« お気軽サイクリングで黄金アジ定食(房州・浜金谷) | Main | なかなかやるぞ千葉県も »

2011.12.05

なかなかやるぞ中房総の紅葉

Daihuku07

走ったコースとプロフィールマップを表示する

山登りを余暇の中心に据えていた頃、紅葉といえば日本アルプスでは9月中旬から10月上旬、八ヶ岳付近で10月上中旬、奥秩父、奥多摩あたりでも10月下旬といった頃が見頃でした。
11月に入ると富士山に冠雪があり、11月下旬からは冬山モードでアイゼントレに入るというのがいつものパターンでした。

12月に入ってから紅葉を楽しむなんていうことは考えたこともなかったなあ。
ところが、自転車を始めてからわかったことは、房総は12月上旬が紅葉の見頃だということ。

清和県民の森や清澄山、亀山ダム、養老渓谷あたりでも、さすがに中部山岳には見劣りするものの、なかなかの紅葉を楽しむことができます。
「関東で一番遅い紅葉」という開き直り気味のキャッチコピーも何となく楽しいですよね。

というわけで、紅葉の見頃をもとめて中房総周辺を走ってきました。
目的地は、大福山林道です。
大福山に自転車で上るのは今回で2回目。
前回(昨年)は亀山ダムからの裏道を上りましたが、誰にも出会わずに静かで良かったです。

そして今回は月崎からの北ルートです。
地図で眺めてもあきらかに勾配が緩くてオジサン向きです。尾根伝いに大福山まで向かうので展望も期待できそう。

アプローチは、例によってうぐいすラインからです。
うぐいすラインの終点(市原市原田)にあるコンビニをスタート地点にするといろいろな場所に行かれます。
自宅から原田のコンビニまでは約42kmあるので、ここを起点にしたサイクリングはおよそ100km以内というのが私にとっての限界範囲です。

    高滝湖畔にて(画像はクリックで拡大できます)
Daihuku01

原田から鶴舞を経て高滝湖に向かいました。
今日は風がやや強くて帰りは苦労しそうです。
高滝湖の湖面は薄茶色に濁っています。いつ来ても濁っているんだよなこのダム湖は・・。

ダムサイトの中央を横断して県道81号線に合流。
まっすぐ進めば養老渓谷へ導かれるこの道は、紅葉シーズンになると結構渋滞します。
まだ時間が早かったのでストレスなく走れました。
県道沿いの樹々の中には見事な紅葉に染まっているものもあって、目を楽しませてくれました。

    養老川沿いの車道からも見事な紅葉が・・
Daihuku02

やがて久留里方面の標識に導かれて月崎へ。
小湊鐵道の月崎駅を左に見て、なおも走ると県道32号線に合流し、しばしで左手に大福山林道の入口が現れました。

    大福山林道の上りはじめにある樹々の紅葉
Daihuku03

上り始めてすぐに色づきはじめた樹々が出迎えてくれます。
ペダルを回すのを止めて何枚かスナップを撮り、ふたたび上りはじめます。
勾配は5~7%といったところかな。還暦オジサンでも比較的楽に上がれます。

尾根上に出ると勾配もゆるくなり周囲の展望も開けてきました。
右手を見るとなにやら白いものが・・。

    中房総の山の中から眺める富士山です。
Daihuku04

立ち止まって目を凝らしてみたら真っ白な富士山でした。富士山の右手には奥多摩方面の山々も眺められます。
中房総の山懐で富士山や奥多摩に出会うなんて幸運でした。
左手には市原市民の森の豊かな森林帯が広がっており、中房総もなかなかやります。ホント。

いったん下ってふたたび登り返すとそこが大福山でした。
林道沿いに屋台も出ていてハイカーやドライブ客で賑わっていました。
こうなると自転車も少数派で居心地が非常に悪いです。
展望台をちょこっと見学したら早々に下りの途につきました。

    大福山展望台からは房総の山々が連なって見えました
Daihuku05

ところが養老渓谷駅への下り道には続々とハイカーや車が上ってきます。
もともとスピードは出せない急坂ですが、車のすれ違いのたびにストップしてしまい、神経をつかう下り道でした。
こんなことなら亀山ダム方面に下ればよかったと思ったけど後の祭りです。
紅や黄色の美しい紅葉の道が続くから仕方ないのかも知れません。

    大福山からの下り道にて
Daihuku06

さて、養老渓谷駅からは野見金山(ユートピア笠森)、秋元牧場を経由して自宅に戻るコースをとりました。
少しでも紅葉が楽しめればラッキーなので、ややアップダウン気味のコース設定です。(笑)
そんな努力の甲斐あって、野見金山の登り手前で見事な紅葉に遭遇できました。

    途中にあったトンネルも結構絵になります
Daihuku09

    里の紅葉風景もまた美しいものです
Daihuku10

とはいえ、さすがにお腹も減って力が入りません。
予定にはありませんでしたが、市津湖にあるレストラン「里の味」に寄り道しました。
田舎風手打ち天ぷらうどんを注文。
腹にしっかりとたまるのでありがたいですね。

    田舎風手打ち天ぷらうどん(これで700円は安い?)
Daihuku11

帰路は向かい風だったのでちょっと疲れました。
ほとんど下ハンを持っての運転だったので肩が凝っちゃったです。
帰宅後マッサージチェアのお世話になるところが還暦ライダーらしいですね。(笑)

|

« お気軽サイクリングで黄金アジ定食(房州・浜金谷) | Main | なかなかやるぞ千葉県も »

Comments

私も日曜日に大福山に上ってきました!
またまたニアミスだったんですね~。
同じく房総の紅葉を見に、君津から鹿野山~もみじロード~小湊~大多喜~大福山~久留里~君津というコースを走ってきました。
時間的には大福山に着いたのはPM2:00頃だったので、会うことはなかったと思いますが。
紅葉は見ごろで綺麗でしたが、しかし本当に大福山の人の多さにはビックリしました。
養老渓谷側から上りましたが、何度かハイカーと車に行く手をはばまれて足を着きそうになりました(^^;
そしてちょうど山頂に着いたときに、救急車と消防車が上ってきて騒然とした雰囲気になったのですが、ハイキングコースでハイカーの人が呼んだみたいで、救助隊が出動してました。(結局事故か病気かわからないうちに下りましたが。。)

Posted by: HINA | 2011.12.06 12:34 AM

HINAさん
こんにちは
しかしまあ、よくニアミスしますね。
山屋としての同じ血が流れているのかも。(笑)

私が大福山に着いたのは午前中だったのでお会いすることはできませんでしたが、よくもまあ養老渓谷駅側から上りますねー。
あちらの急勾配はハンパじゃないですよね。
お疲れさまでしたー。

房総の紅葉も終わりですね。
来週はどこに行こうかな?

Posted by: Nob | 2011.12.06 08:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« お気軽サイクリングで黄金アジ定食(房州・浜金谷) | Main | なかなかやるぞ千葉県も »