« March 2011 | Main | May 2011 »

2011.04.29

たった2センチの魔法

Nagara01

走ったコースとプロフィールマップを表示する

ショップのオーナーの勧めもあり、ハンドルを2センチ狭いものに替えてみました。
いままでのハンドル幅は42センチ。
それを40センチ幅のハンドルに交換したのです。

今までなんとなく幅広だなあ、って感じていたのですが、ショップに立ち寄った際にオーナーさんがズバリ「ハンドル幅が広いんじゃない?」とアドバイスをくれました。
さすがですね。

Nagara02

私の場合、38センチでも良いらしいのですが、いきなり4センチはきびしいので40センチ幅に交換してみました。
取り替えてわかったことは、疲れなくなったこと。
たった2センチの違いで疲れが全然違うんですよね。
ハンドルの切れも良くなったし。

というわけで、今日は交換したハンドルで午前中走ってきました。
ついでにバーテープを白色に変えてみて気分転換を・・・。
長柄町役場で、上総中野まで走り小湊鉄道の全駅を巡ってくる予定の仲間達を見送り、帰途につきました。

周りの景色も桜からツツジの季節になっています。
田んぼは田植えが真っ盛り。
さわやかな春風を肌に感じながら、短いながらも軽快なサイクリングを楽しめました。

Nagara03

--------
走行距離は90km。
義援金として900円をカンパしました。

| | Comments (0)

2011.04.26

お天気に誘われて袖ケ浦海浜公園へ

R0012333s

走ったコースとプロフィールマップを表示する

今日は朝から絶好のサイクリング日和。
で、自転車仲間と袖ケ浦にある海浜公園を訪れました。

ツーリングリーダーはtodoさん。
相変わらず絶妙のペース配分のおかげで、まったく疲れることなく走ることができました。
途中通った平成通りは小さなアップダウンがあるものの道幅が広く走りやすく、この方面へ向かう際にはお勧めです。

訪れた袖ケ浦海浜公園は、工場地帯のどん詰まりにあります。
公園までのアプローチには椰子の木(たぶん)が植栽されていて何となくトロピカルな雰囲気でgood!
展望台の他は何もありません。
何もないのが取り柄かも知れません。

    気持ちの良い海の公園
R0012341s

今日は晴れていましたが、やや春霞が出ていたので丹沢や富士山を眺めることはできませんでしたが、展望台に登ると東京スカイツリーや横浜のランドマークタワー、間近にはアクアラインを見ることができました。
こうして心地よい潮風を受けて対岸の景色を眺めていると、200km北で原発の深刻な被害が続いていることもうっかり忘れてしまうほどです。いかん、いかん。

昼食は、久留里線の横田駅にほど近い四川大飯店に向かいました。
ここのお店の担々麺は評判だとか。
コースからやや外れていますが、食べる価値があるということで立ち寄った次第。
たしかに「美味い!」

R0012343s

ごま風味の濃厚で辛みの効いたつゆが、こしの強い細麺にうまくからんでくれて本当に美味しいんです。
くせになって通い込む人の気持ちもわかります。
ただ、個人的にはやや少ないかな。
もう少し量が多いと文句なしなんですが。(そのあたりは好き好きですが。)

さて、お腹も満たされたらあとは帰路につくだけ。
県道145号から143号に入り立野街道を市原目指して北上しました。
帰りは風も順風になり気持ちの良いサイクリングが楽しめました。

それにしても、担々麺、美味しかったなあ。

-----------------------
本日の走行距離は110km。
義援金として1,100円をカンパしました。

| | Comments (2)

2011.04.18

うぐいすラインから野見金山、秋元牧場へ

Sunday08

走ったコースとプロフィールマップを表示する

日曜日朝のGIRO練習会。
久しぶりに出てみようかな、と思いつつも前夜遅くまでいろいろあって結局寝坊してしまいました。
震災後、仕事が忙しくなり平日の疲れが抜けないのも一因かな。

グズグズしてたら8時過ぎに。
お天気はさわやかに晴れ渡っているので、重い腰をあげて2時間遅れで出発しました。

コースは前日までに知らされていたので、Edge705のナビにインストール。
大宮のスリーエフを起終点にして、うぐいすラインから野見金山を経由して秋元牧場を登り、瀬又から外房有料経由で大宮までの70kmです。
「朝練」にしてはかなりロング&ハードだなあ・・・(苦笑)

風はひんやりしていますが湿度が低くさわやかな空気が気持ち良いです。
アップダウンが続くうぐいすラインから原田のコンビニで1回目の休憩。
ここから鶴舞に駆け上がり、大多喜街道に出てしばらくで県道142号線に入りました。この道は初めて走りますが、里山の景観が美しく走りやすい道です。

小さなトンネルを通過して下ったところにある分岐(ユートピア笠森の看板あり)を見失い、そのまま真っ直ぐ走ってしまいましたが、引き返して野見金山への登りに入ります。

    小さなトンネルを通過する
Sunday01

    野見金山への登り道にて
Sunday02

このあたりの谷津田では田植えの準備の代かき作業が最盛期を迎えていました。
周辺に広がる里山には若葉が芽吹き始めていて、田んぼに張った水とのコントラストが美しいです。
そういう目に優しい風景に励まされて、はじめての登りを峠までがんばります。
割とあっけない感じで登り切ったらあとは緩いアップダウンを繰り返しながら下り基調の道に変わりました。
ユートピア笠森(現在休館中)までの途中の景色は緑に囲まれてなかなかのものです。
下りてからも田園地帯がひろがり、田植えを終えたばかりの田んぼが広がっていて目を和ませてくれました。

    野見金山付近の谷津田風景
Sunday04

    田植えを終えたばかりの田んぼが美しい
Sunday05

下りきって出会った広い道が国道409号線(房総横断道路)。
ここを横切り、次の目標である秋元牧場に向けて走ります。このあたり、車の通行も少なくてサイクリングには最高の道が続きます。
秋元牧場の登りは何回か経験済みですが、できれば避けたい道。(笑)
短いながらも11~12%のきつい登りが続きます。
ハアハアゼイゼイしながら登り切り、左に折れて牧場内に入りました。
花見客もけっこういましたが、期待していた桜並木は盛りが過ぎていてがっかり。
牧場内では家族連れと馬たちが戯れていました。

    秋元牧場にて
Sunday07

この辺まで来たら後は勝手知ったる田舎道を瀬又を抜けて誉田から外房有料経由で大宮に戻るだけなので安心しました。
瀬又にあるサンクスそばを流れる村田川には大きな鯉のぼりがいくつも翻っていて楽しい風景が広がっています。
もうすぐ5月。
被災地の復旧は緒についたばかりでしょうが、一日も早い復興を願わずにはいられません。

--------
走行距離は土日と合わせて153km。
義援金として1,530円をカンパしました。

| | Comments (0)

2011.04.16

吉高の大桜

Imgp2192rs

今年も行ってきました。
印西市(旧印旛村)吉高の大桜。
樹齢300年以上のヤマザクラです。

3月11日の大地震。
このあたりは千葉県内でも最大の震度(6弱)に見舞われた地域です。
大桜のすぐ近くにある印旛沼は道路に陥没や亀裂が入り、甚大な被害がありました。
それだけに老木の大桜が心配でしたが、見事な満開模様を目の当たりにして安心しました。

いつもの時期にいつもの花を咲かせてくれる。
あたりまえの自然の営みなんでしょうが、今年に限っては本当に感動します。
桜の木の前に立つと、なにか勇気が湧いてきます。

樹齢300年以上といえば、生まれはちょうど元禄時代の頃。
史上名高い元禄大地震もきっと経験しているはず。
地震に限らず台風や大風、落雷などさまざまな自然災害を幾たびもくぐり抜けてきた偉大な樹。
これからもずっと私たちを見守っていてほしいものです。

Imgp2197rs

Imgp2201s

Imgp2202rs

| | Comments (2)

2011.04.09

さらば愛しのアイテムたちよ

Grigri01

今日は朝から強風が吹きまくり、雨もパラパラ・・
GIROの朝練も中止になったし、こういう日に自転車に乗って出かけるという気にはなれませんね。

そこで、気分を変えて山道具の整理をすることにしました。
四畳半の物置同然にしている部屋の中には愛しの山道具たちがたくさんあります。
寝袋が3個、ザックだけで5~6個、ピッケル3本にアイゼン3個、ザイル3巻、アイスバイルにアイスハンマー、クライミングギアは数え切れないほどに・・
みなそれぞれに思い出が詰まっていて、使わなくなったからといってすぐにポイという気持ちにはなれません。
こまったものです。

しかし、まだまだ現役で使えるものが使われないで放置されているのは忍びないですね。
いままで「山道具だけはオークションにかけまい」と思っていましたが、道具たちが新しい持ち主によって活躍の場が与えられるのなら、絶対にその方がいいよなあ、と考え直しました。

とりあえず少しずつ・・
たぶん、私の手元にあっては出番が来ないであろうアイテムたちを送り出すことにしました。
まずは大型ザック、アブミ、確保器、ナッツ類など。
出品したとたんにアクセス数が上がり、ウォチリストへの登録も急上昇中です。
クライミングってブームなんだなあ。
出品して良かった。

売り上げの一部は、もちろん義援金にカンパです。

    クライミング用のナッツ類
Imgp2157s


| | Comments (0)

2011.04.02

うぐいすラインから鹿野山、浜金谷へ

Kanaya03

走ったコースとプロフィールマップを表示する

東日本大震災後はじめてロングライドに出かけてきました。
千葉県内でも被災地域は広範囲にわたっており、その後処理で追われる日々が続いていますが、ようやく土日の二日間とも休めるようになったので思い切って出かけた次第です。

出がけから南寄りの風があり、南に向かうのがためらわれましたが、とにかく出発しました。
国道357号線を浜野までたどり、茂原街道に入ってうぐいすラインを目指します。
適度なアップダウンの連続するこの道は私のお気に入りです。中房総地域にサイクリングに出かける際はよく使っています。
原田にあるセブンイレブンで1回目の休憩。

ここから高滝ダムを経由して小湊鉄道の月崎駅を経て久留里までがんばります。
この辺から南西寄りの風が強まり、ほとんど向かい風状態。
トレーニング不足を痛感しつつも、秋元郵便局前から本コース最大の激坂である鹿野山の登りに突入しました。
サイコンの勾配計は10から13%をずっと指しています。

    鹿野山の九十九里谷公園にて
Kanaya01

足が重い、息が切れる、風が強い、自転車が前に進まない、、、
悔しいけど足つくかなー、と真剣に思う頃ようやく九十九谷公園に到着。
秋元郵便局からここまでナント21分もかかってしまいました。(泣)
前回の記録が18分30秒だったので2分半も遅れています。出発からほぼ向かい風状態だったのでかなり足にきてたみたいです。

    マザー牧場は菜の花が満開でした。
Kanaya02

マザー牧場前で写真を撮ったら後は下るだけです。
なかなかの急坂に減速しながらおっかなびっくり下りました。
ここのところ仲間内で落車事故が多いので慎重になってしまいます。

鹿野山を下りきってから東に向かい、今度は「もみじロード」に入りました。
ここは昨年の秋に一度走りました。
ゆるやかな登り基調の道が続きますが、今日は向かい風のためしばしばフロントをインナーに入れてゆっくり登ります。
途中、「清吾桜」と名札のある早咲きの桜が満開でした。
あまりにもきれいなので立ち止まってパチリ。

    もみじロードにあった満開の「清吾桜」
Kanaya04

ようやくもみじロードを抜けると長狭街道に合流しました。
ここを越えれば内房の保田に出ます。南西風に逆らいながら下ハン持ってハアハアゼイゼイ。
やがて館山道を過ぎれば待望の内房の海に出ました。
時刻はすでに13時を回っています。ここから近い海鮮料理のお店は「ばんや」ですが、ぐっと我慢して浜金谷まで走ります。腹ぺこで目が回りそう・・・

ようやく見えてきました。本日の昼食場所「かなや」が。
テレビの旅行番組なんかでたびたび紹介されているのでいつか訪れてみたいと思っていました。
14時近かったので店内は比較的空いていました。
さっそく注文したのが「ネギトロ丼」(1050円)。美味しかったですよ。
何人かでくれば貝焼きセットなんかも美味しそう。次回はぜひ食べたいメニューです。

    「かなや」で昼食
Kanaya05

帰りは竹岡駅まで走って輪行で帰りましたが、北に向かう道は追い風だったのでもう少し走りたかったけど、実際には足にきてたから無理かな?
それにしても、走っていても東北の被災者のことが頭から離れません。
こうして休日にサイクリングができる己の境遇に感謝しなければいけませんね。

本日の走行距離:121.3km
義援金として1,213円を募金しました。

| | Comments (2)

« March 2011 | Main | May 2011 »