« 走行中のマシントラブルに泣きました | Main | まえばし赤城山ヒルクライム 2012 »

2012.09.22

鹿野山 三坂三様

Kanouzan3saka07

走ったコースとプロフィールマップを表示する

最初は鹿野山じゃなくて赤城山に行く予定だったのですが・・・
前夜の飲み会と当日のお天気の不安定さからあっさりコース変更です。
ソロの気安さとも言えますが、やっぱり根性がないなあ。

まあ、罰ゲームという訳ではありませんが、赤城山で上る予定だった標高差と同じくらいの上りを体験するために異なる登山口から3回上っちゃいました。(笑)

結論:予想どおり疲れました。

    マイナー感たっぷりの福岡口
Kanouzan3saka01

最初の上りは福岡口です。
三坂の中では一番マイナーな道でした。
道幅も狭いし、路面も荒れ気味です。でも、車の通行が少ないので自転車では走りやすいですね。
それに勾配も急ではないので、最初の上りには適しています。

    道幅も狭いし、路面もやや荒れていました
Kanouzan3saka02

まだ走り始めで元気なので結構余裕で九十九谷公園に到着しました。
この公園は展望も良くてゆっくり休めるので大好きな休憩スポットの一つです。
家族連れで賑わっていました。

    九十九谷公園は最高の休憩スポット
Kanouzan3saka04

休んだ後は、マザー牧場を経て更和口めざして下ります。
今日は今にも降り出しそうな空模様。そのせいか牧場の人出もイマイチ。
紅葉にも早いし、一番閑散としている時期なのかもしれません。

    マザー牧場のゆるやかな上り
Kanouzan3saka03

鬼泪山の採掘跡を右手に見ながらあっという間に更和に到着。
ここを左折して鹿野山南面の山麓を上り気味に走ります。結構しんどい上りもあるのでマイペースで行きましょう。

で、到着したのが秋元郵便局です。
いよいよ秋元口の上りが始まります。平均勾配8.5%程ですが、急な部分は12~14%はあるのでまったく気が抜けません。

この坂だけはタイムを計ります。
前回は自己最高の17分36秒でしたが、さて今回は?

上り始めてすぐに13%前後の激坂が始まります。
ありゃあ、ぜんぜん脚が回らない!
今日は重いなあ。

    秋元口にて(中間の緩斜面区間から頂上を望む)
Kanouzan3saka09

早くもハァ!ゼェ!ハァ!ゼェ!の繰り返しです。心拍は一気に170アップ。
タイムトライアルを早くも後悔しました。
急坂区間では蛇行上りです。
下から車が上がってくるたびに慌てて左に寄せましたが、本当に疲れたなあ。

    新日鐵の保養所前。(ここから最後の急坂が待っています)
Kanouzan3saka08

都合3回の蛇行上りを繰り返して、ようやく新日鐵保養所を通過。最後の急坂が立ちはだかりました。
最後はもがきながら倒れ込むようにして九十九谷公園にゴール!
結果は?
17分32秒でした。

意外にも前回とほぼ同タイムだったのに驚きました。
今回の方がずっと辛かった。
目標の15分台突入はやっぱり無理かなあ・・・。

公園でゆっくり休息した後は、最初の福岡口を下り、途中から宝竜寺口を目指しました。
途中未舗装の荒れた箇所もありましたが、なんとかクリアして館山道をくぐれば宝竜寺口の広い車道に合流します。

この道は観光バスなども上がってくるので、三坂のなかでは一番走りやすい道です。
慣れた道なのでペースも作りやすいです。
いわゆるリズミカルなピッチで楽しく上ることができました。

    宝竜寺からの上りは広くて走りやすい道です
Kanouzan3saka06

問題は、マザー牧場への道に合流してからの上り。
ゴールの九十九谷公園までは意外と急な勾配が続いて、マジで疲れました。

こうして三つの坂を自転車でたどってみると、それぞれに個性があって面白いですね。
ヒルクライムの練習なら宝竜寺口が走りやすくて良いです。
ドMの喘ぎを体感するならもちろん秋元口。
静かな鹿野山の上りを楽しむなら、福岡口がお勧めです。

さて、ここまでの獲得標高は1,172m。まだ赤城山にはぜんぜん足りません。
一旦下って、465号と410号をつなげて久留里方面に行ってみることにしました。

    渇水で湖面が低い三島ダム
Kanouzan3saka10

途中立ち寄った三島ダムは渇水で湖面ははるか下。
湖面が痩せてしまって豊かな水面の表情が見られなかったのが残念。

410号線をなおも進み、県道93号に出たら久留里方面にちょこっと行くと、今日の昼食場所である久留里焼きそば恭屋さんに到着。

    高原のロッジ風の焼きそば屋さん
Kanouzan3saka12

元祖久留里焼きそば中盛りに名古屋コーチンの目玉焼きをトッピングしていただきました。
麺は腰が強くて、ソースもほどよく絡んでいてうまいっす。

    元祖久留里焼きそば(名古屋コーチンの目玉焼きはオプション)
Kanouzan3saka11

そして、食後のデザートは・・・
県道93号名物の急坂。名付けて「大江戸温泉物語の急坂」です。
焼きそばで元気を盛り返したおかげで余裕でクリア。
本日の獲得標高は1,700m超。赤城山とほぼ同じだけの上りを楽しむことができました。

|

« 走行中のマシントラブルに泣きました | Main | まえばし赤城山ヒルクライム 2012 »

Comments

Nobさん、おひさしぶりです。
鹿野山お疲れ様でした。

本当は赤城山に行かれる予定だったのですか
実は自分もだいぶ前に矢木沢ダムを朝出発して赤城山を目指したのですが、アップダウンの連続で、大沼に着いた時は疲労困憊、目の前に赤城山が聳えているのに無念の下山をしてしまった経験があるので、今度は沼田あたりから登って、赤城山に登頂しようと計画し続けながらまだ実現していません(柄にもなく100名山ハンターなのです)。
今度、機会があったらぜひご一緒させてください。

Posted by: vibram | 2012.09.22 10:29 PM

vibramさん こんにちは

遅ればせながらロッキー山脈自転車横断おめでとうございます。
相変わらず、私など足下にも及ばぬご活躍にただただ驚嘆しております。

コメントなどを拝見していると、ふたたび海外の登山をやられるのですか?
私よりも年上のvibramさんの行動力にはいつも驚かされます。

最近、100名山を自転車(MTB)を使って挑戦している人の記事を見ました。
vibramさんも十分に可能性ありますね。

じつは私も、来年あたりから登山に復帰しようかともくろんでおります。
(といっても、クライミングは無理なので、縦走とハイキングですが・・)
自転車にも少しずつ登山の要素を組み合わせればと模索しているのですが、そっちの方はなかなか実現しません。

「wandering」楽しみにしてますよー。

Posted by: Nob | 2012.09.23 08:01 AM

What are the finest internet sites plus blogs and forums dedicated in analyzing plus document?

Posted by: second life linden | 2012.09.23 09:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 走行中のマシントラブルに泣きました | Main | まえばし赤城山ヒルクライム 2012 »