« うわさの農園カフェでお昼ご飯ポタ | Main | 表丹沢・雪の三ノ塔周辺を歩く »

2013.01.13

市原の名もなき農道を走る

走ったコースとプロフィールマップを表示する

三連休の初日、土曜日に市原、袖ケ浦周辺を走ってきました。
今日のメンバーは、お気軽サイクリングクラブの有志の面々総勢7名です。

実を言うと、市原市や袖ケ浦市方面はあまり走ったことがないので、MTKさんが先導してくれる今日のコースは楽しみです。

    午前中は曇りがちで肌寒いお天気でした
Umakuta01

稲毛の公園に集合して、浜野、若宮を経由して先ずは山倉ダムをめざしました。
前日の金曜日に走ったコースとダブりましたが、市原中央高校のT字路から左折して、上り基調の狭い道に入ります。

後から地図を眺めてみると、市原市名物のゴルフ場に挟まれた山間の農道をたどる道だということがわかりました。

    名もなき農道を走ります(とても感じの良い道でした)
Umakuta02

ゴルフ場の調整池を左手に見ながら下って行くと、左側に谷津田がひろがる中山間の田園地帯となります。
地形的にもハンディキャップがあるためか、多くの田んぼが耕作放棄地化しているのが残念ですが、いくつかの田んぼは手入れが行き届き春の訪れを待っているようでした。
4月の田植え時期には周囲の樹々の新緑と苗の薄緑色が水面に映えて美しい空間をつくりだすことと思います。
4月になったらまた走って見たい道でした。

それにしても、こんな道をよく見つけたものです。
相変わらずの「走るカンピュータ」MTKさんには脱帽しました。(笑)

農道を抜けたらそこは牛久の町です。
ここからは清澄養老ラインを高滝湖に向かって走りました。
高瀧神社に初詣の予定だからです。

    高滝湖畔を走り抜けました
Umakuta04

ところが、今日は「市原高滝湖マラソン」の日にぶつかっていました。
湖畔を巡る道路はマラソンのため交通規制の最中です。
高瀧神社に行けないことはありませんが、ぐるっと迂回しなければなりません。
先の予定もあるので、お参りは次回ということで今回はパスして、真里谷、馬来田方面に向かいました。

    県道168号線はとても走りやすい道です
Umakuta03

県道168号線を馬来田方面に走ると、途中に乗馬クラブがあったのでちょこっと立ち寄ってみました。
馬舎から顔をのぞかせる馬たちが可愛らしかったです。
ネットで調べたら、初心者向けの体験乗馬などもやっているそうです。

    乗馬クラブの馬舎から顔をのぞかせる馬たち
Umakuta05

やがて久留里線・馬来田の駅に到着。
ここから横田駅を通って、本日の昼食場所である和食「ほしの」へ向かいました。

    袖ケ浦の田園地帯を走り抜けました
Umakuta06

ところで、市原市や袖ケ浦市の田園地帯にある「養老」「海上」「馬来田」「横田」などは、私の仕事関連でよく耳にする地名なのですが、こうしてサイクリングにきて実際に訪れてみると地名と実際の場所が一致できて本当に助かります。

ということで到着した昼食場所の「ほしの」さん。
ここで食べるのは初めてです。
とりあえず全員で本日のランチを注文しました。

    和食「ほしの」のランチ定食です。(食後のコーヒーが付いて\1,000)
Umakuta08

カレイの煮付けとヒラメ、たこの刺身がメインで、ついでに大きな椀にかに汁が付いてきました。
お味は良いのですが、できればカレイは半身でなく丸ごと欲しかったなあ。
煮付けの味が良かっただけに量が物足りなくて残念!
まあ、値段(\1,000)ということでしょうか。
食後にコーヒーも付いてきたので、良しとしましょう。

昼食にゆっくり時間をかけた関係上、帰りはやや忙しくなりました。
夜はこのメンバー達で飲み会の予定も入っていたので、ペースを速めて帰宅の途につきました。

    このあとNさんが先頭に変わったとたん一気にスピードアップ!
Umakuta09

帰りの先導はNさんです。
公称体重95kgという巨体にものを言わせて、向かい風にも拘わらず32~33km/h平均で飛ばしてくれました。
大きな壁のおかげで2番手以降は超ラクチンの風よけ効果を満喫できたのは言うまでもありません。
全員がほぼ予定どおりの時刻に帰宅でき、夜の反省会も大いに盛り上がりました。

|

« うわさの農園カフェでお昼ご飯ポタ | Main | 表丹沢・雪の三ノ塔周辺を歩く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« うわさの農園カフェでお昼ご飯ポタ | Main | 表丹沢・雪の三ノ塔周辺を歩く »