« 赤城山でヒルクライム | Main | 松姫峠と鶴峠、ついでに大垂水峠 »

2010.10.23

秋の中房総 ミニ林道ツーリング

R0011768s

走ったコースとプロフィールマップを表示する

先週は県外ヒルクライムだったので、今週はおとなしく県内でサイクリング。
ていうか、やっぱり腰の調子が思わしくなく峠道はやめておきました。

さて、じゃあどこに行こうかな?
経験値の少ないNobでは登山のようにコースがスラスラと思い浮かびません。
前日の夜に悪いとは思いながらもMTKさん宅にお誘いのメールを入れさせてもらったところ、二つ返事で快諾してくれました。

ベテランのMTKさんなら県内のコースは熟知しているようだし安心です。
さっそくコースの提案がありました。
GIROに集合してスタート。
浜野から茂原街道をうぐいすライン方面に。うぐいすラインからは鶴舞を経て高滝ダムまでツーリング。
高滝湖からMTKさんお勧めの里山林道コースに入り、馬立から光風台に抜けるルートです。
途中には楽しいツリーハウスもあるとか。
出かける前から期待が高まります。


GIROからうぐいすラインの終点にあるセブンイレブンまで一気に走りました。
自転車を乗り始めの頃は、ここに着くまでに1回休憩を入れなければたどり着けなかったものです。
今ではなんとか一気にたどり着くことができるようになりました。
同行のMTKさんは私よりもずっと年上にもかかわらず、身のこなしが格段に軽く、走る姿も格好良いです。
見習うところ大ですね。

R0011758rs

R0011761s

さて、ここから鶴舞までは何度か通った道。
ところが、鶴舞小学校の前でMTKさんがいきなり右折しました。
案内されたところが、「オープンガーデン鶴舞・桜ヶ丘 ~ゲゲゲの鬼太郎ツリーハウス」。
個人のお宅のお庭らしいのですが、一般に公開されています。
小高い丘の上にある庭からは房総の里山風景が大きく広がっていました。
庭の一角には手作りのツリーハウスが建っていて、2階に上がってみるとゲゲゲの鬼太郎に出てくるキャラクター達がハウスの中で迎えてくれました。
いやー、本当に楽しい空間です。大人でも楽しくなってきます。
広い庭にはDIYでこしらえた木製の遊具などもあり、近くにある小学校の子供達には大人気なのでしょうね。

R0011764s

R0011762s

あまり長居はできないので、次なる目的地である林道ツーリングへ。
鶴舞から高滝湖畔を走って、木更津方面に向かい右に入ります。
柿の実が色づき、青い空とベストマッチング。

急に静かな道になり、小さなアップダウンを繰り返しながら登り基調の道が続きます。
ロケーションが良いので疲れは感じません。
丹原というところの林道を走りますが、車の通りはまったくと言っていいほどなく、こんなところでメカトラブルになったらいやだな、と感じさせるような道が続きました。
まあ、それだけ人の気配がないということです。

R0011770s

R0011773_filtereds

登りも下りも適度にあって、楽しいルートでした。
やがて、馬立駅を過ぎ光風台を通り過ぎたら道の駅「あずの里」に到着。本日2度目の休憩ポイントです。
残念ながら適当な補給食がないため、すぐ先にあるコンビニで休憩しました。
帰路は向かい風に遭いながらも二人で先頭を交代しながら無事に帰着。
自宅からは100kmを少し超える程度の中身の濃いサイクリングでした。

|

« 赤城山でヒルクライム | Main | 松姫峠と鶴峠、ついでに大垂水峠 »

Comments

昨日は抜ける様なコントラストの効いた秋空の下、素晴らしい景色を楽しめましたね。お互いにもう少し足を伸ばしたい気分だったのですが、午後2時に帰宅しなければならなかった私に無理無理お付き合い戴き有難うございました。
房総半島は近間でも「ここが千葉?」と勘違いする様な奥深い自然に満ち溢れています。時間の許す限りまたお付き合い下さい。     

Posted by: MTK | 2010.10.24 09:00 AM

MTKさん
昨日は大変お世話になりました。
MTKさんのポケットにしまってある「とっておきコース」の中から「午前中でも楽しめるコース」を選んでいただきましてありがとうございました。
やや短い時間でしたが、十二分に楽しむことができました。
特にツリーハウスからの絶景と後半の丹原林道は楽しかったです。
千葉も捨てたもんじゃありませんね。
こちらこそ、次回も機会をぜひ見つけてよろしくお願いします。

Posted by: Nob | 2010.10.24 09:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 赤城山でヒルクライム | Main | 松姫峠と鶴峠、ついでに大垂水峠 »