« イベント参加3連敗 | Main | 乗鞍の落選通知 »

2011.05.29

チューブレスタイヤを嵌めてみました

Fusion3_01

四六時中、愛犬の看病をしているわけではないので、空いた時間を利用してチューブレスタイヤを初めて入れてみました。

予想どおり、いや予想以上に大変でした・・・(泣)
ネットで検索して、チューブレスタイヤの嵌めづらさは覚悟していたものの、ここまで辛いとは・・トホホでした。

さて、海外通販で購入したタイヤは、HUTCHINSON(ユッチンソン)のFusion3です。
注文の手違いで1本しか届かなかったのは誤算でした。

気を取り直して、とりあえず先に届いた1本だけ前輪(WH-7900-C24-TL)に入れてみました。
入れ方は、いろんなサイトに書かれているので割愛し、ここでは感想を中心に書いてみます。

Fusion3_03

まず、とにかく固くて入れづらいです。
特に最後の残り20cm位までくると素手では絶対に無理でした。
あらかじめ用意しておいたIRCの専用レバーを噛ましてみても、簡単にはいきません。
専用レバーを噛ましたら、少しづつ噛ます位置を狭めていきながらようやくパコッと入ってくれました。
この間、およそ45分間。(途中で新聞の集金が来て中断しましたが・・)

とりあえずタイヤが嵌ったら、最後にビードとリムの隙間に水で薄めた中性洗剤のスプレーをシュポシュポかけて、空気を入れておしまい。
空気を入れ始めるとパキッ、パキッと5~6回心地よい音がしてタイヤがふくらんできました。(この部分だけ爽快でした。)

いやはや、出先で不幸にしてパンクしたとして、応急的にチューブを入れるにしても大変な騒ぎになるのは必至です。(もちろん私の場合ですが。)
作業中、力を入れすぎて持病の肩痛がぶり返してしまいました。
この作業は私らアラ還世代には向きませんね。(ショップでお金を払ってでも入れてもらった方が楽です。)

パンクの不安からおさらばするためにはシーラントを入れる方法がベターらしいのですが、バルブコアを外すことができないSHIMANOのホイールの場合、これまた大変な作業が待っているらしい。
機会があれば、シーラント挿入作業の感想などもいずれアップしたいと思います。

--------------
結局、5月の走行距離は意外と伸びずに407km。
4,070円を東日本大震災義援金としてカンパしました。

|

« イベント参加3連敗 | Main | 乗鞍の落選通知 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« イベント参加3連敗 | Main | 乗鞍の落選通知 »