« 帰宅困難 | Main | 印旛沼サイクリングロードの惨状 »

2011.03.14

自転車の敵は自転車?

今朝は「計画停電」の影響で朝から電車が止まってしまいましたね。
会社に向かうあらゆるルートが途絶えたので、引き続き自転車通勤です。
でも、もう慣れました。(笑)

職場に向かうため、車の渋滞を避けながら慎重に走っていると、前方の信号で私の目の前で自転車同士の衝突事故に偶然遭遇しました。

赤信号を無視して突っ込んできた自転車が、青信号で走り出そうとしていた別の自転車を直撃したのです。
ぶつけられた自転車を運転していたおじさんが路面にたたきつけられて頭部から血を流して倒れています。
幸い意識があるようなので、すぐに止血をしてその場で横になってもらい、付近の人にすぐに救急車を呼んでもらいました。
ぶつけた方は若いサラリーマン。
オロオロしながら小さくなっています。
やがて救急車が到着して無事に搬送されました。
被害者のおじさんもかっこいいGIANTのクロスバイク乗りでしたが、残念ながらノーヘルメットでした。
ヘルメットを被っていたら頭部損傷はかなりの確率で防げたと思われる事故でした。

ヘルメットの問題はともかく、街に急激に自転車通勤者が増えたため、自転車による危険運転が横行している事態になっています。
特に危険なのは、車道の右側通行と信号無視ですね。
私もロードバイクを買う前、つまりママチャリオンリーの1年半前までは、自転車の右側通行、信号無視、無灯火走行の最悪3拍子を普通にやっていたクチなので大きな顔はできませんが、この最悪3拍子を今でもやっている人の何と多いことか。

明日は泊まり勤務なので今夜は早めに帰宅できたのですが、帰りがけに危うくぶつかりそうになった若い女性は本当にひどかったです。
何しろ、夜間無灯火車道逆走(右側通行)信号無視携帯しながら運転の最悪4拍子だったのですから。
怒る気も失せ、しばし呆然という感じでした。
街灯がなく暗い道だったので本当に危なかった。

自転車通勤の敵は自転車なんですね。
皆さん、くれぐれも気をつけましょう。

自転車走行に関しては、ヒキタさんのメルマガがとても参考になります。
http://www.melma.com/backnumber_16703_5131688/

    私の愛車です。
201103141606001s


|

« 帰宅困難 | Main | 印旛沼サイクリングロードの惨状 »

Comments

私も今日は都心方面へジテツーでしたが、自転車多かったです。
危ない場面には遭遇しませんでしたが、信号無視は当然のように多かった。
明日以降も京葉線が動かなければ、しばらくはジテツーです。

Posted by: HINA | 2011.03.14 11:48 PM

HINAさんもジテツーですか。
たまに自転車通勤も良いですね。雨の日はいやですが・・
自転車通行の基本原則をかっちり守って、お互いにくれぐれも気をつけましょう。

Posted by: Nob | 2011.03.15 06:25 AM

はじめまして。
知り合いのTwitterからきました。
私も偶然ですが同じニックネームを使っています。

「ママチャリオンリーの1年半前までは、...悪3拍子を普通にやっていたクチなので...」と書かれてありますが、今そうではなくなったのはどうしてなのでしょうか。
同じ考え方を今違反している人達に伝えれば、少しづつNobさんと同じようになっていくように思えます。
私はママチャリはほとんど乗ったことがなく、中学生の頃からスポーツ車に普通に(車道左側通行)乗っていたので、自転車で右側通行や信号無視をする人の気持ちがわかりません。
歩行者と同じ感覚で右側通行、歩行者の時も信号を守らないので自転車でも同じということなのでしょうか???

Posted by: Nob | 2011.03.15 09:59 AM

同じニックネームのNobさん はじめまして!

するどい指摘ですね。
どうしてなのか私にもうまく言えませんが、
1.自転車を自動車と同列に同じ道交法の対象とすることに違和感があったこと。
2.自転車に乗っていると歩行者と同じ感覚になってしまうこと。(誰も見てないなら渡っちゃえ!)
3.その結果、歩行者と同じで右側通行の方が安全であると錯覚してしまう。
といったところでしょうか。
しかし、自転車は立派な車両ですし、事故になった時のダメージも加害側でも被害側でも大きいですね。
ママチャリ運転時代の悪習から更正した者?として、これからはブログ上でも自分なりに啓発していければと思っています。

Posted by: Nob | 2011.03.15 12:41 PM

ご回答ありがとうございます。

やはりママチャリに乗っている人は歩行者感覚の人が多いようです。実際はゆっくり走っているつもりでも普通に走っていれば歩行者の4倍(時速16km)以上のスピードは出ているはずですから、車両と言う認識を持ってほしいですね。

Posted by: Nob | 2011.03.18 05:59 PM

Nobさん こんばんは
おっしゃるとおりです。
ママチャリといえども、歩行者の4倍のスピードで走行しているわけで、その意味では立派な車両ですね。
車道の左側の通行が義務づけられている車両なのにもかかわらず、運転免許試験がないので運転教則を読む機会がないというのは、ある意味で矛盾でしょうね。

Posted by: Nob | 2011.03.18 09:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 帰宅困難 | Main | 印旛沼サイクリングロードの惨状 »