« お散歩気分で三ツ峠 | Main | ナットク?のDNS »

2012.05.27

鹿野山リベンジ

120526_kanouzan01

走ったコースとプロフィールマップを表示する

千葉県はいわずと知れた全国最低標高の県。
沖縄県よりも低いというのはちょっとオドロキです。

その千葉の地でヒルクライムの練習をするとなると、小さな坂道をたくさん上る必要があります。
長野県や山梨県みたいに一つの峠道を上るだけで標高差1,000m近くを稼げるような場所は皆無です。

で、やってきたのが5月5日に続いての鹿野山。
道路標高で350mちょっとしかないので、長野県の峠道なみに上ろうとなると3回は往復しないとね。
でも、それじゃ飽きちゃうので、近隣の坂道を加えてなんとか獲得標高で1,000mを超えるようにプランニングをするわけですが、それはそれで結構楽しいものがあります。

例によって君津まで車で行き、ここを起点にしてグルッと回ってくるコースの中に鹿野山を組み込みました。

今回は本命コースの秋元口から上る前にウォーミングアップがてら常代(とこしろ)側から鹿野山を上り、マザー牧場から更和に出て、南麓をグルッと回って秋元郵便局から再び上るコースをチョイスしました。

常代側からの道は観光バスや自家用車がひっきりなしに上がってきます。
ちょっと車がうるさいけど勾配がゆるいのでオジサンにはちょうど良いウォーミングアップになります。
心拍数も160程度まで上がり予定どおり。
やがてマザー牧場で記念撮影のあとは更和まで一気下りです。この道もだいぶ慣れてきました。

鹿野山の南麓を一回りしてからいよいよ秋元口から九十九谷公園までのミニヒルクライムです。
ネットで見ていたら、「速い人は13分台。オカシナ人が11分台」なんていう記事に出会いました。(笑)

え、あの坂を13分台?
どんだけ速いのか見当もつきません。
ましてや11分台なんて。人間かよ。
私が聞いた話の人で、3本連続上りの平均が15分台、というのがあります。
それも凄すぎます。

私めはというと、お恥ずかしいけどベストが18分30秒。
全然話になりませんよねー。
というわけで、秋元口の坂上りに再び挑戦です。

コース攻略のコツは、スタート直後の序盤とコース終盤にある保養所からゴールまでの区間にそれぞれ控えている急坂をいかに余裕をもって上りきれるかです。
中盤には緩やかな勾配の区間もあり、そこでスピードを上げられるかも大事かな?

今回は終盤の急坂に余力を残すべく序盤を抑え気味にして上ってみました。
前半は作戦どおりでした。
が、しかし!
後半はやっぱり失速です。後半に余力を残しておくなんて芸当は60歳過ぎのオジサンにはできません。
情けないけど・・・

それでも、今回は常代側から上っておいたのが程よいウォーミングアップとなり、前回のタイムを上回ることができました!
記録は17分34秒。自己最高タイムです。(笑)
そのかわり疲れたーーー

    九十九谷公園でゆっくり休息しました
120526_kanouzan02

九十九谷公園でゆっくり休息をとってから出発です。
下りは初めて福岡口を走りました。このコースも一部で路面が荒れているものの、車の通行量が少ないのと、高原気分が楽しめるので○です。下からローディが3台ほど上がってきましたが次回はここを上がってみたいです。

さて、その後は30円を払って房総スカイラインを走り、片倉ダムを右折して三石山に。下ったところにある亀山湖を右折。
国道465号を気象観測所のある坂畑方面に向かって左折、さらに右手の林道に入り大福山を上りました。
三石山も大福山も鹿野山の上りに比べれば大したことはありません。(よね?)

大福山の展望台で休息した後は、尾根伝いに北上して県道32号線に出、久留里から君津のスタート地点に向けて走りました。

最後の難関は「大江戸温泉」手前の急坂。
ここをなんとかクリアしてようやく内みのわ運動公園に到着しました。

今回のコースでの獲得標高は2,000m弱。
プロフィールマップを見ると、ノコギリの歯のようなギザギザが並びました。
千葉の地でヒルクライムのまね事をするのは結構疲れますねー。

    亀山湖は釣り人で賑わっていました
120526_kanouzan03


|

« お散歩気分で三ツ峠 | Main | ナットク?のDNS »

Comments

100Kmを4時間半で走り、獲得標高が約2000m とは・・・・。 君津スタートと言えども、これは地獄の5峠ですね。 真似は出来ませんが、とにかくこの辺は楽しいですね。 ひとつ越えれば、直ぐ近くにまた別の峠があり、体力がある限りはアチコチ登りたくなる不思議なエリアだと思います。大江戸温泉の前はSKさんと一緒に小櫃側からK163経由で通りましたが、結構なヒルクライムでビックリしました。本当に練習に良いコースを選択しましたね。 それでは、今週末の本番は頑張りすぎずにベストを尽くすことをお祈り致します。

Posted by: MTK | 2012.05.31 06:55 PM

100Kmを休憩込みで5時間で走り、獲得標高が約2000m とは・・・・。 君津スタートと言えども、これは地獄の5峠ですね。 真似は出来ませんが、とにかくこの辺は楽しいですね。 ひとつ越えれば、直ぐ近くにまた別の峠があり、体力がある限りはアチコチ登りたくなる不思議なエリアだと思います。大江戸温泉の前はSKさんと一緒に小櫃側からK163経由で通りましたが、結構なヒルクライムでビックリしました。本当に練習に良いコースを選択しましたね。 それでは、今週末の本番は頑張りすぎずにベストを尽くすことをお祈り致します。

Posted by: MTK | 2012.05.31 06:59 PM

MTKさん
エールをどうもありがとうございました!
Mt.富士ヒルクライムは3回目の出場になりますが、今回は骨折の影響もあり事前の走り込みがほとんどできていません。
とくに奥多摩方面での大きな峠道でのヒルクライム練習ができなかったのが痛いです。
1月から5月末までの累積走行距離はわずか1192kmです。(泣)
走り込んでいる人の1ヶ月分といったところでしょうか。
これではまったく話になりませんよね。
まあ、そういうわけですので、がんばらないでがんばってきます。(笑)

Posted by: Nob | 2012.05.31 09:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« お散歩気分で三ツ峠 | Main | ナットク?のDNS »