« 南房総で春の息吹を感じる | Main | 手賀沼とあけぼの山農業公園サイクリング »

2011.02.20

日光・茶ノ木平スノーシューイング

Tyanoki12

歩いたコースとプロフィールマップを表示する

本当に久しぶりに冬用登山靴に足を入れました。
冬靴を履くと身も心もピリッと引き締まります。
ということで、2年ぶりの雪山見参。目的地はお気軽モードで日光の茶ノ木平です。

同行のパートナーはHINAさんです。
二人とも山登りはご無沙汰です。
日帰りで日光の中禅寺湖南岸の低山を楽しもうと、早朝に千葉を出発し9時前には中禅寺湖畔に到着。
適当な駐車場所がなかったので、レークサイドホテルさんにお願いして駐車させてもらいました。

駐車場で身支度を終えて9時22分出発。明智第二トンネル入口を目指します。
ここのところ自転車三昧だったので雪山用の装備に対する勘が鈍ったのか、身につけたウェアはどう見ても八ヶ岳の冬期バリエーションルートでも通用するような出で立ちになってしまいました。(笑)
標高1600m程度の低山雪山ハイクに出かけるにはかなりのオーバースペックで、歩き出してすぐに暑さでうんざりしました。

Tyanoki01

Tyanoki02

トンネル入口脇にある送電線巡視路沿いに登ります。
雪が深いのですぐにスノーシューを装着。トレースはまったくないので適当に送電線沿いに登高しました。
急な雪の斜面にジグザグを切りながら徐々に高度を上げて行き、振り返れば眼下に中禅寺湖とそれを取り囲む周囲の山々が迎えてくれました。
雲一つ無い快晴の下に広がる景色は絶景そのもの。
この時点で今日スノーシュー山行に出かけて本当に良かったと大満足でした。

Tyanoki03_3

やがて目印の送電線鉄塔に到着。
さて、実はここで大きな勘違いをしてしまいました。
くわしくは下の地図をクリックしてください。

Tyanoki14

地図にある赤い丸印の地点が自分たちが今いる位置だと誤認してしまったのです。
赤丸印から明智平の山頂駅までは指呼の間。「ちょっと行ってみようか」ということになって、下り始めました。
「あれ、おかしいなあ。こんなに遠いはずないんだけど。」と立ち止まり、地図を確認するも、現在位置に「絶対的な自信」があったので結局わからずじまい。
帰宅後に軌跡を地図に落としてみてわかりました。
目標にしていた鉄塔の一つ手前の尾根に鉄塔が建っており、その場所を目標の鉄塔と誤認していたのです。
いやはや、山登りから離れてしまうと、地図勘もガクッとなくなることにショックでした。

Tyanoki04

Tyanoki05

そういうおバカなミスもありましたが、結果オーライで無事に細尾峠の分岐にたどり着きました。
ここからは夏道があります。
中禅寺湖側から登ってきたと思われるトレースも残されており、それを辿って茶ノ木平を目指しました。
このあたりは標高1,600m前後の高原状になっています。雪の林間をスノーシューを駆使して快適に進んでいけます。

Tyanoki06

やがて電波塔周辺に広がる大雪原に到着。夏には草原か笹原になっているのでしょうか。
雪原を横切ってなおも進むと展望台の分岐に到着。
せっかくなので展望台を往復してみました。
眼下には八丁出島が眺められ、中禅寺湖南岸の半月山から社山にかけての稜線が墨絵のように穏やかに連なっています。
いつか雪のある時期に歩いてみたいね、と二人で語り合いました。

Tyanoki08

Tyanoki09

展望台から引き返してしばらく進むと男体山の巨大な姿が眼前に迫ります。
これはすごい迫力です。
男体山、女峰山、そして中禅寺湖の頭上には前白根を前衛に従えた奥白根山がその雄大な山容を雲一つない晴天の下に惜しげもなく見せてくれています。
いやー、山って本当に良いもんですね。(笑)
この大展望をおかずに昼食休憩。
20分足らずでしたが、静けさの中を贅沢な時間を楽しみました。(11:54~12:14)

Tyanoki10

Tyanoki11

下りは北に延びる尾根を男体山に向かって下るだけ。
ただしスノーシューは急な下りが苦手なので、途中支尾根に回り込みながらなるべく緩い斜面を選んで下降します。
下り着いた場所は、朝スタートしたレークサイドホテルの真ん前でした。(13:12着)

快く駐車をさせていただいたホテルのご厚意に応えるべく日帰り温泉に入浴。
硫黄泉のいかにも温泉らしい湯船に手足を思う存分伸ばして半日のスノーハイクの疲れを癒しました。

結局誰にも会わず、二人だけの静かな山行を楽しむことができました。
アプローチも短い茶ノ木平周辺は手軽な雪山ハイキングにオススメのエリアだと思います。

Tyanoki13

|

« 南房総で春の息吹を感じる | Main | 手賀沼とあけぼの山農業公園サイクリング »

Comments

お疲れさまでした!
そして、今回はすごく素敵なコースを選んでいただきありがとうございました。
天気も景色も申し分のない、最高のスノーシューハイクが満喫できましたね!
自転車もいいけど山はやっぱりいいなとあらためて思いました。
どっちもうまく続けていきたいと思います。
それにしてもNobさんと登る山ってはずれたことがないですよね。
毎度最高の登山ができていると思うのは私だけでしょうか。

Posted by: HINA | 2011.02.20 09:26 PM

HINAさん
どうもお疲れ様でした。
帰りは運転も代わってもらって助かりました。
HINAさんも書かれていたとおり、山も自転車も同じアウトドアスポーツとしてこれからもマイペースで持続していきたいと思います。
お互いにいまは自転車に軸足を置いていますが、機会を上手くとらえてこれからもご一緒させてください!

Posted by: Nob | 2011.02.20 09:49 PM

うーん!
きれいな雪山風景ですね。
土曜日に出かけられたのですか?
この土日ともコチラ(千葉県)は曇りで寒かったのに。
久しぶりの山登りとありますが、カッコイイですねー。

Posted by: 房総ローディ | 2011.02.21 08:26 AM

はい
土曜日に日帰りで登ってきました。
土曜日は関東南部と北部ではお天気がずいぶん違っていたようですね。
おかげさまで楽しい雪山ハイキングを楽しめました。

Posted by: Nob | 2011.02.21 12:29 PM

さすが、Nobさん、HINAさん
山男の面目躍如ですね~ 「絵」になっていますね。

Posted by: ヨーコ | 2011.02.21 06:35 PM

ヨーコさん
ありがとうございます。
でも「山男」失格です。
読図の基本をすっかり忘れてしまったのですからね。
まったく困ったもんです。
今度、読図の基本を教えてください!

Posted by: Nob | 2011.02.21 09:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 南房総で春の息吹を感じる | Main | 手賀沼とあけぼの山農業公園サイクリング »