« 川村記念美術館から道の駅やちよへ | Main | ギョウザはおあずけだったけど・・ »

2011.08.29

散々な結果? 赤城山の試走

走ったコースとプロフィールマップを表示する

JR東日本のお得なキップである「スーパーホリデーパス」を利用して、赤城山に行ってきました。
このキップがどれだけお得かというと、私の住む千葉県内の駅から関東中部一円のエリア内を一日乗り放題で2,500円なのです。
今回は、行きは高崎まで(片道2,210円)、帰りは沼田から(片道2,940円)なので、5,150円かかるところを2,500円で往復できた計算になります。

残念ながら7~8月の土日限定なので、もうおしまい。
しかも、来年は発売されるかどうかわからないなあ。
なぜなら高速道路の休日1,000円に対抗して発売された感じがするので。
「1,000円高速」が終了しちゃったので、スーパーホリデーパスも危ういなあ。
JR東日本さん、ぜひ来年も年金生活者のためにお願いします。(笑)

さて、赤城山は昨年の10月以来2度目です。
わざわざ暑さの残るこの時期に再訪したのには訳があります。
9月に開催予定の「まえばし赤城山ヒルクライム大会」に出場する予定だから。
乗鞍のヒルクライム大会の参加抽選に外れたので、その代わりに気楽な気持ちでエントリーしたら、こちらの方は抽選に当たっちゃったのです。

コースは一度登っているとはいえ、大会がここで開催されるとは夢にも思わず、物見遊山モードで走ったものです。
どこがどうだったのか、さっぱり記憶にないので、ではもう一度走ってみるか。となった次第です。

早起きして、高崎駅に降り立つと早くも残暑の洗礼を受けました。
前橋とか高崎は関東でも有数の猛暑地帯なので先が思いやられます。
前橋まではほぼ一本道なので迷わずに行かれました。

    駅前からヒルクライム?
0828akagi01

やがて前橋駅前に到着すると、前回も見たわかりやすい道路標識が立っています。
「右、前橋駅、左、赤城山」
つまり駅からほぼ真っ直ぐに赤城山を目指せるのです。
県庁所在地からヒルクライムを楽しめる街もそうそうありませんよね。

    休日午前の前橋市街です
0828akagi02

で、今回の試走結果はといえば・・・
それが散々の結果でした。(泣)
昨年10月に無欲で走った時のタイムをGPSデータで確認したら1時間38分(ネット)。
で、今回は1時間44分。
だめだ、こりゃ。

    街中もけっこう勾配がありました。(左手のブロック塀に注目)
0828akagi04

試走してみて、改めて感じたことは二つです。
1.体力の低下。
2.斜度のきつさ。

50歳台と60歳台の違いは結構ありますねー。認めたくはないですが、これが現実です。
斜度のきつさと言えば、6月のMt.富士ヒルクライム(距離24km、標高差1,255m、平均勾配5.2%)に比べても一回りきつかったです。(距離20.8km、標高差1,313m、平均勾配6.4%)
料金所跡地からは、とうとう一度もフロントアウターで走れませんでした。

    ご褒美のソフトクリームはてんこ盛り(コーンの中までみっちり)
0828akagi06

    バイクスタンドもあってサイクリスト歓迎モードです
0828akagi05

それでも、登り切ったあとのご褒美は、総合観光案内所にあるソフトクリーム。
麓から自転車で登り切った人にはクリームをてんこ盛りでサービスしてくれるって、どこかの雑誌で読んでいたので、さっそく注文してみたら、「おおー!」。
クリームが倒れそうになるくらい大盛りにしてくれました。(笑)
おばちゃん、ありがとう。

下りは、前回同様に沼田まで。
つづら折れの坂道を下りきって、軽く登り返して、さらに下っていくと赤城山西麓の豊かな農地が広がってきます。
山麓に沿ってどこまでも続くキャベツ畑やトウモロコシ畑。
赤城山麓の特徴的な農村景観の広がりに感動の気持ちがわいてきました。

    どこまでも続くキャベツ畑
0828akagi09

    赤城山麓ののびやかな景色が広がります
0828akagi10

やがて、関越道の大鉄橋が見えてくると沼田市街はもうすぐです。
市街からは眼下に見える沼田駅を目指して最後の下りを楽しみました。

    関越道の道路橋が見えてきたらゴールは近い
0828akagi11

----------------------
7月、8月の走行距離は合計803km。
8,030円を被災地への義援金としてカンパしました。

|

« 川村記念美術館から道の駅やちよへ | Main | ギョウザはおあずけだったけど・・ »

Comments

こんにちは
5段盛りのソフトクリーム、さすがに食べ応えありそうですね。
麓から自転車で登ってきた人に与えられるご褒美っていうのが面白い。
それにしても、赤城山の勾配はきついですねー。

Posted by: 房総ローディ | 2011.08.30 12:28 PM

こんばんは
ハイ、ソフトクリームは本当に食べ応え満点でしたよ。
コーンの底の方までクリームが入っていて大満足でした。

それから、赤城山の勾配ですが、激坂はないのですが、急坂はずっとあります。(笑)
勾配の変化は少なく、一定の勾配で長く続く感じです。
だから、一息いれる区間が少ないのが泣きでした。

Posted by: Nob | 2011.08.30 08:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 川村記念美術館から道の駅やちよへ | Main | ギョウザはおあずけだったけど・・ »