« September 2012 | Main | November 2012 »

2012.10.29

箱根・金時山から湖尻まで歩く

Hakone01

歩いたコースとプロフィールマップを表示する

今年の5月、富士山麓に集まった旧い山の仲間たち3人と箱根で再会しました。
今回も、ハイキングやバードウォッチング、ジョギングなど各自思い思いの趣味を楽しみながらの再会です。
前回、富士山麓一周を自転車で走ったNobでしたが、今回は2日間ともハイキングで箱根の秋を楽しんできました。

今回、箱根の山々を歩いてみて、箱根って正真正銘の火山なんだなあと改めて感じました。(当たり前か)
阿蘇火山は雄大すぎてピンと来ませんが、箱根の外輪山を歩いてみると、典型的なカルデラ地形や中央火口丘など、教科書に出てくる地形を間近に眺めることができます。
自分が地理を学んでいた中学生くらいの頃に訪れておけば良かった、なんておバカなことを考えたNobでした。

で、初日は金時山から乙女、長尾の両峠を経て湖尻に下るコースです。
登山口は公時神社からですが、少し楽をして車で林道を上がってもらい登山道と交差する地点まで送ってもらいました。
この地点ですでに標高800mほどあるので、山頂まではおよそ400mの登り。楽なものです。

コースは沢沿いに進みます。しばらく登ると「金時宿り石」と呼ばれる真っ二つに割れた大きな石の前に出ました。
金太郎と山姥との伝説に彩られたこの大きな石を回り込むようにして登り続けるとやがて尾根の上を歩くようになり、周囲も明るくなってきました。

    沢沿いの道から尾根に上がれば明るい道が続きます
Hakone00

この時期、花は咲き終わっているのかなあと思っていましたが、なんのなんのリンドウやアザミ、トリカブトなどが結構たくさん咲いていて驚きました。
その代わり紅葉はイマイチ、というかまだまだでした。11月上旬頃が見頃でしょうか。

    リンドウの花が尾根筋を彩っていました
Hakone07

    山頂間近になると勾配が増してきます
Hakone02

傾斜が強くなり周囲の景観が垣間見えるようになると、ひょっこり山頂の一角に到着しました。スタート地点から約1時間でした。
今日は平日の金曜日でしたが、人気の山らしく先着のハイカー達で結構賑わっています。

    元祖金時茶屋(金時娘の茶屋)です。(平日でも営業中でした。)
Hakone06

山頂には2軒の茶店が営業中でしたが、一段低いところに建っているのが「元祖金時茶屋」です。
この時期だとキノコ汁が名物らしいのですが今回はパス。
それよりもここの名物は何といっても富士山の展望でしょう。
「天下の秀峰 金時山」の大きな看板に恥じず、裾野からすくっと立ち上がった富士山の立派な山容が見事でした。パチパチパチ!

    富士山の大展望はさすがです。
Hakone05

富士山の大展望もさることながら、箱根火山のカルデラ地形を眺めるのも良いものです。
外輪山である長尾山や丸岳、中央火口丘の駒ヶ岳、神山、カルデラ湖の芦ノ湖など役者が揃っていて見る者を飽きさせません。

あとで調べてみて知ったのですが、箱根のシンボルである芦ノ湖はわずか3000年前に誕生したのだとか。
比較的新しい時代まで活発な火山活動を繰り返してきたのですね。

金時山でゆっくりした後は、外輪山の縦走ハイキングに出発です。
ここから湖尻までゆるやかな登り返しの道を辿りました。
雄大なカルデラ地形や雪を戴いた富士山を眺めながらの尾根歩きになります。
特に箱庭のような箱根のカルデラ内の景色はミニチュア模型をみるようで楽しいですね。

    箱庭のようなカルデラ地形は興味が尽きません
Hakone14

やがて樹林に囲まれた尾根筋を辿るようになり、富士山の展望は利かなくなりますが所々に紅葉した樹々も現れるようになり飽きることはありません。

    色づき始めた稜線景色(背景は金時山です。)
Hakone11

ピークを二つほど越えると乙女峠に到着しました。
休憩用のベンチや展望台などもあり、休むに適した場所ですが展望はイマイチといったところ。

    乙女峠にて。
Hakone09

乙女峠からは再び大きく登り返して電波塔のある丸岳に向かいます。
両側はハコネダケと呼ばれる背の高い笹に覆われて展望はありません。ただ歩くのみ。
着いた山頂は明るく開けていて、少し進むと芦ノ湖や外輪山の景色が雄大に眺められます。
のびやかな景観に、見ていて本当に癒されます。

    のびやかな稜線歩きは本当に楽しいですね
Hakone13

丸岳を越えてどんどん下って行き、着いたところが長尾峠。この峠も先の乙女峠同様に峠の下にはトンネルが通過しています。
最初の予定では、長尾峠から今宵の宿がある仙石原に下りるつもりでしたが、まだ陽も高いのでもう少し先まで歩いてみることにしました。

芦ノ湖スカイラインの車道と重なり合うように上り下りを繰り返し、富士見ヶ丘公園と呼ばれる芝生の園地に到着しました。
名前のとおり富士の絶景が見られる場所のようですが、あいにく富士山は雲に隠れていてその勇姿を見ることはできませんでしたが、金時山から越えてきたピークの数々を眺め渡すことができ、しばし足を休めることとしました。

    芦ノ湖が近づいてきました
Hakone16

ここからは湖尻峠までは歩かずに、そのまま湖尻まで下ることにしました。
久しぶりのハイキングで膝がと太股に痛みが出てしまいましたが、5時間弱の充実したハイキングを楽しむことができました。

    銀の波のような仙石原のススキ原
Hakone17

夕方、宿に荷を解き、目の前にひろがる仙石原のススキ野を散策しましたが、逆光をあびたススキの穂が銀色に輝く様はなかなか感動的です。
山登りに夢中だった頃は、箱根なんか眼中になかったものですが、こうして実際に歩いてみると味わい深い景勝地だなあと改めて感じました。

| | Comments (0)

2012.10.21

九十九里浜から睦沢・長南方面をゆっくりライドで

Tyousei01

走ったコースとプロフィールマップを表示する

今週は仕事が忙しくて、週末に輪行で峠に出かける気力が出てきません。
紅葉が最盛期を迎えようとしているのに、あー、もったいない。
というわけで、今回久しぶりにお気軽クラブのツーリングに参加してきました。

朝7時30分、稲岸公園を出発して一路九十九里浜をめざしました。
支川都川のCRも久しぶり。
外房有料も久しぶりに走ります。
外房有料は走りやすくて良いですね。のびのびとストレスなく走ることができました。

本納を過ぎて、いつもの道を海岸まで走りました。
いつも立ち寄る南白亀(なばき)川の河口へは寄らずに、少し南の中里海岸を訪れました。
ところが海岸へ出る直前、砂の吹きだまりに車輪をとられてあえなく落車。
情けねー。

    秋の海辺はサーファー達のパラダイス?
Tyousei02

秋の九十九里浜は空気も海も澄んでいるので、海岸に立っているだけで気持ちいいです。
サーファー達も気持ちよさげに波と戯れていました。

しばらく海岸沿いを走っていくと、やがて一松(ひとつまつ)海岸の青のり養殖地に到着しました。
初めて訪れた時は、外房に海苔の養殖地があることが不思議でなりませんでした。

   一松海岸・青海苔の養殖地に着きました
Tyousei03

    青海苔の生産はこれから本格化するそうです
Tyousei04

いろいろとネットで調べてみたら、当地の青のりは、生産者が手摘みによって摘まれた天然の青のりのため、天候等による環境変化に大きく左右されるため、たいへん希少価値が高く高級海苔となっているとか。
ここ数年は天候不順で、出来も少なくて大変高価らしいです。
昔、お正月のお雑煮にのせた「はばのり」なんかもここのは美味しいらしいですよ。
養殖はこれからが本番とか。

   時代劇に登場しそうな木橋が架けられていました
Tyousei05

さて、ここまで順調に走ってきたため、昼食場所の洋食屋カレントさんには開店30分以上も前に着いてしまいました。
広々としたお庭のテーブル・チェアをお借りしておしゃべりタイムを楽しみました。

    ゾウさんのマスコットが迎えてくれる洋食屋カレントさん
Tyousei09

そして、待望の11時。開店です。
予約していたお昼のランチに舌鼓をうちました。

私は今日で3度目ですが、目にもあざやかな新鮮野菜が売りのプチレストランです。
サラダはシャキシャキッと音がするような新鮮さ。ドレッシングの味付けも控えめで野菜本来のもつ香りや味を引き立ててくれます。

    しゃきしゃきパリパリの新船サラダ
Tyousei06

メインディッシュのお肉も魚も申し分なし。
やわらかく煮込まれた仔牛の肉。皮がカラッと揚がった地元産鱸のポワレ。いやー、美味い!
でも、なんといっても付け合わせの温野菜が私にとっては最高のご馳走です。
このお店の野菜はどこで仕入れているんだろう?

    お魚もお肉もベリーデリシャスでした
Tyousei07

    食後のデザートは黒ごまのムースと紅茶
Tyousei08

デザートと紅茶で至福のひとときを満喫したら、さあ出発です。
帰路はよくわかんないけど、ちょっと大回りに稲毛をめざしました。

一ノ宮川右岸に付けられたサイクリングロードをたどり、県道148号を進みました。
途中、長南町の長福寿寺を右に見て、県道147号から県道13号を走り継ぎながら進みました。
このあたり、車の通りも少なくて走りやすい道が続きます。

    車の通りの少ない道を選んで走りました
Tyousei10

やがて小湊鉄道を横断し、しばらくで養老川沿いの道を千葉方面に向けて走りました。

館山道の側道に出たら、そのまま千葉方面にむけてどこまでも走ります。
この道は路肩も広くて走りやすいのですが、いささか単調なのが玉に瑕。いいかげん飽きてきたころ、ようやく国道357号に合流。浜野のコンビニで解散となりました。

【感想】
今日は9名の参加でした。
このところソロで峠道を中心に走っていたので、チームでの平坦ロードは久しぶりでした。
やっぱり仲間と走るのは楽しいですね。気分的に楽だし、自転車にまつわる有益な情報も入手できます。
そして何といってもお昼ご飯がメッチャ楽しいです。(笑)
仕事のストレスを忘れて日長一日仲間との楽しい語らいで過ごす一日の何と貴重なことか。

| | Comments (0)

2012.10.14

日本ロマンチック街道(日光~沼田編)

Nikkou10

走ったコースとプロフィールマップを表示する

「日本ロマンチック街道」
何となく旅情をそそるネーミングの道です。

長野県上田市より、片品村を経由して、栃木県日光市までの全長320kmの街道を「日本ロマンチック街道」って呼んでいるらしいのですが、もちろん本場ドイツの「ロマンチック街道」を念頭においたネーミングなんでしょうね。

ということで、今回走ったコースは、「日本ロマンチック街道」の中の日光~沼田間の100km弱です。
街道中で比較的走りやすい、というかアラ還Nobでも楽しめるコースを走ってきました。
折しもコース沿いは紅葉シーズンに突入。そのあたりの様子も気になるところです。

東武日光駅には8時26分に到着しました。
2両しかない日光行きの車内には輪行組が予想以上に多くいました。
「え、こんなにたくさんいるの?」って感じです。こういう時に前輪しか外さないかさばる輪行袋の所持者は他の乗客から冷たい視線を浴びていましたが、前後輪を外して縦置きコンパクトタイプの私の場合でも何となく申し訳ない気持ちにさせられました。
早く着かないかなあ、って気分です。

駅に降り立ちさっそく自転車を組み立てていざ出発。
山屋時代には東武日光駅は何度も利用しましたが、東照宮の参道を自転車で走るのは初めてです。何となく感動します。

    参道の通りから見た大真名子山
Nikkou01

緩やかな上りの参道をゆっくりペースで走ります。
朱塗りの国宝「神橋」を左に見て、国道120号線をいろは坂目指して進みました。
東照宮を過ぎてお店が途切れてくるあたりにあるコンビニに立ち寄り、補給をしました。
この先、おそらく片品村あたりまでコンビニは無いと思ったのですが、これが大正解で、本当に片品村に着くまでコンビニはありませんでした。

    神橋を左に見ながら走ります
Nikkou02

    コンビニが2軒並んでいるので、ここで補給しましょう
Nikkou03

「馬返し」を過ぎればいよいよ第二いろは坂の上りに入ります。
事前に見ておいたコースプロフィールで勾配の具合はわかっていましたが、上りはじめは予想外にきつく感じました。
前半は8%前後の結構きつい坂が続き、コース後半は徐々にゆるやかになっていきました。

標高1,173mの黒髪平展望台で周囲の展望を楽しみましたが、女峰山から男体山にかけての日光表連山や関東平野の眺めが抜群です。

    黒髪平展望台から眺める日光表連山
Nikkou04

    だいぶ上ってきたのがわかります
Nikkou05

第二いろは坂の上りも黒髪平までで、さらに走るとすぐに明智平に到着しました。
このままトンネルをくぐって出たところが中禅寺湖畔。
太陽の光をたっぷりと浴びて湖面がキラキラ輝いていました。

    中禅寺湖畔にて一休み    
Nikkou19

この先、しばらくは湖畔沿いに走るので快適に飛ばせます。
左手はずっと湖畔が続きますが、あいにく紅葉はまだまだでした。

菖蒲が浜を過ぎるとすぐに竜頭の滝。
観光客でごった返す中をとりあえず滝の正面まで行ってパチリ。
ここも紅葉はイマイチかな?

    竜頭の滝の紅葉(最盛期は2,3日先?)
Nikkou07

ここから先、戦場ヶ原までは緩やかな上りが続きます。
途中、竜頭の滝の上部を横断する箇所があり、滝を上から下に眺めたら・・
オオー! 紅葉の絶景が広がっていました。
逆光にきらめく水面と両岸の紅葉が何とも素晴らしく、本日一番の景色でした。
道路沿いの岳樺も黄色に染まり始めており、奥日光の紅葉は来週辺りが見頃なのかあ、と感じました。

    本日一番の紅葉が楽しめました(竜頭の滝上にて)
Nikkou08

やがて、戦場ヶ原に到着すると風景は一変します。
周囲は大きく開けて、男体山、太郎山をはじめ奥白根山も顔を見せてくれました。
戦場ヶ原の紅葉も高原が褐色に染まり、なかなかシブイ景観を醸し出してくれています。

    戦場ヶ原を快適に走り抜けました
Nikkou09

    戦場ヶ原は完全に秋の装い
Nikkou11

でも、風もあって寒いなあ。
気温はたぶん12,13度C前後だったと思います。
時間があれば、光徳牧場で濃厚ミルクかアイスクリームを食べるところですが、先もまだあるので今回はパスして金精峠を目指します。

    湯ノ湖畔を左に見ながら、正面に見える金精峠に向かいます
Nikkou12

湯滝を過ぎ、湯ノ湖畔を左に見るようになると金精道路の入口に到着。
いよいよ本日のメインイベント、金精峠ヒルクライムの始まりです。
って、そんなに傾斜は強くない筈なのですが、今日は風が強いです。しかも北西風で冷たい向かい風ときてます。

    五色山が近づいてきました
Nikkou13

    さすがにこの辺りまで上がると紅葉が見事です
Nikkou14

結構こたえる上りが続きました。
峠のトンネルまでは短いようでなかなか近づかない。うーん、甘くないなあ。
高度を上げるほどに眼下に光る湯ノ湖や男体山の眺めが広がり、上りの辛さを慰めてくれました。

    金精峠近くから眺めた湯ノ湖と男体山
Nikkou15

ようやく着いた峠のトンネル。
ここまで日光駅から約2時間40分かかりました。なんとか午前中に通過できましたが、これからの季節、遅くなると寒いよー。

    金精峠のトンネルに着きました
Nikkou16

さて、トンネルの中はまさかの上り勾配、加えて冷たい向かい風。800m足らずの距離ですが結構泣きが入りました。

そして、トンネルの向こう側(群馬県側)も寒かったです。
ここで、一息入れてウィンドブレーカーを着込めば良いものを、オジサンのカラ元気でそのままダウンヒルに突入したのが本日の最大の過ちでした。

寒いーーーー!
気を取り直してすぐに着込めば良いものをそのままの格好でずーっと下ってしまいました。
上下の歯がかみ合わないほどの寒さに参りました。

    下り着いた菅沼にて(ここで着込めば良かったです)
Nikkou17

かなり下ったところにある丸沼高原でウィンドブレーカーを羽織りましたが時すでに遅し。
なんか風邪引いちゃったみたいです。(泣)

下りはなおも続きます。
全身の寒さも堪えますが、問題は何も動かしていない脚です。
膝とかかなり冷えてしまい、時折現れる上り返しの時に痛みが出てしまいました。

金精峠からざっと35kmほどのダウンヒル。
そして、いよいよ現れた本格的な上り返し。
ロマンチック街道を走り抜けた先人達の多くが涙を流したという?あの椎坂峠の上り返しです。

コースプロフィールを見てもらえばわかりますが、金精峠に比べればどーってことない峠の上り返しに見えます。私もそう思いました。
ところが、いざ走って見ると・・・
これが意外と長いのです。
さらに、長いダウンヒルの後で体が冷え切っているものですから、脚も回らないし心拍も上がらない。
正直言って、金精峠よりも数倍疲れる感じがしました。

なんとかたどり着いた椎坂峠。
ここからは溜まりに溜まった我慢のエネルギーを一気に吐き出すように豪快なダウンヒルを楽しませてもらいました。
後は下りの勢いで沼田駅までまっしぐら。
途中、地元名産の舞茸蕎麦をいただいて14時過ぎには無事に駅に到着しました。

    ようやく沼田駅が見えてきました(ミニチュア模型風に撮影)
Nikkou18

【感想】
いつかは走りたいと思っていた「日本ロマンチック街道」です。
今回その3分の一ほどの区間を走ることができました。
若い人なら一日で走り抜ける人も多いと思いますが、われらアラ還世代は無理をしないで2日か3日に分けて走るのが楽しいと感じました。
次回は沼田から草津、志賀高原の区間を新緑の季節に走ってみたいものです。

| | Comments (6)

2012.10.07

道志みちを走る

Doushi01

走ったコースとプロフィールマップを表示する

山々に囲まれた道で、17時までに帰宅できるようなコスパの良いサイクリングコースないかなあ、と物色していたら目にとまったのが「道志みち」(国道413号)です。

山登りをやっていた頃に訪れたことのある道志川沿いの道。
若い頃だったからもう何十年も前になりますか。
西丹沢からの下山路や道志山塊の登山口にもなっていて、ハイカーや釣り人には馴染みの街道でした。
昔は相当鄙びた感じだったけど、今はどうなんだろう?

ということで、相模湖駅がスタート地点です。
今日は雲が多いもののなんとか一日もってくれそうです。

駅前にはコンビニはないので、相模湖畔に下ったところにある「サークルK」で補給して、いざ出発しました。
ところが・・・
あれ! やばい! ツール缶忘れた!
ヤバイなんてもんじゃありませんよ。
ツール缶の中には替チューブやCO2ボンベ、タイヤレバー、携帯工具などが満載されています。
それが無い! 忘れちゃった!
途中でパンクがあったら万事休すです。

悩みに悩んだけど、「たぶんパンクもマシントラブルも起きないだろう」という楽観的かつ希望的予測にもとづいて出発することに決定しました。
ソロで出かけてるんだから本当はまずいですよねえ。

さて、コースプロフィールを見てもらえばわかりますが、「道志みち」は津久井から山伏峠まで徐々に高度を上げて行きます。
勾配は強くないけど、長い道のりをジワジワと上っていきます。

今日の装いは、フラペにスニーカー、ズボンは3/4丈のニッカーズボンのお気軽スタイルです。
幸い、今日は涼しいので背中にザックを背負っていても汗をほとんどかきません。

    お笑いの看板。この先、どんどん標高が上がっていくのに・・
Doushi03

道志川沿いの道は広くて舗装も良く、走りやすいです。
前方には西丹沢の主峰である大室山が意外なほど高くそびえていました。
もう20年以上前になりますが、2月の大室山で深雪のラッセルに苦しめられ、途中撤退の苦い思い出のある山です。いつかリベンジしなくては。
道志みちの左手は西(裏)丹沢、右手は道志山塊です。
どの山にも思い出がたくさん詰まっています。

    この橋を渡った先にコンビニがあるので補給は忘れずに
Doushi02

道は広くて走りやすいのですが、コンビニはかなり少ないです。
山伏峠までの間でセブンイレブンが1軒あるだけでした。奥の方にデイリーヤマザキがあったけど、あんまり期待できそうもない雰囲気でした。
貴重なコンビニではぜひ補給を忘れないで下さいね。

    立派な大室山の姿は道志みちのシンボルです
Doushi04

奥に進むほどに徐々に勾配もきつくなってきます。
道志川渓谷も徐々に深くなっていきます。
途中、吊り橋があったので下りて記念撮影しました。
吊り橋って、私も経験ありますがメンテが結構大変なんです。メーカーも少ないし。

    吊り橋があったので記念撮影をしました
Doushi05

道志川沿いのわずかな田んぼでは今が稲刈りの最盛期でした。
私が住む千葉とは1ヶ月近く時期が遅いです。
でも、ほとんど天日干しにしているので、多分美味しいだろうなあ。

    道志川沿いの稲刈りは今が最盛期でした。
Doushi08

    昔お世話になった「道志館」は今も健在でした
Doushi06

そうこうしているうちに、「道の駅どうし」に到着。
名物の豚串が食べたかったけど、ものすごい人だかりに恐れをなしてそのまま通過しました。

道の駅を過ぎれば、いよいよ山伏峠の上りに入ります。
先週に赤城山のヒルクライムレースに出ているので、この程度の勾配は楽勝です。
って、油断していたら、またやっちゃいました。
フロントのアウターからインナーにチェンジする際に「ガチャッ!!」と大きな異音とともにFDが故障です。
大ギアと小ギアの切り替えが出来なくなってしまいました。
またかよぉ。

    この少し先でFDのトラブル発生
Doushi09

とりあえず小ギア固定で山伏峠を越えました。
予想どおり勾配は大したことなくあっさり峠下のトンネルを通過。そのまま山中湖に下りました。
下りはほんの少しだけです。豪快なダウンヒルを期待する向きにはがっかりの下りですよ。

    山伏峠のトンネルまで上がってきました
Doushi10

さて、下り着いた山中湖畔でフロントを小ギアから大ギアに手で交換です。(情けない!)
帰ったらFD交換だなあ。また出費が・・・
それにしても、どうしてFDばかりが壊れるんだろう?
普通にギアチェンジしているつもりなのに。

さて、山中湖北岸のサイクリングロードは所々舗装のクラックが気になったものの、おおむね快適でした。
でも、お目当ての富士山はあいにく雲の中。残念!

    山中湖北岸のサイクリングロードを走りました
Doushi11

山中湖から離れて今度は国道138号を河口湖に向かいます。
途中、「吉田うどん」の幟があったので立ち寄ってみました。
「ふもとや」さんといううどん屋さんです。
メニューを見て、あまりの安さに驚きました。肉うどんが450円なんですから。
店内は満員で行列もできています。この安さならわかります。

    「ふもとや」さんの肉うどん(450円)    
Doushi12

出てきた肉うどんも美味しかった。
腰の強いうどんが特徴の吉田うどんですが、手打ちでほどほどの固さでした。

食後は河口湖めざして走りますが、渋滞に巻き込まれて思うようには進みません。
3連休の初日ということも影響しているのかな?

    今にも雨が降りだしそうな河口湖畔
Doushi13

ようやく着いた河口湖ですが、今にも降り出しそうな雲行きに湖畔一周はあきらめて、河口湖大橋で戻ることに。
このあとは、国道139号沿いに大月まで下り基調の楽ちんライドを楽しみながら富士急線沿いに走り続けて無事にゴール。
予定どおり17時には帰宅することができました。

【感想】
ツール缶を忘れてきたり、途中でFDが故障したりと、今思えば冷や冷やのツーリングでした。
ソロのツーリングの際はすべてが自己責任で解決しなければいけないので、装備の不備ではゼッタイに走っては行けませんね。
大いに反省しています。

    昔ながらの鄙びた雰囲気が濃厚な道志の里
Doushi07

道志みちは昔ながらの鄙びた感じが今も残されていました。
次回は、箱根方面から走り始めて逆コースで辿ってみたいものです。

| | Comments (6)

« September 2012 | Main | November 2012 »