« 箱根・金時山から湖尻まで歩く | Main | 奥武蔵グリーンラインと正丸峠 »

2012.11.04

笹子峠と御坂峠

自転車に乗って峠道を走るようになってから、一度は訪れてみたいと思っていたのが御坂峠です。
「富士には月見草がよく似合う。」(富嶽百景)のフレーズで有名になった御坂峠ですが、山登りも含めてまだ訪れたことはありません。

太宰治が御坂峠の天下茶屋に滞在したのは昭和13年の9月から11月半ば頃のこと。
十国峠の富士は賞賛するものの御坂峠からの富士はあまり好きでなかったことが小説を読むとわかります。
でも、茶屋の娘さんとの交流などが丁寧に描かれていて読んでいてほのぼのとしてきました。

さて、自転車で御坂峠ですが、これはもう甲府側から行くしかないでしょう。
なぜなら河口湖側からでは標高差が少ないので物足りないこともありますが、何といっても峠を越えた瞬間に富士の大展望を見てみたいからです。
甲府盆地側から上れば、ゴール地点で初めて富士に対面できるはずです。

そして、「前菜」には笹子峠がいいですね。
旧甲州街道を辿り、笹子隧道を越えて甲府盆地の勝沼側に下りるルートを選んでみました。

ということで、大月駅を起終点にして、大月駅~初狩~笹子峠~勝沼~一宮町~御坂峠~河口湖一周~都留~大月駅の周回コースをチョイスしました。
ついでに紅葉も気になる時期です。

大月駅までは「休日お出かけパス」を利用しました。
秋の期間中、通常2,600円の切符が2,000円で利用できるからです。(「大人の休日倶楽部」限定割引)

大月駅には8時28分に到着しました。
駅前でさっそく自転車を組み立てて出発。甲州街道(国道20号線)沿いを笹子峠をめざします。

駅からはずっとゆるやかな上りが続きました。
行き交う車も多く、走りやすいとは言えませんが、周囲の山々の景色に励まされながらペダルを回します。

大月駅を出て約6km。初狩駅前のコンビニ(ローソン)が笹子峠手前の最後の補給ポイントです。ここでしっかり補給食を買い求めました。
今回のコースでは、このあと一宮町の国道137号線沿いのデーリーヤマザキ(大月駅から39km)までコンビニはありませんでした。

    笹子峠までで最後のコンビニです。補給は忘れずに。
Misaka01

やがて、笹子旧道の分岐に到着。「矢立の杉」入口の看板があるのですぐにわかりました。
旧道に入ると車は皆無となり、逆にさびしくなってしまいます。
道の両側は落ち葉で埋もれ、ほとんど車の通過がないのがわかります。
そのかわり色づき始めた樹々の葉が目に優しくハッピーな気分になります。

    笹子峠みちは人気のない静かな道です。
Misaka02

途中、ガサガサっと音がして動物が走り去る気配がしてびくっとしました。
まさかクマは出ないとは思いますが、クマだったらやだなあ。(ところが、後でネットで調べたら笹子峠に熊出没の記事を見かけました。汗)

    「矢立の杉」入口にて。杉はここから約100m先です。
Misaka03

笹子峠みちの勾配は5~6%といったところで、激坂もなく走りやすい道です。
そして、ワインディングロードが続いた先に「矢立の杉」入口がありました。
「杉良太郎の歌で有名な・・」と書いてありますが、はて、どんな歌だったのかな?
お目当ての大杉は100m先だったのでパス。秋の日は短いので先を急ぎます。

いくぶん勾配がゆるくなるとじきに笹子隧道に到着しました。
うーん。シブイ。じつにレトロな感じのする隧道です。

    実にシブイ感じのする笹子隧道。国有形登録文化財です。
Misaka04

    銘板もレトロ感ありありですね。
Misaka05

これはトンネルじゃなくて、やっぱり隧道と呼ぶにふさわしいですよ。さすが国有形登録文化財だけあります。
で、隧道をくぐり抜けると、甲府盆地側に入ります。
笹子峠は甲斐の国を「国中」と「郡内」に分け隔てた峠だったのですね。

ここからは周囲の紅葉に彩られた山々を眺めながらのダウンヒル。気持ち良かったけど、ウィンドブレーカーを着ずに下ると間違いなく風邪を引きます。

    郡内から国中に抜けると空が明るく開けます
Misaka06

国道20号に合流してからもダウンヒルは続き、大善寺から釈迦堂を経て一宮町に至ってようやく長い下りは終わりました。
気がつくとそこは一面のブドウ畑。甲府盆地を見下ろす高台からは奥秩父や雪を戴いた南アルプスの山々が眺められ、「いやー、走ってきてホントに良かったー」と思える風景でした。
ちなみにまだブドウ狩りやってましたよ。

    一宮町一帯にはブドウ畑が広がっています(背景は奥秩父連峰)
Misaka07

さて、一宮町を抜けると国道137号線に入り、いよいよここからが御坂峠の上りになります。
前述したデーリーヤマザキを通り過ぎると、勾配が徐々に上がってきます。
道幅は広くて走りやすいですが、祝日のためか車は多め。ちょっと神経を使います。
朝の内は曇がたれこめていた空も、いつの間にかきれいに晴れわたりました。

やがて旧道(鎌倉往還)分岐に到着。
「本日、天下茶屋商い中です」の看板に笑いました。
分岐の左が旧道ですが、2車線のきれいな白線も引かれていて期待しましたが、走り始めてすぐに笹子旧道並の狭い道に変身してしまい、これまた笑いました。

    旧道(左)とゲートのある新道(右)との分岐にて
Misaka08

でもまあ、周囲の紅葉はgoodでした。
北面のせいか笹子峠よりもさらに紅葉が進んでいて、上るほどに鮮やかな紅や黄の樹々が目を楽しませてくれます。
勾配も強すぎず弱すぎずで上りやすい道です。とはいえ、笹子峠の頂上から1回も休まないで上ってきたのでスピードは10km/hそこそこのゆっくりモードです。

    御坂峠の上りから振り返ると甲斐駒のピラミダルな姿が!
Misaka09

峠の2kmほど手前で空腹のため、とうとう足を着いてしまいました。
ザックに入れていた菓子パンを補給してヤレヤレです。
峠が近づいてくると勾配もゆるやかになり、ついに御坂峠のトンネルに到着!
笹子隧道ほどレトロではありませんが、十分に古びた感じの狭いトンネルの先にあるものは???

ジャジャーン!
裾野は判然としないものの、午後の逆光にかがやく端正な富士が雲上に姿を現してくれていました。
いやー、上ってきた甲斐がありました。
この峠に立って富士山が雲に隠れていたら涙ものですよ。

    御坂峠からの富士山です(右下の逆さ富士的な湖は河口湖)
Misaka12

さっそく道路脇にある天下茶屋に立ち寄りました。
日差しが暖かかったので軒先の縁台に座って名物の「いもだんご」と甘酒を注文しました。
いもだんごは、丸く揚げたジャガイモにバターをたっぷりつけた代物で、じゃがバターによく似ています。
疲れて塩分をほしがっている体にはありがたかった。
甘酒もおわん一杯あって飲み応えがありました。

    意外と大きな外観の天下茶屋です
Misaka10

    名物の「いもだんご」とたっぷり甘酒
Misaka11

疲れと食欲を満たした後は、河口湖畔まで一気下りです。
途中、三ツ峠登山口を通過し、なおも下り続けますが、いやもう紅葉の美しいのといったら。ホント最高でした。(^^)

    御坂峠からの下りは紅葉が最盛期を迎えていました
Misaka13

    何度も立ち止まっては紅葉の美しさに見惚れました
Misaka14

河口湖畔に下り立ったら反時計回りに湖畔を一周してみました。
ふだんなかなか立ち寄れない奥河口湖も訪れることができ、変化に富んだ湖畔の岸辺をポタリング。

    ふだんあまり訪れない奥河口湖の湖畔沿いを走りました
Misaka15

    お天気も良くてここまで下ってくると暑いくらいでした
Misaka16

帰路は、おひめ坂通りと富士みちを使って大月駅までGO!
行楽帰りの車の渋滞に戸惑いながらも15時前にはスタート地点に到着。
紅葉を存分に楽しむことができました。

【感想】
笹子峠も御坂峠越えも、予想どおり楽しいパスハンティングでした。
二つの峠で行き交ったローディはわずかに一人。二つの峠みちとも本当に静かで美しいコースなのにちょっと意外でした。
今回もレイヤリングには悩みましたが、これから冬に向かってますます着るものには苦労しそうです。

行動時間:6時間9分57秒
平均速度:17.1km/h(グロス)
最高速度:58.1km/h

Misaka17


|

« 箱根・金時山から湖尻まで歩く | Main | 奥武蔵グリーンラインと正丸峠 »

Comments

秋の御坂路ですか。紅葉も楽しめたようで、良かったですね。
二つの峠を越えての100km超サイクリングとは相変わらず頑張ってますね。(笑)

Posted by: 房総ローディ | 2012.11.06 08:22 AM

房総ローディさん
こんにちは
御坂峠の紅葉は最高でしたよ。
この季節、紅葉を求めてのパスハンティングはゴキゲンですね。
ヒルクライム的なサイクリングの時は距離は100km程度を限度としています。
それ以上は翌日に疲れが残るので。
やっぱり歳には勝てません。(苦笑)

Posted by: Nob | 2012.11.06 08:57 PM

はじめまして。
御坂峠は興味があったので、楽しく読ませてもらいました。
行くなら、やっぱり甲府側からなんですね。とても参考になりました。

Posted by: defy | 2012.11.09 05:34 PM

defyさま
ご返事遅くなりすいませんでした。
拙ブログ記事が参考になれば幸いです。
御坂峠は走りやすくて良い峠みちでした。苦労して上った後に眺める富士の大展望の感激に浸るためにも甲府側からのアクセスをオススメします。

Posted by: Nob | 2012.11.11 05:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 箱根・金時山から湖尻まで歩く | Main | 奥武蔵グリーンラインと正丸峠 »