに1時間半もかかってしまいました。
さすがに休み過ぎで、リスタート直後は体が重くてだるかったぁ・・。

後半は、中房総の田舎道をのんびりライドします。
中房総とは、茂原市、長柄町、長南町、大多喜町、いすみ市、御宿町、勝浦市、市原市、一宮町、睦沢町の4市6町
を指すのだそうです。

    一宮川沿いの田園地帯を走っています。
Tyounan07

観光的には南房総に押されがちなエリアですが、ここには房総の豊かな里山と農村風景が随所に広がっていて少なくとも自転車愛好者にとっては交通量の少なさも相まって最高のエリアだと思います。
いまの時期は田植え作業が一段落して、田んぼ全体が薄緑色に彩られていて何とも目に優しいですね。

    左には麦畑、右には田んぼが広がっていました。
Tyounan08

ポッキーKさんが案内してくれるルートは、これら中房総のおだやかな田園風景が広がっているコースどりであり、本当に感心させられます。

    田植えを終えたばかりの田んぼは美しいですね。
Tyounan09

コース最終盤は瀬又から村田川沿いにつけられた遊歩道をのんびり走りました。
いつもは途中で茂原街道に出るところですが、今回は村田川を国道357号線までそのまま走りました。
参加人数が多いので、なるべく車の往来の少ないルートを選んでくれたのでしょう。
リーダーに感謝です。
サイクリングに一番適した季節にまったりとしたツーリングを楽しむことができました。

|

« 大山千枚田から野島崎、安房グリーンラインへ | Main | 印旛沼(西沼)周辺でポタリングを楽しむ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大山千枚田から野島崎、安房グリーンラインへ | Main | 印旛沼(西沼)周辺でポタリングを楽しむ »