« April 2013 | Main | June 2013 »

2013.05.27

湾イチは我慢の旅

Wanichi12

走ったコースとプロフィールマップを表示する

湾岸エリアに住む自転車乗りなら、実行に移すかどうかは別にして誰でも一度は走ってみたいと思うのが「東京湾一周ライド」ですよね。たぶん。

かくいう私めも、「一度は走ってみたいな。」と思っていた一人です。
このたび自転車仲間のお誘いを受けてその機会がめぐってきました。

早朝5時30分過ぎに第2集合地点である谷津の7-11を総勢9人で出発しました。
コースは反時計回りで国道14号から葛西橋通りを走り、京橋、銀座を通過しながら第一京浜(国道15号線)、国道16号とつなげて行くコースを走ります。

コース選定は今回のツアーリーダーfjkさんにおまかせです。
東京は渋谷の生まれの私ですが、いまではどっぷり千葉県人になっているので、都内の道はさっぱり??です。

    隅田川を通過中です。 (AM 7:15)
Wanichi01

江戸川を渡り旧江戸川沿いから葛西橋で荒川を渡れば都心は間近です。
ところが、赤信号のたびに停止を余儀なくされるため距離の割にはさっぱり前に進んでくれません。


途切れることなく続く町並みというかビル並みに朝早くからの車の列。
鳴り止むことのない周囲の騒音や圧迫されるような高層ビルの存在、それらに加えての信号の多さに早くもドッと疲れが出てしまいました。

おまけに今日は朝から肌寒く、5月の下旬にもかかわらずウィンドブレーカーをなかなか脱げません。
どんよりとした曇り空の中、高層ビルの間を縫うように走るツーリングは結構重たいです。

    朝の銀座三丁目にて (AM 7:26)    
Wanichi02

    三越のライオンさんも起き抜けの顔か?
Wanichi03

そんな中でも、早朝の銀座通りを走る気分は悪くないし、横浜のみなとみらい地区での休息タイムもホッと一息つけました。コース選定の妙ですね。

    ようやく高輪付近を通過 (AM 7:46)
Wanichi17

結局、スタート地点から久里浜のフェリー乗り場まで町並みが途切れることはありませんでした。
さすがは日本一の人工集積地帯だけあります。そのかわり信号で停止した回数は数えきれず。
グロスの平均走行速度は出発してからずっと13~14km/h台です。こんな低速は千葉ではちょっと考えられません。
都心から川崎、横浜を自転車で抜けることの大変さを身をもって体験できました。

    横浜みなとみらい地区を通過中 (AM 9:35) 
Wanichi05

    赤レンガ広場で一息入れました (AM 9:43)
Wanichi06

いつもは軽妙にして冷静なfjkさんも、12時20分というフェリーの出航時刻に間に合わないおそれが出てきたことに内心穏やかではなかっただろうなあ。(笑)

    ようやくスピードを上げられましたが空が見えない! (AM 10:06)
Wanichi07

何だかんだで、久里浜のフェリー乗り場に着いたのは出航わずか8分前!
機転を利かせた先着組が先にキップと弁当を買ってくれていたので助かりました。

    出航8分前になんとか到着しましたー (PM 0:12)
Wanichi08

何はともあれ船内へ。
わずか40分足らずの船旅とはいえ、海を渡るというのは格別の旅情を感じさせてくれます。

船が岸壁を離れて向きを変え、浜金谷方面に舳先を転じると前方に広がる山並みはなつかしい房総の山々です。

    自転車は写真のように固定されます。
Wanichi11

「ああ、ようやく故国に帰ることができる。」
・・っていうのは大げさですが、岩屏風を張り巡らせた鋸山や特徴ある双耳峰の富山などがふだん見慣れない視点で眺められ、何だかちょっとうれしい気分になりました。

    遙か先に房総の山並みが近づいてきました (PM 0:35)
Wanichi10

お約束の船内名物「横須賀海軍カリーパン」も当然チェック。
気になるお味は???

    フェリー名物の海軍カリーパンです。
Wanichi09

短い船旅を終えて浜金谷に上陸すればもうこっちのものです。
浜金谷から千葉への道はいろんなルートを開拓している面々ですから、渋滞と上り坂を避ける裏道をつなぎながら快適に走りました。

それしても千葉の道は信号が少ないなあ。(笑)
道路から眺める内房の海岸線も美しいし、街道を避けてちょっと中に入れば田植えを終えたばかりの青々とした田んぼが広がっているし。
ほんの10数キロ海を隔てているだけなのに、この環境の違いは何でしょう。

    田んぼを見るとホッとしますね。 (PM 1:50)
Wanichi13

金谷から竹岡、上総湊を経て富津では和菓子の岡埜でスイートタイム。
私もそうですが、自転車乗りって甘党ぞろいなんですね。

    富津の和菓子「岡埜」さんにて (PM 2:09)
Wanichi14

木更津の金田海岸ではアクアラインを間近に見ての記念撮影。
午前中まではこの橋の遙か向こう側で信号待ちにイライラしていた自分がウソのようです。

    午前中はあの橋の反対側にいました。 (PM 3:41)
Wanichi16

後半は馬力が上がり30km/h近い平均巡航速度で快適に走り抜けることができました。
自宅にはまだ十分に明るい時間に到着。190kmの湾岸一周ツーリングを無事に締めくくることができました。

【感想】
今回、先達のfjkさんがいてくれたので、迷うことなく都内から横須賀まで走り抜けることができました。
「先達はあらまほしきことなり」ですね。心から感謝します。
それにしても信号と車の多いことには参りました。湾岸一周ライドはまさに「我慢の旅」です。
今回走ってみて、それぞれのエリアで「湾岸」と一括りで表現できない様々な貌があることを実感しました。また、房総は本当に空が広いなーと感じました。
改めて千葉のサイクリング環境の良さを実感することができたツーリングでした。

    みなさんお疲れさまでしたー
Wanichi19


| | Comments (0)

2013.05.20

印旛沼(西沼)周辺でポタリングを楽しむ

Inbapota04

走ったコースとプロフィールマップを表示する

日曜日は「曇りのち雨」の予報でしたが、思いの外晴れ間に恵まれて、半日でしたが西印旛沼周辺のポタリングを楽しむことができました。

先ずは花見川CRを進みます。
朝はジョギングやウォーキングを楽しむ人たちがたくさん出ていて、自転車の走行には細心の注意が必要です。

    花島橋付近の花見川は自然がいっぱい
Inbapota01

どこもそうですが、川沿いのサイクリングロードでは、25km/h以下でおとなしく走らないと人身事故に巻き込まれる危険がかなり高まっている感じがします。
後ろからの声かけは必須ですが、できればベルの装着も必要ですね。(下手に鳴らすと驚かれるのであまり使いたくないけど。)

花見川CRから新川CRとつなげて、最初の目的地である佐倉ラベンダーランドに着きました。
あれ、ラベンダーが咲いてないぞ。
一応、花期は6月からなので、咲いていないのはわかるけど、株が見当たらないのが不思議でした。
別のエリアで栽培しているのかな?

    一面のお花畑はなかなか壮観です
Inbapota02

    お目当てのラベンダーでないのがちょっと残念でした
Inbapota03

    青いお花畑には青い自転車が似合う??
Inbapota05

そのかわりポピーなのかヒナゲシなのか、とにかくきれいなお花畑が思いっきり広がっていたので、まあいいか。
案外ラベンダーよりも美しかったりして。(笑)

佐倉ふるさと広場などに比べると訪れる人はぐっと少なくて(というかほとんど誰とも行き会わなかった。)、ややさびしい感じもしますが、静かな雰囲気の中でしばしお花畑の花の香りに酔いしれました。

ここから少し走ると風車がシンボルマークの佐倉ふるさと広場に到着します。
4月のチューリップ祭りの時は大変な混みようでしたが、今は落ち着きを取り戻しています。
花はほとんどありませんが、西沼の湖面と田植えを終えた周りの田んぼの緑が映えて、風車を取り巻く風景もなかなか良い雰囲気です。

    おなじみの佐倉ふるさと広場にて
Inbapota06

湖畔沿いに双子公園まで走ってみましたが、印旛沼CRもこのあたりまで来るとジョギングランナーも少なくなるので、割合安心して走ることができます。

双子公園から折り返して、さてどうするか。
まだ走ったことのない道を適当につなげて走っていくことにしました。
西沼周辺の田んぼ地帯から小高い丘の上に上がっていくと、印旛沼サンセットヒルズの看板が出てきました。

    小高い丘の上にある印旛沼サンセットヒルズ
Inbapota08

ここに来たのは二度目ですが、野外バーベキューを楽しむ家族連れで賑わっていました。入場無料、駐車場無料というのは太っ腹ですね。
丘の上からの西沼の眺めはなかなか広大です。
ユーカリが丘(たぶん)の高層マンション群も間近に見えて、印旛沼が都会のオアシスになっていることがよくわかります。

    丘の上からは西沼と周辺の街並みが眺められます
Inbapota07

時刻はまだ10時前。
時間が早すぎるので、とんかつのおかやま食堂での昼飯はあきらめて先を進みました。
酒々井まで足をのばすと成田、佐原方面が視野に入りますが、今日は午後から一仕事あるので酒々井から西沼に戻ることにします。

    酒々井の街道沿いにある古民家
Inbapota09

    成田街道の宿場町の名残とか・・
Inbapota10

旧成田街道の風情を感じさせてくれる街並みを眺めつつ、ふたたび西沼周辺に戻りました。
順大キャンパスを左に見ながらひと上りで農産物直売所のグリーブに到着。
併設されている武蔵野うどんの鈴やさんで早めの昼食をとりました。

    立ち寄った武蔵野うどんのお店です(鈴や)
Inbapota12

お店のオススメである肉盛りうどんを注文しました。麺は太麺と細麺があるので両方楽しめる合盛りで。
出てきた麺をみてびっくり。
太すぎるよー!
個人的には細麺が食べやすくてgoodでした。豚のバラ肉が入ったつけ麺スープも美味しかった。
帰ってからネットで調べたら、けっこう有名なお店のようでした。

    肉盛りうどんは650円。(麺は太・細の合盛りを注文)
Inbapota11


食後は、西沼北岸の田園地帯を走りながら帰路につきました。
阿宗橋で朝来たルートに合流し、その後はCR沿いに帰りました。
今回もそうですが、最近は平坦なコースばかり走るようになっているので、来月からは「峠みちツーリング」に軸足を移さなければ・・。

| | Comments (6)

2013.05.13

中房総の田舎道を走る

Tyounan10

走ったコースとプロフィールマップを表示する

昨日の日曜日は一宮町から長柄町にかけての田舎道をお気軽サイクリングクラブの企画で、ゆっくりペースで走ってきました。
土曜日の雨が日曜の朝まで残り、当初の出発時刻を1時間半遅らせてのスタートです。

予定どおりの出発なら外房の海岸線で初夏の日差しを浴びての散策もできたところですが、今回は途中休憩も最小限にして昼食場所である洋食屋カレントさんを目指しました。

    毎度おなじみの外房有料道路
Tyounan01

まずは外房有料から白子海岸をめざします。
先月開通した圏央道の関係で、外房有料を終点まで走ったあとの風景が一変していました。
話には聞いていましたが、外房有料に接続している県道21号線がすっかり走りやすくなりゴキゲンです。
圏央道との立体交差では真新しい高規格道路がどこまでも続いていて頼もしい感じがします。
とはいえ、次世代が支払うツケを考えると「うーん。」

今日はポッキーKさんがリーダーをつとめてくれましたが、初めて走る道も多くて刺激的です。
そんな一つである南白亀川左岸の堤防道路も初めて走りましたが、河口付近をゆったりと流れる南白亀川を目にすると心が和みました。

    南白亀川左岸の遊歩道は初めて走りました
Tyounan02

出発が遅かったため、昼食場所で予約した時間がどんどん迫ってきます。
リーダーのポッキーKさんも内心焦っているだろうなあ。

結局約束した時間よりも30分近く遅れて無事にカレントさんに到着しました。
美しい庭にかこまれたプチレストランはいつも賑わっています。
今日もいつものランチを注文。

    洋食屋カレントのアプローチです
Tyounan03

ここのウリは肉よりも魚よりも何よりも新鮮な野菜だと思います。
素材の味、香りを最大限に引き出した前菜のサラダやメインディッシュに添えられている温野菜が私は大好きです。

    メインディッシュは温野菜が美味しいです。
Tyounan04

    デザートをいただいてから出発しました。
Tyounan05

今日はお客さんが入れ替わりで訪れるほどの盛況で、結局食べ終わって出発するまでに1時間半もかかってしまいました。
さすがに休み過ぎで、リスタート直後は体が重くてだるかったぁ・・。

後半は、中房総の田舎道をのんびりライドします。
中房総とは、茂原市、長柄町、長南町、大多喜町、いすみ市、御宿町、勝浦市、市原市、一宮町、睦沢町の4市6町
を指すのだそうです。

    一宮川沿いの田園地帯を走っています。
Tyounan07

観光的には南房総に押されがちなエリアですが、ここには房総の豊かな里山と農村風景が随所に広がっていて少なくとも自転車愛好者にとっては交通量の少なさも相まって最高のエリアだと思います。
いまの時期は田植え作業が一段落して、田んぼ全体が薄緑色に彩られていて何とも目に優しいですね。

    左には麦畑、右には田んぼが広がっていました。
Tyounan08

ポッキーKさんが案内してくれるルートは、これら中房総のおだやかな田園風景が広がっているコースどりであり、本当に感心させられます。

    田植えを終えたばかりの田んぼは美しいですね。
Tyounan09

コース最終盤は瀬又から村田川沿いにつけられた遊歩道をのんびり走りました。
いつもは途中で茂原街道に出るところですが、今回は村田川を国道357号線までそのまま走りました。
参加人数が多いので、なるべく車の往来の少ないルートを選んでくれたのでしょう。
リーダーに感謝です。
サイクリングに一番適した季節にまったりとしたツーリングを楽しむことができました。

| | Comments (0)

2013.05.05

大山千枚田から野島崎、安房グリーンラインへ

Ooyama18

kikuさんからのお誘いを受けて、大山千枚田を訪れました。
とはいえ、kikuさんのことですからそう簡単には行かせてくれません。
大山千枚田に愛宕山と安房グリーンラインを組み合わせたコースをつくってくれました。
房総半島の中央部を縦貫するダイナミックなコースです。

走ったコースとプロフィールマップを表示する

スタート地点である幸町のファミマではMTKさんのお見送りをうけていざ出発。
途中、若宮でポッキーKさんと合流して、今日は3人でのツーリングです。

沿道の新緑が目に眩しいですね。
サイクリングにとっては最高の季節の到来です。

    立野を過ぎると緑豊かな田園風景が広がってきます
Ooyama01

立野で休憩のあとは三高交差点を経て久留里をめざしました。
懸念していた南よりの向かい風もそれほど強くはなく、快調に距離を延ばすことができました。

久留里を過ぎると国道410号線もだんだん上りになっていきます。
周囲の新緑は本当にきれいです。
周りの山には薄紫の藤の花がたくさん咲いていて、辛い上りで苦労する私達(kikuさんを除く二人のこと)の目を和ませてくれました。

    清和県民の森付近の国道410号です。緑が濃いですね。
Ooyama02

君鴨トンネルまでたどり着けば、コース前半の仕事は終わりです。
長狭街道まで快適なダウンヒルが待っています。
って、書くとみんなが颯爽と下る姿をイメージしますが、私だけは安全運転で一人旅。
あとの二人は見る間に視界から消えていきました。

国道410号と長狭街道(県道34号)の交差点にあるセブンイレブンで3回目の休憩。
ここからいよいよ大山千枚田と愛宕山への上りに入ります。
長狭街道をしばらく走ると左側に大山千枚田の入口がありました。
驚いたことに街道沿いに千枚田の臨時駐車場ができていたけど、まさかここから歩いて上るのかなあ。そりゃ大変だ。

    大山千枚田に向かう農道を上がっていきます
Ooyama03

千枚田への道は路面はあまり良くないけど、勾配はそれほど強くないので思ったよりも早く着くことができます。
オーナー制で有名な大山千枚田ですが、たくさんの親子連れなどで賑わっています。
子供達にとっては裸足になって田んぼに入る経験なんて、滅多に出来ないことなのでこの取り組みはとても良いですね。
子供だけじゃなく、大人達にとっても農業、とりわけ中山間地域の農業を考える良い機会になっていると感じました。

    棚田の田植え風景。(大人も子供達も楽しそうでした。)
Ooyama04

棚田の風景をボーッと眺めていると、カメラを手にした若い女性から自転車を撮らせてほしいとの申し出が・・・。
さっそくポッキーKさんの白馬の自転車をモデルに提供しました。
緑の棚田を背景に真っ白なロードレーサーがどんな感じで写っているのか興味津々です。
ついでに3人の記念写真も撮ってくれたので、お礼にこれからロードバイクを購入したいという彼女のためにオススメのメーカーを紹介してあげました。
これを機会にロードバイク乗りの女性が増えてくれたら素直に嬉しいです。

さて、千枚田で思わぬ時間を食ったので先を急ぎます。
ここから愛宕山までが今回のコースの肝です。
愛宕山は千葉県の最高峰ですが、頂上は自衛隊基地なので立ち入りできません。それでも標高370m位までは自転車で上がれます。
先日走り抜けた嶺岡中央林道1号線の終点がゴールになります。

    愛宕山頂は自衛隊基地の中にあります。
Ooyama05

ここの上りは今回で3回目ですが、相変わらずキツイですねー。
距離は短いものの一気に駈け上がるので勾配が半端ないです。とくに林道に合流する最後の区間はちょっと力を抜くと止まってしまうほどの傾斜です。(ちょっと大げさかな?)
嶺岡林道に合流し、自衛隊基地の門前についてヤレヤレと一息入れました。

   嶺岡中央林道1号線の終点部で一休み
Ooyama06

さて、愛宕山の上りもこなしたのでお次は待望の昼食場所がある海辺まで一気に下ります。
千倉海岸で太平洋にご対面。
このあたりの海の青さはいわゆるエメラルドグリーンに近い感じで私の好きな色です。

    千倉の海岸線は開放的で水も澄んでいます
Ooyama07

    ここからはゴキゲンなシーサイドサイクリングを楽しめます
Ooyama08

海沿いを快調に走って白間津で右折、海岸から一本中に入った道路沿いにある「房州ラーメン」に到着しました。
お店の外にもお客さんが一組並んでいて人気のラーメン店というのがわかります。
順番がきたのでさっそく注文。
一番人気のハマグリ入りラーメン(房州ラーメン)をオーダーしました。

    かなり目立つお店の外構えです。
Ooyama09

ところが、隣のテーブルの丼を見ると「小さい!!」
あれで普通サイズなんだろうか?うーむ、いささか心配です。
で、追加で半ライスを注文しました。

    丼は小振りですが、ハマグリとスープの味は絶品です。
Ooyama10

運ばれてきた第一印象は、悪い予感が当たって「やっぱり少ない。」
丼は通常サイズの一回り小振りで、当然麺の量も少なく、メニューの写真では6個入っていたハマグリも4個しかありません。(注意書きには重さによって個数は変動するとありましたが。)

そのかわり伊勢エビをふんだんに使ったというスープはさすがに美味しかったです。
ハマグリの風味もばっちりです。
麺を平らげた後、別に注文しておいた半ライスを丼に入れて「ラーメン茶漬け」にして食べること、とあったのでそのとおりにしたら、これは美味しかったです。

    半ライスはこんな感じのラーメン茶漬けで召し上がれ
Ooyama11

ハマグリも大きくてプリプリしてて美味しかったし、出汁もよく利いていたし、問題は器と量が少ないこと。これに尽きますね。

さて、食事が終わったら野島崎が初めてというkikuさんに付き合って灯台一周をしたあと、フィナーレの安房グリーンラインに突入です。

    ふたたび海岸線に戻り、野島崎をめざしました。
Ooyama12

    野島崎は房総半島最南端の地です。
Ooyama13

グリーンラインは今回のように南から北に向かうのと、北から南に向かうのとではどちらがキツイのでしょうか。
私は両方経験していますが、コースプロフィールを見たかぎりでは、北→南の方が長い坂が二つあってキツイのかもしれませんね。

    安房グリーラインは長いトンネルの通過から始まります
Ooyama14

    アップダウンはあるものの、本当に快適な道が続きます
Ooyama15

どちらにしてもこの道路はいつ来ても走りやすいです。
通行量も少ないし、所々から眺められる展望も魅力だし、何よりも南房総らしい常緑樹に包まれたラインは文字通りグリーンラインの名にふさわしいですね。

    グリーンライン上から眺める館山市街方面
Ooyama16

最後のひと上りを越えれば、あとは館山駅まで下るだけです。
今回も小さなアップダウンがたくさんあったコースでくたびれましたが、新緑の中充実したツーリングを楽しむことができました。
kikuさん、ポッキーKさん、ありがとうございました。

    館山市に入れば今回コースのフィナーレは近いです。
Ooyama17

【後日談】
このツーリングの翌日のこと。
kikuさんが、GIROの日曜練に参加した帰り道にショップに立ち寄ったら、大山千枚田で知り合った女性夫妻とばったり遭遇したとか。
さっそく千枚田で撮ってもらった3人の記念写真をいただいたそうです。
それにしても何という偶然なんだろう。

    というわけで、ありがたく頂戴した記念写真です。
Img_4958s


| | Comments (4)

« April 2013 | Main | June 2013 »