« August 2012 | Main | October 2012 »

2012.09.30

まえばし赤城山ヒルクライム 2012

    大会前日の赤城山と受付会場のグリーンドーム(左手)
0930akagi01

今回で第2回目となる「まえばし赤城山ヒルクライム」に参加してきました。

いつも同じ感想ですいませんが、今回も本当に疲れました。

上っている途中で「オレは何でこんなに辛くて苦しいことやってるんだろう?」と自問しながらのレース。
もうヒルクライムレースはおなか一杯って感じです。

赤城山のヒルクライムレースで昨年も感じたことですが、今年も沿道には市民の皆さんがたくさん旗を振って応援してくれました。
心温まる声援にどれだけ励まされたことか。
これだけは他のレースではお目にかかれない(たぶん)素晴らしい贈り物だと思いました。

さて、肝心のレース模様です。
私が参加するカテゴリーは男子E。これは60歳以上で上は青天井のクラスです。
最高齢は78歳。61歳のNobなどぺーぺーの下っ端です。

スタートは7時40分。
最初のエリートクラスがスタートしてから40分後。いささか待ちくたびれました。
歳を重ねるとトイレが近くなるので、あんまり待たされるとまた行きたくなるんですよねー。困ったもんです。

    まえばし赤城山ヒルクライムのスタート地点です。
0930akagi04

周りはオジサンばかりなのでスピードはそれほど出さないので安心です。
昨年の第1回大会では、年齢バラバラ先着順のスタートだったので、危なっかしかったのですが、今回は改善されました。

500mほどのパレード区間をおいて上細井交差点から計測スタートです。
前半は傾斜もゆるくハイペースで進みます。
赤い大鳥居までの平均勾配は3.8%。Eクラスのオジサン連中でさえ1km3分(20km/h)以上のペースで走ります。

大鳥居までの3.3kmを9分10秒で通過。昨年よりも40秒速いペースです。
続いて5.6km地点にある畜産試験場までが17分11秒。いいぞ!昨年よりも1分速い!

だいたい10km地点位までが緩斜面です。前半の10kmを34分36秒で通過しました。
依然として昨年よりも1分ほど速いペースですが、やっぱり疲れがきました。

一月前の乗鞍では心拍モニタの電池切れでしたが、今回の赤城ではモニタそのものを玄関に忘れてきちゃいました。
またまた今回もケイデンス頼りで走ります。
ただ、昨年の走行時間データをフレームに貼り付けてあるので、ペース配分の助けになってくれました。

さて、後半の10kmに入ると徐々に勾配が強くなってきます。
そして12.5kmあたりからカーブが始まります。カーブはゴールまで全部で69箇所。
特に前半の方が勾配が強いので相当消耗しました。

すでに集団は完全にばらけてしまい、速い人もいれば悪戦苦闘している人もたくさんいます。
私も、カーブの中間あたりから徐々に遅れ始めました。
つい気弱になってしまい、遅い人の後ろに付いて楽をしていたら、速く走ろうという意欲がなくなってしまったのが原因です。

まずいなあ。これじゃいかんぞ。
と思っていたら、私ら爺さんクラス(男子E)よりもさらに5分遅れでスタートした女子の若手が、私の横をスーッと追い抜いていきました。
くやしーー!
しかし、歳がちがう。とても付いていけないとは思いつつ、ついていきました。
一度は抜き返したものの、あっさりと躱された後はとうとう視界から見えなくなってしまいました。

おかげで再びやる気が少しだけ出たので、もう少しだけ頑張ってみることに。
15km地点にある姫百合休憩所から上がきつかったです。
17~18km地点では前半の貯金がなくなり、昨年とイーブンペースになってしまいました。

カモシカカーブと呼ばれるワインディングロードを黙々と上り続け、いよいよ最後の1km付近になると勾配が明らかに緩くなりました。
今思えば、ここでもう少し頑張るべきでした。もったいなかったなあ。

そして最後の400m。
全力で走ったつもりでしたが、慌てていたのかリア25Tのままでした。
下手にギアチェンジして、2週間前のFDトラブルの再来もいやだったのでそのままペダルをコマネズミ状態で回し続けてゴーーーール!

    誰もがあこがれるゴールラインです
0930akagi03

いやはや、最後の1kmに悔いの残る赤城山ヒルクライムでした。
結果は、88分19秒。
前回タイム(88分42秒)を辛うじて縮めることができましたが、誤差の範囲でしょうね。
もうちょっと努力すれば87分台をゲットできただけに悔いの残るタイムでした。

【感想】
今年はがんばってヒルクライムレースを3つエントリーしました。
6月のMt.富士、8月の乗鞍、そして9月の赤城山です。
そして、3つのレース全てで90分切りを目標にしました。
残念ながら、Mt.富士は身内の入院などが重なってDNSでしたが、他の2つは何とか目標をクリアできました。

来年はレース参加よりも、グランフォンドのようなタイムを競わない山岳イベントに参加してみたいと思っています。
そして、軸足を少しだけ「山登り」の方に戻してみようとも思っています。

    来年の5月には榛名山でもヒルクライム大会が開催されるとか・・
0930akagi02

あ、赤城山ヒルクライムの感想を忘れてました!
今回も運営が素晴らしかったです。
早朝、会場に向かうため走り始めたところ、辻辻にスタッフ(警官?)の方が交通規制をしてくれていました。それこそ50m間隔でスタッフが立っている感じです。まだほとんど車なんか走っていない時間帯なのにですよ。
うーん、市街地を会場にする大会の苦労の一端を垣間見る思いでした。

でも、スタッフの皆さんはとても感じが良い!
そして、沿道の市民の皆さんのあたたかい応援と歓声・・。
大会を無事に成功させたいという気持ちが全身に表れていてわれわれ参加者も頭が下がる思いです。
来年、もし一つだけヒルクライムレースに出るとしたら、迷うことなく赤城山を選びます。

| | Comments (8)

2012.09.22

鹿野山 三坂三様

Kanouzan3saka07

走ったコースとプロフィールマップを表示する

最初は鹿野山じゃなくて赤城山に行く予定だったのですが・・・
前夜の飲み会と当日のお天気の不安定さからあっさりコース変更です。
ソロの気安さとも言えますが、やっぱり根性がないなあ。

まあ、罰ゲームという訳ではありませんが、赤城山で上る予定だった標高差と同じくらいの上りを体験するために異なる登山口から3回上っちゃいました。(笑)

結論:予想どおり疲れました。

    マイナー感たっぷりの福岡口
Kanouzan3saka01

最初の上りは福岡口です。
三坂の中では一番マイナーな道でした。
道幅も狭いし、路面も荒れ気味です。でも、車の通行が少ないので自転車では走りやすいですね。
それに勾配も急ではないので、最初の上りには適しています。

    道幅も狭いし、路面もやや荒れていました
Kanouzan3saka02

まだ走り始めで元気なので結構余裕で九十九谷公園に到着しました。
この公園は展望も良くてゆっくり休めるので大好きな休憩スポットの一つです。
家族連れで賑わっていました。

    九十九谷公園は最高の休憩スポット
Kanouzan3saka04

休んだ後は、マザー牧場を経て更和口めざして下ります。
今日は今にも降り出しそうな空模様。そのせいか牧場の人出もイマイチ。
紅葉にも早いし、一番閑散としている時期なのかもしれません。

    マザー牧場のゆるやかな上り
Kanouzan3saka03

鬼泪山の採掘跡を右手に見ながらあっという間に更和に到着。
ここを左折して鹿野山南面の山麓を上り気味に走ります。結構しんどい上りもあるのでマイペースで行きましょう。

で、到着したのが秋元郵便局です。
いよいよ秋元口の上りが始まります。平均勾配8.5%程ですが、急な部分は12~14%はあるのでまったく気が抜けません。

この坂だけはタイムを計ります。
前回は自己最高の17分36秒でしたが、さて今回は?

上り始めてすぐに13%前後の激坂が始まります。
ありゃあ、ぜんぜん脚が回らない!
今日は重いなあ。

    秋元口にて(中間の緩斜面区間から頂上を望む)
Kanouzan3saka09

早くもハァ!ゼェ!ハァ!ゼェ!の繰り返しです。心拍は一気に170アップ。
タイムトライアルを早くも後悔しました。
急坂区間では蛇行上りです。
下から車が上がってくるたびに慌てて左に寄せましたが、本当に疲れたなあ。

    新日鐵の保養所前。(ここから最後の急坂が待っています)
Kanouzan3saka08

都合3回の蛇行上りを繰り返して、ようやく新日鐵保養所を通過。最後の急坂が立ちはだかりました。
最後はもがきながら倒れ込むようにして九十九谷公園にゴール!
結果は?
17分32秒でした。

意外にも前回とほぼ同タイムだったのに驚きました。
今回の方がずっと辛かった。
目標の15分台突入はやっぱり無理かなあ・・・。

公園でゆっくり休息した後は、最初の福岡口を下り、途中から宝竜寺口を目指しました。
途中未舗装の荒れた箇所もありましたが、なんとかクリアして館山道をくぐれば宝竜寺口の広い車道に合流します。

この道は観光バスなども上がってくるので、三坂のなかでは一番走りやすい道です。
慣れた道なのでペースも作りやすいです。
いわゆるリズミカルなピッチで楽しく上ることができました。

    宝竜寺からの上りは広くて走りやすい道です
Kanouzan3saka06

問題は、マザー牧場への道に合流してからの上り。
ゴールの九十九谷公園までは意外と急な勾配が続いて、マジで疲れました。

こうして三つの坂を自転車でたどってみると、それぞれに個性があって面白いですね。
ヒルクライムの練習なら宝竜寺口が走りやすくて良いです。
ドMの喘ぎを体感するならもちろん秋元口。
静かな鹿野山の上りを楽しむなら、福岡口がお勧めです。

さて、ここまでの獲得標高は1,172m。まだ赤城山にはぜんぜん足りません。
一旦下って、465号と410号をつなげて久留里方面に行ってみることにしました。

    渇水で湖面が低い三島ダム
Kanouzan3saka10

途中立ち寄った三島ダムは渇水で湖面ははるか下。
湖面が痩せてしまって豊かな水面の表情が見られなかったのが残念。

410号線をなおも進み、県道93号に出たら久留里方面にちょこっと行くと、今日の昼食場所である久留里焼きそば恭屋さんに到着。

    高原のロッジ風の焼きそば屋さん
Kanouzan3saka12

元祖久留里焼きそば中盛りに名古屋コーチンの目玉焼きをトッピングしていただきました。
麺は腰が強くて、ソースもほどよく絡んでいてうまいっす。

    元祖久留里焼きそば(名古屋コーチンの目玉焼きはオプション)
Kanouzan3saka11

そして、食後のデザートは・・・
県道93号名物の急坂。名付けて「大江戸温泉物語の急坂」です。
焼きそばで元気を盛り返したおかげで余裕でクリア。
本日の獲得標高は1,700m超。赤城山とほぼ同じだけの上りを楽しむことができました。

| | Comments (3)

2012.09.19

走行中のマシントラブルに泣きました

なんだかブログにアップするには何とも情けない失敗談なので、どうかと思ったのですが、私と同じ失敗をしている人もいるようなので、やっぱ書きます。(笑)

----------------------------------
下り基調の快適ロード。
と、前方にちょっとした急な上り坂が見えてきました。
フロントのギアを変えるまでもなかったのですが、なぜか変えようとしました。
で、変える前に後ろのギアを1段重くしてから前をインナーに変えようとして、無意識のうちにペダルを踏み込んだら・・・

ガキッ!
チェーンとFDとがぶつかってすごい音が出て、そのすぐ後にチェーンが外れてしまいました。

あーあ、やっちまったよー。

幸い、休憩ポイントである道の駅のすぐ手前だったので、まずは道の駅に立ち寄り、名物の蕎麦ソフトクリームを食べて気持ちを落ち着かせてからメカを確認してみました。
うーむ、一見して外観上は何も問題なし。
でも、フロントの変速が何度やってもインナーに入りません。

    道の駅でトラブルチェックするも・・・
Iouno01

コースはここからが上り斜面です。
標高220m地点のここから標高差1240mほど駆け上がります。
インナー側に変速できなければ、貧脚・老脚のNobでは手も足も出ません。って、足だけか。出ないのは。

困ったなー。
そこで、困った時のMTKさん、ということで携帯でSOSしました。
幸い、MTKさん、すぐに出てくれました。

それからは、MTKさんの電話での指示にしたがって、あれこれ調整ネジを回したり、ワイヤーを緩めてみたりしましたが、どうしてもインナーに切り替わってくれません。

よくよく見てみると、FDの形状がすこし変形しています。
どうやら変速時に同時にペダルを踏み込んだのが災いしてFDが曲がってしまったのかも知れません。

そういえば、以前も同じような症状でFDを1個おシャカにした前科があります。
未熟な運転によるメカトラブルの典型ですね。
心配してくれているMTKさんにお礼を言い、いったん電話を切り、ヒルクライムはあきらめて帰路につきました。


トラブルの翌日、MTKさんのガレージを訪問。
実際に自転車を診てもらいました。

MTKさんの見立てでも、FDの変形による変速不良でした。
部品の交換しかありません。(そういえば、前回のトラブルの時も交換しました。)

    MTKさんのガレージです。ほとんどの工具は揃っています。
Iouno02

MTKさんに教えてもらいながらFDを交換してみるのも勉強になるかも?と思ったのですが、ご近所にメカトラの「達人」がいるとのことで、車に自転車を積んでMTKさんと一緒に「達人」のもとに相談に伺いました。

さすがは、メカニックの「達人」ですねー。
一目見て、トラブルの原因を見抜き、その場でFDを外して工具で何やら加工というか補正をしてくれました。
再び本体に取り付けてあっという間に調整を施して一丁あがり!

原因はどうやら、フロントの変速と同時にペダルにテンションをかけた時、何らかの外力が加わって、FDが外側に変形したようです。
で、この症状は結構あるみたいなのです。

さて、「達人」のすごいところは、FDを取り付けてあるマウントに鋭い目を走らせて、「そもそもFDの位置が上にずれていますね。この際適正な位置に戻しておきましょう。」と、買ってから一度も触ったことのない、FDの位置調整までしてくれたことです。
いやはや、大助かりでした。

世の中にはすごい人がいるものです。
と同時に、メカに対する基礎知識を持ち合わせていない己の不甲斐なさも浮き彫りなったトラブルでした。

山間部での走りが多いNobにとって、FD、RDの調整に加えて、ワイヤーの張り直し位は自力で出来ないとまずいよなあ、と思ってはいるのですが・・。
パソコンの組み立てなんかは好きで、3台ほど組んだことはあっても、やっぱり自転車は難しいよなあ。

| | Comments (2)

2012.09.09

第2回 宇都宮餃子ツアー 2012

120908_gyoza16

走ったコースとプロフィールマップを表示する

MTKさん、ポッキーさんからのお誘いがあり、「第2回 宇都宮餃子ツアー 2012」に参加してきました。
って、書くと国内屈指の大規模なイベントに見えますが、ごくごく内輪のツーリングです。(笑)

昨年の第1回にもお誘いを受けたのですが、あいにく所用で参加できませんでした。
今回はぜひとも餃子とビールを目標に150kmの道のりを走破すべく満を持しての参加と相成りました。

事前の天気予報がしょぼくて雨降り覚悟の出発でしたが、結果はオーライ!
ふたを開けてみれば、一日中お日様に恵まれたサイクリングとなりました。

集合場所である三角町のコンビニを出たのが7時半頃。
ちょっと遅めの出発でしたが、ま、何とかなるでしょう。

千葉県を出るまでのルートはわかったようなわからないような。
気がついたら県境の栄大橋まで来ていました。
例によってMTKさんやポッキーさんらの絶妙な道案内で車の通りの少ない道をチョイスしながら安全に運んでくれました。

こうしていつも道案内ばかりされているとぜんぜん道をおぼえませんねー。
まずい、と思いながらもいつも甘える側のNobであります。(あ、山では違いますよ!)

    ゆったりと走りやすい利根川左岸(茨城県側)のCR
120908_gyoza01

さて、利根川を越えれば対岸は茨城県。
しばらくは利根川CRの茨城県側を走ります。道幅も広くて気持ち良いですね。
今日のコースはほとんどが河川沿いのサイクリングロードを辿る予定だとか。
最近の自転車ブームを反映してか、河川堤防上の管理道路をサイクリング道路としてどんどんリニューアルしてくれています。

    小貝川のCRに入りました。最初は右岸を走ります。
120908_gyoza02

しばらく走ると右手(左岸側)に小貝川が合流。いったん渡ってから今度は小貝川右岸に付けられたCRを走ります。
小貝川のCRは長くて快適でした。何度か両岸を渡り返しながら北上していきます。
途中、珍しい沈下橋を見つけましたが、大洪水の記憶がある小貝川に沈下橋があるなんて知りませんでした。

    小貝川左岸を走っているときに見かけた沈下橋ですが、わかるかな?
120908_gyoza17

最初のうちは小さく見えていた筑波山が徐々にその姿を大きく変えてきます。
筑波山の頂上は双耳峰になっていますが、走るたびに山頂の形が変化していく様がなんとも興味深いです。
山麓の田んぼは今が稲刈りの最盛期。大型のコンバインが精力的にほ場を往復していました。

    だんだん筑波山が近づいてきました。
120908_gyoza04

    筑波山麓は今が稲刈りの最盛期のようでした。
120908_gyoza05

下妻駅にほど近い国道125号線沿いにあるラーメン屋さんで昼食休憩。
餃子の前にはやっぱりラーメンでしょう、と全員で汗だくになりながらラーメンを食します。
ここでinoさんが残念ながらリタイア。仕事の電話が入ったとか。
お気の毒だけど、仕事じゃ仕方ありません。お気をつけて!

5名に減ったツアー一行の走りは続きます。
しかし、雨の予報だったのに、お日様カンカンでホント暑いです。
おまけに、サイクリング道路は信号による停止がないので乗りっぱなしのためにお尻が痛くなります。これは意外でした。

    走るにつれて姿を変える筑波山です。
120908_gyoza06

長かった小貝川CRも終わりを告げる頃、プシュー!!
なんとMTKさんの後輪がパンクです。珍しいなあ。
さっそく全員が寄ってたかって原因調査。
チューブを確認してみると・・・「おおー!典型的なスネークバイトだ!」
まるで自転車のマニュアル本に出てくるような美しい蛇の咬み跡です。(笑)
どうやら、車の速度抑制のための金属ブロックにもろに乗り上げたのが原因のようです。

    MTKさんのパンク修理は珍しいです。
120908_gyoza07

    おおー!典型的な「スネークバイト」だ!
120908_gyoza08

    パンクの原因はこのブロックです。皆さん気をつけましょう!
120908_gyoza09

修理自体はあっという間に終わらせて、再びツアー再開。
小貝川を離れて、支流の五行川につけられたサイクリング道路に入りました。
川幅は狭くなりましたが、流れも速くなりせせらぎが心地よい川沿いの道が続きます。
このあたりは筑西市。筑波山の西側一帯に広がる街なんでしょうね。
たぶん「平成の大合併」以降に誕生した市だと思いますが、千葉県もそうですが昔の馴染みの名前が消えてしまって淋しい気持ちもします。

    川面のせせらぎが耳にやさしい五行川
120908_gyoza10

    心休まる川沿いの道がどこまでも続いていました
120908_gyoza11

県道44号線に出たところで進路を西に向けて、今度は鬼怒川を目指します。
千葉から茨城、栃木へと南北に走る河川のサイクリングロードを伝いながら東西に走る県道を連絡路として使うなんて、さすがはMTKさんです。

出会った鬼怒川左岸のCRをおよそ1kmほど辿って、今度は県道310号線に乗り換えました。
ここをしばらく走ったら、とうとう最後のCRである田川サイクリングロードにぶつかりました。
どこまでも田川に沿って北上すれば宇都宮市街に到着するという寸法です。
なるほどなあ。
いつもいつも感心しきりで事前に予習をしないNobなのでした。

    宇都宮市内を流れているとは思えないほど水は澄んでいました。
120908_gyoza12

田川サイクリングロードは正直、掘り出し物っていう感じの道でした。
舗装はあまり良くはありませんが、都市河川とは思えないほど澄んだ水が流れる田川沿いの道は心が和みます。
春の季節に走ったら気持ち良いでしょうね。
途中で立ち寄った公園の休憩施設では、管理人さんのご厚意で冷たい水の補給もできました。栃木の人は優しいです。

    田川サイクリングロードの案内図です。
120908_gyoza13

だんだん宇都宮市街のビル群が近づいてきたら今回のツアーの大詰めを迎えました。
市街の「平成通り」という大通りで田川を離れ、一路「さざなみ湯」へ。
着いた銭湯では汗まみれのレーパンやジャージを脱ぎ捨ててドボン。

    久しぶりに銭湯を経験させていただきました。
120908_gyoza14

お風呂上がりには待望の宇都宮餃子&ビールでカンパーイ!
ポッキーさんの顔がビールを飲む量に比例して溶けていく様を見るのが楽しかった。(笑)
これだから自転車は止められません。

    「みんみん」の餃子です。(皮がカリカリで美味しかった)
120908_gyoza15

【感想】
ブログにも書きましたが、千葉から宇都宮まで、南北に走る河川をたくみに利用すれば労せずして宇都宮にたどり着けることがわかりました。
今回利用したCRは、花見川、新川、利根川、小貝川、五行川、鬼怒川、田川の全部で7河川。
まさに関東の水回廊ですね。
それら水回廊を結ぶ連絡道路さえ覚えておけば、安全でストレスフリーのサイクリングを楽しむことができます。
企画してくれたMTKさんとポッキーさんに改めて感謝いたします。

| | Comments (2)

« August 2012 | Main | October 2012 »