« 陽春の野島崎と安房グリーンラインを訪ねて | Main | 君津起点に鹿野山・愛宕山・安房鴨川を巡る »

2012.05.06

春山遭難を考える

大町署によると、6人は、シャツやTシャツに、ジャンパーや雨がっぱを羽織る程度。幹部は「まるで日帰りの登山かハイキングに行くような格好。この時期は冬山の装備を呼びかけているのに、あまりに軽装だった」と語気を強めた。
(読売新聞より)

5月4日に起きた白馬岳での遭難事故の記事ですが、内容が事実だとすれば本当にむなしくなってきます。

5月連休の北アルプスは冬山装備で入山するのは少し山をやっている人間なら、言わば常識のはず。

どうしてこういう事故が起きるのか。
しかも加齢による体力低下を熟知している筈の医師達による登山パーティーというから本当に理解できません。

事故の当事者達は自業自得ということで諦めもつくだろうけど、残された家族や救出にあたった関係者達の悲嘆や苦労にはどう責任をとるのでしょうか。

山は非日常的な空間。下界での常識は通用しません。
陽気が良いからといって、夏山装備で入山するなんてあり得ません。

私もかつては毎年のように山仲間たちと共に5月の連休を北アルプスの雪山や雪稜で遊びましたが、春山の装備はほとんど冬山と変わりませんでした。

山の装備で一番難しいのは、春山と秋山です。
どちらもいったん天候が悪化すれば冬山同然となりますから。

「フェイルセーフ」の思想で山の装備を準備したものです。
最悪の事態を想定して事にあたる。
悲観的に準備して楽観的に対処する。
登山ではこれが当たり前だと思っていたし、今でもそう思っています。

かつて私が所属していた山岳会では、ツェルト(簡易テント)は各自1張ずつ携行していたし、普通の雪山でもロープや最低限のカラビナ類、パーティーに1個のスコップ(主に雪崩対処用として)も持参しました。
もちろん非常時用の防寒具や携帯コンロも必携装備です。

こういった装備を持って行動するのがしんどく感じるような場所には行かない。
その場合には山のグレードを下げるような工夫もしていました。

そして、高齢になりレスキュー装備の自力携行が負担に感じるようになったら・・・
その時は山から離れる時期が訪れたのだと、思うようにしています。


私が撮った5年前の写真ですが、5月の白馬岳の様子をご覧ください。↓

    杓子岳双子尾根から見る白馬岳(2007.5.4)    
070504hutago17

    白馬岳付近から杓子岳、白馬鑓ヶ岳方面を望む(2007.5.5)
070504hutago29


|

« 陽春の野島崎と安房グリーンラインを訪ねて | Main | 君津起点に鹿野山・愛宕山・安房鴨川を巡る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 陽春の野島崎と安房グリーンラインを訪ねて | Main | 君津起点に鹿野山・愛宕山・安房鴨川を巡る »