« 昭和の森から市津湖へ | Main | 2010 グランフォンド八ヶ岳 »

2010.09.20

3個目の輪行袋

Funst00

東京・外苑前にある「funrideステーション」で輪行袋の使用法講習とサイクリングの集いがあり参加してみました。

輪行袋はすでに2個持っているのに今更講習会もなんですが、講習会参加者に「輪行袋をプレゼント」とのうたい文句に惹かれて申し込んでしまったのです。
プレゼントされるのはオーストリッチ製の「L100」。軽量コンパクトで人気の輪行袋です。
しかも、オーストリッチの伊美社長自らが講師をつとめてくれるのも魅力でした。
受講料は8,500円。
高けー! と思うなかれ。
輪行袋L100に加えて、エンド金具、フレームカバー、スプロケカバーの合計8,463円相当(主催者発表)のおまけが付いてくるのです。(笑)
まあいいか。

Funst06

自宅を日曜の早朝にスタート。
国道14号線(千葉街道)をひたすら西上し江戸川、荒川を越えて花のお江戸に入りました。
自宅から外苑前のファンステまで36km余をなんと2時間8分もかけて到着しました。
いやはや信号だらけでストップアンドゴーの繰り返しで疲れました。

さて、着いたファンステはおしゃれなお店です。
ここは自転車通勤やジョギング愛好者たちの拠点になっています。
着替えのロッカーやシャワーも完備されているので利用者にはたまらないですね。
受付を済ませたら輪行袋がプレゼントされました。
色は3色から選べますが、もちろんブラックを選びました。
チェーンの汚れで袋が黒ずんでしまうのは経験ずみですので。

Funst02

Funst01

講習は少し離れたビルの一室で行われました。
受講生は私を入れて8,9人かな。私以外は輪行経験がないとのこと。
皆さん輪行袋プレゼントに惹かれたご様子でした。

オーストリッチの伊美社長の軽妙トークと輪行のセッティング実演に見入ります。
輪行時のチェーンのたるみは前から気になってましたが、チェーンをエンド金具に引っ掛ける裏技を教えてもらい納得。

Funst03

講習後は、実際に経験するための輪行サイクリングです。
ファンステからJR総武線千駄ヶ谷駅まで自走。駅前にある国立競技場前の広場で自転車をバラして輪行袋に入れてみました。
そこから電車で市川駅まで輪行します。

Funst04

市川駅で下車してからは江戸川右岸のサイクリングロードを走り、旧江戸川沿いに葛西臨海公園までのサイクリング。ここで解散しました。
帰りは再び江戸川をさかのぼり、市川から国道14号線を行きとは反対に東に向かい家路に戻りました。

輪行袋が3個なんてもったいない!
と思うでしょうね。
たしかに無駄ですが、最初に買ったモンベルの「コンパクトリンコウバッグ」は最軽量なので飛びついたのですが、袋といっても上から被せるだけの代物で、底がついていません。
最初に輪行したときにクイックリリースのボルトが外れてしまう失敗を犯し、底が無いためにボルトを見つけることができずに泣く泣く帰ってきました。

Funst07

次に買ったオーストリッチの「ロード220」は、ちゃんとした「袋」なのと、つくりがしっかりしているので気に入っていますが、欠点は嵩張ることと重いこと。(といっても本体は320gほどですが・・)
これを持って輪行するのは面倒くさいなあ、とだんだん思うようになってしまいました。

というわけで、三度目の正直がこのL100なのです。
今度こそ、飽きずに使い倒すぞー。

|

« 昭和の森から市津湖へ | Main | 2010 グランフォンド八ヶ岳 »

Comments

これはお得な講習会ですね。
私も最初はオーストリッチの320を使っていましたが、今現在は同じL100を使ってます。コンパクトなところがいいです。

しかし輪行袋に限らず、何でも最初は違いがわからずに買ってしまって、後から色々と出費が嵩むのは常ですね。
サイコンとかいい例ですよね。

Posted by: HINA | 2010.09.20 11:16 PM

HINAさん こんにちは
先日は都内への入り方のアドバイスありがとうございました。

> 何でも最初は違いがわからずに買ってしまって、後から色々と出費が嵩むのは常ですね。

いやー、まったくそのとおりですね。
どうしても試行錯誤の繰り返しになってしまいます。
ご指摘のサイコンも、たしかに3個目です。(笑)
お金がかかって困ったものですが、それも楽しみの一つなのかな?


Posted by: Nob | 2010.09.21 12:36 PM

すみません!
今度輪行袋買う予定です。始め320を買うつもりでしたがあるブログで収納がでかいと言う事なので220を狙っている者です。700cのロードですが100Lでも入るでしょうか?あと直ぐ破れる心配がありますが如何でしょうか?

Posted by: っち | 2012.09.28 02:32 PM

っち さん こんにちは
コメントありがとうございました。
L100で、問題なく700cのロードは収納できますよ。
破れの問題ですが、この記事を書いたのが2年前ですが、いまも現役でがんばってます。

1箇所だけ、小さな穴があいたのでリペアテープで補修しましたが、これは誤って倒してしまったときに出来たキズでした。
丁寧に扱えば問題ないと思います。

写真でおわかりのようにロード220よりもL100の方が小さくて軽いので、私だったらL100をお勧めします。

Posted by: Nob | 2012.09.29 07:49 AM

誠にありがとうございました。
輪行袋L100に決めました。
自分のは1970年代のクロモリのロードです。数年前からまた引っ張り出して乗り込んでいるジジイです。 帰りの事を考えず荒川を河口から上って帰りは向かい風で下手ばっておりますのでこれで安心です。
またお邪魔致しますので今後とも宜しくお願いします。

Posted by: っち | 2012.09.30 09:40 PM

っちさん おはようございます。
そうですか。70年代のクロモリロードですか。
ビンテージバイクですね。あこがれます。

私は別にオーストリッチの回し者ではありませんが、L100は良くできた輪行袋だと思いますよ。
昨日も前橋までこれで行きました。

昨今、前輪だけを外して後輪は付けたままの輪行袋が主流ですが、やはり電車内の迷惑を考えると購入に踏み切れません。

これからも輪行ライフを楽しんでください。

Posted by: Nob | 2012.10.01 08:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 昭和の森から市津湖へ | Main | 2010 グランフォンド八ヶ岳 »