« 黄砂に煙る「しまなみ海道」 | Main | 関東で一番遅い紅葉を訪ねて »

2010.11.28

清和の森サイクリング

Seiwa05

走ったコースとプロフィールマップを表示する

房総の紅葉を楽しみに、CCA(千葉県サイクリング協会)主催の「清和の森サイクリング」に参加してきました。
イベントの名称から想像すると、なんとなく森の中を楽しく自転車で流すようなイメージを持ってしまいますが、さにあらず!
中身はとってもタフなコースでした。
全国一低い県である千葉県ですが、このコースを走ってみればイメージは確実に変わります。
房総半島侮るべからず、ですよ。

早朝の7時に清和県民の森に集合して8時スタート。
コースは、清和県民の森~鹿野山~もみじロード~大山千枚田~愛宕山~安房天津~清澄山~亀山ダム~三石山~手強い林道経由で清和県民の森に至る約110kmのコースです。

Seiwa01

スタート地点にいたらナント!HINAさんとバッタリ遭遇。
HINAさんもこのイベントに参加していたとのこと。顔見知りの人が少なくてちょっと心細かったので嬉しかったです。
スタートは自己申告の走行速度順です。一組10人程度ずつに出発します。
25km/h組のHINAさんが先にスタート。20km/h組の私は3番目のスタートでした。

【鹿野山】
過去にも二度ほど登りましたが、いずれも北側の比較的なだらかなコースから。
今回は西粟倉の秋元郵便局から登りました。
郵便局から頂上の展望台まではヒルクライムのタイムを競っているコースのようですね。
速い人はこの急坂を13分台で登り切るとか。
一緒に走ったオニイサンは3本連続の平均が15分台とのこと。速すぎるし、強すぎる・・・
ちなみに私は心臓バクバクで必死にペダルを回しても18分50秒でした。(笑)
たどり着いた九十九谷展望台の紅葉はいまが盛りでした。

Seiwa02

【もみじロード】
今回ひそかに楽しみにしていた道路です。
鹿野山から一気に下って、そのままこの道に入りました。
もみじロードっていうからさぞや紅いモミジに彩られているのかあ、と勝手に想像していたのですが、それほどでもなく沿道に植えられているモミジもまだ若木が多いようでした。
これから年を経る毎に名所になっていく道のようです。

Seiwa03

【大山千枚田と愛宕山】
大山千枚田には初めて自転車で訪れました。
稲刈り時期は棚田が黄金色に光ってさぞや美しいのでしょうね。
ここから愛宕山につながっているとは知りませんでした。
予備知識なしで愛宕山の登りに入ったわけで、いやはや厳しい登りに参りました。
頂上にある自衛隊基地の門が見えてホッとしました。
下りの道からは長狭街道方面の中山間集落が美しく眺められます。

Seiwa04

【昼食の後は清澄山の登り】
「みんなみの里」で昼食休憩。昼食はてっきり自腹かなと思っていましたが、主催者側でお弁当が用意されていました。ラッキー!
長い休憩の後は安房天津まで本日一番の楽々サイクリングです。
やがて右手に太平洋が広がってくると安房天津。ここから清澄山の登りが始まります。
ここの登りは二度目です。勾配はそれほどなく激坂といわれる区間もないのですが、とにかく長く感じます。
そろそろ頂上かな?と思ってからが長いのは精神衛生上よろしくありません。

【清澄養老ラインは紅葉真っ盛り】
たどり着いた清澄山からは反対の亀山ダム側に下りますが、この道沿いの紅葉は最盛期を迎えていました。
同行のメンバーたちが速いので写真を撮っているヒマがなく、一枚もありませんが瞼に焼き付けて下りました。
道は狭くて車の行き違いに神経を使いますが、ここの紅葉は房総半島屈指だと思います。

【三石山】
やがて亀山ダムに出たら今度は三石山に登り返します。
紅葉狩りのハイカーに混じって林道を駆け上がるのですが、この頃になると体力もかなり消耗してきて若いメンバーからは遅れをとってしまいます。
そうするとハイカーからは「ガンバッテー!」という黄色い声援が飛んできます。
これがマジで悔しいんですよねー。(苦笑)

【手強い林道経由で清和県民の森にゴール】
ゴールまであと約10kmの地点にある片倉ダム記念館で休んでから、いよいよ最後の山越えです。
あらかじめHINAさんから予備知識をもらっていたので良かったです。
ここまでで疲れ切っている体にだめ押しするようなアップダウンのある林道はさすがに堪えました。
下りは連続するヘアピンカーブに加えて濡れ落ち葉のスリッピーな路面にかなり神経を使います。
スリップしないように細心の注意で下りました。
というわけで、最後まで楽しませてくれる?コース設定に感心しました。
黄色い葉っぱに彩られた清和の森の中を下っていって無事にゴール!


【感想】
まさに「房総半島侮るべからず」です。
距離110kmで獲得標高が約2,300mでしたから、かなりのハードコースなんだと思います。
でも、房総の山々を次々に越えていく楽しさは格別です。
今回は補給所もサポートカーもあったので安心して走ることができました。
でも一人じゃ、ちょっと自信ないなあ。

|

« 黄砂に煙る「しまなみ海道」 | Main | 関東で一番遅い紅葉を訪ねて »

Comments

お疲れでした!
私もNobさんも参加されているとは知らなかったので声をかけられたときにはビックリしました。
私は今回で3回目の参加ですが、いつ走ってもきっついコースです。
獲得標高もさることながら、25kmのグループは先頭を牽く人が半端ないスピードで走るため、もみじロードを終わる頃にはすでに足がパンパンで、昼食前にはもう脚が終わっていました。。。

それにしてもNobさんの健脚ぶりにも驚きました。
だって、みんなみの里で20分後にスタートしたのに君津の道の駅で我々のグループに追いついてきたのですから。ホントに凄いと思いますよ!

Posted by: HINA | 2010.11.28 11:27 PM

HINAさん
土曜日はお疲れ様でした!
疲れまくったけど、走り終えて充実感もひとしおでした。
来年も出てみたいです。

どういう訳か最後の休憩所で追いついてしまいましたね。
その後、自分の班の人を待ってようとしたら、HINAさんの組のスタッフの方が、「一緒に行きませんか。」と誘ってくれました。
私「いやいや25km/h組の方々とは走れませんよー」と辞退したのですが、
スタッフの方「大丈夫!うちの組のメンバーもだいぶ足に来てますから付いていけますよ。」
と言ってくれたので一緒に走らせてもらいました。(笑)

HINAさんはマシントラブルもあったようで、大変でしたね。
改めて、メカに強くならなければと感じました。

Posted by: Nob | 2010.11.29 12:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 黄砂に煙る「しまなみ海道」 | Main | 関東で一番遅い紅葉を訪ねて »