« July 2012 | Main | September 2012 »

2012.08.27

ノリクラほろ苦初参戦 (後編)

120826_norikura07

前編からの続き)

気分的に最低だったので、下手すると途中でリタイアするかも?なんて、妄想というか弱気の虫が頭の中に居座る中、午前7時9分にスタートの号砲が鳴ってしまいました。

もう走るっきゃないのです。
今回は初参戦で、場所も遠いので試走はしていません。
ぶっつけ本番です。
クライミングで言えば「初見一発完登」をめざす「オンサイトトライ」と同じです。

前夜、渡された大会パンフレットに載っていたコースプロフィールを頭に入れた筈ですが、完璧に覚えているわけではありません。
おおざっぱに言うと、「前半は緩斜面で勾配が増すのは後半の10km」といった感じかな?
コースの最終盤は高度の影響も出てパフォーマンスの発揮は難しいので、1kmを5分かかる計算を立てました。
15km地点にあるCP2を60~65分の間で通過できれば上出来でしょう。

予想どおり、前半の緩い斜面を皆さん飛ばします。
一緒のグループである500~600番台の若者(16歳~25歳)は無視して、4400~4500番台(61歳~70歳)の選手の背中を追います。
が、全国から集まってくるオジサンたちは速い!
白髪をかき乱してグイグイ上っていきます。悔しいけど追いつけません。

ここはぐっと我慢して、ケイデンス80前後でペースを作っていきました。
だけど、どんどん追い越されるので心中穏やかになれませんな。未熟者は。

7km地点にあるCP1を前にして、早くも心臓バクバク状態です。
ようやく着いたCP1で水分を補給します。水とアクエリアスを選べます。
係員が水の入った紙コップを手渡してくれました。飲み干した後の紙コップは道路に投げ捨てても良いので、自転車を降りる必要がなく助かりました。

CP1には救急車も待機していて、またまた弱気の気持ちが頭をかすめます。
相変わらず体調はあまりよくないけど、ここまできたらゴールまで行くしかないので腹をくくりました。

やがて、ほぼ中間の10kmを通過。タイムは40分弱。ここまで1kmを4分ペースで走ってきたことになります。
今回の体調を考えれば良しとしましょう。

続いて、CP2(位ヶ原山荘)手前のつづら折りのカーブに差しかかりました。
予想どおりきつい上りが続きました。
ハァ!ハァ!ヒィ!ヒィ!って音を立てながらの荒い呼吸が続きます。
フロントは当然インナー、リアは25T固定のモードです。
練習ではほとんど使わない25Tですが、情けないけど乗鞍では一番多用しました。

つづら折れを過ぎれば待望のCP2です。到着時間は63分。ここまでの15kmを1km約4分のペースを維持しています。残るはあと5.5kmです。

いつの間にか集団は完全にばらけて、周りには後からスタートした若手の選手がどんどん追い抜いていきます。
気持ちがいいほどたくさんの皆さんに追い抜かれました。(笑)

    森林限界を超えれば雲上のルートとなります(下山時に撮影)
120826_norikura06

やがて森林限界を超えて雲海の向こうには霧ヶ峰や八ヶ岳連峰の峰々とおもわれる山並みが顔を出しています。
ここまで体調がすっきりしていませんでしたが、この景色で救われました。
脚は前に出ないものの気分は最高です。
やっぱり山は良いです。とくに3,000m峰は空気が違います。

「あと4km」「あと3km」と1km毎に目印の看板が出てきますが、肝心の脚が前に出ません。
残り「あと2km」の看板からが苦しかったです。
勾配はそれほどないにもかかわらず、脚が回らないのです。おまけに左脚の大腿筋が攣りそうになってきました。
仕方ないので踏み込む力の配分を右足に移して、だましながら走ります。
前後して走る4400番台の選手もみんな苦しそう。そう、苦しいのは自分だけじゃないのですね。

「あと100m」「50m」という看板に本当に助けられて、最後の左カーブを曲がったところに待望のフィニッシュラインがありました。
やっと終わりました。左手を仰げば青空の中にコロナ観測所の真っ白なドームが微笑んでいてくれるようでした。

    あこがれのフィニッシュライン
120826_norikura05

    ゴールでは山頂の白い観測ドームが迎えてくれました。
120826_norikura03

【レースを終えて】

私のタイムは1時間29分20秒でした。
年代別(爺クラス)では29位です。
クラス最年少61歳のNobとしては、ちょっと情けない結果です。
しかも、トップとの差はなんと22分以上。つまり年代別トップのタイムは1時間6分台なんですね。すごいです。ゼッタイに真似できません。

    当日いただいた完走証です。
120826_norikura09

当日の体調管理の拙さはぜんぜん言い訳になりません。
考えてみれば、6月220km、7月は265km、本番直前の8月でさえ380kmしか走り込んでいないのですから、この結果は当然の帰結だと思っています。
結果が好記録に結びついている人たちは相当走り込んでいるだろうし、日々の節制も心がけているのでしょう。
そういう点でまだまだ未熟なNobです。
改めてヒルクライムレースの奥行きの深さを感じた一日でした。

| | Comments (5)

ノリクラほろ苦初参戦 (前編)

初めて行ってきました!
「全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍2012」です。

ヒルクライムに興味のある方だったら一度は参戦したいのが乗鞍だと思います。
私にとっては敷居の高い大会ではありますが、全国から参集するヒルクライマー達と一緒に走る喜びを共有したいという気持ちが勝り、今回思い切って参加した次第です。
・・・なんて、堅苦しい挨拶調になってしまいましたが、ま、それだけ伝統ある大会に敬意を表している現れだと思って笑ってやって下さい。

しかし、今回もいろいろありました。
前日(土曜日)の大渋滞。
朝6時半に家を出て受付会場に着いたのが午後3時頃。京葉道路と中央道の渋滞に巻き込まれ、もうぐったりです。
前夜は、会場から約13kmほど離れたペンションに宿をとったのですが、運転疲れを癒そうとワインのハーフボトルを頼んだのが失敗で、かえって目が冴えてしまい、おまけにどうにも合わない枕と布団でまんじりともしない夜を過ごす羽目に。(泣)

不快な朝を迎えたものの、気を取り直して会場に向かいました。
スタート地点の3km手前で車を下ろしてもらい、ここから会場まではアップを兼ねて自転車で向かいます。
走る前、Edge705の電源をONにすると、あれ、心拍数が反応しない?
どうやらモニタの電池切れのようです。
あいにく予備の電池は家に置いてきたままです。モニタの電池を取り出してジャージの裾で磨いても結果は同じ。
最近は、心拍数とケイデンスを見ながら走っているので、心拍数が読めないと何となく不安になってしまいます。
登山でいえばコンパスを忘れてきた感じかな?

それでも気を取り直して、3kmの道のりを会場に向かって上りますが、寝不足のせいか胸がむかつき軽い吐き気がする始末。
参ったねぇこりゃ。

    決戦の朝は青空で迎えました。
120826_norikura02

会場に着いたらすでに大勢に人たちが集まっていました。今回の参加者数は4,500人とか!
北は北海道から南は沖縄まですべての都道府県から参加者が集まっているとの紹介がありました。
ブルーのGIROジャージの人たちを見かけたので早速ご挨拶に向かいました。
GIRO's Familyからは私を含めれば7~8人が参加しているようです。

ところで、私が走るカテゴリーは「ロード男子G」です。全部で158人がエントリーしています。
「G」とはいわずと知れた「爺さん」の「G」です。だって、「61歳以上70歳まで」なんですから。(笑)

ちなみに、その上のクラスは「ロード男子H」。こちらは71歳以上で上は青天井。
「H」とは、たぶん「Hi爺さん」の「H」なのでしょう。
今回参加者の最高齢はなんと86歳だそうです。

さて、体中がむかむかする感じの中、仕方なくスタート時間を待っていると、脇を歩いてきた応援の家族とおぼしきオバチャンにいきなり私の自転車の前輪を踏んづけられてしまいました。
一瞬、目が点になり、続いて冷や汗が・・・
「あら、どうしましょ! だいじょうぶぅ?」って言われてもなあ。
恐る恐るホイールを手で回したところ、これが全然回りません。
踏まれた衝撃で前のブレーキがグイッと曲がってました。

事の一部始終を見ていた周りの人たちが気の毒そうに見ています。
オバチャンも悪気があってやったわけじゃないし、怒るに怒れません。
幸い、ブレーキの曲がりを直したらホイールは滑らかに回ったのでホッとしました。心配したスポークの折れや曲がりもないようなので良かったけど、スタート前にして気分はさらに落ち込みました。

(以下、後編に続く)

| | Comments (2)

2012.08.20

おゆみ野起点で大福山・伊藤大山・野見金山

走ったコースとプロフィールマップを表示する

いやー、昨日はホントに暑かったですぅ。
あまりの暑さに途中で帰ろうかと思ったくらいでした。

で、どこらへんを走ったかというと・・・
先日初めて走った県道172号線が涼しそうだったので、いつもの朝練コースに加えて、この道とついでに大福山もセレクトしてみました。

というわけで、お題は「おゆみ野起点で大福山・伊藤大山・野見金山」です。
結論としては、炎天下ちょっと欲張りしすぎました。(大汗)

いつものようにおゆみ野にある娘の家に車をデポして出発。
前にも書きましたが、おゆみ野から中房総方面へは簡単にアクセスできます。
良い場所に家を建ててくれました。(笑)

うぐいすラインに入るとオレンジとグリーンが基調の千葉市内のショップチームの方々と前後して走るようになりました。
出口にあるコンビニで改めて挨拶すると、中に知り合いの人もいて言葉を交わしました。
皆さんは鹿野山まで往復するとか。猛暑の中お疲れさまです。

    着々と建設が進む圏央道の高架橋
120819_daihuku01_2

さて、私はというと、鶴舞から高滝湖をへて月崎を目指します。
途中、圏央道の工事現場を通過しましたが、以前は橋脚だけだった高架橋に橋桁が架かり、いよいよ工事も終盤に差しかかっているようです。
のどかな田園地帯だったこのあたりも圏央道の開通によって様変わりするのでしょうか。
良い方向に変化してくれれば良いのですが・・。

高滝湖は夏場のためか水位が低くお世辞にもきれいな風景とは言えません。
湖面をよく見るとアオコがびっしりと繁殖していました。

    湖面にはアオコがびっしりと繁殖していました(高滝湖)
120819_daihuku02

清澄養老ライン(県道81号)を久留里方面に右折してほどなくで月崎駅に到着。
あまりの暑さに水分の補給をしますが、適当な日陰がないので駅舎内で休ませてもらいました。

    無人の月崎駅舎内にて
120819_daihuku03

このあと県道32号線をしばらく進み、大福山への分岐点で左折します。
ここから6kmほど上り坂が続きます。
勾配は上り始めと最後の2箇所が急で、中間は尾根筋をゆったりと上下します。
緩急の変化があって大福山の登路のなかでは一番上りやすい道だと思います。

    大福山への途中からの景色です(太陽ギラギラでした)
120819_daihuku04

最後の上りをがんばって越えてしばらくで展望台に到着しました。
照りつける太陽の光を避けるように東屋に避難。今日はまた一段と強烈な暑さです。

大福山から養老渓谷までは一気の下りがつづきます。
駅に着いたらこんどは清澄養老ラインを戻る感じで北上しました。
やがて県道172号の分岐が現れたので右折。
と、いきなり豊かな田園風景が左右に広がり、気持ちのよいごきげんの道が続きます。
こういう道ばかりならサイクリングも楽しいです。

    県道172号線は美しい田園風景が広がります
120819_daihuku06

小さなトンネルを三つほど通過し、そのたびにアップダウンを繰り返しながら徐々に高度を上げていきました。
しばらくすると県道173号が合します。2週間前に走った道に合流したことになります。

いよいよ伊藤大山への急な上りにさしかかりますが、大福山を越えてきたせいか前回よりもひどく疲れています。
あれ、こんな筈では・・。さっぱり前に進みません。
暑さによる消耗が予想以上に体にダメージを与えているようです。マジで辛かった。

まあ、それでもここを何とかクリアして大多喜方面に下り、今度は上り返して野見金山公園を目指しました。
南風を背に受けるのは良いのですが、顔にあたる涼風がなくなると意外と暑さを感じるものです。夏は向かい風のほうが体感的には気持ちが良いんですね。疲れるけど。

    野見金山への上りにて(早くも稲刈りが始まっていました!)
120819_daihuku07

お腹が空いてきたので、途中にある「アリランラーメン」で塩分補給したかったのですが、駐車場にあった車の数とお店の前の行列を見て戦意喪失。
待ってる間に熱中症になりそうなのでパスしました。

最後は野見金山、そして定番の秋元牧場の急坂をリア19Tで上りきり、本日すべての体力を使い果たしました。(大汗ダクダク)
そのまま疲れた体を引きずる感じで市津湖にある「里の味」に到着。
冷やし手打ち天ぷらうどん(\700)で塩分を補給し、ハンガーノックを無事回避しました。

    「里の味」でいただいた冷やし手打ちてんぷらうどんです。
120819_daihuku08

炎天下のライドでは午前中に走り終えた方が身のためですね。
やれやれの中房総ライドでした。

| | Comments (2)

2012.08.13

那須高原ライド

走ったコースとプロフィールマップを表示する

千葉じゃ暑くてヒルクライムの練習はきついので、那須高原に避難というか避暑か。してきました。
明日の予報が良くないので、車で着いたその日のうちにひとっ走りすることに。

那須湯本(標高850m)の上にある宿をスタートして、那須の道路最高点である峠の茶屋(標高1,462m)を目指します。
標高差は600m程度なのですが、勾配は結構きついのでオジサンにはこたえる上りが続きます。

    ようやくロープウェイ駅が見えてきました
120810_nasu01

高原とはいえ走ると汗は滝のように流れてきます。
頭に巻いたバンダナもすぐにビショビショ状態に。下界のように蒸し暑いことはないのが救いですが・・。

平均8~9%の上りを耐えて、峠の茶屋のゴールに到着。
眼前には赤い岩肌と緑のハイマツのコントラストが美しい朝日岳が迎えてくれました。
ここで一息つきます。フー。

    峠の茶屋(標高1,462m)にて。バックは朝日岳です。
120810_nasu02

さて、ここからどこを走ろうか。
夕方からは雷雨の予報も出ているのであまりゆっくりしていられません。
とりあえず那須甲子道路(県道那須甲子線)を走って白河方面に向かい、ぐるっと反転して板室温泉から湯本に戻るコースをチョイスしてみました。

    那須甲子道路から眺めた逆光に輝く朝日岳
120810_nasu03

4年前まで有料道路だった那須甲子道路は樹林に囲まれた快適な道が続きます。
那須平成の森、どうぶつ王国への分岐を経て甲子温泉までアップダウンを繰り返しながら徐々に高度を落としていきます。
途中の小刻みなアップダウンが結構トレーニングになる道です。
樹々の間からは朝日岳や茶臼岳などの那須連山が眺められ、山好きにもうれしい道です。

    那須甲子道路は樹林に囲まれた快適な道です
120810_nasu05

那須甲子道路の終点を左折すれば甲子温泉を経て南会津に抜けられますが、これは次回のお楽しみにとっておいて、今回は右折して白河方面に下りました。

国道289号線を快適に下って行くと左手に西郷村の展望台があったので立ち寄りました。
阿武隈山系のおだやかな山並みに囲まれた牧歌的な風景が続いていて疲れも忘れてしまいます。
こういう場所に別荘があればいいなあ、なんて思えてくるような景色でした。

    西郷村にある国道289号沿いの展望台にて
120810_nasu06

やがて、現れた交差点を右折して、いったん国道4号線に合流。少し南下した後、右折して県道68号線を走ります。
この道は那須高原に続いていますが、周囲の田園風景と遠くの山並みがマッチして、これまたサイクリングのためにあるような快適な道がどこまでも続きます。

    サイクリングが楽しい(栃木)県道68号線
120810_nasu07

    道路沿いに咲いていたヒマワリ畑
120810_nasu08

那須山麓にはこのほかにもロイヤルロード(県道21号線)やりんどうライン(北那須広域農道)など、サイクリングには最高の道路が縦横に走っているので、電車賃を払ってでもぜひ訪れていただきたいと思います。

しばし県道68号線を走り続けるとだんだん那須高原の中心地が近づいてきます。
広谷地の交差点を通過してなおも走り、戸田の交差点にあるセブンイレブンで2度目の休憩をとりました。

ここからは板室街道を北上して板室温泉を目指しました。
ゆるやかな上り基調の道が続きます。

    樹林に囲まれた板室街道も感じのよい道でした
120810_nasu09

やがて古くからの温泉地である板室を通過し、湯本に向かう上り坂にチャレンジ。
コース終盤ということもあり、この坂は結構こたえました。
上がりきったところにあるKONAMIの保養施設から眺めた那須山麓は一見の価値ありです。
今日はあいにく薄く靄がかかっていましたが、晴れていれば広大な山麓が目の前いっぱいに広がります。(関係者以外立ち入り禁止のため、そっとお邪魔しました。(汗))

    那須山麓が目の前いっぱいに広がっていました
120810_nasu10

そして、最後の最後に湯本温泉街の急坂と宿までの激坂を耐えて上って終了。
さわやかな高原ライドではありましたが、やっぱり真夏は辛いっす。

| | Comments (2)

2012.08.05

大多喜とんかつツアー

走ったコースとプロフィールマップを表示する

うだるような暑さがちょっと一服した土曜日。
大多喜のとんかつ屋さん「有家」を目指して、MTKさんの先導で出撃。
メンバーは全部で5人です。

きびしい暑さがないかわりに朝から曇りがちです。
千葉から村田川沿いに進み、館山道とのクロス地点でポッキーさんと合流。
この頃からとうとう雨が降り出してきました。
本当に久しぶりの雨に、最初の内はいいお湿りだなあ、なんて呑気に構えていましたが、だんだん本降りになってきて、とうとうコンビニで雨宿りをする羽目に。

路面はすっかり濡れていますが、小やみなったのでこのまま続行します。
相変わらずMTKさんのチョイスするコースはどこを走っているのかさっぱりわかりませんが、「人間カーナビ」の実績を信じてついて行くのみです。

    山倉ダム湖畔を走っています
Otaki01

すると右手に大きな湖面が現れました。
おおー、山倉ダムだ。そういえば自転車では初めて訪れました。

その後は、三和・養老地区の田園地帯を走ります。
このあたりも仕事の関係で車では何度か訪れていますが、こうして自転車で走ってみるとまったく新鮮に感じるものです。

    三和・養老地区の田園地帯は快適です
Otaki02

車は「点から点への移動」という感じですが、自転車は「面のつながりのなかでの移動」という感じかな?
こうして自転車でのんびり移動していると、これまで断片的に訪れたことのあるポイントがしっかりとつながりの中で把握できるので、いつも新鮮な感じを受けるのですね。

それにしても、MTKさんはこうした裏道をよく知っているものだといつも感心させられます。
気がついたらよく通る大多喜街道に合流しました。
しばらく走れば上総牛久の渋滞ゾーンに到着です。

県道81号をしばし走れば、おなじみの高滝ダム湖を経て、いよいよ県道173号に入りました。
この道には知る人ぞ知る「伊藤大山」の急坂があり、一度は走って見たかった道です。
徐々に高度を上げて行くので走りやすい道といえます。

    県道173号沿いにあった「名水」で涼をとりました
Otaki03

    暑さがやわらぐ木陰の道が続きます
Otaki04

上るほどにだんだん傾斜も強くなり、伊藤大山直下の坂はなかなかの勾配でした。
この坂とお隣の大福山を組み合わせれば、良い山トレになりますね。今度走って見ようっと。

    眼下にはゴルフ場が見下ろせました
Otaki05

さて、ピークを越えればあとは大多喜の街まで下り一方の道が続きます。
下りきれば程なくで城下町の風情が色濃く残る大多喜の市街です。
とんかつ「有家」さんには11時15分前に到着。
さすがにお昼には早いので躊躇していると、お店の人が「どうぞ中に入って」とのことで遠慮なく店内に入りました。

    とんかつ亭「有家」さん
Otaki07

大多喜のほかのお店と同様にちょっとレトロな感じの店内です。
とんかつ定食は「大名」「家老」「旗本」の3コースがあり、全員が「家老」の松コース(ロース160gで1,530円)をオーダーしました。

    満腹感を味わえた「家老」松コースです
Otaki06

卵のつなぎもしっかりとした厚めの衣に包まれたロース肉は、期待通りで分厚くジューシーでした。
3種類の特徴あるソースを代わりばんこに楽しみながら満腹感を味わいました。ごちそうさま!

お昼の後はどこに行こうか?
勝浦、大原など海辺の候補地もありましたが、夕方から幕張メッセで花火見物もあるのであまり長居もできません。
ということで、近くにある万木城趾公園の展望台に立ち寄ることに。

    たんぼ道を突っ切って、目指すは天守閣?
Otaki08

城趾公園だけあって、小高い山の上にある展望台は天守閣をイメージした造りです。
ちょっと悪のりな感じですが・・。
たんぼ道を突っ切って、目指す展望台まではものすごい激坂が迎えてくれました。
久しぶりにインナーローで必至にペダルを回しますが、あわや勾配に負けて足つきか?と弱気の虫が頭をよぎる寸前に傾斜が落ちてなんとか上りきることができました。
瞬間最大で20%は確実にありますね。

   激坂を上りきった後は小広い駐車場で一息つきます
Otaki09

苦労して上がった展望台からは晴れていれば富士山も望めるとか。
あいにく曇りがちながら夷隅の田んぼや町並みが箱庭のように見えました。
この付近を走る際は立ち寄ることをオススメします。

    天守閣をイメージした展望台からはふる里の景色が広がります
Otaki10

万木城趾公園を後にして、帰路は県道85号をメインに長生茂原自転車道を辿りながら睦沢、茂原を経て外房有料に乗っかって無事に帰宅しました。
外房有料では、MTKさんが27歳のinさんと熾烈なデットヒートを繰り広げていました。
私よりも5歳も先輩とは思えません。若いなあ。
みなさんお疲れさまでした-!

| | Comments (2)

« July 2012 | Main | September 2012 »