« 秋の中房総 ミニ林道ツーリング | Main | 安房グリーンラインで房州白浜 野島崎へ »

2010.11.03

松姫峠と鶴峠、ついでに大垂水峠

Matsuhime06

走ったコースとプロフィールマップを表示する

「一日中好天が続きます。」との天気予報を信じて、紅葉狩りに出かけました。
目的地は、松姫峠と鶴峠。
松姫峠は、GIROの「春の奥多摩3峠ツーリング」の舞台になっている場所です。
柳沢峠、笹子峠と登り、最後に訪れる松姫峠のコースは、オジサン初級者の私ではとても無理です。

そこで、体力のある前半に松姫峠を登り、ついでにお隣の鶴峠、帰りのおまけに小さな田和峠と甲州街道の大垂水峠を登って帰るルートを考えてみました。
おお!「4峠制覇」だ!(笑)
このコースなら、私でも何とかなるでしょう。たぶん・・

行きの車中では山好きな会社の同僚二人とばったり遭遇。
バシッと登山ウェアできめている二人の隣に薄手のジャージィにレーパン&タイツというあられもない姿を晒してしまいました。


Matsuhime01

電車は猿橋駅で下車しました。
駅前で自転車を組み立てて出発。
途中、名勝猿橋を見学。
猿橋は日本三奇橋(錦帯橋、かずら橋、猿橋)の一つで、江戸時代から有名だったそうです。
現在の橋は架け替えられたものらしいですが、往時の面影をよく伝えています。

猿橋からは百蔵山の西側を巻くように走る国道139号線を北上しました。
やがて大月からの道に合流し、少しずつ高度を上げていきます。
正面には南大菩薩の山々から派生する尾根が迫ってきます。稜線の上部は紅葉が始まっている様子でした。

Matsuhime02

Matsuhime03

やがて深城ダムが視界に入ってきました。
深城ダムは初めて訪れましたが、重力式のコンクリートダムはなかなか迫力がありますね。堤体の余水吐から勢いよく水が流れていました。

Matsuhime04

さて、ダム湖を過ぎれば松姫峠への本格的な登りが始まります。
つづら折りのワインディングロードが遙かに高い稜線まで続いています。
「え、あそこまで登るの?」っていう感じの登りです。ここはじっと我慢でペダルを回し続けました。
救いは、10%を超えるような激坂がないことでしょうか。
トンネルを3つほど通過しながら7~8%前後の坂道がずっと続きます。

Matsuhime05

標高が高まるほどに視界が開けてきました。とりわけ葛野川を隔てて対岸に連なる小金沢連嶺の山並みが圧巻です。
若い頃、あの長い稜線を夜行日帰りで駆け抜けたこともありました。
思い出深い山並みを今度は自転車で眺めるのも良いですね。
はるか山並みの上には九合目から上に雪帽子をかぶった富士山が見えてきました。
盛り一歩手前の紅葉とのマッチングが最高です。

Matsuhime07

勾配が緩やかになると松姫峠に到着しました。
猿橋駅から約26kmを1時間45分。アラ還世代のオジサンではこんなもんでしょう。
松姫峠には車やローディで賑わっていました。ただし、売店、自販機の類は一切ありません。

Matsuhime08

本日の目的地はクリアできたので、あとは惰性で下り基調の道を小さな峠を越えながら高尾駅まで走るだけ。
松姫峠の下り道は登りと打って変わって荒れた道でした。
段差や穴に注意しながら急坂を下ります。
途中、ヘアピンカーブが回りきれずに少しふくらんだところに対向車が!ヒヤリハットでした。

小菅村の手前で上野原方面に右折します。
すぐに鶴峠の登りが始まりました。
こちらは松姫峠と違って激坂まじりの急坂が続きます。短い間なのでがまんの登りに徹しました。
やがて峠の頂上に到着。
バス停脇に登山者がいたので挨拶して隣に座って休憩しました。
鶴峠はバス停に名前があるだけの平凡な峠でした。奥多摩の三頭山と大菩薩の奈良倉山を結ぶ重要な峠なのですが・・・

続いて3番目の峠は田和峠。
この峠は知りませんでした。
鶴峠からはちょっとした登り返しのある小さな峠で、これまた峠の標識は見あたりませんでした。

ここを越えればあとは下り基調の走りやすい道がずっと続きます。
やがて甲州街道に合流し上野原市街に到着。
ここからは甲州街道を高尾まで走りました。
相模湖を過ぎ、本日4つ目の峠である大垂水峠の登りに入ります。
だいぶ疲れも出てきましたが、幸い急な登りではないのでノンビリペースでじっくり登りました。
峠に着いたら、あとは高尾まで快適な下り道。
車の量も思ったほど多くなく気持ち良く下ることができました。

14:38 高尾駅着。
自転車をバラして輪行袋に入れ終わるとうまい具合に特別快速に乗ることができました。

|

« 秋の中房総 ミニ林道ツーリング | Main | 安房グリーンラインで房州白浜 野島崎へ »

Comments

私も今日、松姫峠と鶴峠、上ってきました!
AJ埼玉のアタック松姫というイベントで、飯能の近くから秋川渓谷、甲武トンネルを越えて、猿橋から上り、鶴峠からはまた甲武トンネルを越えて飯能まで戻りました。
松姫峠の上半部はきつかったです。でも思った以上に紅葉が綺麗で癒されました。
鶴峠の先の名も無い小さな峠は田和峠というんですね。しかしNobさん、1時間45分だったら十分に速いですよ。

Posted by: HINA | 2010.11.07 11:04 PM

HINAさん
そうでしたか。昨日登られたんですか。
飯能からだと峠づくしですねー。スゲー。
甲武トンネルも一度越えてみたいです。
それにしても、後半に猿橋から松姫峠越えでは大変だったですね。
今回のブルベ記録をHINAさんの日記にくわしく書いてくれるとうれしいです。

Posted by: Nob | 2010.11.08 05:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 秋の中房総 ミニ林道ツーリング | Main | 安房グリーンラインで房州白浜 野島崎へ »