« 映画「岳」を観てきました | Main | イベント参加3連敗 »

2011.05.16

海と坂と湖と富士

Hakone07

走ったコースとプロフィールマップを表示する

お天気の良かった日曜日、今シーズン初の往復輪行サイクリングを楽しんできました。
千葉県内の山は最高峰でも愛宕山の標高408mなので、スケール感において1,000m以上の山がある地域には及びません。山好きのNobとしてはそれだけが残念なのです。
そこで、アラ還若葉マーク付き世代でも楽しむことの出来るヒルクライムコースとして選んだのが、箱根の大観山(椿ライン)です。
距離20km、標高差1,000m平均勾配5%は、富士スバルライン(距離24km、標高差1,250m平均勾配5.2%)を一回り小さくした位でしょうか。昨年Mt.富士ヒルクライムに初出場したNobとしてはぜひ登ってみたいコースです。
ついでに、まだ訪れたことのない真鶴半島の岬めぐりも入れて、「海と坂と湖」それにお天気が良ければ雄大な富士の絶景も期待できるてんこ盛りコースにしてみました。
って、コース設定はニッカンスポーツのコースガイドのパクリですが。(笑)

幕張本郷駅発6時22分の電車に乗ると8時45分には小田原駅に着きます。
2時間20分という所要時間は自宅から南房総の館山駅までとほぼ同じです。箱根の登山口は千葉からも意外と近いのです。

駅前にあるコインロッカーには先客の自転車乗りたちが自転車を組み立てていました。ここは広いし通行人の邪魔にもならない場所なのでグッドです。ここで余分な荷物をロッカーに預けていざ出発。
左手に相模湾を眺めながら国道135号線をひた走り、途中から旧道に入ります。
旧道はアップダウンを繰り返しながらかなり高い地点を通るため疲れますが、こちらの方が車が断然少なくて走りやすいです。

    真鶴半島が近づいてきました
Hakone02

相前後して自転車乗りたちが同じ旧道を走っています。ついつい速い自転車に追いつこうとして自分のペース以上に走ってしまい、すでに心臓バクバク状態です。こういうところがビギナーのビギナーたる所以なのです。(反省)
でも周りの景色は最高です。山の斜面には柑橘類の段々畑が広がっているし、眼下には太平洋が眺められます。つらい登りも忘れる景色です。

やがて下りきると真鶴駅。ここで、直進するローディたちと別れて左折してガードを潜り、少し戻って真鶴半島に向かいました。
お恥ずかしい話、真鶴半島は初訪問です。小さな岬なので存在は知っていたものの実際に足を運んだことはありません。

    相模湾の向こうには丹沢山塊が・・・
Hakone03

半島内の道路は小さなアップダウンの繰り返しで、これまたお疲れモードになりますが、とにかく景色は最高です。特にうれしかったのは丹沢山塊が相模湾を隔てて洋上に浮かんで見えること。大山や表尾根などが意外と大きく眺められ、疲れを忘れさせてくれます。
半島の先端まで走って、今度は西側の海岸沿いを進みます。伊豆半島や初島、伊豆大島などが目と鼻の先に浮かんでいて、これまた最高の景色です。ふだん目にする南房総の海岸線に比べると海辺の景観により変化があるように感じました。(いや、もちろん南房総も良いですよ!)

半島をぐるっと一回りしたらいよいよ大観山までのヒルクライムです。
国道135号線を湯河原で分かれて、県道75号線に入りますが、ここからの20kmが登り坂コースになります。
最初のうちは湯河原市街を通るため信号や車の流れでうまく走れませんが、しばらく行くと車も少なくなり勾配もだんだん強まってきました。
奥湯河原温泉あたりからは結構急な登りも現れてきて、温泉街を過ぎると本格的な椿ラインの登りに入ります。
このあたりからは平均5.5%ということですが、当然8~9%の箇所もあってアラ還世代にはきついなあ、というのが実感です。途中、20~30歳代の若者たちに何人も追い越されました。中には若い女性ライダーにも抜かされてちょっと悔しかった。

    レーダードームが見えてくるとあと少し
Hakone04

それでもめげずにがんばってペダルを回していくうちに視界も良好となり、ようやく大観山頂(正確には山頂ではありませんが)にある駐車場にゴ~~~ル!所要時間は約1時間23分。
うーむ、もう少し早く到着するつもりだったのに・・・へたれ脚がバレてしまいました。

たくさんのローディたちと同じく大観山の山名標識で記念撮影。いやあ、眼下に広がる芦ノ湖と遙か高みにそびえる富士山が最高のマッチングです。外国人が大喜びする風景です。
芦ノ湖の背後には先月末に歩いた三国山をはじめとする外輪山が屏風のように連なっています。新緑も最盛期を迎えて、最高の季節に登って来られたことに感謝しました。

    箱庭のような美しさですね
Hakone05

さて、帰路は往路を戻るのも一案ですが、芦ノ湖東岸沿いの道を通って仙石原から小田原に下ることにしました。
大観山から元箱根までの下り道は富士山と芦ノ湖を右手前方に眺めながらの絶景ダウンヒルです。大観山の登りの辛さを忘れさせてくれる道でした。

    ダウンヒルの途中でパチリ
Hakone06

    芦ノ湖畔にて
Hakone08

芦ノ湖畔で簡単な昼食をすませて、小刻みにアップダウンのある道を東岸沿いに走り、桃源台から仙石原へ。これで先月末のハイキングと合わせて芦ノ湖一周をウォーキングと自転車のコラボで果たしたことになります。(笑)
仙石原からは車の多い国道138号線と国道1号線を使って小田原へ。通行量の多いところに加えて急な下りもあるため神経をつかう道でした。できれば避けたい道だな、というのが実感です。

    仙石原を高速?巡航中です
Hakone09

それでも14時過ぎには無事に小田原駅着。
自転車を輪行バックに入れて、おみやげの蒲鉾を買って車窓の人になりました。

|

« 映画「岳」を観てきました | Main | イベント参加3連敗 »

Comments

この前の箱根の山登りのときにおっしゃっていたプランを早速実行されたのですね。
とっても綺麗な景色でうらやましい!
昨日は風は強くなかったですか?
私のほうは埼玉ブルベ、延々向かい風でヘロヘロになりました。

Posted by: HINA | 2011.05.17 12:19 AM

HINAさん おはようございます
お互いにお疲れ様でした。
小田原は例の割引切符が使えるうちにと、行ってきました。
なにしろ2000円で往復できるのですから。(笑)

ところで、埼玉ブルベって、この間話してくれた埼玉から磐梯山までの往復600kmですか?
すげー! 向かい風の中を本当にお疲れ様でした。

Posted by: Nob | 2011.05.17 08:25 AM

Nobさん、ステキな写真ですね~
本当に芦ノ湖を一周なさったことになりますね。
一昨日はいいお天気でしたね。
私もダンナと赤城山にアカヤシオを見に行ってきました。素晴らしかったです。

Posted by: ヨーコ | 2011.05.17 10:01 PM

ヨーコさん こんにちは
箱根は、先月末にヨーコさんが企画してくれたハイキングが大いに役立ちましたよ。
事前に出かけていたことで土地勘があって、とても助かりました。
おっしゃるとおり、芦ノ湖一周を果たしましたが、なかなか良かったです。
秋にまた出かけたいですね。同じ箱根の外輪山である明星が岳、明神が岳あたりなんか・・・

赤城山も良かったとのこと。
いまは新緑とツツジの最盛期。山はどこも最高ですね。

Posted by: Nob | 2011.05.18 12:21 PM

お久しぶりです。
相変わらず走ってますねー。
富士山と芦ノ湖の景色が本当にきれいです。
ヒルクライムで大汗をかかないと得られないご褒美ですね。お疲れさまでしたー。

Posted by: 房総ローディ | 2011.05.22 10:28 AM

房総ローディさん こんばんは
この土日は自転車に乗らないでじっとしてました。(笑)
土日の両日とも走らなかったのは久しぶりでした。

今日は都心の虎ノ門、赤坂、日比谷あたりを散歩してきましたが、自転車乗りたちがたくさんいましたよ。

Posted by: Nob | 2011.05.22 08:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 映画「岳」を観てきました | Main | イベント参加3連敗 »