« うぐいすラインから伊藤大山、秋元牧場へ | Main | 嶺岡中央林道ツーリング(鴨川から安房勝山へ) »

2013.04.06

チューリップと吉高大桜見物

Yoshitaka03

走ったコースとプロフィールマップを表示する

なんとか今年も吉高の大桜を見物できました。

今日はお気軽クラブでも吉高の大桜のツーリングを組んでくれたのですが、あいにく午後から用事があり単騎出撃となりました。

あいにくの空模様ですが、夜には台風並みの強風が吹き荒れる予報なので、早いとこ行くに限ります。朝の7時前に出発しました。

半袖のジャージは少し肌寒く感じましたが、走り始めてすぐに体も暖まり、半袖ジャージ+七分丈パンツの出で立ちはベストな選択でした。

自宅から花見川サイクリングロードまでは信号無しのノンストップで行くことができるのが我が家の強みです。
花見川CRは久しぶりに走ります。名物の桜並木もさすがに葉桜となってしまいましたが、まだところどころに花びらの残っている桜もあって目を楽しませてくれます。

    菜の花と散り始めのサクラ(花島公園にて)
Yoshitaka01

走り始めて9kmほどで花島公園に到着。
ここでは川沿いに植えられている菜の花と散り始めの桜の競演を楽しむことができました。

このあたりまでは風の影響をあまり受けなかったのですが、花見川が新川に名前を変える頃から横風が強くなってきました。
今日は予報では南から南東の強風が吹き荒れるとのこと。早めに行動しなくては。

印旛沼を左手に見ながらサイクリングロードを走ります。
沼沿いなので風は強いです。
やがて風車が目印のふるさと広場に到着しました。
折からチューリップ祭りが開催されていました。色とりどりのチューリップの花を楽しむことができます。
風車とチューリップはやはり絵になりますね。

    風車とたくさんのチューリップの花々が迎えてくれました    
Yoshitaka04

風車とお別れして沼沿いにさらに走ります。
進路を北に向けたので追い風モードで楽に走れます。このままずっとこの調子で走りたいところですが、帰りはずっと向かい風だろうなあ。

双子公園でサイクリングロードから県道に乗り換えました。
県道佐倉印西線(65号線)を北に向かいます。
印旛沼捷水路を横断して少し走ると大桜の看板が目に入りました。
ここを右折してしばらく走ると田舎道になり、たくさんの見物客を追い越しながら走った先に大桜がありました。

今年もまた訪れることができました。
今年の満開は3日ほど前だったとか。
樹齢300年ほどの立派なヤマザクラですが、満開状態から2,3日しか保たないのですでに散り始めていました。
加えてどんよりとした曇り空だったので、今年の出会いはちょっと残念。
でも、孤高の一本桜に出会えて、やっぱり嬉しかった。

    今年の満開は4月4日頃と早かったようです。
Yoshitaka05

今年の花の姿をしっかり目に焼き付けてから帰路につきました。
帰りは国道296号に並行して走る水道道路を走ります。MTKさんが先日走ったログデータを参考にさせてもらいました。

向かい風でしたが、トレーニングだと思えば我慢もできます。
勝田台南で左折し、細々道を走って国道16号を横断すれば往きに使った花見川CRに合流します。

サイクリングロードをおとなしく走っていたら、印旛沼ウォークに参加している会社の連中にばったり遭遇。
会社の女の子が私のレーパンジャージ姿を見てびっくりしてました。(笑)

さらに走ると、kikuさんにもばったり遭遇。
たぶんGIROの土曜朝練帰りかな?

そんなこんなで、自宅には10時半に帰着できました。
おかげで午前中に家の掃除も間に合ってやれやれでした。

|

« うぐいすラインから伊藤大山、秋元牧場へ | Main | 嶺岡中央林道ツーリング(鴨川から安房勝山へ) »

Comments

お疲れ様でした。
チューリップ畑が本当にきれいですね。
今日は風も強くて走りづらかったのでは?
雨に遭わなくてラッキーでした。
あそこまで行くと利根川まで走りたくなってしまいませんか?

Posted by: 房総ローディ | 2013.04.06 04:30 PM

房総ローディさん
こんにちは

ふるさと広場のチューリップは満開でした。
サクラ同様にチューリップも意外と花の時期は短いのでラッキーでした。
そのかわり大桜は散り始め。うーん、なかなかタイミングは難しいです。
たしかに大桜のある北沼周辺まで走ると利根川べりまで行きたくなっちゃいますね。
今度行こうかな。

Posted by: Nob | 2013.04.06 07:49 PM

いつも写真を上手に撮りますね。 特に吉高の桜は実物よりも美しく見えます(笑)。 一昨日のサーベイの時にはあれだけ沢山の花を咲かせていた吉高の桜が今日の本番の時にはすっかり様変わりしてビックリしました。「花の命は短くて・・・・」とは良く言ったものです。 寒い冬をじっと我慢して我慢しつづけて、ほんの短い時間に思い切り咲き乱れて人々を惹きつける。そしてまた残りの1年を地味な姿に戻って根元の祠の氏神様と一緒に地元の山村を眺めて過ごす・・・粋な桜の木ですねー。
ところで、周回時間3時間40分で廻って来たとはすごいですね。 我々は、ほぼ同じコースを6時間45分かけてノンビリ廻って来ました。

Posted by: MTK | 2013.04.06 10:10 PM

MTKさん
こんばんは
今日は大人数のリーダーお疲れさまでした。
雨にはギリギリ遭わないでお帰りになったのでしょうか。

大桜の貫禄には毎年感服します。
おっしゃるとおり長い一年の中でほんの三日間だけ素晴らしい姿に変身して人々を魅了してくれるんですから大したものですね。

今回のコース、とりわけ帰りのコースはMTKさんのログデータが大変参考になりました。
おかげでとても効率的に走ることができました。ありがとうございました。

Posted by: Nob | 2013.04.06 10:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« うぐいすラインから伊藤大山、秋元牧場へ | Main | 嶺岡中央林道ツーリング(鴨川から安房勝山へ) »