« February 2011 | Main | April 2011 »

2011.03.26

いつもどおりに

R0012291s

GIROの土曜朝練に参加しました。
震災後まだ2週間のせいか、参加者は少なめです。

それでも、できるだけ日常の生活を取り戻すことが大事だと思い、参加しました。
おそらく他のメンバーも同じような気持ちじゃないでしょうか。

それにしても今朝の西風は半端じゃありません。
追い風の時は45~50km巡航も可能ですが、向かい風の時は一転して24~5km/hがやっとの有様。
向かい風の時はおいて行かれました。orz

練習後は恒例のDaijiクンによるストレッチ。
でも、いつも使う公園が液状化のために使用不能なのでお店の前で行いました。
まだまだ地震の影響が残っていますね。

    朝練の後のストレッチ
R0012292s

練習後、100kmほど走るつもりでしたが強い北西風のために中止。(意気地なし!)
東北の被災地は寒いだろうなあ。

本日の走行距離:40.8km
ネット募金に408円を振り込みました。

| | Comments (2)

2011.03.23

いま自分に出来ること

1km走る毎に10円を震災義援金として送ること

100年に一度あるかないかの巨大災害と、それがもたらした悲惨な状況を前にして、スポーツや芸能、娯楽といった分野(歌舞音曲の類?)はどうしても自粛する方向に傾いているようです。
私の職場でも、この時期は退職者の送別会や人事異動に伴う飲み会などで賑わう季節なのですが、これらはすべて中止です。
節電の影響で街の灯りが暗いのも、何となく気持ちを委縮させているのかも知れませんね。
もちろん、残業や泊まり勤務、休日勤務などでそれどころではないのが実情ですが。(今夜は会社泊まりです。)

でも、周囲の雰囲気に流されないで、精神の均衡と体調の管理を万全にして「良い仕事」をすることが、間接的にでも被災地への支援につながるということはちょっと冷静に考えればわかることです。

こういう時だからこそココロとカラダが健康でいることが大事なのですよね。
そのためにも今までどおりの生活をしっかりと続けることが必要だと思っています。
そして忙しい中でも、休みの日には気持ちを萎縮させないで思い切った気分転換をすることでしょうか。

地震発生後、自転車にはほとんど乗っていませんが、これからは休みの日にはなるべく乗ることにします。
そして今後1年間、自転車に乗ったら、1km走る毎に10円を震災義援金として送ることにします。

自転車に乗れば乗るほど義援金が貯まる。
なんだかロングライドへのモチベーションが湧いてきそうです。(笑)
これが、いま自分に出来ることかな?

| | Comments (0)

2011.03.21

印旛沼サイクリングロードの状況(その2)

撮影した箇所を Google Map で表示する

印旛沼の堤防については、3月17日に初めて現地を見て予想を超える被災状況に驚きましたが、気になったので昨日(20日)も仕事のついでに何ヶ所か移動しながら見てきたので報告します。
上記のGoogle Map には、撮影した地点が表示してありますので、見たい場所をクリックすると画像が表示されますので併せて参考にしてださい。

今回はサイクリングの視点で現地を見てきました。
17日に見たとおり、西沼よりも北沼の方が被害は大きいです。

    無数のクラック(亀裂)が入っている自転車道(北沼)
Inba08

特に吉高(吉高排水機場)から長門川にかけては、各所で道路陥没や大小のクラック(亀裂)が発生しています。
非常に危険であり、とても自転車で通行する状況ではありません。(もちろん、「通行止め」になっていますが。)
堤防にあるサイクリングロードの下を並行して通っている車道も路肩脇に大きな亀裂が走っていて通行止めになっていました。

    吉高付近の「通行止め」標識
Inba05

    応急補修に着手している箇所も・・
Inba09

関係者の話では、最初の地震が発生した以降も、その後の大きな余震で陥没箇所が大きくなったりクラックが開いたりして、状態が悪化したそうです。
すでにブルーシートを被せるなど応急補修に着手している箇所もありますが、なにしろ被災範囲が非常に広い(サイクリングロードになっていない北沼の東側一帯も大きな被害を受けています。)ので、十分に手が回っていないのが実情のようです。

現在、西沼の方はウォーキングやサイクリングができるところもありますが、サイクリングロードと堤防との間に亀裂が発生している箇所が何ヶ所かあり、これらの復旧には道路を一時的に通行止めにするしかないと思います。
今後は、西沼でも長期間にわたってサイクリングロードが使用できない状態が出てくるのではないかと思われます。

これからの季節、お花見など印旛沼周辺は最高のシーズンを迎えますが、私たちが無用に立ち入って工事の妨げになってはいけません。
私たち自転車乗りができることは、復旧工事の妨げにならないように通行止めは遵守して無闇に立ち入らないことです。
農業用水や水道水の利水、大雨から地域を守る治水、そしてウォーキングやサイクリングを通じての健康増進など、印旛沼のもつ多面的な機能の一日も早い復旧を願わずにはいられません。

    北沼と西沼を結ぶ捷水路脇の自転車道にて
Inba04

    西沼のサイクリングロードにて(堤防と自転車道の間に亀裂が・・)
Inba02

    佐倉ふるさと広場近くの名喰戸橋にて
Inba01

| | Comments (14)

2011.03.17

印旛沼サイクリングロードの惨状

3月11日の東北太平洋大震災は東日本各地に大きな傷跡を残していますね。
岩手、宮城、福島の3県に残された爪痕は報道を通じてしか見ることはできませんが、あまりに痛ましくて胸がいっぱいになってしまいます。
私の住んでいる千葉県内も地震・津波による被災と、地震災害の陰であまり目立った報道はされていませんが鳥インフルエンザが2例発生しており、依然として緊急事態が続いています。

Kitanuma02

今日は、サイクリングでおなじみの印旛沼を仕事で訪れる機会がありました。
地震によって北沼の堤防道路(サイクリングロード)はかなり広範囲に陥没や亀裂が走っていて、通行止めになっています。
時間が夕方だったのと、強風が吹き荒れていたこともあり堤防上に長時間はとどまっていられませんでしたが、吉高機場から長門川に向かって歩いていくと所々に道路の陥没箇所が現れてきます。

関係機関から提供された写真の一部をアップロードしておきますが、ひどいところはサイクリングロード全面にわたって陥没しているのがわかります。

    サイクリングロード全面が陥没している箇所も・・(北沼)
Kitanuma01

北沼のサイクリングロードは大変危険な状態になっていますので、絶対に走らないようにしてください。
西沼や新川、花見川も、北沼ほどひどくはありませんが、やはり危険な箇所がところどころに見られるようです。
これから大規模な災害復旧工事も予定されることと思いますので、しばらくは近づかない方が賢明だと思います。

| | Comments (6)

2011.03.14

自転車の敵は自転車?

今朝は「計画停電」の影響で朝から電車が止まってしまいましたね。
会社に向かうあらゆるルートが途絶えたので、引き続き自転車通勤です。
でも、もう慣れました。(笑)

職場に向かうため、車の渋滞を避けながら慎重に走っていると、前方の信号で私の目の前で自転車同士の衝突事故に偶然遭遇しました。

赤信号を無視して突っ込んできた自転車が、青信号で走り出そうとしていた別の自転車を直撃したのです。
ぶつけられた自転車を運転していたおじさんが路面にたたきつけられて頭部から血を流して倒れています。
幸い意識があるようなので、すぐに止血をしてその場で横になってもらい、付近の人にすぐに救急車を呼んでもらいました。
ぶつけた方は若いサラリーマン。
オロオロしながら小さくなっています。
やがて救急車が到着して無事に搬送されました。
被害者のおじさんもかっこいいGIANTのクロスバイク乗りでしたが、残念ながらノーヘルメットでした。
ヘルメットを被っていたら頭部損傷はかなりの確率で防げたと思われる事故でした。

ヘルメットの問題はともかく、街に急激に自転車通勤者が増えたため、自転車による危険運転が横行している事態になっています。
特に危険なのは、車道の右側通行と信号無視ですね。
私もロードバイクを買う前、つまりママチャリオンリーの1年半前までは、自転車の右側通行、信号無視、無灯火走行の最悪3拍子を普通にやっていたクチなので大きな顔はできませんが、この最悪3拍子を今でもやっている人の何と多いことか。

明日は泊まり勤務なので今夜は早めに帰宅できたのですが、帰りがけに危うくぶつかりそうになった若い女性は本当にひどかったです。
何しろ、夜間無灯火車道逆走(右側通行)信号無視携帯しながら運転の最悪4拍子だったのですから。
怒る気も失せ、しばし呆然という感じでした。
街灯がなく暗い道だったので本当に危なかった。

自転車通勤の敵は自転車なんですね。
皆さん、くれぐれも気をつけましょう。

自転車走行に関しては、ヒキタさんのメルマガがとても参考になります。
http://www.melma.com/backnumber_16703_5131688/

    私の愛車です。
201103141606001s


| | Comments (6)

2011.03.12

帰宅困難

昨日の巨大地震。
皆さんそれぞれに強い驚きと思いがあったことと思います。

15階にあるオフィスの窓からはコスモ石油の液化石油ガスタンクが夜空に赤々と燃えさかり、職場でも大地震が及ぼした被害の大きさに皆ショックを隠しきれずにいるようでした。

    職場の窓から見たコスモ石油のタンク火災
201103111929000s

私は21時頃まで被害状況を確認するために会社に残っていましたが、泊まり込み人員を残してとりあえず帰宅の許可が出たので帰ることに。
ところが、電車は走っていないので歩くしかありません。
ふだんは車でさっと通りすぎる幹線道路沿いの歩道を多くの人たちに混じって12.5kmの道のりを歩き始めました。
道路は大渋滞で車は止まったままです。
幸い自宅まであと約1.5kmの地点で、迎えにきてくれたかみさんの車にピックアップしてもらいました。
帰宅できたのは23時過ぎ。
零時を回った人たちや帰宅できずに夜を明かした人たちが多い中では運が良かったといえます。

大災害が起きると携帯電話も自動車もほとんど役に立ってはくれません。
今回はそのことを身にしみて感じることができました。

今朝は7時過ぎに自転車で会社に向けて出発しました。
約40分で会社に到着しました。これが初めてのジテツーということになります。
巷では自転車が飛ぶように売れたみたいですが、自転車という趣味がなければ、なかなかその気になれない移動手段です。

昨夜に引き続いて被害状況の確認ととりまとめの仕事をしています。
東北地方は大変な事態ですが、千葉県内でも大きな被害が出ています。
死亡者も津波の被害を含めて10人以上となり本当に心が痛みます。また、行方不明の方々もいるようです。
犠牲者の方には心からご冥福をお祈りいたします。

| | Comments (3)

2011.03.06

早春の九十九里浜を走る

Kujukuri04

走ったコースとプロフィールマップを表示する

2週続けて「お気軽サイクリング」に参加しました。
今日は朝の内こそ肌寒かったものの昼間は暖かな陽気に包まれて、早春の気持ちの良いサイクリングを満喫することができました。
いつもこういう陽気だと良いのですが・・

本日のコースは外房有料を経由して白子海岸から九十九里浜沿いに走り、ハーブガーデンで昼食をとりぐるっと回って帰ってくるというものです。
距離(自宅から120km)の割に起伏が少ないので走りやすくあまり疲れません。

朝、GIROに集合・出発。
ちょうど今シーズンの朝練の開始日にあたり店前は多くのGIRO's Familiyで賑わっていました。
今日のサイクリング参加者は12名。
さすがに暖かくなると参加者も増加するなあ。というわけでメンバーを3つに分けて出発。
外房有料までは表通りを避けて一本裏側の通りを通過。
新しく自転車専用レーンができて安全に走ることができました。
いよいよ千葉市街にも本格的な専用レーンの登場です。ありがたいことです。
でも、年度末で予算が余ったのかな?

    自転車専用レーンで安心走行
Kujukuri01

支川都川サイクリングロードにも春の訪れが。
菜の花が咲き始めました。

やがて外房有料に。追い風に乗って快調に走ります。
背中を風に押されて実力以上の走りを満喫。あっという間に白子海岸到着。
ちょうど引き潮だったせいか潮干狩りを楽しむ人たちがたくさん海に入っていました。もう海水も温んでいるのでしょうね。
足で探っていたのでハマグリが採れるのでしょうか。もしそうならウラヤマシイ。

    白子海岸での潮干狩り風景
Kujukuri03

さて、ここから九十九里浜沿いを北上します。
海沿いにある自転車道は砂がかぶって走れないので、一本陸地側の県道を走りました。
途中、豊海海岸のビーチタワーに立ち寄ったりして遊びながら走り、お昼少し前に無事に九十九里ハーブガーデンに到着しました。
本日の昼食は、イワシのローズマリーフライセットにしました。
フライにライス、スープ、サラダ、ハーブティーが付いて1,150円也。
そもそもローズマリーがハーブの一種だとぜんぜん知りませんでしたが、フライの衣にローズマリーが絡んでいるので香ばしい美味しさが広がります。
なかなか美味しい料理でしたが、せっかく九十九里浜に来たのならイワシの刺身と焼きハマグリが食べたかったというのが本音かな。(笑)

    イワシのローズマリーフライ    
Kujukuri05

    フライセットはこんなイメージ(お店のHPより)
Kujukuri08

お腹が満たされたら後は帰るだけ。
帰りはお約束の向かい風の中を3チームに分かれて帰路につきました。
大網白里の街中までは車の多い国道、県道を走ります。やがてあすみが丘を過ぎれば、大木戸ICから外房有料に入って自宅までまっしぐら。
穏やかなお天気に恵まれた最高のサイクリングでした。

| | Comments (0)

2011.03.03

エントリーで大汗をかく

今日3月3日はMt.富士ヒルクライム(6月12日開催)のエントリー日でした。
このブログをご覧になっている方の中にもエントリーをされた方がいらっしゃると思います。

一応、正午エントリー受付開始ということで、「とりあえず昼飯でも食べてからエントリーするかな。」と、のんびり構えていました。
ところが、これが大きな間違いだったのです。

昼食後、PC画面からエントリー画面を呼び出そうとしたら、「ただいま混雑しております。大変申し訳ございませんが・・・」との『順番待ち整理券』なる画面が出てびっくり。
しかも、「次の画面に進むのを5,073名の方が待っています。」「予想待ち時間は、3,955秒です。」とあるではありませんか!

    「順番待ち整理券」の画面にびっくり
Entrys

3,955秒って、60で割ると66分!つまり1時間以上も待つの?
昼休み終わっちゃうよー。(泣)
しかも、この画面を終了してから再度画面を呼び出すと順番が最後に回っちゃうとかの警告まで書いてあるよ!

そして、じりじり待つこと50分余。(途中であきらめた人もいたので順番が早まった?)
ようやく順番がきて無事にエントリー画面に切り替わりました。
しかし、時計の針は休憩時間の終わりを告げる午後1時をすでに回っています。

ヤバイ!午後の仕事が始まったのでサイトを閉じなければなりません。
大急ぎでエントリー手続をして画面を閉じたのが1時18分。
いやはや、こんなに人気があるとは・・マジで油断してました。

とりあえずエントリーは無事におえましたが、本番ではがんばらなくちゃね。
いや、がんばらずにがんばりましょう!
ライバルは一年前の私自身です。

| | Comments (4)

« February 2011 | Main | April 2011 »