« 「与市郎桜」を訪ねる | Main | タイヤシーラントは考えもの »

2012.04.22

春の大福山サイクリング

0421daihuku02

走ったコースとプロフィールマップを表示する

4月のお気軽サイクリングは「春の大福山とフレンチレストラン」です。

桜も散っちゃったし大福山を上っても新緑にもちょっと早いしなあ。
でも、フレンチレストランでのランチにはすこぶる興味があったので参加してきました。

参加者は全部で9名。
大型連休も近いっていうのに、この寒さは何なんだ。
「長袖&タイツ&ウィンドブレーカー」という今の季節では考えられない冬支度で出発です。うーサブ!

    うぐいすライン前半の田舎道
0421daihuku01

中房総方面に出るにはうぐいすラインが便利ですが、今日はダンプトラックの通行が多くて走りにくいことから、最初の坂道を越えた途中から左折して迂回路に入りました。

この道は初めてですが、車の通行が少なくてグッドです。
やがて、右手に有刺鉄線付きのフェンスが二重に張り巡らされた物々しい警戒の施設が広がります。
まるで「捕虜収容所」が「刑務所」といった感じの施設です。
何だろう?
とメンバーに聞いたら自衛隊の送信所とのこと。
ふーん。こんなところに自衛隊の施設があるとは初めて知りました。

    海上自衛隊の無線送信所沿いに走りました
0421daihuku03

いったん下って登り返し、しばらく走ると再びうぐいすラインに合流。
長く緩やかな上り坂を越えればあとは原田のコンビニまで気持ちの良いダウンヒル。

一人で走る場合は鶴舞に向かう坂を駆け上がるのですが、今日は右折して牛久から県道81号に入ります。
高滝ダムを左手に見ながら、4月に入り3度目の里見駅を通過。
しばらく走ってからMTKさんの先導で飯給(いたぶ)にあるトンネル巡りのコースに入りました。

小湊鐵道沿線にはまだ菜の花がたくさん残っていて目を和ませてくれます。
また、このあたりの道ばたにはスミレやニリンソウなども咲いていて楽しい田舎道です。

    飯給~月崎間にある素掘りのトンネル(3つありました)
0421daihuku05

    道はあんまりよろしくないです。
0421daihuku06

    ようやく出口です。
0421daihuku07

だんだん道幅が狭くなってきたら前方に素掘りのトンネルが現れてきました。
舗装されてはいるものの、砂や濡れ落ち葉などが堆積していてお世辞にも快適とは言えませんがなかなか楽しい道です。
夏の盛りでもたぶん涼しいんじゃないかな?
相変わらずMTKさんの道路知識には脱帽します。

全部で3つのトンネルを越えると月崎駅に到着。
このあと、いよいよ大福山の上りに入ります。昨秋、モミジの紅葉時期にも訪れましたが、今日は桜の季節も終わりいつもの静かさが戻ってきていました。
ノンビリペースでゆったりと上ったのでほとんど疲れませんでした。

    大福山への途中から見た中房総の山々
0421daihuku08

    お疲れ様でしたー(展望台に到着です)
0421daihuku09

道路脇の展望台で記念写真を撮った後は、養老渓谷まで一気に下りました。
駅手前の登り返しには少し苦戦。線路を渡り大きくダウンヒルをすれば養老渓谷のシンボルである赤い橋が見えてきました。
昼食場所のラフランスは橋の少し先にありました。

全員でサービスランチ(\1,500)を注文。
ボリューム感のある前菜にメインディッシュは若鶏の香草焼き。
季節と地の野菜がたっぷり添えられていて美味しいです。
ご当地のタケノコや菜花がうれしいです。
ライスを大盛りにしていただき、デザートとコーヒーが付いて1,500円はお財布に優しいですね。

    ボリュームたっぷりの前菜
0421daihuku11

    メインディッシュです。(タケノコと菜花がうれしいです。)
0421daihuku12

    コーヒー&デザート付きです
0421daihuku13

さて、満腹になったら向かい風の中を帰るしかありません。
食休みでもう少し居たかったなあ。(笑)

帰り道は県道81号沿いです。
途中、飯給の駅前に出来た「1,000万円の女性専用トイレ」を見学。
ちょうど使用したばかりの女性の方がいたので、ドアを開けて外から中を見せてもらいました。

    1,000万円のトイレです
0421daihuku14

    なんだか落ち着かないと思いますが・・・
0421daihuku15

正直のところ「うーん。」でした。
白い壁に囲まれた小広い敷地の真ん中にガラス張りのトイレがポツンと建っています。
周りには草花のプランターが整然と置いてあるだけ。
高名なデザイナーに設計してもらったらしいけど、ちょっと興ざめって感じです。
残念ながら、中房総の自然との調和が図られていません。
ま、どうでもいいけど。

寄り道した後は一路千葉市を目指しました。
途中、養老川右岸のサイクリング道路を走ったりして新しい道も発見できたし、私にとっては充実したライドでした。

ポッキーさん、MTKさん お世話になりました。

    養老川右岸の河川敷道路にて
0421daihuku16

|

« 「与市郎桜」を訪ねる | Main | タイヤシーラントは考えもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「与市郎桜」を訪ねる | Main | タイヤシーラントは考えもの »