« 市原の名もなき農道を走る | Main | 水仙の香りを求めて南房総へ »

2013.01.20

表丹沢・雪の三ノ塔周辺を歩く

Sannotou12

歩いたコースとプロフィールマップを表示する

成人の日の大雪から5日経ち、道路の雪もあらかた無くなっているものの、日陰では路面凍結の箇所がいたるところにあります。
まだ、さすがに中房総や南房総の山間部の道路を走る気になれません。

で、こういう時はやっぱり雪山ハイキングでしょう。
関東南部の1,500m以下の低山では南岸低気圧の通過直後に山に出かければ、絶好の雪山稜線歩きが満喫できます。

ということで、向かった先は丹沢の表尾根です。
予定では、ヤビツ峠までバスで上がり、峠から二ノ塔、三ノ塔で始まる表尾根を縦走して塔ノ岳に至り、大倉尾根を下山するというものです。
雪が深いようだと下山は日没時刻になるので無理はできません。

下山連絡先のHINAさんには、計画書に「積雪の状況により、烏尾山到着が11:45を過ぎる場合は、烏尾尾根又は少し戻って三ノ塔尾根をエスケープルートとして下山する。」と書いて出発しました。

結果を先に書きますと、案の上、時間切れで三ノ塔尾根からスゴスゴと下山しました。
烏尾山の手前にある三ノ塔の出発時にはすでに11:45になってしまいました。
この先、がんばって歩いたとしても下山まで5時間はかかるので、バス停到着は17時頃になります。
下山ルートの大倉尾根は若い頃から何度も歩いているので、まったく不安はありませんが、やっぱり歳ですから無理はできませんでした。

どうして三ノ塔到着がそんなに遅れたかといえば、ヤビツ峠行きのバスが路面凍結で手前の蓑毛止まりとなったためです。
その可能性は事前に予測してはいましたが、降雪後5日経っているので七分三分の確率で峠まで上がれると踏んでいたのですが・・・甘かったですねえ。(笑)

    蓑毛を8時30分に出発しました。
Sannotou01

    登りはじめはほとんど雪はなかったのですが・・・
Sannotou02

    しばらく歩くとすぐに雪が増えてきました。
Sannotou03

というわけで、予定よりも1時間強のアルバイトを強いられました。
蓑毛~ヤビツ峠間の山道も雪に覆われており、峠では約30cm程度の積雪がありました。
若い時分はここの登りで1時間以上かかった記憶はなかったのですが、雪道と倒木通過で1時間5分を要してしまいました。

    ヒルクライムで有名なヤビツ峠の看板も・・・
Sannotou04

バスの来ないヤビツ峠は静かなものです。
私と同じ単独行の登山者と言葉を交わすと、彼は大山のイタツミ尾根に入るとのこと。
短いコースですが、人が少ないのでラッセルかも。「がんばって」と別れました。

    除雪作業中の県道から眺めた丹沢三峰です。
Sannotou05

さて、私の方は県道70号線を富士見橋方面に20分ほど歩き、車道を左折して雪に覆われた林道に入りました。このあたりで積雪30cm程度です。
林道からはすぐに右折して二ノ塔へ向かう山道に入ります。

    二ノ塔へ向かう途中の林道も静かなものです
Sannotou06

雪の無い時期のこの道は植林下の風通しのまったくない道で蒸し暑いばかりで全然楽しくない道ですが、今日は完全に雪に覆われているせいか比較的感じの良いコースに様変わりしています。

だけど、倒木が多いです。
思わぬ大雪で根の浅い木や朽ちた木などが雪の重みで倒れてしまったのでしょうね。
それらの通過でフィールドアスレチック的な動きをしなければならず結構疲れます。

    振り返ると雪をかぶった丹沢大山が美しく見えました。
Sannotou07

普段ならヤビツ峠から三ノ塔まで休憩無しで登りますが、今日はダメです。
蓑毛からの登りのオマケもあって二ノ塔の手前で休憩をとりました。
二ノ塔までが本当に長く感じました。
まあ、それでも30分前に出た始発のバスで先行していた若者パーティーや中年の単独行者などを次々と追い抜くことができたので「良し」としましょう。(笑)

    このあたりでようやく先行パーティーに追いつきました
Sannotou08

    眼下には遠く江ノ島の姿も見えました
Sannotou09

雪道に足をとられながらたどり着いた二ノ塔では富士山の大展望が待っていてくれました。
ここまで富士山は姿を見せてくれなかったので感激です。
愛鷹山や南アルプスの峰々も姿をみせてくれています。登ってきた甲斐がありました。

    二ノ塔から眺めた富士山と愛鷹連峰です。
Sannotou10

さて、ここからお隣の三ノ塔までは約15分。指呼の間の筈だったのですが、やはり雪道が歩きづらく15分では着けずに結構疲れました。

三ノ塔からは富士山だけでなく、眼前に広がる表尾根の姿が最高に格好いいですね。
表尾根の盟主である塔ノ岳を中心に、右に表尾根、そして左手には鍋割山稜と大倉尾根が重なり合って広がる様はなかなか雄大です。

    塔ノ岳を中央に、左右に広がる表丹沢の峰々は格好いいです。
Sannotou11

三ノ塔の到着時刻は11:35頃。
蓑毛からは3時間。ヤビツ峠からでも2時間かかってしまいました。
ここで約10分間休憩しましたが、この先表尾根の通過時間と下山の大倉尾根の所要時間を考えると日没ギリギリです。
お天気は快晴で悪天の兆しはまったくありません。
ここで下山を決断するのは本当に後ろ髪を引かれる思いです。
が、やはり「無理はしない」という登山の鉄則と計画書に記載したエスケープ判断時刻を経過していることから、三ノ塔尾根を下ることにしました。

下りの三ノ塔尾根も若い頃から何度か使っているコースなので不安はありません。
雪道もラッセルされていたので安心して下ることができました。

    三ノ塔尾根の下りから見下ろす相模平野と相模湾
Sannotou13

途中、秦野の市街が見下ろせる場所に出たのでカメラを向けてみました。
遠く相模湾の先には真鶴半島と伊豆半島、初島なども眺められ、まるで飛行機の上から見下ろしている感じです。
あの下まで下るのかあ、うんざりもしますが雪のクッションのおかげで膝痛にもならずに快適に下山できました。
雪山では下りの衝撃が少ないのが良いですね。

    樹々の間から眺めた塔ノ岳です。
Sannotou14

やがて中間の林道に飛び出し、再び尾根道に入り緩やかになった道を辿ると再度林道に合流しました。
車道を歩き、水無川に架かる「風の吊り橋」を渡りきり、大倉のバス停に到着しました。

    「風の吊り橋」から三ノ塔方面を振り返りました。
Sannotou15

【コースタイム】
蓑毛バス停(8:30)・・・ヤビツ峠(9:35~45)・・・富士見橋(10:03)・・・二ノ塔(11:16)・・・三ノ塔(11:35~45)・・・三ノ塔尾根中間部(12:50~13:00)・・・大倉バス停(14:03)

|

« 市原の名もなき農道を走る | Main | 水仙の香りを求めて南房総へ »

Comments

きれいな雪山景色ですね。
とくに雪がかぶっている山並みが素敵です。
登山のことはよくわかりませんが、装備なども増えるのでエネルギーの消耗は大きいのでしょうか。
ヒルクライム専門のNobさんなら大丈夫かな。

Posted by: 房総ローディ | 2013.01.21 12:20 PM

懐かしいなー。山の景色は変わらないけど、私が水無川上流の戸沢出会いに通ったときはこんな立派な公園はないし、大倉バス停の近辺は舗装してなかったので遠くからでもバスが土煙を上げて走って来るのが見えたっけ。当時は相模大野を過ぎると小田急でも車内でタバコが吸えたんですよ。 昔々のお話ですけど「大倉バス停」のキーワードで何十年前の記憶が蘇ってしまって意味なしで書き込んでしまいました。

Posted by: MTK | 2013.01.21 08:14 PM

房総ローディさん
こんにちは
たしかに、雪山歩行では体のいろいろな筋肉を動員するので、エネルギー消耗は大きいです。
帰宅してトイレに入ったらオシッコがまっ黄色になってました。(失礼!)
ヒルクライムとは別の筋肉や心肺活動のような気がします。

Posted by: Nob | 2013.01.21 09:27 PM

MTKさん
こんばんは

MTKさんも若かりし頃、丹沢の沢登りをされていたんですよね。
たしかに大倉周辺は昔と比べると様変わりしていますよ。
バス停も広くて近代的になったし、スポーツ公園も出来たりして、昔のキャンプ場の面影は影を潜めています。

でも、あそこから眺める丹沢の山々は昔と変わりません。
ぜひ、大倉とヤビツ峠を組み合わせて自転車で訪れてみましょう!
私もご一緒しますから。

Posted by: | 2013.01.21 09:30 PM

Nobさん
雪の丹沢、本当に素晴らしい風景ですね。
Nobさんの実力でしたら塔ノ岳~大倉尾根は何の心配もないでしょうけれど、三ノ塔からの下山を決断されたのはさすがです。Nobさんと一緒の山行はいつも安心感がありました。また、機会がありましたらご一緒させて下さい。

Posted by: ヨーコ | 2013.01.21 10:55 PM

ヨーコさん
こんにちは
本当はご一緒したかったですよ。

さて、途中で下山したのは単に力不足だからです。
以前ならノープロブレムで歩き通せたと思いますが、自転車を始めてから山で使う筋肉は急速に落ちてます。
今年は、冬と夏の2シーズンは意識的に山に行きたいと思っていますので、機会があればぜひともご一緒しましょう!

Posted by: Nob | 2013.01.22 12:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 市原の名もなき農道を走る | Main | 水仙の香りを求めて南房総へ »