« たった2センチの魔法 | Main | なつかしの「山と仲間」 »

2011.05.02

箱根外輪山周回コースを歩く

Hakone10

歩いたコースとプロフィールマップを表示する

山の仲間たちと久しぶりにハイキングを楽しんできました。
場所は箱根の外輪山をなす三国山周辺です。
高校時代から山に親しんできた私ですが、箱根のハイキングは初めてです。
箱根というと、どうしても「温泉観光地」「ドライブ」という印象が強くて、登山やハイキングの対象として見たことはありませんでしたが、実際に歩いてみるとなかなか良い山だという印象を持ちました。
ただし、車や観光客との接点が多く「静かな山」を求める向きにはおすすめできませんが。
それでも、この季節にふさわしい山野草が咲きほこり楽しいハイキングでした。

朝8:30発のバスで小田原から桃源台へ。
箱根駅伝の山登りコースは車の渋滞でなかなか進みません。山登りの自転車乗りたちも結構いましたが、路肩も狭くちょっとあぶない感じです。車の混雑している休日は避けたいですね。
1時間以上かかって芦ノ湖畔の桃源台に到着。身支度を済ませて駐車場の脇からさっそく歩き始めました。(9:44)
北岸を回り込みながら水平歩道を湖尻水門、深良水門と歩を進めます。
深良水門からはいよいよ外輪山の登りにかかります。とはいえ石畳のゆるやかな道であっという間に稜線上の湖尻峠に到着しました。

    湖尻峠からの展望
Hakone02

南西方向の風が強い中を三国山に向けて南下する道は、背丈の高い篠竹が防風林の役目をしてくれるので体力的には助かりますが、展望は犠牲になってしまうので善し悪しかな。
また、登山道と並行して走る芦ノ湖スカイラインからの車(特にオートバイ)の騒音が気になります。これさえなければ箱根の山も好きになるのに…。
進行方向左手(東側)には樹林越しに芦ノ湖が眼下に広がります。高度が高まるにつれ今度は西側に富士山が見えてきますがあいにく下り坂の天気を暗示してか山頂部は雲に覆われていました。

    ブナの巨木帯
Hakone05

体感的には結構長く感じられる三国山の登りですが、周囲にブナの巨木が現れるようになると山頂は間近です。残念ながらブナの新緑はもう少し先。
たどりついた頂上からの展望はありませんがコバイケイソウの群落が目を和ませてくれました。花の時期にはさぞ美しいことでしょう。
三国山頂で昼食休憩。(11:21)
ヨーコさん持参のご馳走にHINAさん共々ご相伴させてもらいました。
ハイキングに豪華昼食、これはもう最高です。

    三国山頂はコバイケイソウの群落
Hakone06

外輪山周回コースはきつい登りはないけれどなかなか長いコースです。そういう意味で歩き応えのあるコースと言えます。
登山道を歩いていると、ヤマザクラやミツバツツジなどの樹木やミヤマカタバミやスミレ、ルリソウなど春の山野草がたくさん咲いていました。
これはうれしい誤算でした。時々立ち止まってはカメラにパチリ。箱根は花が豊富です。

    ルリソウがたくさん咲いていました
Hakone07

    ミヤマカタバミ
Hakone01

山伏峠にはドライブインがあり、良い休憩スポットになっていました。
芦ノ湖をはさんで対岸には神山から駒ヶ岳にかけての中央火口丘の山々が眼前に眺められ、展望もなかなか広大でした。

さらになだらかな上り下りを繰り返しながら海ノ平を経て道の駅「箱根峠」まで下っていきました。
途中、火山らしい雄大な山並みも見られ、奥多摩や丹沢とは違った明るい山容に箱根の山の魅力を感じることができました。
道の駅から箱根旧街道を経て箱根町のバスターミナルまでは下り基調の歩きやすい道を残すのみ。
無事にバスターミナルに下り立ちました。(14:47)

首都圏からほど近いアプローチの良さと、四通八達している観光道路のせいで山屋にとってはいささか訪れにくい山域ですが、山の持つ良さもたっぷりあるので季節を見極めてまた訪れてみようと思いました。

    山伏峠から芦ノ湖方面の展望
Hakone08


|

« たった2センチの魔法 | Main | なつかしの「山と仲間」 »

Comments

私は強羅の大涌谷から神山を登って駒ケ岳、帰路は神山の東側を帰る、という周遊コースが大好きです。
箱根登山鉄道があまりに混むので車で行きます。
以前カメラが壊れましたから。
帰りは、とんでもない裏道を通ります。

ヒメシャラがとてもきれいな道です。
ひざを痛めて下りがきつかったときは、帰りはロープウェーで芦ノ湖へ降りました。

Posted by: ぷーまま | 2011.05.05 08:36 AM

ぷーままさん こんにちは

神山、駒ヶ岳・・・ああ、中央にある山々ですね。
外輪山からよく見えました。

箱根って、この季節はとんでもなく混んでいるので、初冬の時期-富士山が雪をかぶった季節-に訪れてみようと思います。

それにしても、初めての箱根の山でしたが、お花がきれいだったのは収穫でした。

Posted by: Nob | 2011.05.05 05:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« たった2センチの魔法 | Main | なつかしの「山と仲間」 »