« いつもどおりに | Main | さらば愛しのアイテムたちよ »

2011.04.02

うぐいすラインから鹿野山、浜金谷へ

Kanaya03

走ったコースとプロフィールマップを表示する

東日本大震災後はじめてロングライドに出かけてきました。
千葉県内でも被災地域は広範囲にわたっており、その後処理で追われる日々が続いていますが、ようやく土日の二日間とも休めるようになったので思い切って出かけた次第です。

出がけから南寄りの風があり、南に向かうのがためらわれましたが、とにかく出発しました。
国道357号線を浜野までたどり、茂原街道に入ってうぐいすラインを目指します。
適度なアップダウンの連続するこの道は私のお気に入りです。中房総地域にサイクリングに出かける際はよく使っています。
原田にあるセブンイレブンで1回目の休憩。

ここから高滝ダムを経由して小湊鉄道の月崎駅を経て久留里までがんばります。
この辺から南西寄りの風が強まり、ほとんど向かい風状態。
トレーニング不足を痛感しつつも、秋元郵便局前から本コース最大の激坂である鹿野山の登りに突入しました。
サイコンの勾配計は10から13%をずっと指しています。

    鹿野山の九十九里谷公園にて
Kanaya01

足が重い、息が切れる、風が強い、自転車が前に進まない、、、
悔しいけど足つくかなー、と真剣に思う頃ようやく九十九谷公園に到着。
秋元郵便局からここまでナント21分もかかってしまいました。(泣)
前回の記録が18分30秒だったので2分半も遅れています。出発からほぼ向かい風状態だったのでかなり足にきてたみたいです。

    マザー牧場は菜の花が満開でした。
Kanaya02

マザー牧場前で写真を撮ったら後は下るだけです。
なかなかの急坂に減速しながらおっかなびっくり下りました。
ここのところ仲間内で落車事故が多いので慎重になってしまいます。

鹿野山を下りきってから東に向かい、今度は「もみじロード」に入りました。
ここは昨年の秋に一度走りました。
ゆるやかな登り基調の道が続きますが、今日は向かい風のためしばしばフロントをインナーに入れてゆっくり登ります。
途中、「清吾桜」と名札のある早咲きの桜が満開でした。
あまりにもきれいなので立ち止まってパチリ。

    もみじロードにあった満開の「清吾桜」
Kanaya04

ようやくもみじロードを抜けると長狭街道に合流しました。
ここを越えれば内房の保田に出ます。南西風に逆らいながら下ハン持ってハアハアゼイゼイ。
やがて館山道を過ぎれば待望の内房の海に出ました。
時刻はすでに13時を回っています。ここから近い海鮮料理のお店は「ばんや」ですが、ぐっと我慢して浜金谷まで走ります。腹ぺこで目が回りそう・・・

ようやく見えてきました。本日の昼食場所「かなや」が。
テレビの旅行番組なんかでたびたび紹介されているのでいつか訪れてみたいと思っていました。
14時近かったので店内は比較的空いていました。
さっそく注文したのが「ネギトロ丼」(1050円)。美味しかったですよ。
何人かでくれば貝焼きセットなんかも美味しそう。次回はぜひ食べたいメニューです。

    「かなや」で昼食
Kanaya05

帰りは竹岡駅まで走って輪行で帰りましたが、北に向かう道は追い風だったのでもう少し走りたかったけど、実際には足にきてたから無理かな?
それにしても、走っていても東北の被災者のことが頭から離れません。
こうして休日にサイクリングができる己の境遇に感謝しなければいけませんね。

本日の走行距離:121.3km
義援金として1,213円を募金しました。

|

« いつもどおりに | Main | さらば愛しのアイテムたちよ »

Comments

こんにちは
土曜日は暖かかったものの南寄りの風がけっこうありましたね。
冬物のジャージで走ったら汗だくでした。(笑)
最初の写真はきれいですねー。
太平洋に見えますが、文章を読むと東京湾(内房)なのかな?

走った距離に10円を掛けた金額をカンパするアイデアは素晴らしい!

Posted by: 房総ローディ | 2011.04.03 06:03 PM

房総ローディさん コメントありがとうございます
写真の海は内房海岸です。
保田から金谷に向かう途中から撮りました。
たしかに外海っぽい感じがしますね。

気持ち的にはサイクリングやその模様をブログで公開するのはちょっとためらわれますが、「いつもどおり」の気持ちでいくしかないと思っています。
これからもヨロシクです。

Posted by: Nob | 2011.04.03 09:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« いつもどおりに | Main | さらば愛しのアイテムたちよ »