« TNiのCO2インフレーターを使ってみる | Main | 江月水仙ロード »

2011.12.30

うぐいすラインから安房鴨川、館山へ

Kamo04

走ったコースとプロフィールマップを表示する

暮れにひいた風邪が尾を引いて、結局19日ぶりのサイクリングとなりました。
当初は長柄町、長南町周辺を走る予定でしたが、せっかくなので安房鴨川から千倉方面に足をのばしてみることに。

例によってうぐいすラインを起点にして、養老渓谷沿いを走り、清澄山を越えて太平洋に出るコースをとってみました。

あいにく風邪は完全に治りきってはなく、鼻水が切れません。
鼻水を垂らしながらのみっともないサイクリングに。トホホ、、

さて、おゆみ野からちはら台を抜けてうぐいすラインに入ります。
大きな坂を登り切り、採石場を左に見て急な坂を下りきると、落車の現場に遭遇しました。
二人連れの自転車乗りのうち一人がうずくまっていました。
心配で声をかけようかと思案しましたが、連れがサポートしていたのでそのまま通過。
少し走って「峠の駅」の先で警報を鳴らしながら走る救急車とすれ違いました。
あーあ、あの若者は骨折だったのかな?
せっかくの年末年始休暇が病院暮らしじゃかわいそう。慎重運転を肝に銘じて走り直しました。

    「ゲゲゲの鬼太郎ツリーハウス」の展望台にて
Kamo01

原田のコンビニで休憩のあとは、鶴舞で「ゲゲゲの鬼太郎ツリーハウス」に立ち寄り、その後、国道297号を山小川交差点で右折し、県道171号に入りました。
ところがこの道がヤバかったです。古敷谷の集落を経て県道81号に出る道ですが、路面凍結がハンパじゃありません。
日陰部分はほとんど濡れていて薄く凍結しているではありませんか。
走っていてタイヤが氷を割るチリチリチリ、、という音がしました。本来なら50km/h以上で快適に下れる坂も10km/h台で慎重に下る始末です。
案の上、車同士のスリップ衝突事故にナント2箇所も遭遇。
現場検証中のお巡りさんからも「この先も凍結してますから自転車気をつけてね!」と注意をうけましたが、うぐいすラインでの自転車落車事故を含めて3件も交通事故に出会うなんていやーな感じでした。

幸い、県道171号以外はひどい路面凍結にあうことなく清澄養老ラインを清澄山目指しました。
清澄山の登りも安房天津側からだと辛いですが、こちら側からだと登りも比較的ゆるいので風邪が完治していない身でも何とか登れました。
今回は先が長いので清澄寺参拝はパス。
登り坂を越えたとたん、太平洋のまぶしい陽光がパァー!と広がります。

    清澄山の下りは陽光が燦々と輝きます
Kamo02

適度な傾斜の坂道を快適に走り下ると安房天津に到着。
ここからはほぼフラットな道をオーシャンビューを楽しみながらの贅沢なサイクリングです。ここまで来た甲斐がありました。

    葛ヶ崎からのオーシャンビュー
Kamo03

天津にある葛ヶ崎で自転車を降りて一休み。
このあたりの磯は海が青くて本当にきれいです。
やがて外房黒潮ライン(国道128号)に合流したら、あとはひたすらペダルを回すだけ。
安房鴨川の市街を過ぎ、あんまり景色がきれいなので「青年の家」で再び休憩します。

    鴨川青年の家からの眺望
Kamo05

    仁右衛門島方面を振り返る
Kamo07

    上と同じ場所をミニチュア模型風に写してみました
Kamo06

まあ、このあたりまでは順調だったのですが、この先、走るにつれて疲れが出てしまいました。
あいにく今日の風向きは南西から西南西の方角から吹いてきます。
つまり完全向かい風状態で走ることに。
大して強くはないのですが、天津からずっとアゲインストだったので、ボディブローのように徐々に体力を消耗してきた感じです。
おまけに左膝に痛みが出てきて・・・。(泣)

    景色は最高なのですが、向かい風と膝に痛みが・・
Kamo08

予定では千倉を経て野島崎まで走り、そこから安房グリーンラインを北上して館山に向かうつもりでしたが、あきらめて南三原から直接館山駅に向かいました。
おかげで楽しみにしていた「華の蔵」のラーメンはおあずけに。
ラーメンは我慢できるけど、野島崎周辺のお花畑に会えなかったのが本当に残念。
コース中一番楽しい部分をスポイルしちゃうなんて勿体ないですよね。

    ようやくたどり着いた館山駅は南欧風?
Kamo11

そんなこんなで、左足に負荷がかからないように軽いギアを選びながらスロースピードでなんとか館山駅に到着。
ところが輪行支度を始めてすぐに1時間に1本の電車が発車しちゃいました。
ツイてない時はツイてないもんですね。

    館山駅前をミニチュア模型風にパチリ!

↑すいません。
デジカメを新しく買い換えたら付いていたおまけの機能です。(笑)

|

« TNiのCO2インフレーターを使ってみる | Main | 江月水仙ロード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« TNiのCO2インフレーターを使ってみる | Main | 江月水仙ロード »