« 私のMt.富士ヒルクライム(その1/前日まで編) | Main | 私のMt.富士ヒルクライム(その3/反省編) »

2011.06.13

私のMt.富士ヒルクライム(その2/当日編)

早朝4時に起床。いよいよ当日の朝を迎えました。
夜半にも雨が降り、路面の濡れ具合が心配でしたが、雨はあがり路面は半乾き状態です。

簡単な朝食をとり身支度をおえて5時過ぎにスタート会場に向けて自走で出発。
YHから会場までは約6.5km。アップにはちょうど良い距離ですね。
会場に着いたらすでに大勢の参加者で埋まっていました。
私のゼッケンは5000番台ですが、一番多い感じだなあ。

    会場に着いたらすでに大勢の参加者が・・
Mtfuji03

自転車にはサイコンと給水ボトル以外は何も付けていません。
じつは昨年の初出場の時、何も知らずに満杯のサドルバッグ(チューブ2本+タイヤレバー、ミニツールetc)に携帯ポンプまで付けて坂を駆け上がった苦い経験がありますので。(苦笑)

GIROのチームメンバーとお会いして挨拶をかわします。
今年はチームメンバーの参加は少ないとのこと。やはり悪天の予報が影響しているのかも知れません。
でも、知り合いの顔に接するとホッとします。
スタート時刻が近づいてくる中で、だんだんとモチベーションも上がってきました。

さて、今回の私のライバルはズバリ「昨年の自分」です。
昨年の記録(1時間34分11秒)を1秒でも超えられれば大満足。
たとえ超えられなくても、肉薄できれば「良し」とする気持ちです。
今年に入ってから色々とあってヒルクライムのトレーニングはほとんど出来ていませんから。
年齢も1歳重ねて体力の低下も無視できませんしね。

若い頃なら歳を重ねる毎に技術も成績も向上することが期待できますが、来月で還暦を迎える身としては、「現状維持」ができれば上々出来です。
したがって、目標は昨年の自己タイムということになるのです。

さて、いよいよスタート時刻となりました。
7時20分過ぎにピストルの合図でスタート。
最初はパレード区間なので気持ちをリラックスさせて走り出しました。
やがて、北麓公園からスバルラインに入るとすぐに計測が開始されました。

富士スバルラインの平均勾配は5.2%と比較的なだらかです。
これが私のような若葉マーク付きの自転車乗りにも受け入れられている所以ですが、とはいえ距離が24kmもあると結構しんどいものです。
特に最初の1/4ほどは平均勾配が6%以上あって、序盤から飛ばすと必ずバテるそうです。
それを聞いているので、私も遅いペースをさらに落とし気味にして走りました。
周りは結構速いのでどんどん抜かされてしまいますが、焦らずにマイペースで走りました。

すでに心拍は165前後を刻んでいます。
年齢から導き出す最大心拍数は、「220-年齢」で簡易的に割り出すことができますが、私の場合(220-60=160)なので、すでに最大心拍数のレッドゾーンエリア内で走っていることになります。
「ヤバイなあ」と思いつつも、特に異状も感じないのでこのままのペースを続けました。

最初のきつい1/4が過ぎて、緩勾配区間に入ります。一合目から二合目あたりかな?
やがてコースの半分にあたる12km地点を通過。サイコン上では46分50秒でした。
タイムを単純に2倍すると1時間33分40秒でゴールできることになります。
後半は、ほぼフラットな区間がありそこでタイムを短縮できますが、同時に疲れも出てくるので、差し引きするとあまり期待はできません。
でも、去年並みのペースで上がっていることがわかり、安堵しました。

応援太鼓の音が近づいてくると四合目下にある大沢駐車場に到着します。
ここで立ち止まって美味しい水をたっぷり飲みたい欲求にかられますが、ぐっと我慢して先を急ぎます。(って、ほとんど急いでいるようなスピードは出ていませんが・・・)

次のポイントは19kmから20km地点に設けられた山岳スプリット区間です。
最大勾配7.8%のこの区間でタイムを競うのですが、こちらは脚を着かずに通過できるかどうかが問題なのであって、タイムトライアルをする余裕なんて全くなし。

昨年の自分と少しだけ違うのは、ここまでの区間でフロントのチェーンリングをアウターに替えた回数が2,3度あったことでしょうか。
昨年は最後の平坦区間を除けば一度もアウターで走れませんでした。
少しは体力的に進歩したか? いや多分ホイールを替えたせいでしょう。(笑)

すでに心臓はバクバクの状態でしたが、難関の奥庭駐車場の登りを何とかクリアして、いよいよ待望の平坦区間(0~2%位?)です。
長さはどのくらいあるのかわかりませんが、おそらく2kmは続いているこの区間を30km/h以上のスピードを維持して走り抜けることができれば、記録短縮が期待できる場所です。

去年はここで結構がんばりました。
でも今年は、ここに至るまでにかなり体力を消耗しています。
フロントをアウターにチェンジして、リアも真ん中辺のギアに入れて、全力でがんばりました。(ホント)
スピード計時は20km/h台から徐々に上がっていき、スピードに乗って何とか33~34km/h台を維持します。
「脚が重てー!」乳酸出まくり状態が続くのがはっきり体感できます。
でも、がんばるしかないんですよね、この区間は・・

<五合目まで1500m>という道路標識を左手に認めた時点での時刻表示は1時間25分台。(たぶん)
「エー!あと1.5km?ここを5分以内で走れれば90分切り?」
疲れ切った身体ではありましたが、脳内ではめまぐるしく計算(打算?)をしました。
「1kmを3分で1.5kmを4.5分か? どうなんだ? 切れるのか? ダメか? やってみるか?」

やがて平坦区間が尽きて、とうとう最後の坂道が立ちはだかります。
この時点で、たしか1時間28分位だったかも。
スタッフの若い女性が大声で「がんばってくださーい!あと300mです!」と叫んでくれました。
「あと300m? ゴールはまだ見えないぞ!」
「脚が、脚が回らないよー!」

    待望の<FINISHLINE>です
Mtfuji06

ついにゴールの<FINISH>横断幕が視界に入ってきました。
前へ進もうとするのですが、脚が全然回ってくれません。
スタッフの人が「写真を撮りますからもっと笑顔でゴールして下さーい!」と叫んでいるのはわかりましたが、「バカヤロー!そんな気分じゃないよぉー!」という感じです。本人は。

多分ものすごい形相をしてなんとかゴールイン!!!
あわててサイコンのスイッチをストップすると、時刻表示は1時間29分台を示していました。
「やったー!!!」と歓喜の気持ちが湧きあがってきたのはずっと後のこと。
とにかく疲れてヘトヘトでした。
ヤバイです。
歳には勝てません。

    残雪の富士山が私たちをゴールで迎えてくれました
Mtfuji07

疲れ切った顔を見上げると、残雪の富士山が「ごくろうさん!だけどあんまり無理すんなよー」と笑顔で見ろしてくれているようでした。
富士山に言われなくても、もう、こんな無理はしたくないです。

(「その3/反省編」に続く)

|

« 私のMt.富士ヒルクライム(その1/前日まで編) | Main | 私のMt.富士ヒルクライム(その3/反省編) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 私のMt.富士ヒルクライム(その1/前日まで編) | Main | 私のMt.富士ヒルクライム(その3/反省編) »