« 箱根外輪山周回コースを歩く | Main | 大山千枚田の田植え風景 »

2011.05.03

なつかしの「山と仲間」

Imgp2257rs「大型連休」といっても遠出は混むのでキホンは家の中です。
職場の若い人たちは仕事に出ているので、おおぴっらにレジャーの話もできないし・・

で、家の中を整理してたら、昔の山の雑誌が大量に出土しました。
その中の一冊が写真の「山と仲間」です。

労山(日本勤労者山岳連盟)発行の月刊誌です。
当時(70’~80年代)はヤマケイやガクジンと覇を競うように書店でも買えました。

何かの縁で、当時の編集部の人たちと仲良くなって、よく一緒に山登りも行きました。
だから、この雑誌には結構頻繁にモデルとして登場していたものです。
すると、「掲載誌」と称して無料で送られてくる。
山で一緒に遊んで、オマケに雑誌がタダで送られてくるのですから、なかなか良い感じでした。(笑)

おっと、お話が脇道にそれてしまいましたね。
表紙が印象的なので、写真で紹介しました。(写真をクリックすると画像が拡大します。)
この駅はたぶんJRの新宿駅なのでしょう。
あ、当時はJRじゃなくて国鉄でしたね。

待っている電車はむろん「2355」(ニーサンゴーゴー)でしょう。たぶん。
23時55分、新宿発の松本行き普通電車のことです。
私が山を始めた60年代後半から70年代にかけて、中央本線沿線の山に出かける際は、きまってこの電車でした。
北アルプス方面へは少し奮発して急行アルプスを使いましたが、八ヶ岳まではほとんどの登山者が「2355」でした。

だから週末の車内は大混雑です。
どっか別のホームに並ばせられて、そこから順番に発車ホームまで案内されました。
みんなまじめに列を乱さないで車掌さんの後からついていったけ。

それにしても、この表紙に写っている人たちの表情も良いですねえ。
暗い表情の人って一人もいないもん。
時刻表を説明している車掌さんの足下には石油ストーブなんか置いてあったりして・・・。
霜降りのニッカーをはいたお兄さん。
ピッケル持ってどこの山に行くんだろう。
5月号の表紙だから、八ヶ岳や北アルプスなんだろうな。

ああ、おれも自転車なんかで遊んでいる場合じゃないぞ。
やっぱ連休は春山でしょう!
標高3,000メートルの雪稜にトレースを刻んで一歩一歩歩んでいく。
やっぱり山はいいなあ。
行きたいよ~~~!

|

« 箱根外輪山周回コースを歩く | Main | 大山千枚田の田植え風景 »

Comments

Nobさん、御訪問有り難うございました。
今年還暦ですか??ほとんど同年代ですね。(私のほうがちょっとだけ若いですが・・笑)
私のブログのCategory Archives の登山を、スクロールして一番下から見ていただけると、ちょっと面白いと思います。
http://www.obakappu.com/archives/cat_c.html
古い写真から思い出して、当時のハチャメチャな登山を書いています。(上から読むと新しい方からもどることになってしまうので。)書いてみたら、けっこう面白かったのですよ。

Posted by: ぷーまま | 2011.05.03 07:12 PM

ぷーままさんの勇姿は、紹介してくださったURL上にてたっぷりと拝見しました。

うーむ。
なかなかのカミカゼ登山だったんだ。
たしかにハチャメチャです。(笑)

ところで、北岳は私も大好きな山の一つです。
ぷーままさんのように厳冬期は登ったことがありません。
厳しい中にも充実感あふれる山行ができるのでしょうね。

Posted by: Nob | 2011.05.05 05:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 箱根外輪山周回コースを歩く | Main | 大山千枚田の田植え風景 »