« December 2011 | Main | February 2012 »

2012.01.22

SPEEDPLAY CafeShop(クリートカバー)の改造

Cafeshop10

昨日、今日と超久しぶりに雨(それもかなり冷たい雨)が降り、サイクリングはお休みです。
SPEEDPLAYの2回目の試走ができずに残念でした。

そこで、いつかはやらなくてはならないと覚悟を決めていた(ちょっと大げさ?)クリートカバーの改造をやってみました。
SPEEDPLAYを使っている人の間では有名な改造です。

このペダル、とっても評判が良いのですが、唯一の欠点はクリートが高価なこと。
SPD-SLなら1,800円前後で買えますが、SPEEDPLAYの場合は4,000円以上します。

さらに、クリートの表面が金属で出来ているため、キズがつきやすいのと、このままコンビニなどに入っていくと「カチャ、カチャ」とかなり大きな音がします。
お店にいるお客さんからも店員さんからも!!!マークで注目されること必至です。

   金属部が剥き出しのため、カチャ音と滑りやすいのが欠点
Cafeshop03

実際に、先日はじめて南房総にこれつけて行って、コンビニに入ったら、一斉に振り向かれました。(笑)
おまけに非常に滑りやすく、万が一トイレで滑ったら目も当てられません。

ですから、SPEEDPLAY使用者にとっては、クリートカバーは必携装備となるのです。
このクリートカバー、商品名を「Cafe Shop」といいます。
このカバーを付けて、CafeShopでお茶しにいくという感じで付けられたネーミングなんでしょうね。

    「Cafe Shop」はツーリングには必携ですが・・・
Cafeshop01

ところが、自転車を降りるたびにこのCafeShopを取り付けるのは正直言ってかなり面倒です。
そこで、ずっと付けっぱなしにしたらどうだろう?という革命的な発想をした人が現れて、CafeShopを改造した人がいるのです。

「サイクルベース名無し」という自転車レビューサイトで、FrogStar氏が紹介してくれた改造方法がそれです。
いやー、目から鱗とはまさにこのことですね。

じつは、私がSPD-SLからSPEEDPLAYに換装しようとした動機も、最初にこの記事を読んだからでした。
これならコンビニだけじゃなく輪行の時にも便利だなあ、って思ったからです。

前置きが長くなりましたが、実際に私がやった方法をご紹介します。
といっても、やり方はFrogStar氏とほとんど同じですが・・・。

まず最初に、CafeShopの真ん中に丸い穴を開けます。
これが作業工程中で一番の難関です。これさえできればあとは簡単でした。
私の場合、まず、くり抜く穴に沿って錐で小さな目印をたくさん付けました。
穴の大きさは、CafeShopを付けて歩き回っていると自然に跡が付くのでわかります。

    あなを開ける目印に小さな穴をつけました。
Cafeshop04

目印のラインが出来たら、糸ノコを通すための穴(直径5mm位)を電動ドリルで開けました。
家にあった電動ドリルは故障して使えなかったので、やむなくホームセンターに行き、展示用の電動ドリルのお試しコーナーで開けてきちゃいました。(笑)

    糸ノコでくり抜いているところです。
Cafeshop05

さて、糸ノコを通す穴が開いたら、あとは糸ノコ(ホームセンターで599円で購入)でなるべく丸く切り落とします。
ノコはよく切れましたが、どうしてもいびつになってしまいました。ここではあまり気にしません。後から修正できますから。
なんとか2個とも丸い穴を開けることに成功!
ここまで来ればあとはずっと簡単でした。

    ここまで来れば出来たも同然?
Cafeshop06

次に、ペダルのシャフトが干渉する部分をカットします。
ここで注意したいのは、ゴムを全部切り落とさないで、シャフトが干渉しないギリギリのところで残しておくことです。
写真をみてもらえばわかりますが、「首の皮一枚」残すっていう感じです。(笑)
この作業には、カッターナイフを用いました。
カッターの刃を熱して、固いゴムを切り落とす作業です。

あいにく我が家は4年前のリフォームでIHタイプのコンロにしたため、火が使えません。
ライターであぶってもとても無理です。
そこで登場したのが、登山用のガスコンロ。
山には行かなくなったけど、こういう場面でしっかり活躍してくれます。

    登山用のコンロが大活躍しました
Cafeshop08

さっそく、ガスコンロでナイフの刃を熱して、慎重に切り取りました。
ついでに、先ほど開けた不揃いの穴を熱した刃で整形しました。面取りも施しておけば、ステップインの時に容易に装着できますので。

    首の皮一枚残すのがコツです。
Cafeshop09

    ちょっとかっこ悪いけど、ほぼ完成です。
Cafeshop07

これで完成です。
作業時間は全部で2時間位でした。
工作はかなり苦手な部類の私ですが、それでもなんとか格好がついたのは、FrogStar氏をはじめとした先達の方々の記事のおかげです。

    クリートに取り付けてみました。
Cafeshop11

このカバーを常時シューズに付けておけば、ストレスフリーで自転車の乗降ができるというものです。
もっとも、これを付けて海岸の砂浜には行かないことです。
カバーに穴が空いているので砂が入って大変なことになってしまいますからね。

最後に、こんなに苦労しなくても良い方法があります。
じつは最近、アメリカのサードパーティー製ですが、このアイデアが製品化されました。
Keep On Kovers」という製品名です。

20$(1,600円位?)程度ですが、送料が別途かかります。
日本では、時々ネットオークションなどで見かけますが大体3,000円位で取引されているみたいです。
国内でも普通に流通するようになれば良いですが・・・。


| | Comments (0)

2012.01.16

水仙の群落を訪ねて

Hurari17

走ったコースとプロフィールマップを表示する

日曜日は新たに換装したペダル「SPEEDPLAY ZERO」の試走を兼ねて南房総の水仙群落を訪ねてきました。

昨年の暮れに鋸南町の江月水仙ロードを訪れましたが、その際、「こんなもんじゃないよ」という話を耳にしたのが、今回訪れる「富山水仙遊歩道」です。そう聞くだけで期待が高まります。
ただし、遊歩道ということで、ロードレーサーのビンディングシューズでは歩きづらいので、今回は久しぶりに背中にザックを背負いスニーカー持参で走りました。

コースは、県道24号を利用して姉ヶ崎に至り、三高の交差点で国道410号に入り小櫃、久留里と走るオーソドックスな選択です。
三高の交差点まで来ると、「ここから久留里の里」といった雰囲気が漂い、なんとなく違った気分になります。

    三高交差点は久留里への入口
Hurari01

途中、馬来田を過ぎ久留里線・小郡駅近くのコンビニで1回目の休憩をとりました。結局、今回のコンビニ補給はこの1回だけで最終目的地である道の駅富楽里まで走ることになりました。
寒いからあまり水分も必要としなかったのもありますが、後半は山道が続いてコンビニが見つからなかったというのが本当のところです。

コース後半は、久留里から県道93号を利用して反対側の小糸川側へ山越えし、下りついたら国道465号で房総丘陵の奥へ入っていきました。
低いながらも複雑な尾根筋をもつ房総丘陵の山々が近づいてきて楽しいサイクリングが続きます。

    房総の丘陵地帯を奥深く分け入る感じで走りました
Hurari03

当初は、県道88号を利用して戸面原(とずらはら)ダム経由で走る予定でしたが、分岐を見落としてしまい、やむなく「もみじロード」(県道182号)を使って富山町を目指すことに。まあいいか。(笑)
山道を走っていると「大崩(をくずれ)水仙群落」の標識があったので左折して入ってみました。
左折してひと登りで到着した場所には交通誘導員さんも配置され、観光客も車でたくさん訪れていました。

    をくずれ水仙郷にて(1)
Hurari04

    をくずれ水仙郷にて(2)
Hurari05

「大崩」という名前は聞いていましたが、佐久間ダムの畔にあったのですね。
先があるのでここではゆっくりできず、自転車をちょこっと停めて写真だけ撮りましたが、水仙特有の香りが微風に乗ってあたりにたちこめていて最高の雰囲気です。この景色だけを眺めれば春ももうすぐだなあ、って単純に思ったりします。

地図を見たら、このまま下れば道の駅「富楽里」に着くので、ダムを左に見てGO。
下り道を快適に飛ばして館山道に無事合流。左折して長いトンネルを抜けたところに富楽里がありました。

富楽里に立ち寄る前に、本日の目的地である富山水仙遊歩道に向かいます。
富楽里から県道89号を約1km走ったところの左側に入口があり右手に案内板が立っていました。目印は自動販売機です。(出口はもっと手前にあります。)
近所の農家さんに自転車を預かってもらい、靴を履き替えて遊歩道を歩きました。

    富山水仙遊歩道です
Hurari10

歩き始めて5分足らずで水仙の甘い香りがたちこめてきます。
森の中の斜面いっぱいに水仙が咲きほこっているではありませんか!
これはスゴイ!こんな風景を見たことがなかったので、あまりの美しさに言葉も出ません。
遊歩道をぐるりと回ると小一時間かかるそうですが、入口から10分程度の場所だけで十分満足できました。(一周すると展望台もあり、海岸線も美しく眺められるとか。)

    実際はもっと美しいですよ    
Hurari08

    森の中に水仙の群落が広がっている様はスゴイです
Hurari13

    そこらじゅう水仙といった感じです(笑)
Hurari14

    これだけ見ればもう十分?
Hurari15

ベンチがあったので、持参のあんパンをほおばりながらしばし桃源郷にさまよいこんだ気分を味わいました。わざわざスニーカーを持参してきたよかったです。
江月水仙ロードほど訪れる人も多くなく、ここは穴場です。ホントに。

十分に水仙を観賞し終えたので来た道を戻り、ふたたび自転車に乗って富楽里へ。
面倒くさいのでスニーカーのままペダルを回しましたが、SPEEDPLAYは問題なく回すことができます。

    サイクルステーションに設置されているバイクラック
Hurari20

富楽里はサイクルステーションに指定されているので、トイレの脇にはバイクラックが置かれていました。(サドルを引っかけるバーが高くてやや使いづらいのが難。)
2階にある軽食屋さんで人気の「菜の花ラーメン」と「くじらメンチ」を注文。
お味はまずまずといったところかな。トッピングの菜花がもう少し余計に入っていたら文句ないんだけどね。

    菜の花ラーメンと「くじらメンチ」
Hurari19

お腹を満たしたら、内房線岩井駅までひと走りして、帰路は輪行で帰りました。
北風の厳しいこの時期は、南に下って走り、帰りは電車でGOが最高です。

    ゴールの岩井駅では巨大な水仙が歓迎してくれました
Hurari21


| | Comments (4)

2012.01.12

SPEEDPLAY(スピードプレイ)がやってきた

Sp01

wiggleで注文していた新しいペダルが届きました。
その名も「SPEEDPLAY ZERO」。

いま使用しているシマノのSPD-SLから見ると、いかにも頼りないというか、ユーモラスというか、名前に反してスピードの出そうにない外観ですが、ネットでの評価が高いのでポチッちゃいました。(笑)

    ペダルが本当に小さいのにびっくり
Sp02

このところ、寒いせいもあるのか、走行距離が70~80kmを超えるあたりから膝に痛みが出てしまいます。
ライドの後半はだましだましの走りになるので乗っていても楽しくありません。

「SPEEDPLAY」は、足回りのフレキシビリティが高く、膝への負担が少ないと評判なので、取り替えを決断した次第。
本当に膝に優しいのかどうか。
しばらく走ってからインプレをリポートしてみたいと思います。

| | Comments (0)

2012.01.08

新年走り初めは九十九里浜で

Ichi02

走ったコースとプロフィールマップを表示する

三が日は年始回りと来客対応でアルコールが入りっぱなしだったのでNGでした。
というわけで、2012年のちょっと遅めの走り初めです。

目的地は、白子海岸から一宮海岸の九十九里浜。
途中、長生村にある洋食屋カレントさんでの昼食が本日のメインイベントです。
お気軽サイクリングクラブで出かけました。

年初ということもあって参加は過去最大の14台。
小さなレストランにこれだけ収容できるのだろうか?
そこは、用意周到のポッキーさん、ちゃんと予約を入れておいてくれました。感謝。

例によって外房有料を終点まで走ります。
この先、外環道が交差する予定の地点で県道の改良工事が行われています。
曲がりくねった道路を真っ直ぐに直している工事ですが、完成すれば快適な道路になること間違いなしですね。

    九十九里浜はいつ訪れても青い海が広がっています。
Ichi01

本納から白子海岸までは県道31号線。車の通行量が少なくて走りやすい道が続きます。
やがて、海岸に出たら右折して海岸沿いに設けられている自転車道を一宮川方面に南下します。

   長生村城之内地区付近を走ると見慣れない風景が・・
Ichi03

しばらく走ってから九十九里有料道路をまたいで、長生村に入ると海岸からは砂州で仕切られた湖のような大きな溜まりに出会いました。
溜まりの中では海苔の養殖を行っているようです。
よく見ると青海苔の生け簀がたくさん設置されていました。
外房でこんな風景を見るのは初めてだったので写真を撮ってみました。
帰ってからネットで調べたら、長生村は青海苔の生産地としても知られているのですね。

    青海苔の養殖風景(1)
Ichi04

    青海苔の養殖風景(2) 海岸林の向こう側は太平洋です。
Ichi05

さて、青海苔の養殖地から内陸部に少し走ると、本日の目的地である洋食屋カレントさんです。
ここには二度目ですが、地産地消とおぼしき長生村の新鮮野菜をふんだんに使ったお料理がウリです。
今回もメインディッシュにお肉と魚料理が、それに新鮮野菜のサラダと付け合わせの温野菜が甘くて本当に美味しかった。
食後にデザートとコーヒーがついて1,200円はお値打ち価格ですよ。
ポッキーさん、いつもありがとうございます!

    ぬくもりのある看板
Ichi06

    こんな感じのお店です
Ichi07

   新鮮野菜のサラダ
Ichi08

    メインディッシュです。(肉や魚も美味しいけど温野菜が絶品です)
Ichi09

    コーヒー付きのデザートでみんな大満足。
Ichi10

というわけで、お腹が満ち足りたら、後半帰路につきます。
今日は季節風の吹き出しがことのほか強く、北西方向に向かう帰りはもろ逆風です。

7名ずつのトレインを組んで、風に逆らいながらゆっくりペースで走りました。
一宮川沿いに設けられた自転車道を使い、茂原市街を経て県道21号線に。
茂原市街に近づくとずっと桜並木が続いています。春は楽しみな道ですね。

    両総用水の最末端、松潟堰。(仕事で何度か訪れています)
Ichi11

やがてTEAM GIROの日曜朝練で走っている金剛地周辺に出てからは、私でもよく知っているコースを瀬又に向かいました。
瀬又からは今度は村田川に沿って付けられている散策道を利用して、ちはら台経由で浜野に出て解散しました。
村田川沿いの散策路を全区間走ったのは初めてでしたが、とても走りやすくて快適でした。
4月下旬からは瀬又で100匹以上の鯉のぼりが泳いでいるのが見られるし、春はオススメでしょうね。

帰路、サイクルハウスGIROに立ち寄り新年のごあいさつ。
ついでに自転車を1台注文してきました。
還暦祝いを兼ねた定年退職祝いです。(笑)

風が強くて閉口しましたが、年の初めとしてはちょうど良い一日サイクリングでした。

| | Comments (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »