« まえばし赤城山ヒルクライム 2012 | Main | 日本ロマンチック街道(日光~沼田編) »

2012.10.07

道志みちを走る

Doushi01

走ったコースとプロフィールマップを表示する

山々に囲まれた道で、17時までに帰宅できるようなコスパの良いサイクリングコースないかなあ、と物色していたら目にとまったのが「道志みち」(国道413号)です。

山登りをやっていた頃に訪れたことのある道志川沿いの道。
若い頃だったからもう何十年も前になりますか。
西丹沢からの下山路や道志山塊の登山口にもなっていて、ハイカーや釣り人には馴染みの街道でした。
昔は相当鄙びた感じだったけど、今はどうなんだろう?

ということで、相模湖駅がスタート地点です。
今日は雲が多いもののなんとか一日もってくれそうです。

駅前にはコンビニはないので、相模湖畔に下ったところにある「サークルK」で補給して、いざ出発しました。
ところが・・・
あれ! やばい! ツール缶忘れた!
ヤバイなんてもんじゃありませんよ。
ツール缶の中には替チューブやCO2ボンベ、タイヤレバー、携帯工具などが満載されています。
それが無い! 忘れちゃった!
途中でパンクがあったら万事休すです。

悩みに悩んだけど、「たぶんパンクもマシントラブルも起きないだろう」という楽観的かつ希望的予測にもとづいて出発することに決定しました。
ソロで出かけてるんだから本当はまずいですよねえ。

さて、コースプロフィールを見てもらえばわかりますが、「道志みち」は津久井から山伏峠まで徐々に高度を上げて行きます。
勾配は強くないけど、長い道のりをジワジワと上っていきます。

今日の装いは、フラペにスニーカー、ズボンは3/4丈のニッカーズボンのお気軽スタイルです。
幸い、今日は涼しいので背中にザックを背負っていても汗をほとんどかきません。

    お笑いの看板。この先、どんどん標高が上がっていくのに・・
Doushi03

道志川沿いの道は広くて舗装も良く、走りやすいです。
前方には西丹沢の主峰である大室山が意外なほど高くそびえていました。
もう20年以上前になりますが、2月の大室山で深雪のラッセルに苦しめられ、途中撤退の苦い思い出のある山です。いつかリベンジしなくては。
道志みちの左手は西(裏)丹沢、右手は道志山塊です。
どの山にも思い出がたくさん詰まっています。

    この橋を渡った先にコンビニがあるので補給は忘れずに
Doushi02

道は広くて走りやすいのですが、コンビニはかなり少ないです。
山伏峠までの間でセブンイレブンが1軒あるだけでした。奥の方にデイリーヤマザキがあったけど、あんまり期待できそうもない雰囲気でした。
貴重なコンビニではぜひ補給を忘れないで下さいね。

    立派な大室山の姿は道志みちのシンボルです
Doushi04

奥に進むほどに徐々に勾配もきつくなってきます。
道志川渓谷も徐々に深くなっていきます。
途中、吊り橋があったので下りて記念撮影しました。
吊り橋って、私も経験ありますがメンテが結構大変なんです。メーカーも少ないし。

    吊り橋があったので記念撮影をしました
Doushi05

道志川沿いのわずかな田んぼでは今が稲刈りの最盛期でした。
私が住む千葉とは1ヶ月近く時期が遅いです。
でも、ほとんど天日干しにしているので、多分美味しいだろうなあ。

    道志川沿いの稲刈りは今が最盛期でした。
Doushi08

    昔お世話になった「道志館」は今も健在でした
Doushi06

そうこうしているうちに、「道の駅どうし」に到着。
名物の豚串が食べたかったけど、ものすごい人だかりに恐れをなしてそのまま通過しました。

道の駅を過ぎれば、いよいよ山伏峠の上りに入ります。
先週に赤城山のヒルクライムレースに出ているので、この程度の勾配は楽勝です。
って、油断していたら、またやっちゃいました。
フロントのアウターからインナーにチェンジする際に「ガチャッ!!」と大きな異音とともにFDが故障です。
大ギアと小ギアの切り替えが出来なくなってしまいました。
またかよぉ。

    この少し先でFDのトラブル発生
Doushi09

とりあえず小ギア固定で山伏峠を越えました。
予想どおり勾配は大したことなくあっさり峠下のトンネルを通過。そのまま山中湖に下りました。
下りはほんの少しだけです。豪快なダウンヒルを期待する向きにはがっかりの下りですよ。

    山伏峠のトンネルまで上がってきました
Doushi10

さて、下り着いた山中湖畔でフロントを小ギアから大ギアに手で交換です。(情けない!)
帰ったらFD交換だなあ。また出費が・・・
それにしても、どうしてFDばかりが壊れるんだろう?
普通にギアチェンジしているつもりなのに。

さて、山中湖北岸のサイクリングロードは所々舗装のクラックが気になったものの、おおむね快適でした。
でも、お目当ての富士山はあいにく雲の中。残念!

    山中湖北岸のサイクリングロードを走りました
Doushi11

山中湖から離れて今度は国道138号を河口湖に向かいます。
途中、「吉田うどん」の幟があったので立ち寄ってみました。
「ふもとや」さんといううどん屋さんです。
メニューを見て、あまりの安さに驚きました。肉うどんが450円なんですから。
店内は満員で行列もできています。この安さならわかります。

    「ふもとや」さんの肉うどん(450円)    
Doushi12

出てきた肉うどんも美味しかった。
腰の強いうどんが特徴の吉田うどんですが、手打ちでほどほどの固さでした。

食後は河口湖めざして走りますが、渋滞に巻き込まれて思うようには進みません。
3連休の初日ということも影響しているのかな?

    今にも雨が降りだしそうな河口湖畔
Doushi13

ようやく着いた河口湖ですが、今にも降り出しそうな雲行きに湖畔一周はあきらめて、河口湖大橋で戻ることに。
このあとは、国道139号沿いに大月まで下り基調の楽ちんライドを楽しみながら富士急線沿いに走り続けて無事にゴール。
予定どおり17時には帰宅することができました。

【感想】
ツール缶を忘れてきたり、途中でFDが故障したりと、今思えば冷や冷やのツーリングでした。
ソロのツーリングの際はすべてが自己責任で解決しなければいけないので、装備の不備ではゼッタイに走っては行けませんね。
大いに反省しています。

    昔ながらの鄙びた雰囲気が濃厚な道志の里
Doushi07

道志みちは昔ながらの鄙びた感じが今も残されていました。
次回は、箱根方面から走り始めて逆コースで辿ってみたいものです。

|

« まえばし赤城山ヒルクライム 2012 | Main | 日本ロマンチック街道(日光~沼田編) »

Comments

道志みちは、ずっと昔に山中湖の保養所から帰る時に車で何回かダートを楽しむ為に通ったり、道志渓谷のキャンプ場を利用する時に使っていた私にとっても懐かしい道路です。 当時から比べるとずいぶん道が広くなっていますね。その後、会社の仲間と八王子からR20で大月経由の周回ルートを走るつもりが、天候不順でDNSとなった思い出があります。いつかは必ずリベンジするつもりでしたが先を越されましたね。FDがまた壊れたとのことですが、多分、一度変形すると直しても剛性が劣化するのでしょうね。でも上手くリカバリした様で安心しました。 さすがです。

Posted by: MTK | 2012.10.07 03:13 PM

MTKさん こんばんは
今回は、MTKさんも達人もいないのでFDトラブルは参りました。
でも、この間教えてもらったとおり「手動」で乗り切りました。(笑)

道志みちは走りやすくてお勧めですよ。キャンプ場もたくさんあって、今でもアウトドアライフのメッカという感じですね。
サイクリングの場合、箱根との組み合わせが楽しそうです。

Posted by: Nob | 2012.10.07 09:50 PM

ツール缶なしで知らない土地を走るとはチャレンジャーですね^^
まあ何も無いときのほうが多いんですけどね。
自分もここしばらくパンクとは無縁ですし。
それにしてもさすがNobさん、山は詳しいですね。
私も道志みちはたぶん上り下りあわせるとブルベなどで10回近く走ってますが、山の名前は知らなかったので、今度はちょっと気にして走ってみたいと思います。

Posted by: HINA | 2012.10.08 11:04 PM

HINAさん
信州往復600kmお疲れさまでした-。
お天気良くてよかったですね。

ツール缶なしライドは、もうしません。(苦笑)
とくに道志みちは駅まで遠いので尚更です。

Posted by: Nob | 2012.10.09 07:52 AM

信州も天気は曇りで山はあまり見えず、紅葉も少し早かったですが、でもロングライドは楽しかったです!
今度、ぜひあのあたりをご一緒しましょう!
ところで土曜日は、西東京のブルベが道志みちで行われていたのですが、ブルベな人たちを見かけませんでしたか?

Posted by: HINA | 2012.10.09 09:28 PM

HINAさん
やはり600kmを走りましたか!
相変わらずすごいですねー。

ところで、私が走った時間帯にはブルベな人たちには遭遇しませんでしたよ。
道志みちって、ブルベのコースになることが多いのですね。
東京・神奈川方面から富士山麓に出るには便利な道だからかな?

Posted by: Nob | 2012.10.09 09:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« まえばし赤城山ヒルクライム 2012 | Main | 日本ロマンチック街道(日光~沼田編) »