« May 2012 | Main | July 2012 »

2012.06.29

3週連続で定番コース

120629_oyumino05

走ったコースとプロフィールマップを表示する

今週末も自転車に乗れるのはわずか午前中の半日のみ。
と、なると、いつもの朝練コースしかないなあ、ということで、またまた娘の家に車をあずけて3時間半の朝練コースに出かけてきました。

とはいえ、おゆみ野を起点にしてのこのコースはなかなか良いコースです。
適度なアップダウンに加えて、車の通行量の少ない道をつないだので練習にはもってこいです。

うぐいすラインを走っていると、本当にウグイスの鳴き声を何度も耳にしました。
名前のとおりの道なんだなあ、と妙に感心しました。

出口のコンビニでいつもの休憩をとり、鶴舞の坂を上がります。
先週訪れたゆり園の前を通過します。
県道からもチラッと見えますがまだまだ見頃が続いているようでした。

    県道沿いにあるゆり園入口(何となく工事現場風です)
120629_oyumino01

    県道からもチラリと見えます
120629_oyumino02

やがて大多喜街道に出て、米原の交差点を左折してサイクリングに絶好の町道に入ります。
トンネルを抜けてからは下り基調の走りやすい道がずっと続きます。
TTの練習なんかには最高です。

野見金山の上りも慣れたものです。
上りの途中にある桃源郷のような棚田も梅雨の晴れ間に輝いていました。
ここは本当に美しい場所です。

    私のお気に入りの風景のひとつです
120629_oyumino04

    美しい里山風景の守り手?
120629_oyumino03

秋元牧場の坂も3週連続ともなると余裕でクリアできるようになるのですね。
もう少し長ければいいのに、なんて生意気な感想も出たりして。(笑)

帰路、瀬又に着く手前にある日蓮宗のお寺に立ち寄りました。
アジサイの花もきれいでしたが、掃き清められた境内の様子に魅入られました。
本堂に続く参道にはいくつもの石像がおいてありました。
すこしゆっくりしたいところです。

120629_oyumino06

3回連続で同じコースを走りましたが、けっして飽きることのない変化に富んだ楽しいサイクリングでした。
でも、出来ればもう少し長い時間走りたいな。

| | Comments (4)

2012.06.25

鶴舞のゆり園を訪ねました

120624_oyumino01

走ったコースとプロフィールマップを表示する

このところ週末のたびに用事が入り、サイクリングはお預け状態です。
日曜日も午前中の4時間ほどしか空いていないので、先週に引き続きおゆみ野を起点にして70kmほどちょこっと走ってきました。

コースは先週と同じですが、今日は県道鶴舞牛久線(県道284号)沿いにオープンした「ゆり園」に立ち寄ってきました。

この「ゆり園」、じつは先週も気になっていたのですが、まだオープン前だったのですね。
その後オープンが新聞に掲載されていたので立ち寄ってみることにしました。

県道に面した入口に着いたのは開園12分前。ゲートが閉じられていました。
仕方がないのでしばらく待ってから入場。
入場料は無料です。ただし車の場合は駐車場代として500円かかります。
自転車はもちろん無料です。(笑)

ゲートからは未舗装の道をしばらく進むと右手一面にたくさんの百合の花々が咲きほこっていました。
種類はわかりませんが、大柄で色とりどりの花が所狭しと咲いている様は壮観です。
その数46種類3万株とか。

120624_oyumino04

120624_oyumino03

120624_oyumino06

今日はあいにくの曇り空でしたが、明るい花柄ばかりなので気分はハッピーになること間違いなしですよ。
花の時期は7月中だとか。ただし今後、梅雨空が続いて雨や風が多いようだと見頃は案外短いかも知れませんね。
出かけるなら早いほうが良いと思います。

    帰路に立ち寄った山内ダム
120624_oyumino07

    野見金山山頂にて(晴れていればスカイツリーも見えるそうです)
120624_oyumino09

ゆり園の後は、山内ダムを経て野見金山でアジサイを鑑賞し、その後はいつもの秋元牧場坂上りをやってから無事に帰着。
今回のコースは朝練の定番コースになりそうです。

| | Comments (0)

2012.06.16

梅雨の晴れ間のミニツーリング

走ったコースとプロフィールマップを表示する

本格的な梅雨の季節に入りましたが、金曜日なんとか晴れ間に恵まれました。

金曜日も午前中しか時間が空いてなかったのですが、ここのところ全然走っていないので、短時間でも走りに行ってこようと重い腰を上げました。

3~4時間しかないので、おゆみ野にある娘の家まで車で行き、ここから中房総の田園地帯を走ってきました。

前回の君津起点の時もそうですが、市街地を外れて郊外を起点にすれば「走り」の美味しい部分だけを楽しめるのでオススメです。
我が家から娘の家までは約20km。ほとんど市街地走行になるため走りづらい区間ですが、これがなくなるだけでもストレスは大幅に軽減できますから。

    おゆみ野の住宅街を快適に走ります
120615_oyumino01

おゆみ野からちはら台にかけての住宅団地は自然の地形と周辺の緑を巧みに活かした暮らしやすそうなニュータウンです。
ここを抜けて村田川を渡ればすぐに中房総の田園地帯に続きます。

潤井戸を抜ければおなじみの「うぐいすライン」に入っていきます。
平日はダンプの通行もあって少々走りづらいものの、適度なアップダウンが続くこの道はやっぱり快適です。
周囲は田んぼの苗も生えそろい丁寧に仮払われた畦道と相まって目に優しい景色が広がっています。

    うぐいすラインの道ばたに咲いていたホタルブクロ
120615_oyumino02

うぐいすライン出口にある原田のコンビニでいつもの休憩。
ここから鶴舞に上り返して、ゲゲゲの鬼太郎ツリーハウスの展望台に立ち寄りました。
梅雨晴れの中房総の里山が箱庭のように広がるこの場所は私のお気に入り。
こちら方面へのライドではけっして外せないスポットです。

    中房総の里山景観(ミニチュア模型風に撮影)
120615_oyumino03

鶴舞を過ぎ、国道297号に合流してからはしばらく勝浦にむけて走り、途中から左折して山内ダム方面に向かいました。
埴生川上流部の農業用水ダムとして建設された山内ダムは10年ほど前、仕事で関わりのあった場所です。
ダムの周囲は里山の生態系が保全されていてゲンジボタルの生息地としても有名です。
10年前に建設中だった町道も立派に開通していて、サイクリングでもとても走りやすい道に変わっていました。

    大多喜街道から山内ダム方面に続く町道
120615_oyumino04

車のほとんど通らない町道を快適に下っていると前方に停車中のライトバンが・・
車の中から出てきた二人連れをよく見ると、なんと現役時代の私の後輩達ではありませんか。
「ヤバイ!」

今日は週休日なので別にさぼっているわけではないのですが、相手は勤務中。こちらは遊びの最中。
挨拶を交わせば60過ぎのおじさんのレーパン姿をからかわれるのは見えています。
よって、ヘルメットを目深に被り直して下向き加減にサーッと通り過ぎました。(笑)

    里山地帯を縫うように続く快適な道
120615_oyumino05

有名なアリランラーメンのお店を左に見て、しばらく走ればお次は野見金山への上りです。
ここには何度も訪れていますが、今頃はアジサイが見頃かな?と思っていたら、案の上頂上一帯は色とりどりのアジサイが見頃を迎えていました。
坂の途中の棚田も緑が深くて、本当に目に優しい景観を作り出してくれています。
この景色がいつまでも続きますように、と願わずにはいられません。

    野見金山への上りで見かけた棚田です
120615_oyumino06

    野見金山直下にあるアジサイ園にて
120615_oyumino07

野見金山を越えればあとは秋元牧場の上りが待っているだけ。
今日はなぜか調子が良く、牧場の上りもリア21Tで上りきりました。(いつもは当然25Tです。)

秋元牧場の後はいつもの帰りコースを伝っておゆみ野に戻るつもりでしたが、そういえば近くに「奈良の大仏ってあったよな。」と思い出し立ち寄ってみることに。

大仏通りを少し走り、斜めに左折してしばらくで大仏の標識を発見。
「参道」をしばらく走ると、薄暗い樹林のなかに立像の大仏様がすくっと立っていました。
でも、「大仏」と呼ぶにはいささか身長が足りないかな。(笑)

    「奈良の大仏」の案内板
120615_oyumino09

    樹林の中にたたずむ大仏様
120615_oyumino08

そんなこんなで、おゆみ野を起点にぐるっと周回して約73km。
今日はさわやかな晴れ日和でした。
適度に汗もかき、心拍数も無理ない程度にアップ。
車の通りも少ないし、「朝練」には程よい距離とアップダウンのトレーニングコースでした。

| | Comments (2)

2012.06.03

ナットク?のDNS

バイクの調整よーし!
ウェア類の整理よーし!
ガソリン満タンよーし!

あとは体を富士山麓に運ぶだけ・・・
ここまでは昨日のお昼頃のお話です。

でもなあ・・
2週間ほど前に高齢の父親がまさかの緊急入院。
さいわい病状は回復に向かい、リハビリ専門の病院に転院したとはいえ、家族としては何かとやらなければならないことが結構あります。

実家の片付けやらお見舞いやらでみんなが忙しくしている時に、遊びでヒルクライムレースに出るのはどうにも気が重いものです。
天気予報もあまり良くないし、男手が足りないこともあったので、昨日思い切ってMt.富士ヒルクライムのDNSを決断し、病院と実家の片付けに向かいました。

やっぱり出ておけば良かったかなあ?
とか、いろいろと思いもありますが、骨折で出場をあきらめた4月のツールド草津のときもDNSだったし、昨年も2回ほどエントリーしながら見送った経験があります。

今年に入ってまだ1,192kmしか走っていません。
月平均240kmではいくらなんでも走り込み不足。
大げさですが、出るからには「心・技・体」すべての面で憂いのない状態で臨みたいものです。
そういう意味で今回のDNSはナットクの判断でした。

    バイクには昨年の通過タイムをメモして準備万端だったのですが・・
R0010553s


| | Comments (2)

« May 2012 | Main | July 2012 »