« August 2010 | Main | October 2010 »

2010.09.28

2010 グランフォンド八ヶ岳

R0011681s

走ったコースとプロフィールマップを表示する

2010 グランフォンド八ヶ岳に参加してきました。
標高差が大きく、とても疲れましたが抜群のロケーションと充実したエイドに助けられてなんとか完走できました。結構きつかった。ふー。

全国各地に「グランフォンド」と名の付く自転車イベントがありますが、グランフォンドの意味は知りませんでした。
大会に参加してみてその意味が「大きく移動する」ことだと初めて知りました。

なるほど、大きくぐるっと移動する、という意味なら八ヶ岳山麓を縦横に走り抜けるこの大会はその名前にピッタリですね。
何しろ標高1600mを超える高地をスタート・ゴールにして標高450m付近までの区間約120km超をぐるぐる走り回るのですから。

コースは3つに分かれています。
メインは122kmのグランフォンドですが、40kmのメディオフォンドと食べ走り主体の19kmグルメフォンドの3本立て。
全体で1,600人以上が参加したそうですが、4分の3の1,200人以上がグランフォンドに参加しました。

前日はかみさんと山麓のペンションに泊まり、八ヶ岳山麓に永住している私の山友達の案内で美術館や湧水を見学。翌日はかみさんの面倒を友人にお願いして私だけがグランフォンドに参加しました。

朝5時に起床して6時少し前にスタート会場に行ってみるとすでにたくさんの参加者達が順番に並んでいました。
順位を競う大会ではありませんが事前に渡された計測チップ付きのゼッケンを胸に付けてスタートを待ちます。
さすがに高原の秋、快晴ながら肌寒さにふるえました。腕と足にウォーマーを着込みました。

7時ちょうどに最初の10人がスタート。私は約20分遅れでスタートしました。
コースは前半の65km位が下り基調で、後半の55kmにつらい登り返しが待っています。
主催は北杜市観光協会だけあって、北杜市内をぐるっと一周してくるコースです。とにかく山岳展望は抜群で山好きには堪えられないコース設定になっていました。
眼前の八ヶ岳連峰はもちろん、富士山、南アルプス、奥秩父、南佐久の山々が目に飛び込んできて思わず自転車を止めて山座同定をしたくなります。
特に甲斐駒ヶ岳のボリューム感あふれる山容には畏敬の感すらおぼえました。

スタート直後から下りが続きますが、道幅が広いので比較的安全に走ることができます。
いったん登り返してメルヘンチックな清里市街を走り抜け、赤い橋で有名な東沢大橋を通過しました。
前半は全体に下り基調とはいえ登り返しもあるので結構疲れます。左右に広がる素晴らしい展望と途中にあるエイドステーション(補給所)でのおもてなしに助けられました。

エイドの充実ぶりは特筆ものですね。
コシヒカリのおにぎりや大福餅、バナナ、アップルパイ、焼きたてパン、大盛りレタスにお蕎麦、きゅうり、etc など各ポイント毎に嗜好を凝らしたおもてなしを受けました。
接待にあたってくれた地元のおかあさん方に感謝です。

R0011696s

さて、コースの後半になるといよいよ登り返しが始まります。
標高の最低地点は約450m。
ゴールのサンメドウズ清里スキー場まで標高差1,155mの登りが待っています。
とりわけ、80km地点の海岸寺の急坂と104km地点の八ヶ岳高原ラインに上がる急坂は中高年の身には堪えました。
登りに入ると俄然スピードは衰えて情けないけど一桁台が続きます。
いままで自転車に乗っていて腰に痛みは出なかったのですが、長い登りでさすがに腰痛が出てきて焦ってしまいました。
サドルの上で腰を伸ばしながら、だましだましペダルを踏み込みます。
こちらがふーふー言いながらノロノロ登っていく横をおしゃべりしながらスイスイ登っていく若い二人組を見て愕然。
自転車(値段)が違うのか、エンジン(心臓)が違うのか?
両方違うのでしょうねえ。

90kmを超えたあたりから疲れも出てきました。
全体で120kmとありますが、平坦なコースなら問題ないですが、これだけアップダウンが大きいとさすがに体に受ける疲労感は大きいものがありますね。
このコースは間違いなく中高年世代にはきついコース設定です。
3コース全体の参加者のうち、30歳代、40歳代で全体の73%以上を占めるのもうなずけます。
ちなみに50歳代は13%、60歳以上はわずか3.5%とのこと。
59歳の私はかなりの少数派?

最後のエイドステーションである県立まきば公園には14時に到着。
残りあと5kmちょっとです。頑張るぞー。
小さなアップダウンを繰り返し、ゴール地点前2kmの急坂を喘ぎながら登って、ようやく「Finish」の横断幕が目に飛び込んできました。
ゴーーール!
所要時間は約7時間。エイドで休みすぎなければ6時間台だったのでちょっと残念。
でもタイムを競う大会ではないので充実感と達成感でいっぱいになりました。

ゴール地点でも豚汁やおにぎりのサービスがあってバテバテの体には本当にありがたいサービスです。
大会を運営してくれた実行委員会をはじめ地元のみなさん、絶好のお天気、雄大な山岳展望のすべてに感謝感謝の一日でした。

スライドショーはこちらをクリック

R0011659s


| | Comments (8)

2010.09.20

3個目の輪行袋

Funst00

東京・外苑前にある「funrideステーション」で輪行袋の使用法講習とサイクリングの集いがあり参加してみました。

輪行袋はすでに2個持っているのに今更講習会もなんですが、講習会参加者に「輪行袋をプレゼント」とのうたい文句に惹かれて申し込んでしまったのです。
プレゼントされるのはオーストリッチ製の「L100」。軽量コンパクトで人気の輪行袋です。
しかも、オーストリッチの伊美社長自らが講師をつとめてくれるのも魅力でした。
受講料は8,500円。
高けー! と思うなかれ。
輪行袋L100に加えて、エンド金具、フレームカバー、スプロケカバーの合計8,463円相当(主催者発表)のおまけが付いてくるのです。(笑)
まあいいか。

Funst06

自宅を日曜の早朝にスタート。
国道14号線(千葉街道)をひたすら西上し江戸川、荒川を越えて花のお江戸に入りました。
自宅から外苑前のファンステまで36km余をなんと2時間8分もかけて到着しました。
いやはや信号だらけでストップアンドゴーの繰り返しで疲れました。

さて、着いたファンステはおしゃれなお店です。
ここは自転車通勤やジョギング愛好者たちの拠点になっています。
着替えのロッカーやシャワーも完備されているので利用者にはたまらないですね。
受付を済ませたら輪行袋がプレゼントされました。
色は3色から選べますが、もちろんブラックを選びました。
チェーンの汚れで袋が黒ずんでしまうのは経験ずみですので。

Funst02

Funst01

講習は少し離れたビルの一室で行われました。
受講生は私を入れて8,9人かな。私以外は輪行経験がないとのこと。
皆さん輪行袋プレゼントに惹かれたご様子でした。

オーストリッチの伊美社長の軽妙トークと輪行のセッティング実演に見入ります。
輪行時のチェーンのたるみは前から気になってましたが、チェーンをエンド金具に引っ掛ける裏技を教えてもらい納得。

Funst03

講習後は、実際に経験するための輪行サイクリングです。
ファンステからJR総武線千駄ヶ谷駅まで自走。駅前にある国立競技場前の広場で自転車をバラして輪行袋に入れてみました。
そこから電車で市川駅まで輪行します。

Funst04

市川駅で下車してからは江戸川右岸のサイクリングロードを走り、旧江戸川沿いに葛西臨海公園までのサイクリング。ここで解散しました。
帰りは再び江戸川をさかのぼり、市川から国道14号線を行きとは反対に東に向かい家路に戻りました。

輪行袋が3個なんてもったいない!
と思うでしょうね。
たしかに無駄ですが、最初に買ったモンベルの「コンパクトリンコウバッグ」は最軽量なので飛びついたのですが、袋といっても上から被せるだけの代物で、底がついていません。
最初に輪行したときにクイックリリースのボルトが外れてしまう失敗を犯し、底が無いためにボルトを見つけることができずに泣く泣く帰ってきました。

Funst07

次に買ったオーストリッチの「ロード220」は、ちゃんとした「袋」なのと、つくりがしっかりしているので気に入っていますが、欠点は嵩張ることと重いこと。(といっても本体は320gほどですが・・)
これを持って輪行するのは面倒くさいなあ、とだんだん思うようになってしまいました。

というわけで、三度目の正直がこのL100なのです。
今度こそ、飽きずに使い倒すぞー。

| | Comments (6)

2010.09.18

昭和の森から市津湖へ

Syowa02

今日はお気軽クラブの人たちとゆっくりサイクリングを楽しんできました。

メンバーは全部で6人。
コースはGIROを起点に外房有料を使って昭和の森へ、そこから南下して市津(しず)湖(長柄ダム)を回って帰ってくる約90kmの中距離コースです。
外房有料道路はこれで3週連続の走行になりますが、前2回の平均走行速度35km/hを大幅に下回る25km/h前後なので楽々です。
リーダーのtodoさんは、参加者の皆さんの年齢を考えた抜群のスピードコントロールで前を引いてくれます。
このペースならどこまでも走って行けそうな感じがしてゴキゲンになります。

料金所を通過して桂ICで外房有料とはお別れ。
IC出口はなかなかの急坂で一汗かかされました。
やがて両側がゴルフ場になっている雰囲気の良い道を辿るようになってじきに昭和の森に到着しました。
公園内の通路に導かれるまま走ると、大きな池に着きます。
水鳥が戯れて白やピンクの睡蓮が美しい池です。
Syowa03

Syowa04


お次は公園内で最高地点にある展望台へ。
標高は101mで、なんと千葉市で一番高い地点だとか。
市域の広大な千葉市にはいくつもの自然公園があってうらやましい限りです。

Syowa06

さて、ここから市津湖まではすぐの距離にあるそうです。
時間つぶしのために、あすみが丘のコンビニで休憩。
緑の濃い昭和の森のすぐ下に大きな住宅団地が控えていることにちょっと驚きました。

todoさんは地図も見ないでどんどん走ってくれます。
この辺りの道は完全に頭に入っている感じです。
板倉ICを過ぎると、先週辛い目にあったエアロビ周回コースに合流しました。
フムフム、この辺りはわかる。

途中で右折すると市津湖に至ります。
湖畔の見下ろせる橋まで寄り道してから本日のお待ちかねスポットである「長柄町都市農村交流センター」に着きました。
昼食はここにある「ふるさとレストラン 里の味」です。
地元農家のおかあさん達がお値打ちの食事を提供してくれるそうです。
私が注文したのは、黒米入り手打ち天ぷらうどん。
地元の黒米(赤米)を練り込んだうどんに大きな野菜のかき揚げがついて、さらにご飯の無料サービスが。
お味も上々。これで750円はとってもリーズナブルに感じました。
Syowa07

Syowa08

いやはや、食べ過ぎの状態で自転車に乗るハメに。
ちょっと苦しい感じで帰路につきました。
車通りの多い茂原街道を巧みに避けながらtodoさんのリードで鎌取から大宮のスリーエフへ。
ここで解散。お疲れ様でした-!

Syowa09

今日走ったコースはこちら

| | Comments (0)

2010.09.12

エアロビ周回コース

2週連続で日曜朝練に参加しました。
今朝は、外房有料を板倉ICで下りて、日本エアロビクスセンターの周りを回る「エアロビ周回コース」を走りましたが私にとっては初めてのコースです。
外房有料では先週よりも若干ペースを落としてくれたのでなんとかちぎられないで付いていけました。
ヤレヤレです。

最初、「エアロビ周回」と言われて、言葉どおりエアロビクス的な動きを取り入れた練習法なのかな?とマジで思っていました。
サイクリング自体がすでに有酸素運動そのものなので、「こりゃ、相当はげしい動きを要求されるのか。」と思わず構えてしまいました。(ホント)

さて、板倉ICからは静かな田園地帯を走ります。車も少なくてゴキゲンの道路です。
やがて周回コースの起点に着きました。
リーダー曰く「ここには面白い激坂がありますよ。楽しんでくださいね。」
ええー!

最初から緩い登りが始まります。
が、これは激坂じゃないな。激坂ってどこにあるんだろう?

ありました!
周回コースの後半、真名CCというゴルフ場に向かう坂道でした。
たしかに激坂です。10%は軽く超えています。
あっという間に皆に抜かれて、ほとんど最後尾。
それでも片足を地面に付けることなく何とか登り切りました。(自分に拍手!)

1周18キロほどの周回コースをへろへろ状態で回ったら、Aチームは2周目に入るとか。
Cチームの私はもちろん1周で帰途につきました。
帰りは瀬又を経由して高田ICから仲間二人と外房有料に。
GIROで解散。
今回はまったく余裕がなかったため写真はなし。
走ったコースとプロフィールマップで勘弁してください。

| | Comments (4)

2010.09.11

暑さぶり返す

R0011593rs

そろそろ暑さも和らいできたし、8時からの練習も大丈夫かな?と土曜朝練に参加。
でも、やっぱり暑い!

今日は息子の引っ越しのため、途中で練習を離脱しました。
5月に娘が家を出て、今日は息子が出て行きます。
今夜から、カミさんと二人だけの生活。
28年前に戻るってわけか。
たいして広くない我が家も今日はやけに広く感じます。

これからは夫婦で楽しめる趣味を探さないと。
登山も自転車も興味がないときてるからなあ・・・
困ったもんです。(笑)

| | Comments (3)

2010.09.05

やっぱりちぎれた日曜朝練

Sotobou01

クラブの日曜朝練に超久しぶりに参加しました。
昨年の11月以来です。

いままで練習コースに使っていた瀬又の周回コースを変更して、今回は外房有料道路を本納駅付近まで走って往復するコースです。
今までのコースでは走力の違いが歴然で、集団から完全に取り残された「ひとり旅」状態でした。

さて、新しいコースは今までよりも高低差が少ないので、ひょっとすると集団について行けるかも?
との淡い期待感もなきにしもあらずでしたが、結果はやっぱり「ひとり旅」でした。(泣)

勾配が緩いぶんスピードが上がるので、結果としてちぎれてしまうのです。(笑)
しかし、猛暑の中ではありましたが、30~40代の人たちと走るのは刺激に満ちて楽しかった。
年齢からいっても格差は出てしまうので、そこは開き直って自分のペースで走ることにします。
でも、なるべくならちぎれたくないな。(本音)

さて、帰路にとった都川サイクリングロードでは稲刈りが真っ最中でした。
昨日も撮りましたが、ここらへんではおだ掛けが盛んです。
しっかりと天日干しをして食卓に美味しいお米を届けてほしいものですね。

Distance 77.7km
Ride Time 03:07:31
AveSpeed 24.8km/h (Net)
Ave Cadence 84rpm

おだ掛け模様
Sotobou02

農家の人と間違えた案山子クン
Sotobou03


| | Comments (0)

2010.09.04

朝飯目当ての62km

R0011581rs

9月に入っても猛暑はまったく収まりそうにありませんね。
とてもじゃないけど日中の自転車は体に悪そうです。

そこで、先週同様に早朝ライドにシフトしました。
朝飯前に帰宅するのも良いですが、途中で朝飯というのも悪くないな、ということで5月に結婚した娘の新居に朝飯目当てに寄ってみることにしました。

娘の住まいまでは約20kmです。
直接走って行ってもつまらないので郊外の田園地帯を寄り道しながらのんびり走ります。
鎌取を過ぎて誉田あたりに差しかかると、稲刈りを終えた田んぼに稲藁ぼっちが置いてありました。
今頃珍しいのでパチリ。

帰路にもおだ掛けしてある田んぼに遭遇。
天日干しで美味しいお米が穫れそうですね。

5時半出発で娘の家に寄り道をして約62kmの早朝ライドでした。
我が家には8時50分着。朝から体を動かすとご飯が美味しいですね。
このスタイルがクセになりそうだなあ。(笑)

R0011582s

| | Comments (2)

« August 2010 | Main | October 2010 »