« 水仙の香りを求めて南房総へ | Main | 富山水仙遊歩道 »

2013.02.04

節分会の清澄寺と鯛めしとシーサイドクリフ

Katsuura16

走ったコースとプロフィールマップを表示する

嵐のような土曜日のお天気とはうって変わって日曜日は寒くもなくて最高のサイクリング日和でした。

前の週が水仙の香りを求めて内房方面を巡ったので、今週は外房方面を走ることに。
先週の悲惨な昼飯の二の舞は演じたくないので、今週はぜひまともな食事にありつきたいと願い、安房小湊の鯛めしを目標に走りました。

自宅から支川都川、おゆみ野を抜けてうぐいすラインを通過するのはいつものコースです。そのあとは、鶴舞、高滝湖、月崎、久留里へと向かうのは先週と同じ道です。

途中の高滝湖畔で面白いものを見かけました。
一見、ビニールハウスが湖上に出現した感じですが、よく見ると中にたくさんの人が見えます。
どうやら寒さを避けて「温室内」で釣りを楽しんでいる人たちみたい。
一見快適そうに見えますが、冬の釣りの醍醐味がスポイルされるみたいで、「何だかなあ」と感じるのは私だけ?

    温室の中で釣り三昧?
Katsuura02

さて、久留里でいつものコンビニで一休みのあとは国道410号(久留里街道)をひた走り、亀山ダムに向かいました。
ところが、上総松丘付近のトンネルが崩落事故のため通行止めです。迂回指示にしたがってぐるりと山道をたどる羽目になってしまいました。
狭い道なのでカーブでは車が対面通行できずに渋滞してしまい思わぬ時間を取られてしまいました。

国道465号線に乗り換えてしばしで亀山ダムに到着。
湖畔の端っこを通過するだけだったので早々に退散しました。
この季節は湖畔を眺めても寒々しくて、残念ながら気持ちの安らぎを持てませんねえ。

    亀山ダム湖畔にて
Katsuura03

道は徐々に山間部に入っていきます。
やがて県道81号線(清澄養老ライン)と合流するあたりから小櫃川最上流で君津市でも最奥部に位置する黄和田畑(きわだはた)地区になります。

    国道465号と県道81号の合流点は千葉県でも奥深い場所です
Katsuura04

小櫃川は千葉県で2番目に長い川。
一番はもちろん利根川ですが、この川は全国区なので、小櫃川が県内最長河川といっても良いかもしれませんね。
この川の源流はかぎりなく太平洋に近くて、地図を見ると「なんで東京湾に注いでいるんだろう?」と不思議に思ったこともありました。
今回のコースプロフィールマップを見てもらえば謎は解けますけど。
(清澄山が分水嶺になっているのです。)

    一度は入浴してみたい七里川温泉
Katsuura05

ところで、黄和田畑地区には七里川温泉という名湯があります。
何度か通過したことはあるのですが、まだ一度も入浴したことはありません。
千葉では珍しい硫黄泉とのことなので、次回はタオル持参で走りに来たいです。もちろん暖かい季節にね。

さて、本題に戻りますが、七里川温泉あたりから勾配は徐々に上り基調になってきます。
小さなアップダウンがあるので単調な上りでないのが救いといえば救いですが、結構ボディブローのように効いてくる上りですよ。

    房総とは思えないほどの山深さですね
Katsuura06

道路下には小櫃川源流部の渓谷が眺められ、秋の紅葉シーズンは最高なんですが今の季節は見ているだけで寒くなります。(笑)
房総には珍しい吊り橋なんかもあって、なかなかの雰囲気です。

    小櫃川上流の渓谷模様です。(紅葉だったら最高の場所)
Katsuura07

やがて最後のトンネルを抜けるとじきに清澄山に向かう分岐に到着しました。
ところが今日は異様に路駐の車が多いです。
何だろうなあ?と思いながら最後の急坂を上っていって理由がわかりました。

    節分会で賑わう清澄寺の境内
Katsuura08

2月3日。節分会でした。
私が訪れた時間がちょうど豆まきの始まる少し前。
すでに200~300人位はいたかな。
せっかくだからありがたい福豆をいただいて行こうということで豆まきの始まるのを待ってみました。

ゲストは、地元の市長さんや県会議員さん、それに演歌歌手の冠二郎。
冠二郎の紹介の時は「いよー!待ってましたー!!」というかけ声が・・・。
成田山の綾瀬はるか、横綱白鵬等々にははるかに及ばないものの、やっぱり芸能人が来ると皆さん喜びますねえ。

    いよいよ豆まきですが、福豆をゲットするのは難しかった
Katsuura09

で、豆まきの開始です。
いやー、みなさん出足が早いというか、慣れているというか、一人で何個も福豆をゲットしている人がいるというのに、私はたったの1個しかとれませんでした。(泣)

さて、貴重な福豆1個をおみやげに清澄山のダウンヒルを楽しみました。
お天気は最高、目指す先には太平洋が広がっています。

    清澄寺からの眺望です。
Katsuura10

第二の目的地「いいとこ」さんにはお昼ちょっと過ぎに着きましたが、幸運にも入替で席が空き座ることができました。

ここの鯛めしは絶品です。
やわらかく身をほぐした鯛といっしょに炊き込んだご飯が本当に美味しいです。
一方、以前から気になっていたのが「アワビ&サザエ入りカレー」。
鯛めしとカレーライス。
なんとなくアンバランスですが、私と同じような人がいるとみえて、それぞれの半ライスバージョンを「プチプチセット」と称してメニューにあったので注文してみました。

    「いいとこ」さんのメニュー(新鮮でリーズナブルです)
Katsuura12

    出てきたプチプチセット(満腹になります)
Katsuura13

たしかに半ライスずつです。
鯛めしは期待通りのお味でした。相変わらず美味しいです。
で初体験のカレーの方は・・・
アワビの食感はさすがですが、カレーの香りが勝ってサザエやアワビの味がよくわからなかった。でもカレーの味は私好みだったので満足です。
小鉢のひじきの和え物やワカメの味噌汁は具だくさんで申し分ありません。
還暦過ぎのオヤジにはちょっと量が多すぎました。反省。

    清澄寺とは対照的に誕生寺は静まりかえっていました
Katsuura14

満腹になったあとは勝浦めざして走るだけです。
途中、誕生寺に立ち寄り、そのまま裏手の道をたどってみたところ、これが大当たりでした。
お寺の裏から上り道になりますが、しばらく山の中の道を走るといきなり大海原が右手に広がりました。
細い道の左側は断崖がつづき、右手は眼下に太平洋。すごい景色に圧倒されます。

ちょうど干潮だったのと波が穏やかだったので迫力さには欠けましたが、これほど雄大なシーサイドサイクリングはちょっと経験できないと思いますよ。
本日の一押しです。ぜひ訪れてください。
ただし!左手の絶壁は落石注意ですから慎重にね。

    左手の絶壁に注意して雄大な景色を堪能して下さい!
Katsuura17

    振り返るとこれまたすごい迫力ある景色が広がっていました
Katsuura15

    久しぶりに立ち寄った「おせんころがし」
Katsuura18

そのあと、ここまできたら是非立ち寄って欲しい「おせんころがし」を見学したあと勝浦駅へ直行しました。
駅には14時前に到着。もう少し走りたい気分をおさえて、14時19分の始発電車で家路につきました。

    やっぱり外房の海はきれいですねー(勝浦湾にて)
Katsuura19

|

« 水仙の香りを求めて南房総へ | Main | 富山水仙遊歩道 »

Comments

2週連続で南房総サイクリングお疲れさまでした。
きれいな写真ですね。
節分の豆まきなんて私も家の中以外では経験がありません。

誕生寺の裏側にあんな迫力ある海岸線があるとは知りませんでした。
私も行って見たくなりました。

Posted by: 房総ローディ | 2013.02.05 06:23 PM

房総ローディさん
こんにちは
私も外房の海岸線でこんなに身近に絶壁が続く場所を知りませんでした。
飯岡の屏風ヶ浦はもちろん有名ですが、あの絶壁は海からしか拝めませんが、ここは絶壁の間に道があるので迫力は満点でしたよ。
当日は波がほとんどなくて凪いでいましたが、荒波だったらかなりの迫力だと思います。

Posted by: Nob | 2013.02.05 09:13 PM

「プチプチセット」の新メニューはいいですね。 丁度、同じ日に「ゆっくりお気軽サイクリング」で守谷のハンスホールベックに行ったのですが、そのときも「いいとこの鯛めし」の話で盛り上がっておりました。近いうちに行かなくては。
今回の七里川温泉から清澄寺への川沿いの道も大好きなコースです。水量は多くはありませんが、紅葉のシーズンはとても素晴らしい景色が楽しめます。それから誕生寺から海側へ抜ける断崖の上の道も以前にTodoさん、Kitaさんと訪れたことがありますが、Nobさんの写真を拝見すると改めて景色の素晴らしさ実感してしまいました。
今度、写真の撮りかたを教えて下さい。

Posted by: MTK | 2013.02.06 08:49 PM

MTKさん こんにちは
守谷も大人数で盛り上がったことでしょうね。
じつは私もそっちに行きたかったのですが、前日のエントリー18時締め切りに間に合わず、断念しました。

清澄養老ラインはいまの時期は良いのですが、春秋は車が多くて走りづらいです。
もう少し道幅が広ければ良いのですが・・・

写真をほめて下さり恐縮ですが、私の写真は平凡です。
ただ取り柄といえば、一人で走ることが多いので、好き勝手に一番良いと思う場所でじっくり撮れることでしょうか。
仲間と走るのはとても楽しいですが、撮影の時はわがままを言えないのであまり良い写真は撮れません。
まあ仕方ないですよね。

Posted by: Nob | 2013.02.06 09:20 PM

いいとこ行ったんですね!
もしかして私に影響されました(笑)
おせんころがしの海沿いの道は、私も先週のブルベで走りましたが、いつ走ってもあそこは絶景ですよね!
千葉のサイクリングコースの中でもお勧め度高くて好きです。

Posted by: HINA | 2013.02.09 09:48 AM

HINAさん

ピンポンーン!
HINAさんがいいとこで鯛めしを食べた話がどうしても気になって、行ってきました。(笑)
次回は、なめろう定食に挑戦してみます。

誕生寺の裏の道は私にとっては初めてで感動しました。
距離はいくらもありませんが、間違いなく外房ではお勧めのサイクリングロードですね。

Posted by: Nob | 2013.02.09 10:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 水仙の香りを求めて南房総へ | Main | 富山水仙遊歩道 »